2013年 サントス年末の配信

2013年12月30日(月曜)午後

HOLA!
今日は、昨夜の寒さから少し開放され、
10度前後の静かな一日でしたね。

DSCN1090.jpg DSCN1092.jpg

(遠方に見える 赤城山)

昨夜は、ヨンタナの自宅でサントス忘年会。
メンバー全員で6時間に渡って音楽談義。
ラテンCDを聴いたり、DVDを観たりと
お酒を酌み交わしながら、音楽の話に夢中。

途中からギタリストの芝野さんも、千葉から
ビール片手に駆けつけてくれて、合流。
みんなで もう一度「サルー!」(カンパイ)
芝野さん一気にビールを飲み干すと
いよいよ 芝野節 炸裂!!

芝野さん 本当に音楽のこと好きなんですねー。
特に 1970年代から1980年代にかけて詳しい。
いやいや ヨンタナもカンパイでなく完敗!(笑)

深夜まで好きな音楽について、語り合った。
充実した忘年会でした。
素敵な仲間と語り合えるって、スバラシイ!!

そんな忘年会の次の日の午後・・・
ヨンタナも実家の墓参りと実家の掃除へ

田舎なので、途中で冒頭の「赤城山」をパチリ。
真中の一番高い山が、1800m位かなー。
来年2~3月頃になると、赤城山から吹き降ろす
群馬県名物「からっ風!
かなり寒いですよー!ンタナ。

今日は比較的穏やかな日です。
早速、お墓参り!でも合わせて
ボケ封じ観音」へ
ヨンタナ 来年も4649ね!!(祈り)

DSCN1098.jpg DSCN1097.jpg
(7年前位に建立され新しいね)

住職の書(ご詠歌):
 野をも過ぎ 畑をも過ぎて 田中寺
 花の香満ちる 法の話に

田舎のお寺を後にして、実家へ・・・・
実家の近くにあるレトロ感タップリの
自販機コーナー

DSCN1101.jpg

なんか懐かしい感じ!トリックに出てきそうな
田舎の風景 昭和20年代のイメージがあるね。
赤いポストがあれば、さらにいいのですが。
(来年封切りのトリック最終章 見たいです
 上田教授と山田の掛け合い楽しみですね)

そんな昔を思い出しながらも、今年もそろそろ終わり。
そしてヨンタナのブログも、配信開始からまだ3ヶ月
ですが、同じく年度末を迎えます。
でも、たくさんの方から訪問いただき、感謝!感謝!

なかなか記事上手くかけないけど、ありがとサントス!
みなさんよいお年をお迎えください。
アディオスアミーゴ
バイナラ 4649!

サントス リーダー ヨンタナ
スポンサーサイト

今年最後のサントス雑談(2013年

2013年12月28日(土曜) 深夜

HOLA!
今年も残すところわずかになりました。
時の経つのは、とても速いですね。

今宵も、ジョーのお店で最後のステージ。
外はとても寒く、お店ではストーブ!!
DSCN1085.jpg

演奏が終わって、お客様からお礼にいただいた
美味しいお寿司をメンバーでご馳走に。
その上、別のお客様からは投げ銭をタップリ!
あー!今年も最後までサントスを支援してくれる
サポーター様 感謝!感謝!

今回は、サントスOBの「クワッパ!」(笑)でなく
ドラマー「クワチャン」が
ミニティンパレス(写真奥)で久々の参加。
(ちなみにクワッパ トリックの名セリフ)

DSCN1086.jpg

そんな訳で、今年最後の音楽談義主人公は、
オイラはドラマー♪♪(古るー?)です。
早速、馴染みの居酒屋「でんすけ」へ直行する。

DSCN0984.jpg DSCN0985.jpg

でんすけ劇場のはじまり!はじまり!(笑)
(年配者しか知らないねー ハイ!)

DSCN1089.jpg
(左ポンチョと同級生のクワッパ!)

ヨンタナ:「どーもご無沙汰してまーす」
クワッパ:「どーもどーも」
ポンチョ:「クワッパ 病気よくなったので連れてきた」
ヨンタナ:「それでは カンパイ!サルー!」

ヨンタナ:「クワッパに質問しますが、アンサンブルで
      一番大切なことはどんなこと?」
クワッパ:「当たり前だけど、カウント出しですかね」
ヨンタナ:「そう言えば、以前歩くテンポを!」
クワッパ:「うん!モデラート120を基本に歩く練習」
ヨンタナ:「発想がすごいですね ビックリ」
ポンチョ:「演奏の要はカウント出し」
     「しっかり4拍カウント出せるドラマー
      少ないしねー クワッパ正確だね」
      ・・・とまたビール追加(笑)

ヨンタナ:「ドラム 先生に習ったのですか?」
クワッパ:「若いとき ピットインに出演していたので
      某ドラマーからたくさん学んだね」
ヨンタナ:「それって 超スゲーナスゲーです」
     「自己流だと限界もあるねー」
ポンチョ:「基本がしっかりしてないとね」
ヨンタナ:「リズムの基本ってどんなこと?」
クワッパ:「これも当たり前だがウラですね」
ヨンタナ:「やはり 基本大事だね」

・・・といつも音楽の話が長くなるなるので、
この辺でオシマイ アディオスアミーゴ
4649!

演奏におけるコミュニケーション(Ⅱ)

HOLA!
前回のコミュ続編です。

前回では、バンド内におけるコミュについて
配信しました。

今回はバンドと聴いてくださる方たちとの間の
音コミュニケーション

今回のテーマは、やや深く考えねばー。
どの辺りから話の切り口を・・・
うーん!実にムズがゆい でなくムズカシイ!(笑)

バンドにおける伝達上の要素を
ランダムに列挙すると・・・

1.アンサンブル
2.音響機器(PA)
3.曲目の洗濯でなく選択(笑)
4.MC
5.ジャンル
6.奏者の服装
7.演奏者そのもの(人間性含む)
8.技術力・表現力
9.オリジナル性 etc

まー!挙げたらキリが無いほどあるねー。

では、勝手ですが基本のバンドアンサンブルと
それを伝達する手段の音響(PA)に絞って
話を進めることとしましょう。

サントスの場合、基本唄バンなので、
主役(vocal)+脇役(バックバンド)構成での
バンドアンサンブルになり、
特に主役の「歌声と歌詞伝達」
がコミュのキーになりますね。

でも、これがとてもムズカシイ!ハイ!
プロの音響設備や専門オペレーターさんが
いればいいのですが、予算の関係で簡易な
システム対応となる場合が多々。

電気楽器と違って「肉声」(アコースティック)
の再生に加えて、ステージ上のモニタリングや
聴いてくださる方々へしっかり伝達する事となると
たくさんのハードルを越える必要があるねー。

特にボーカリストの場合、
ステージ上の返し(モニター)
がしっくりこないと、メンタル面も不安定になり
結果、いい唄が歌えないことも多いのでは?

この返しですが、ハード面から見れば
1.フロアーモニター(前面床置き)
2.サイドモニター(ステージ上左右)

の2つは必須とヨンタナ考えますね。
でもね!ボーカリストの方々は、これをご自分の
楽器と位置づけてないことが多いね。(失礼!)

マイク/ケーブル/スタンド位はお持ちでしょうけど・・
ギタリストやベーシストから見れば、投資が少ない。
不公平・不満が噴出!ナンテことに・・・(笑)
でも、いい音コミュ目指すなら、絶対に不可欠。

パワードモニター位は、
ご自分の求める音のための楽器として
持参して欲しいーネ!(ヨンタナの淡い希望)
ナンチャッテ。

バンドアンサンブルの基本は、ある程度公平で
あることではないでしょうか!
(プロの場合はまったく別ですが)

さらに、リバーブ系・ディレイ系位は、各自ご用意
できればいいですね。簡易システムでは、限界があり
音コミュの最低限しかクリアーできないことも
ご理解いただければいいのですが。

ギタリストの場合、自分の音を伝えるために
リバーブやディレイ系エフェクターを何台も
繋いで苦労していますね。ハイ!

・・・とややグチっぽくなってしまいましたが、
とても大事なことなので、あえて配信させて
いただきました。あしからず!ゴメンニャー!

それでは、この続きはまた。
アディオスアミーゴ
4649!

ギブソンSG ゴシック

HOLA!

エレキギター考察の5回目は
SG GOTHIC

DSCN1077.jpg

今年の後半からメインギターとして
活躍したヨンタナのSG ゴシックについて
配信します。

GIBSONといえば、30万以上する高価な
ギターが当たり前のブランドですね。

ヨンタナも若いとき1960年製のSGスタンダード
を所有していましたが、まさかビンテージになるとは
その頃夢にも思いませんでした。残念ながら音楽から
離れたときに全ての楽器を手放してしまいクヤシーね!!
まー!人生 貧乏なときもあるからね。

時が随分経ってから、その時のSGが忘れられず、
かといって高額な投資になるので、安価に手に入る
SGを探して楽器屋を・・・7年前位にゴシックを見て
これってギブソン?割安だねー!衝動買いした一本。


購入してしばらくの間、気分転換に使う程度で
このギターの出番は少なかったね。

弾いていてなんか「高音弦が金属的な音
に感じられ、イマイチしっくりこないと思っていた。

それでネット検索を敢行!いろいろ調べてみた・・・
1.輸入代理店が山野楽器からギブソンジャパンへ
2.世の中不景気で、廉価版モデルを製造販売

結論から言えば、本流のギブソンではないね!
割り切って、別物と理解したほうがいいかも。
そんな訳でヨンタナも割り切って考え、活用へ。

では、このギターについていい点を
少し説明すると・・・

1.アメリカ製であることは確か(ネックヘッド裏のUSA)
2.低音弦の響きは正しくギブソンの音
3.3kgと軽量で年寄り向き?
4.ネックの感触もgood!
5.グローバー製のペグ
6.マホガニー材のボディ&ネック
7.パッシブ式サーキット

DSCN1082.jpg DSCN1015.jpg

DSCN1083.jpg DSCN1080.jpg

これで、10万以下の投資で済むならOK!OK!
中古市場なら6万前後かなー。

現行モデルでは、SG GOTHIC MORTEが
新品で9万前後で手に入る。
サーキットはアクティブに変更されているけどね。
(2011年頃から発売されてるらしい)

さて、問題の高音弦の金属音ですが、
リアのトーンを少し絞り気味にすると
結構いい感じになった。

ヨンタナ ジャージーなサウンドは
フロントピックアップで、歪みサウンドは
ミックス&リアと使い分けていますね。
これだけで、結構守備範囲が広がり重宝して
います。

でも一番気に入っているところは、
12フレットの「月のインレイ

DSCN1079.jpg

ヨンタナのオリジナル曲「ホワイトムーン」
なんかMOONって大好き!
ムーンライト/ムーンセレナーデ/ムーンリバー等
月にまつわる曲多いね!きっと身近な存在なので、
ヨンタナも惹かれる言葉です。ハイ!

そんなことで、2013年後半に活躍したSG
今後ももっと研究して、このギターのいいところを
引き出したいね。ちなみにこのギターの名前
黒にゃんにゃん!」猫好きなヨンタナでした。

では、次回またお会いしましょう。
アディオスアミーゴ
4649!

エレキギター弦

2013年12月26日 深夜

もーいくつ寝るとお正月♪♪ナンテネ!
2013年もあと少し。新しい年を迎える
ために今年悩んだヨンタナのエレキ弦
について配信。

DSCN0981.jpg
(今年のボトムでした。)

ヨンタナが今年使用したボトムは
ダダリオ0.09~0.46 
が中心でした。

以前は「アーニーボール
スーパースリンキーを主体に使用
してきましたが・・・

DSCN1004.jpg

音質はとても気に入っていましたが、
ナントナク錆びやすく切れやすい感じで、
ダダリオに切り替えました。

ヨンタナ 手が脂性なのかワカリマセンが
弦サビが比較的早く感じられ、3日で交換。
手間もお金もかかるので、何か別の弦ナイカナー?
と思いつつダダリオに変えました。

DSCN1005.jpg

コーティング弦もそれぞれ試してみましたが、
やはりサウンド的には、通常タイプには???

でも、自宅練習用として活用するギターには、
今後コーティング弦に順次張替えする予定です。
3倍は長持ちしそうですね。
(お金かかるので、ビンボーなヨンタナ!ハイ!)

さて、ゲージですが、0.09ボトムと細いためか
チューニングがシビアな今年でした。
特に3弦のチューニングによって、
マイナーとメジャーコードの響きがビミョウで!!
結構手こずりましたね!!

そんな訳で、来年からは0.10~のボトムへ
変更と思っている次第です。ハイ!
ある程度、指訓練しないとチョーキングが
キビシクなるかも。その反対に音程の安定感が
得られるならok!ok!

DSCN1003.jpg

それと、ヨンタナの弦の巻き方・・・

DSCN1009.jpg

弦の先を切ってしまうと、振動がナントナク
違うような気がして、切らずに巻いています。
(神経質と思われる方もいらっしゃるのでは?)

はい!その通りかもしれませんね。
でも言い訳すると、音楽にはある程度必要な
部分かもね!ナンチャッテ!(笑)

では、次回まで
アディオスアミーゴ
4649!

演奏におけるコミュニケーション

2013年12月25日
クリスマスもそろそろFIN!

今年を振り返ってみれば、サントスのバンド活動は
比較的順調な年でした。
新しい仲間との演奏や素敵なメンバーとの演奏など
充実した音楽活動ができましたね。

さて、今回のテーマですが、
「演奏におけるコミュニケーション
と題して配信させていただきます。

コミュニケーション Cmmunicationとは?

1.人間が互いに意思・感情・思考を伝達すること。
2.言語・文字その他視覚・聴覚に訴える身振り・表情
 声などの手段で行うこと。

・・・などと辞書には書かれていますね。

演奏の場合、自分たちの仲間との間にある
音コミュニケーション」と
それを聴いてくださる方たちとバンドとの
音コミュニケーション(以下コミュ)がありますね。

まずは、前者の「メンバー間におけるコミュ」
ですが、一番肝心なのは・・・(当たり前ですが)
お互いに信じ合うことではないでしょうか?

この人を信じる気持ちがなければ、演奏であっても
仕事であっても、チームワーク(アンサンブル)は
成り立たない。とヨンタナは常々思っています。

昔の人はいい言葉を残しています。
「モノは考え様!」

たとえば、黒い太陽(日食)についての考え方は、
1.これで世界が滅びる
2.新しい世界が誕生する

太陽が消えたので暗黒の世界になると考えるか
これから新しい世界の幕開けになると考えるかは、
ひとそれぞれでしょう。

でも、日食は宇宙の物理法則(事実)であって、
人がどう考えるかには左右されませんね。

意外と日常ではこれが見えないで、悩んだり不安で
疑心暗鬼になるケースもあって、人と信じあえない
ナンテことにもなりかねないね。

結果として、コミュ大事!!だね。
バンドの場合、音だけで伝達する集団です。
カンタンなことではないので、
準備が不可欠
とヨンタナ考えますね。

大リーグで活躍の「イチローさん
NHKの番組で言ってましたね・・・
「何事も準備が一番大事ではないでしょうか?」
「僕は苦しみが足りないから、まだノビシロあるよ」

うーん!とても含蓄のある言葉ですね。
一流のアスリートともなると、考え方が前向き。
とてもプラス思考ですね。
(モノは考え様!ハイ!)

バンドの準備としては・・・
1.1に基礎練習2に基礎練習
2.譜面や音源をしっかり予習

そして一番大事な準備「仲間との会話
コミュの重要なポイントが話すことです。
地球上で会話のできる動物は、人間だけです。
唯一人間に与えられたすばらしい才能です。

お互いに謙虚な気持ちで
1.相手の話を熱心に聴き
2.自分の意見や気持ちも熱心に伝える

これこそがコミュニケーションであり、
バンドにおける音コミュの準備運動!!
だとヨンタナは信じています。

会話が無くても「俺の気持ちわかるだろう」
では、何事も絶対に上手く行きませんね。
会話してこそお互いの信頼を太くできると。

と、まー!今回はややマジメな話となって
しまいましたけど、要は気楽に気さくに
仲間と話す機会をたくさんもてるようにね。

では、今回はこれでオシマイ
アディオアスアミーゴ
4649!

イルミネーション(伊勢崎市波志江町)

2013年12月25日(水曜)
メリークリスマス!

DSCN1047.jpg

今年も残すところ6日になりました。
今夜は、特別な人とのクリスマスデート
伊勢崎市にある波志江町公園で開催中の
イルミネーションを見に行きましたね。

DSCN1076.jpg
(エントランス)

このイルミ100万球規模で、少し小さいけど
入場料100円なのでしかたないかなー?

今夜はとても寒い!外気温度1度。
ヨンタナ フル装備で防寒バッチリです。ハイ!

エントランスを入るとすぐにお迎えしてくれたのが
ペンギンさん親子

DSCN1046.jpg

そして、次に登場した雪だるま君
の脇階段を昇って、沼にでましたね。
とても幻想的な風景!湖面に映るシンメトリー。
でも今宵は、音イメージが湧かないヨンタナ?

DSCN1052.jpg DSCN1073.jpg
 
いつもと何かが違うなー。と思いつつ沼にかかる
橋を渡って、対岸のイルミへ進む。

DSCN1061.jpg DSCN1067.jpg

アー!そうだBGMがないのかー!
無音の境地。静けさと純粋にイルミ風景だけ。
虚無僧になった気分。そういう時もあるのですね。
今夜はクリスマスソングも無いひと時を楽しむ。

DSCN1048.jpg DSCN1043_20131225225500e05.jpg

DSCN1038.jpg DSCN1057.jpg

・・・と短いイルミ鑑賞でした。
でも、特別な人との大事な思い出が、
またひとつ増えたヨンタナ!満足!

アディオスアミーゴ
4649!

自宅練習用ギターアンプ ブラックスター

HOLA!オラ!(こんにちはの意味)

ギターアンプあれこれ
の6回目は、ヨンタナの自宅練習用ギターアンプ
5Wアンプ」について配信します。

DSCN0986.jpg
(ブラックスター HT5)

通常自宅でE・ギターの練習をする場合、
アンプを通さずに、生音でもそこそこ可能。
でも、箱物ギターと違って細かなニュアンスを
聞き分けるのが難しいね。

下手すると、変なクセがついたまま覚えたり、
他の必要ない弦が鳴っていたりしても
ワカンナイ!(笑)
などの弊害が出ることもあるね。(ミュート大事)

やはり、ちゃんとアンプから出音させないと、
ライブなどの大音量時に困るよねー!
ギターだけでなく、E・ベースなんかもっとわかるね。

さて、それでは自宅での練習用アンプは
どんなものを選べばいいの?・・・

最近では、小型アンプ(小出力アンプ)色々あるね。
だいたい1~5W位が主流みたい。
このクラスのアンプって、ビギナー用が多いね。
割と安価(定価1~2万円)で、ほとんどがソリッドタイプ。

割り切って使えば問題ないのですが・・・
ある程度音にこだわるギタリストなら、1ランク上の
練習用アンプが必要ですね。

そんな訳で、今回紹介するアンプを登場させました。
ブラックスターと言えば、大型アンプで有名な
イギリスのメーカー。
なぜか、日本人からの提案で小型アンプを製作したと
雑誌に書かれていました。当然と言えば当然ですが、
日本での居住環境を考えれば!ヨーロッパと大きく違うね。

ヨンタナ自身も、練習用アンプについては、
小音量と音質の両立を満たせるアンプないかなー?
デラリバ22W/ブギー50Wでも練習可能ですが、
ある程度音量上げないとね。それと電気食うし!

そこで出会ったのが
5Wのフルチューブ
ブラックスターHT5でした。

このアンプの特徴は・・・
1.フルチューブ(プリECC83×1/パワーECC99×1)
2.2チャンネル仕様(クリーン/クランチ)
3.センドリターン端子あり
4.イコライザー&ISF
5.エミュレーター付きヘッドホン端子
6.セレッション製SP(10インチ)
7.エクスターナルSP端子 etc
8.フットSWあり(チャンネル切替)

DSCN0989.jpg DSCN0994.jpg
 
DSCN0992.jpg DSCN0991.jpg

DSCN0997.jpg DSCN0995.jpg 

DSCN0996.jpg DSCN1000.jpg


と、まー!機能満載です。
少し残念なのが、ノンリバーブ。
ヨンタナは、センドリターン端子に
デジタルリバーブ(通常エフェクター)を接続して使用。

現行タイプでは、リバーブ搭載で12インチSP
に変更されていますけど、まだ中古少ないので、
練習用としては、高価(5万前後)になりますね。
思案のしどころではないでしょうか。

HT5なら中古市場 2~3万前後なので、比較的
購入しやすい価格帯になってますね。

最後に肝心な音量と音質ですが・・・
1.音量(5Wでも十分です。ハイ!)
2.音質(以外にもファットでイイネ!)

その他のメリットとして、
1.クリーンチャンネルは、フルアップでもクリーン
2.クランチチャンネルも、小さい音でもいい歪み
3.省エネ(電気食わないよー)
4.小さいので場所選ばない

デメリットとしては、
1.イコライザーの効きがやや狭い
 でも、ISFコントロールでアメリカンと
 ヨーロピアンサウンドを可変できるから、
 ある程度は好みの音になるね。
2.シャキッとした音は期待できないね。
 マー!自宅使用限定なので逆にいいかも。
 隣近所迷惑にもならないしー。

以上、自宅での練習用アンプとしては
やや高めなギグになるけど、本物志向を目指す
あなたなら試す価値ある1台になると思うね。
その他のメーカー商品と比較してチョイス!

では、次回まで
アディオスアミーゴ
4649!


桐生 ブラックジャック21 X’mas

2013年12月22日(日曜)
pm6:00開場
pm7:30開演

桐生ブラックジャック21にて
サントス クリスマスライブ
決定しました!

オーナーの小林氏から昨日TEL

「ヨンタナさん 今回は気合を入れてライブするね!」
と言うのも、小林氏 先日交通事故にあって怪我。

今回は、見送りかなー?と思っていましたが、
さすが!お約束はお約束と小林氏。
気合の入れ方が違う。ヨンタナ ビックリ!

そんな訳で、今年最後のサントスライブ。
ぜひ!お越しくださいね。
サントスも気合を入れて演奏するから。

player

Vocal  joe/カルロス山本/チヒロ森田
Congas ポンチョ膳
E.bass  セシル飯島
Drums  じゃがまる水沼
Piano  ケイコ阿部
Guitar  ヨンタナ新井/ヒロユキ芝野(特別出演)

ジャー!当日ライブでお会いしましょう。
アディオアスアミーゴ
4649!

ギターのお手入れグッズ

3回目のテーマは、
ギターのお手入れアイテム

ヨンタナ愛用の・・・
ポリッシュ&レモンオイル

RIMG0132_20131212225925c08.jpgRIMG0131_201312122259247e0.jpg

ギターのお手入れは、とても大事。
ヨンタナのギターは、安くても大切な楽器です。
小まめに手入れしないと、ギターちゃんが憤慨して
いい音で鳴ってくれない。
(扱いは猫ちゃんと同じで、ニャンともしがたい)笑

さて、レモンオイルですが、ローズ指板
タイプのギター弦交換時に、指板に塗っています。

ギターは、ほっておくと手垢などが付いて、
弦の寿命がナントナク!短くなるような気がします。
ヨンタナ 所有の13台中7台がローズ指板。

RIMG0101.jpg
(トーカイのレスポール)

使用方法は・・・
1.ネック全体に満遍なく塗布
2.しばらく放置しておく(20分位)
3.クロスで丁寧に拭く(フレット周り重点)
4.新しい弦に交換する

DSCN0981.jpg
(ダダリオ弦/次回別機会に配信予定)

いたってカンタンな作業です。

ポリッシュについては、ボディ用として
随時塗布して使いますので、説明割愛。
これでオシマイ。

では、次回まで
アディオスアミーゴ
4649!
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR