ラテン音楽とは?(#1)

ラサントスラテンバンドから見た
ラテン音楽とは?
をテーマに配信します。

ラテンという言葉を聞いて連想するのが
ラテン語・ラテン民族・ラテン音楽!

ラテン語とは?
古代ローマ帝国の共通語

ラテン民族とは?
ラテン語系の言葉を使う
イタリア人・フランス人・スペイン人
ポルトガル人・ルーマニア人など

ラテン音楽とは?
ラテンアメリカ諸国の音楽の総称。
キューバ・ブラジル・アルゼンチン
メキシコなどの音楽

*ある程度年齢の高い方たちは、
マンボNO5に代表されるメキシコ音楽や
ボサノバ・サンバのブラジル音楽を
ラテン音楽と考えることが多いと思いますね。
もちろんラテンアメリカですので正解です。

サントスもメキシコ系・ブラジル系サウンドも
大好きで
イパネマの娘(ボサノバ)など
結構演奏しています。

でも、目指すは「キューバ音楽

日本では、比較的マイナーで
県内のレコードショップでは、
数枚しかないのが実情です。
とても残念ですね。

サントスでは、ヨンタナの良き理解者
T君(実の弟/東京在住)から
毎月相当数のCD・DVDを寄贈して
いただいています。
感謝!感謝!

そんなわけで、キューバ音楽情報が
ふんだんです。

もともと、サントスを結成したのは、
コンガリストのポンチョ膳さんからの
ラテン菌感染」によりますね。

ポンチョ膳さんの親方(お師匠)Sさんが、
日本では有名で偉大なコンガリストで、
キューバ音楽の先駆者でもあり
その影響が大きいと思います。

一度だけ、その親方とセッションしましたが
過去経験したことのない「グルーブ感」を
感じましたね。
リズムのモタツキ感が半端ない。
すごく気持ちいい。
大きなうねりを感じましたね。

それ以来、ラテン菌に感染して
10年過ぎました。
でも、未だに全然わからない
キューバ音楽です。

リズム名だけを挙げても
チャチャ・マンボなどの
有名なリズムからボレロ・ルンバ
(社交ダンスの呼称とちょっと意味が異なる)など
どの位あるのか、今もわかりません。

たぶん、キューバという国の歴史に
キーがあるのでしょう。
キューバは、スペイン領の時代、
アフリカの奴隷を連れて入国したので
スペイン文化とアフリカ文化と
キューバ文化が(フュージョン
したからでしょうね。

本当のフュージョン音楽は、
ラリーカールトン・リトナーでなく
キューバサウンドでは?などと思って
しまいます。

アフリカのリズムは、
部族間で伝達する合図
とも言われ、部族ごとに
異なるリズムが存在します。

その文化がキューバリズムの
原形かも知れませんね。

キューバサウンドの要
は、クラーベまたはクラベス(拍子木)です。

1.2-3(ツースリー)
2.3-2(スリーツー)

と呼ばれる2小節で1パターンの
リズムが基本です。

*これが日本人には、とても難しい。
 2拍三連と呼ばれるリズムで、
 3連符がなかなかできない。

さらに、通常リズムは、ドラマーが
1人でプレーするのですが、
キューバ音楽では、

1.コンガ
2.ボンゴ
3.ティンパレス
などの個別な奏者全員で
ドラムの役割をします。

ポリリズム
と呼ばれ、とても複雑なリズムを
刻むことが可能です。

今回は、ここまで。
次回、キューバ音楽(#2)まで。
アディオス・アミーゴ!!
スポンサーサイト

ラテン音楽(#2)

今回は、
クラーベ(拍子木)とリズム
をテーマに配信します。
RIMG0054.jpg

前回、クラーベの奏し方は
2-3か3-2と説明しました。

では、実際の演奏では、
どのリズム名のときに
どちらを選ぶのか?」

*結論は、どちらでも。
 あなたが気持ちよく感じる方
 を選んでください。

いやいやこれでは、説明になりませんね。
(でもある程度本当の話ですよ。)

それでは、基本ルールですが、
1.ボレロ・ルンバは、 3-2
2.その他はほとんど 2-3
 のようです。(確信はないけど)

たとえばソン形式の
ボレロ→チャチャ」の時は
3-2→2-3」となります。

(注)ルンバは、
   ルンバクラーベと呼ばれ
   3-2の3連符ニュアンスが少し違うので
   注意が必要です。

<ソン(SON)形式>とは?


キューバ音楽では、途中でリズムが変わる
2部形式を言います。

もともとは、ダンスをする目的で
スペインのメロディアスな部分(ボレロ等)と
アフリカのダンサブルなリズム(チャチャ等)を
交互に演奏することを意味しています。
テンポそのものが途中から変わったりして、
通常の音楽とはだいぶ趣が違いますね。

キューバではソン形式でないと
キューバ音楽でないと言われるようです。
(キューバ人がDVDの中で話していました。)

日本人なら「損する」と聞こえるかも。(笑)

さて、リズム名ですが、
前回話したとおり、ほとんどわかりません。

わかっているリズム名を少し列挙すると
 ダンソン(男尊女卑?)・・タンゴのような
 ワヒーラ・・・農民が畑で歌う?サンタナ曲?
 モザンビーケ・・なんだか?中近東?
 マンボ・ソン・・・やはりなんだか?
 *詳しくは、別のホームページで見てね。

最後に、キューバの発音ですが
クーバ」と聞こえますね。
また、音楽のミュージックは
ムシカ」見たいに聞こえる。
スペイン語は、カタカナ読みに近いかも。
MUSIC→ムシカ CUBA→クーバ
(私はスペイン語ワカリマセン!ハイ)

*ちなみに「JOE CUBA
(ジョークーバ)
 というラテンバンドがありますが、とても
 素敵なプエルトリコ系のコンボです。 
 (1960~70年代頃が絶頂期と思う?)

 サントスのボーカリストも
 JOEなので、来年から
 「JOE☆SANTOS」に改名予定。
 ジョークーバをコピーする予定もあり。
 でもブレイクが多く、かなりハードルが高い。

では、今回はここまで。
次回(#3)に乞うご期待!!
アディオスアミーゴ

ラテン音楽(#3)

ラテン音楽3回目は、
ラテンコンボ編成について
配信します。
 *前回は「クラーベ」(2-3/3-2)について
  少し説明しました。

キューバサウンドの特徴は、何といっても
アコースティックな響き
でしょうか。

1.リズム隊(コンガ・ボンゴ・ティンパレス等の打楽器)
2.メロ&リズム隊(ピアノ・ベース・ギター・管楽器等)
に加えて
強烈なボーカルとコロ(コーラス)
編成されています。

ソロのボーカルもとてもいいのですが、
「コロ(CORO)」(独特なコーラス)
に大きな特徴があり、
格別なサウンドを形成していますね。
サンタナの~「バーモノスワヒーラ!」とか「オエコモバ!」など
コロの基本形ですね。
 (演奏途中で叫ばれる「サボール!」「ワラチャンド!」
 「バイラバイラ!」等のスペイン語は別ものかも?)
 
西洋のコーラスと違い、歌やメロの間に入る
合いの手」としての
意味合いを強く感じますね。
*日本の「エンヤートット」が
 テンション含み3~4声コーラスみたいですね。(笑)
 とてもご機嫌なサウンド。
 (タイミングがチョー難しいよね)

さて、上記に編成上「ギター」と書きましたが、
とても残念ながら
エレキギターは基本いません。
(やっと最近のキューババンドでは、
 チラホラ見かけるようになりましたけど。)

キューバサウンドでは、ガットギターと
トレス(3弦×2本)
やクワトロと呼ばれる楽器がメインです。
(トレス:三味線に12弦のように
     1コースに2本づつあるような楽器)

元々、キューババンドには、高価であったと
思われるピアノは手に入りにくく(想像の域)
その代わりにトレスやクワトロが
モンツーノ」を弾く
役割を担っていたと思われます。
(あくまで私見で、当時まだ輸入できなかったのか
 ピアノ自身が存在していなかったのか?)

さて、話を戻して・・・
そうです!「モンツーノ
これもキューバサウンドには欠かせない奏法です。

同じパターンを延々と繰り返す奏法
たとえば、2-5(Dm7-G7)を
5分以上繰り返すパターンによって
気分が高揚してくる!!」
これこそがラテンの醍醐味でしょうね。
*繰り返し(心臓の鼓動)によって、陶酔感を引き出す。

ラテンの曲が長いのは、このことが理由です。
1曲10分以上演奏することもしばしば、
体力勝負とも
いわれる所以ですね。(ロッカーみたいにね!)

*サントスは、基本エレキギターコンボですので、
ピアノさんのモンツーノ
 乗せて演奏してまーす。
 K・AさんK・Nさんいつもモンツーノ
 ありがとさん!(トス)
 県内でこの「モンツーノピアノ」を本格的に弾けるのは
 知っている限りお二人位かな?
 (お二人とも自負してるって?失礼)

さて、コンボ編成に話を戻して進めます・・

当たり前ですが、「打楽器群」の役割も
たいへん重要ですね。
前述同様、現代的なドラムがない時代、
アフリカの打楽器は、リズムの要として
コンボ編成に欠かせない存在だったのでしょうね。

*日本でも、和太鼓や八木節の樽に
 同じような意味がありますね。
 (正に和製ラテン!日本人がラテン好きな理由かも)

この打楽器群が織り成す「ポリリズム
こそ、コロと同様にキューバサウンドの中核ですね。
さらに、コンガとコラボレーションする
ベースの役割
見逃せないでしょう。

ベースもベビーベースと呼ばれ
ウッドベースを小ぶりにした形状をしてます。
日本では、熱帯ジャズ楽団のベース奏者
ゲタオ」さんが
頻繁に使っている姿も見ますね。ゴキゲン!グレイト!
(勿論、エレベーも型がいいね。ほれるー!)

このラテンベース
半端ない「頭抜きベース奏法」を
屈指してコンガに絡むのです。
コンガ(太い方トゥンバ)の叩く音と
ベースが絶妙に絡んでこそ、ラテン音楽です。
*コンガとは細い方。さらに細いのがキント。
 おおむねこの3本をコンガと総称します。

<なお、コンガリストには、3大キングがいます。>
 ポンチョサンチェス(メキシコ)
 モンゴサンタマリア(キューバ)
 もう一人。う~ん思い出せないなー。
 プエルトリコ人までは、わかるのだけど。
 (痴呆症のヨンタナですね。宿題にしまーす。)
 
ア!思い出した。
 レイバレット(プエルトリコ)
 でした。
 遅れること数分、脳軟化してるー。 
 3人とも国籍(うろ覚え)や文化の違いから、
 すごくオリジナルティーに溢れています。
 ぜひ一度CD・DVDを。(YOU TUBEでも)

また、ベースに話を戻して・・・
2小節パターンで、シンコペーションする
ベースラインのグルーブ感、たまりません。ハイ!

前の小節の4拍目のウラから
シンコペートするベースラインと
コンガの4拍目の「ドンドン」が
実におもしろい!」(ガリレオまね)

ラテン音楽のカウントは、4拍目から?
通常の「イチニーサンシ」でなく「シーイチニサン」
と考えられるかもね。(実カウントは別です。)
*ラテンテンポは、念のため「IN2(インツー)」(倍)
 ですので、カウントの仕方も独特ですね。
 (アー!アー!アアアア!)

ところで、4拍目を強調するのも
ダンスミュージック
からきていると思いますね。

キューバのDVDを見ていると
踊っている男女が、4拍目のところで
おしりをドンドンとぶつけ合う
シーンをたくさん見ますね。(求愛!)
セクシーさもラテン音楽の売り。

*ヨンタナギターも「色っぽい音色・奏法」を
 なるべく心がけて弾いています。ハイ!
 (テクは全然ないので、自然にその傾向になってしもた。)

*記事の都合上、ボンゴやティンパレス・管楽器
 (特にトランペット・トロンボーン等)・ビブラホン
 については、次回以降に触れさせていただきますね。
 (特に忘れてならない人ティンパレス&ビブラ奏者
 「故チトプエンテ」です。)

さて、今回はここまで。
また次回ラテン音楽(#4)までお楽しみに 
アディオスアミーゴ

ラテン音楽とは?(#4) オエ・コモ・バについて

ラテン音楽 4回目の今回は・・・
ティト・プエンテ」と
サンタナでヒットした
オエ・コモ・バについて。
RIMG0049.jpg
(ポンチョ膳さん所有のコンガ
 イメージ写真です。記事と無関係?)

サンタナと言えば・・・
「ブラックマジックウーマン」(Dm)
「哀愁のヨーロッパ」(Cm)
「オエコモバ」(Am)等が代表作。
サントスも相当ナガーイ間、演奏してますね。
ライブでは、勝手なアンコール曲にチョイス。(笑)

その中の「オエ・コモ・バ」という曲、
作曲者がティト・プエンテ(故人)
と知っている人、意外に少ないかもしれませんね。

*Am7/D→ D7(9)とシンプルに進行する曲
 これにコロが絡む。(Tempo 130~135位)

1940年代 チャンチュージョ
(Chanchullo)という曲があって、これをモチーフに
オエコモバが作曲されたらしいね。
コード進行もそっくりさん!(笑)


ティトプエンテさん、ポンチョ膳さんによれば、
ドラマー(ジャズ)だったらしいのです。
それで、ジャズのラテンアレンジ曲が多いのかナー。

サントスもボサノバの名曲
「WAVE(白い波)」
をプエンテさんアレンジ(チャチャ)で演奏してまーす。

さて、ヨンタナがイメージする
ティトプエンテさんは、
ティンパレス&ビブラホン
奏者というのが強いですね。 

ちなみにサンタナさんも、兄弟そろって若い頃から
ラテンバンド(メキシコ系)に参加していたので、
キット、プエンテさんと交流があったかもしれませんね。
(あくまで憶測の域ですが。)

*サンタナの弟さん「ホルヘサンタナさん」
 昔マロというバンドを組んでいましたね。

この曲、ダンソン(Danzon)という
リズムが元になっているらしいね。(ダンソンマンボ)
ダンソンってタンゴみたいなリズムでして、
サントスでもこれが刻めるの、ポンチョ膳さんのみ。

・・・と、まー!あまり詳しく知らないヨンタナでした。


今回は、ここまでとします。
アディオスアミーゴ
よろしければ、拍手クリッとお願い。
毎度、ありがとサントス。
4649!

久しぶりにラテン音楽の話!!新シリーズ(#1)

2014年2月22日(土曜)
HOLA!

RIMG0049.jpg RIMG0054.jpg
(ポンチョ膳さん所有の打楽器と手製のクラーベ/販売中!)

暫くぶりのヨンタナが好きな「ラテン音楽#1」について

既に配信してきた通り、ジョー☆サントスが目指す音楽は、
キューバンリズムを取り入れた「和製ラテン音楽!!」

コチコチのキューバサウンド(伝統的なサウンド)が好きな
ポンチョ膳さん達と現代的なラテンジャズ志向のヨンタナ隊。
それぞれ、多少方向性は異なるものの、キューバンリズム
がベースになる音楽が大好きな、サントスのメンバーです。

RIMG0056.jpg RIMG0057.jpg
(ポンチョ製作のマラカスとシェケレ/これも販売中!)

今回は、ヨンタナが好きなややラテンジャズ寄りの話です。
ラテンジャズと言えば、ティンパレス奏者「ティト・プエンテ
が代名詞的な存在。(マンボキングとか言われていたらしい)
ザンネンですが、現在は故人となってしまったキング。

HIMG0245.jpg
(ドラマーじゃがまる君所有のティンパレス)

では、なぜ?キューバンリズムとジャズがフュージョンして
ラテンジャズ音楽が生まれたのでしょうか?
恐縮ですが、ヨンタナ、この辺については正直詳しくないの
ですが、ポンチョ膳さんから聴いた話も含めて、ラテン音楽
の基本から新シリーズを進めますね。

まずは、キューバンリズムの要「ラテンリズム」について
(以後Q&A形式で)

ヨンタナ:「キューバンリズムの基本とは?」
ポンチョ:「キューバン音楽の基本になるのが、クラーベ
ヨンタナ:「クラーベはどんな役割ですか?」
ポンチョ:「3-2または2-3と2小節からなるクラーベに
      キューバンリズムの全てがありますね」

ヨンタナ:「わかりやすく言うと、どんな感じ?」
ポンチョ:「ラテンリズムには、ある程度決め事があって、
      ボレロなら3-2とかチャチャは2-3とかね」
ヨンタナ:「たとえば、ドリフターズの加藤茶さんがいつも
      やっていた”チョットだけよー!”のタブーは、
      どっち?」(笑)

ポンチョ:「♪タンタカタタ!タンタンタン!に合わせれば
      2-3になるのかなー」
ヨンタナ:「タブーのリズムってTVの影響で日本人には
      馴染みやすいけど、本当はどんなリズム名
      なのかなー?」
ポンチョ:「正式には、ソン・アフロ(Son Afro)と言うね。
      ハバネラと似ているけど、少し違うんだ」

ヨンタナ:「ハバネラ(habanera)ってどんなリズムですか?」
ポンチョ:「詳しくはないけど、ソン・アフロは純粋キューバ産、
      ハバネラは、スペインから来たダンス音楽が
      キューバで変化したキューバ風(ハバナ風
      リズムとか言われているね!」
      ※たこ焼きの関西風!ナンテね(爆)

ヨンタナ:「ハバネラは、タンゴにも似ている気がする?」
ポンチョ:「ハバネラのリズムは、ラテンアメリカに大きな
      影響を与えていたので、アルゼンチンのタンゴ
      にも少なからずかかわっていますね」

ヨンタナ:「なるほど!いやー良い話をありがとサントス!
      今後もポンチョ、よろしくお願いします。」

<チョットだけよー!MEMO>
因みに、ティンパレスという打楽器は、文献によれば座って
演奏していたらしいが、マンボ・キング「プエンテ」が立って
プレーしたことが最初らしいね。そのアイデアや積極性って
どこから着想したのだろうか?とてもビックリ仰天!(笑)

そんな風にギターも考えられれば、オリジナルティー溢れる
演奏ができるかも知れない?
ナンテね!ヨンタナ勝手に脳裏に浮かぶ。

たとえば、D7の代理「Cmaj7?」とか、B♭(7)の代理
に「Fm6?」とかねー!!色々アイデア浮かぶナー。
さてどう活用するか?うーん、それが難しいカモ南蛮。(笑)

今回は、ラテンジャズ音楽の1回目、これでオシマイ。

今後もポンチョさんや他のメンバーからの取材も含め
色々な記事も参考にしながら、少しづつ進めますね。
お楽しみに!では、アディオスアミーゴ
4649ね!

プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR