ライブ本番に強くなる!メンタル強化方法!(基本編2)

2014年4月29日(火曜日)
HOLA!

DSC01296.jpg DSC01298.jpg

ヨンタナ、今日の練習セットです。
レスポールにBOSS ME-20とフェンダーデラリバ!
なんとなく、ME-20使って練習しようミタイナ。

天候もあまり良くなく、そろそろレイニーデー!模様に
なりそうなので、自宅練習に決定!!

さて、テーマは、メンタル面強化方法の2回目です。

またまた、男子ゴルフで45歳の藤田プロ、つるや
オープンで優勝!45歳ですよ。あと5年でシニア!
すごいですね。何で勝てるのかなー?

DSC01300.jpg DSC01305.jpg

優勝インタビューで「優勝するとは、思わなかった!」
経験と技術の裏打ちがある、余裕の言葉ですね。
一騎打ちのプレイオフ1回戦で、勝ち抜くメンタルの
強さ!半端ないね。

昨年は、調子が出ず不本意な成績でしたが、今年は
しっかりシーズンオフに調整。ここがすごいね。
バンドマンでも、これと同じことが言える。オフの時に
どんだけ練習積めるかだね。

当たり前だけど、バンド練習には、個人でする練習と
バンド単位でする集合練習があるね。両方とも大事
ですが、その練習方法がチャントしてるかどうか?

DSC01308.jpg DSC01306.jpg

そこがメンタル面と直結してると思うヨンタナですね。
これもゴルフと似ていて、練習場では何回も打てる!
という安心感があって、そこそこイイスイングできる。

でも、いざ本番となるとミスショット連発!なんてことも
しばしばある。バンドでも、リハーサルはイイ感じ!!
本番では、グチャグチャな演奏になって、反省!(笑)

DSC01297.jpg DSC01307.jpg

実は、練習と本番では「条件が大きく異なる!」ことに
気づいていないことが要因。ゴルフの場合、本番では
自然との戦い+まわるメンバーに、メンタル左右される。

ライブでも、会場や客層などが、すごーく影響するね。
この部分を想定した、実戦的な練習方法を取り入れ
ないと、風任せー!運任せー!の結果になる。

キツイ言葉で言えば「練習があまーいね!」ナンテ。
じゃー!どうすれば実戦的な練習方法ができる?
・・・・・うーん?一言で表すのは、とてもキビシイ!

バンド形態やジャンル・自宅の環境・練習時間など
様々な条件が加味されるので、近道はないね。
ただし、一般論ならある程度、言えるかもね。
この辺の続きは、次回に予定しますね。

話し変わって、今日のME-20の使い方ですが、
ME-20のマスターボリュームを絞り、アンプの
デラリバ側ボリュームを上げたところ、真空管の
いいところが、すこし改善したね。

DSC01300.jpg DSC01297.jpg
(かなりMV下げて、アンプ側を少し大きめ)

まー!常識にとらわれず、非常識が正解なんて
こともあるので、常にフレキシブルに考えることも、
メンタル面の強化になるね。
押してだめなら引いてみな!笑)

では、次回またお会いしましょうね。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
スポンサーサイト

ライブ本番に強くなるメンタル強化方法!!(基本編1)

2014年4月28日(月曜日)
HOLA!

DSC00895.jpg DSC00764.jpg

ライブ演奏は「結果オーライ!」的な側面がとても強い。
日頃の練習成果を、どれだけ本番で発揮できるか?
どんな世界でも、本番に強い!ことが求められるね。

このシリーズでは、「生演奏に強くなるためのメンタル
に視点を置いて、ヨンタナの勝手気ままな考え方を!!

RIMG0020.jpg
(BOSS MTR/BR-800)

メンタル(Mental)=精神的・心理的とか言ってるね。
スポーツの世界では、頻繁に使われる言葉
「メンタルなスポーツ」ミタイナ言い方をする。

先々週の男子ゴルフでは、宮里優作プロが連続優勝!
今まであまり勝てなかった天才ゴルファーの1人。
逃げ切りの後半では、少しヒヤヒヤした場面も。

しかし、メンタル面が強化されているようで、優勝をGET
「結果オーライ!」

RIMG0049.jpg

音楽の世界でも、本番に強い方とやや苦手な方が
いらっしゃる。この違いは「メンタル面の僅差!!」
このチョット差が、結果に影響してると思うヨンタナ。

一般的に言って「応用力やフレキシブルな対応力
を持ってる方は、本番に強い傾向があるね。

HIMG0015.jpg
(最近出番少ないアンプ)

経験と技術に裏打ちされた「自信!」があれば、
比較的フレキシブルに対応できますが・・・・・・

たとえば、本番セッションでの良くあるケースが
いつもやっているキー(KEY)と異なる時。

スコアが、事前に用意されていればいいのですが
ない場合は「パニック状態!!」ナンテことにも。
まーこれは極端な例ですが。

それと良くある話が「ミストーン!」を恐れて、本領を
発揮できないケース。

RIMG0105.jpg
(フェンダー40Wアンプ)

その最大の原因が「練習不足!」
中途半端な練習の結果、本領を発揮できずに終わる
ミタイナ。あのイチロー選手でさえ、準備は万端!!

ヨンタナの原理原則:結果には必ず原因がある!
極論言えば、偶然やラッキーなんてない!と思う
ヨンタナです。

メンタル面を強化する方法は、しっかり準備する事
と失敗したら反省をバネにして、再チャレンジする
気持ちを持つことかなー。

メンタル強化!音楽にも欠かせない分野です。
次回、その辺を掘り下げてできればイイネ。

それでは、これで1回目オシマイとします。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね1

楽しく学ぶ! 基本的なこと シリーズⅢ(#3) ”グルーヴ!!”

2014年4月27日(日曜日)
HOLA!

DSC01078.jpg

グルーヴ(Groove!)の3回目をアップします。
1回目に、その別の意味を「人を楽しませる・大いに
楽しむ・うまがあう・進歩する・最高潮である」etc・・・
と書きました。

HIMG0168.jpg
(自宅での練習用ブギーコンボ)

その中から「進歩すること=Groove!」って、果たして
どんなことなんだろうか?早速、進歩の意味を調べると
時の経過と共に次第によくなる」と。

演奏で言えば、徐々にノッテ来るということに等しい!
少しずつ気持ちが熱くなる演奏、そのものがグルーヴ。

HIMG0179_201404272221157ef.jpg
(まだ実戦投入されない、メサブギー/TA-30)

バンド演奏では、色々なことが絡んでヒートすることが
あるね。その中でも、イイ音がした時は特にノレル!!
音が良くない時は、気持ちがイマイチで、乗れない。

さてさて、どうしたら好みの音色や音質を出せて、さらに
保てるのか?グルーヴに欠かせない基本的な要素。

HIMG0009.jpg

楽器とそれを操るプレーヤーの両面があって、イイ音
が出せると思うヨンタナ。ご存知ベーマガの亀田大学
「亀子の部屋」での記事に、そのヒントが載っていた。

「ベースに弾かされてはいけない!」
「楽器から、ベースはお前を表現するための道具だから」

DSC00773.jpg

とても的を得てる会話ですね。わかっている様でわかって
いない真理。プレーヤーとして「どんな音を求めてる?」
「どんな音が出したい?」「どんな音が好き?」の輪郭が
鮮明でナイトね。

DSCN1752_2014042722531423e.jpg

プレーヤーとして「こんな感じの表現したいので!」
このサウンド出したいな!ミタイナ輪郭があればイイね。

一般的には、好きなプレーヤーを目標として、機材や
弾き方をマネしながら、徐々に求めるサウンドに進む。
つまり、進歩する。これも大きな意味でグルーヴ!!

RIMG0015.jpg

ヨンタナの場合、長い間たくさんのCD聴きまくっていて
自分自身が求めるギターの音、ある程度明確です。
その為に、楽器や弾き方を常に工夫するやり方。

ジェフベック・サンタナ・ジョージベンソン・リーリトナー
ラリーカールトンなど有名ギタリストから無名ギタリスト
まで、広く聴いた中から「これだ!」と思う音が・・・・・・

求める音出すことは、カンタンではないけど、いつか
キット出せると信じていますね。「これでいい!」と
感じた時は、進むことが止まり、後退した時だね。

グルーヴの基本要件!「イイ音を作る・出す」ことを
お手持ちの楽器で、工夫することをオススメします。

*ヨンタナのヒント:物は考え様!
①ギター本体のイコライジングを変えてみる
②アンプ側のイコライジングを変えてみる
③ボリュームコントロールを変えてみる
④右手の弾く場所やピックの材質を変えてみる
⑤プリアンプやイコライザーを使ってみる
etc・・・やることはイッパイあるよ。

RIMG0013.jpg RIMG0026.jpg

ただし、イイ音出すための、弾くテクニックも磨く
お忘れなく。

DSCN1579.jpg

では、今回もやや抽象的な表現となり、スンマソン。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

マルチ BOSS ME-80 試奏(#3) JOEの店で!

2014年4月27日(日曜日)
HOLA!

DSC01274.jpg DSC01273.jpg

昨夜は、いつものサントス ミニライブ!!
マルチエフェクター BOSS ME-80を引っさげて
新たな音作りのため、ライブで使ってみた。

DSC01277.jpg DSC01275.jpg

前回の試奏では、ME-80単体での使用でしたけど、
今回は、前段にEPブースターをかませての感想!!

今回試奏の目的は、アンプモデリングと歪み系の音質
それに、トリッキーなFX系のチェック。

DSC01281.jpg DSC01002.jpg

試奏機材接続順:

トーカイレスポール→EPブースター→ME-80
ピービーデルタブルース→ミュージックマン210HDへ

チェック①:アンプモデリングのツイード(TWEED)

DSC00809_20140415181238a75.jpg
(TWEED:写真位置2番目)

フェンダー系ツイードのモデリング?と感じたね。
真空管のリッチな音が薄くなって、中域が強い!
ロック系なら問題ないけど・・・

チェック②:歪み系のオーバードライブ

DSC00805.jpg
(OVERDRIVE:2番目)

いつも使っているスーパーODに似てるけど、腰が
弱く感じるね。

チェック③:ペダルFX系

DSC00808.jpg

それぞれトリッキーな使用では、GOOD!
ギターシンセ的な活用も、音のレスポンスが早く
充分実用に生かせる範囲。普通のピックアップ
でも、これだけシンセ的なサウンドならOK!!

チェックしたヨンタナの感想では、単体での活用は
限定的になるかもしれない。アナログエフェクター
を中心として、ラインセレクターでマルチも単体
エフェクターの1つと考えて接続する方法。

そんな使い方が、ヨンタナサウンドにマッチする。
今後、もう少しシステム全体の見直しが必要。
いずれにせよ、プロが使っているアナログ主体
のエフェクターの意味が再認識できたね。

予算的な面から見れば、30,000円前後で購入できる
オールインワンのマルチ、一方単体のエフェクター
の場合、それなりに投資が必要だね。

以上、ヨンタナの感想を少しだけ。参考になれば。

では、またお会いしましょう。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

楽しく学ぶ! 音楽の基本的なこと! シーズンⅢ(#2)”グルーヴ!!”

2014年4月26日(土曜日)
HOLA!

DSC00866_201404261350027f2.jpg DSC00867_20140426135003890.jpg

いよいよ「ゴールデンウィーク!」
早いもので、4月も残すところ数日、時の経つのが
とてもとても・・・・そんな毎日ですが、今宵は楽しみ
な、JOEのお店でのサタディライブ。

DSC01270.jpg
(ポンチョさんからプレゼントされたシェケレ!)

いつもなら二人そろってリハですが、ポンチョさん
所用あって、今日はリハなしのライブになるね。

さて、シーズンⅢ(グルーヴ!)の2回目
今回は、「リズム感とサウスポー(SOUTHPAW)」
の関係について。

DSC01190.jpg DSC00897.jpg
(コンガ奏者:サルー/ボーカル:MEOさん)

野球では、左腕投手をサウスポーって言ってて
特別な見方してましたね。世の中、右利き中心
の生活スタイルが一般的、その為か左利きの人
とても器用ですね。

コンガ奏者のサルーやクレシェンドのMEOさん
お二人とも、左利き。共通しているのが、やたら
ノリがイイ。半端じゃない!!

左利きの方は、必然的に右も使う。ヨンタナなどは、
右利きなので、左は苦手。その辺がグルーヴにも
大きく関わっているのでは?・・・と思っていますね。

DSC01268.jpg
(ラテンピアニスト:エディー・パルミエリ)

ギタリストやベーシストの場合、左手が運指で横移動
一方右手は、ピッキング縦移動と、結構左手も右手も
訓練しなければならない楽器。どこかゴルフスイング
に似てる。(体は横回転・クラブは縦回転)

DSC01266.jpg

ピアニストやドラマーなど両手・両足を使う楽器から
比べれば、少しは楽かもしれませんが?

DSC01267.jpg
(実弟が持ってきたラテンCD3枚)

じゃー!なぜ?左利きの方は、ノリがいいのかな?
結論から言えば、オルタネイト奏法だからですね。
右手と左手のバランスが、とても優れている。

両方が半端なく発達してるサウスポー!器用な訳
一方、右利きなら右手はすごく発達してるけど、
つい左手がオロソカニ!なんてこともあるね。

DSC01272.jpg

一番わかりやすいのが、ラテン楽器の要「クラーベ!」
に代表されるリズム「2拍3連符」の3連符!!

DSC00725.jpg

3連符って、オルタネイト右左と交互にアタマが変わる。
苦手な左が遅れたり・モタツクと、リズムが崩れるし、
グルーヴどころではなくなる。

結論から言えば、リズムが弱い場合の原因は、ここに
起因してると思うヨンタナです。ギタリストやベーシスト
の場合、左手のタッチや運指がビミョウ!で肝!!

ワンランク上目指すプレーヤーなら、客観的にこの辺
訓練する必要がありそうです。演奏前の指慣らしなど
一定のウォーミングアップ方法も工夫してみてね。

ざっと5~6分慣らすのでなく、独自のシステマティック
な方法で、しっかり慣らす必要があるね。特に年齢が
高くなると反射神経鈍くなる可能性大。ナンテネ!!

・・・と今回は、オルタネイト奏法の基本的な考えから
グルーヴについて触れてみました。

では、次回また。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

楽しく学ぶ! 音楽の基本的なこと! シーズンⅢ(#1)”グルーブ感とは?”

2014年4月25日(金曜日)
HOLA!

DSC01258.jpg DSC01263.jpg

今夜は、プレビ劇場でレイトショー観てきたよ。
ホントーは、スパイダーマン2新作予定で行ったけど
3Dなくて2Dのみで、急遽キャプテンアメリカ!に。
(あとで3D観る予定にしたのです。)

DSC01260.jpg DSC01261.jpg

相棒の劇場版シーズンⅢも、明日から封切り!!
これも観たい邦画の1作品。大画面・大音響で
観る映画って、リアルでとても楽しいね。

バンド演奏も大音響でやりたいけど、現実的には
ムリですね。いつも音量気にしながら演奏するって
結構ムズカシイし、ノリやグルーブにも影響ある。

さて、今回から新シリーズⅢをスタート。テーマは
バンドの「リズムのノリ方やグルーブ感」について、
ヨンタナの勝手きままな話!(笑)を少し。

DSC01254.jpg DSC01250.jpg
(今日の練習アンプ/メサ キャリバー50プラス)

まずは、サントスのコンボ編成を参考にしながら、
リズムのノリやグルーブについて、問題点を少し
掘り下げて進めてみます。また、ベースマガジン
の記事に対する、ヨンタナ感想なども折込予定。

DSC00764.jpg

グルーヴ!(Groove!)とは、
「音楽にノッタ状態・その曲のリズムや雰囲気などが
気持ちイイと感じられる状態」とある辞書には書いて
あった。

別の辞書では、「人を楽しませる・大いに楽しむ・
うまがあう・進歩する・最高潮である
」etc イロイロ!

DSC01251.jpg DSC01252.jpg
(パワー管/6L6GC×2/STR440)

うーん?とても深い意味だね。日頃使っている言葉
だけど・・「今日はノッテたね!」とか「気持ちヨカッタ」
とか、演奏が終わってから、メンバー同士やお客様
から発せられる言葉!!

総論としては、なんとなく理解できるけど、さてさて
どうしたらグルーブ感って、出せるようになるのか?
その辺から謎解きスタートしますか。

その謎解きのキッカケになるのが、前回のベーマガ
2013年8月号の記事(亀田大学)にあるね。

DSC01256.jpg DSC01253.jpg
(3ボリュームタイプ/背面パネルの端子)

リズムセクションでは、打楽器の役割が重要ですが、
ウネリや揺れみたいな感じを出すベース!!
グルーヴに直結してるとヨンタナは思うね。

DSC01265_2014042601125337f.jpg

なんせ低音部を受け持つベース!!同じ低音部
でもドラムのバスドラには、音程がない。
音程があって低音部を弾くベースって、グルーヴ
そのものと感じるヨンタナです。

勿論、打楽器が繰り出すリズムにも、グルーヴ感が
あるし、メロ楽器やヴォーカルにも同じことが言える。
その上で、ベーシストが操るウネリや揺れミタイナ

ラテンやロック・ポップス・ジャズなどでは、特に顕著。
では、どうしたら?このグルーヴ感を享受できるか?
まずは、基本的なことから考える必要があります。

DSC01257.jpg DSC01226.jpg

ベーマガの亀田大学によれば、
音の切り方(ミュート)でグルーヴが変わる!」って
結論が書いてあった。全ての奏者に共通であって
基本的なことを言い表しているね。

表と裏・アップダウン・弾く音と弾かない音・オンオフ
叩いている手と上げている時の手・・・オルタネイト
そうなんです!!一定のリズムパターンを、延々と
崩れずに奏することが、グルーヴの入り口(基本)。

最近のCD聴くと、打ち込みリズムに合わせている
曲が多いいですね。それでもちゃんとグルーヴ感
がある。その要がベースなんです

・・・と今回は新シーズン1回目ですので、この辺まで
として、次回からもう少し突っ込んだ話を。
それでは、次回またお会いしましょう。

アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

きれいなフラワーツリー見ながらベースの話!! 関越道高坂SA!(雑記)

2014年4月24日(木曜)
HOLA!

DSC01240.jpg DSC01241.jpg

昨日(4/23)、神奈川県相模原市へ向かう途中で
立ち寄った「関越道 高坂SA」
フラワーツリーがとてもキレイでした。

天候もよかったせいか、カラフルな色合いが鮮明
でしたね。

DSC01242.jpg DSC01245.jpg 


昨日から、新会社のPCシステム立ち上げ支援で
入り込み。今日は、新会社設立セレモニーがあって
2日間ギターも弾けなかったし、ブログも書く時間が
なかったなー。

DSC01247.jpg DSC01248.jpg

ソンナ中、昨夜宿泊した某ホテルで、TVつけたら
深夜の音楽番組放映してた。なんと、ベーシスト
3人による音楽談話!番組名や名前忘れたけど
物凄く参考になる話でしたね。

そうそう思い出した!ベースマガジン亀田大学の
学長「亀田誠治」さんがその一人でした。
1964年ニューヨーク生まれで、アレンジャー・
プロデューサー・ベーシストの亀田先生です。

ちょうどTVつけた時は、チョッパー!の話でした。
アメリカでは「スラップ」と呼んでいて、チョッパー
とは言わないらしいね。

DSC01249.jpg

ベーシスト3人がTV番組で主役って、過去ないね。
それだけベースの役割が変化してきているし、奏法
も高度化してる証拠!と思うヨンタナです。

因みにバンドアンサンブルにおいて、ベーシストの
グルーブ感!」がサウンドに大きな影響を与える
と思っていたヨンタナ!間違っていなかったー。

DSC01243.jpg

ベースマガジン亀田大学でも「グルーブを作り出す
醍醐味!
」てな、サブタイトルで、ベースに対する
心構えを解説してますね。

DSC01244.jpg

その記事の中に、ヨンタナがすごく感じる部分が
1音1音をスタッカートさせて、音を切る(ミュート)
ことが重要!
」と亀田先生が書いてるところ。

つまりギタリストにとっては、当たり前の左手指の
オン・オフ
が、ベーシストの場合、その意識が薄い
のかどうかワカラナイけど、指摘事項だね。

リズムのグルーブと直結してる「スタッカート感!」
ヨンタナ、あらためて考える必要がありそうです。

ギタリストであるヨンタナが、ベース弾く場合には
普通な左手の使い方。うーん!ベーシストには、
普通ではないのか?・・・・・・・今後のテーマに!

さいごに、今日の相模原市での昼食!日本料理店
「さ蔵」で高級な会席をいただき満足。
(超!高級和食店 ビンボーなヨンタナには?)
美味しくて、撮影忘れた!すみません。

では、次回バンドにおける「グルーブ!」その辺を
アップできればと思います。それでは、次回また。

アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

楽しく学ぶ! 音楽の基本的なこと! シーズンⅡ(#7-3)

2014年4月22日(火曜)
HOLA!

DSC01206.jpg DSC01207.jpg

前回、#7-1と#7-2の2回に渡って「セッションやトラ
する時のポイントを、井上ちゃんへ参考にアップしました。

DSC01226.jpg

実際!ライブで、知らない曲をイキナリ演奏するって
ほとんどないね。あるとしても、リハである程度やって
から臨むのが一般的ですね。

今回は、時間的な制約や仲間同士ということで、少し
冒険をしていただきました。(スンマソン!)

でも井上ちゃんから「プレッシャーも必要です!」との
前向きな言葉、とてもプラス思考でイイッすね。
ヨンタナもホントーに感動しました。

DSC01224.jpg

物は考え様!ポジティブに考える人ってスバラシイ!
いつも謙虚でありたいと願うヨンタナ、それを実践する
勇気をいただいた気がします。ありがとサン-トス(笑)

さて、今回は「譜面を読む自己練習の基本」と題して
少し補足させていただきます。

DSC00696.jpg   HIMG0314_201404211952509fa.jpg
(スコアに目を通す井上氏)

井上氏:
「サントスの前進であるカリブの時代に、ヨンタナさん
とコンボ組ませていただきましたが、その時は譜面
あまり重視してなかったです。苦手意識あって。」
ヨンタナ:
「そうそう!もう15年位経っているね。年月がとても
早く過ぎてゆく。カリブ後、井上ちゃんもフュージョン
バンドで活躍していたね。」

井上氏:
「ザンネンなことに、そのバンドは解散して、今は
別トリオでパンツ人!(笑)ジョーダンです。ハイ!
別の仲間と三人で組んでいます。」
ヨンタナ:
「その仲間には、採譜やアレンジできる人いる?」

井上氏:
「はっきり言って、いないです。それなんで譜面が
あまり得意でない環境ですね。でも、この機会に
少し勉強しようと思い、色々質問してまーす。」

DSC01229.jpg DSC01230.jpg
(懐かしのフェンダーブルースデラックス)

そんな訳で、実戦に役立つ練習ですが、音符を読む
ことは省略して、コードについて少し触れますね。

基本練習1:

メジャーKEY=C・F・B♭・E♭の4キーを基本に
イチ・ロク・ニー・ゴー(1-6-2-5)進行に慣れる。

DSC01235.jpg DSC01232.jpg
(EX①&②)

基本練習2:

マイナーKEY=Am・Dm・Gm・Cmの4キー
4度進行に慣れる。

DSC01233.jpg DSC01234.jpg
          (EX③~⑥)

できれば、MTRやDAWソフト使って、バッキング
トラック作成できればいいね。無理ならヨンタナが
作成するので、気軽に声掛けて!!

・・・・と今回は、これでオシマイです。
3回に渡り井上ちゃん、ありがとサントス!です。

アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

楽しく学ぶ! 音楽の基本的なこと! シーズンⅡ(#7-2)

2014年4月21日(月曜)
HOLA!

おー待たせしました!ナンチャッテ!(笑)
やっと夕飯食べてガソリン満タン、これで走れる。

DSC01209.jpg DSC01218.jpg
(なぜか?メサブギーのスピーカー???)

早速、ベーシスト井上ちゃんへ、譜面を読む
ポイント説明するね。あくまで参考に。

HIMG0314_201404211952509fa.jpg
(温厚な井上氏)

ポイント1:スコア上の演奏形式の把握

原理原則=流れを大きく捉える!!
森を見て!林を見て!木を見る!の原則に
従って、全体像を見ることが最初のポイント。

DSC00994_20140415184841191.jpg

コンボで演奏する場合、大作を除いては、1曲が
4,5分前後の演奏時間が、一般的に多いいね。
小作品とでも言ったらいいかも。

結論から言えば、概ね8小節または16小節単位
の繰り返しで進行するよ。
つまり、A-A´-B-A´形式が標準スタイルです。

演奏前にスコアを確認する時は、AメロとBメロの
パートを大きく捉え
、そこをマーカーでわかるよう
書き込みます。これだけで、流れが把握できる。

DSC00995_201404151848434d9.jpg

A-B形式やA-B-C-D形式など、実際の演奏
では、様々なスタイルがあるけど、基本は同じ。
あとは、このセットを何コーラス演奏するかだけ。

慣れてるバンドマンでも、リハや休憩時間に必ず
確認するね。ぜひ習慣になるまで実行しようね。
上手な人ほど、譜面に記入がされているよ。

DSC01205.jpg

では、続いて2つ目のポイントを説明します。

ポイント2:調号とコード進行の把握

DSC01219.jpg

原理原則=全体を大きく捉えて!!(同じ原則)

どの曲(譜面)にも必ず「KEY(キー)」があるよね。
まずは、キーを確認する。なぜかと言えば、キーで
スコア上の調号(♭や#)が決まる。

ベーシストの場合、コード名だけで演奏するので
この調号を意識してないパターンが多いい。

わかりやすく言えば、1小節単位のコードだけに
目が捉われて、コード進行の流れを把握しない。
結果、ちょっと見失うと迷子の子猫ちゃん状態

「あれ!どこ演奏してるのかなー?ヤバ!」・・・・・
と思っても演奏は止まってくれない。演奏後に
スンマソン!見失いました!!となる。

DSC01124.jpg

木(コード単体)ばかり見ているので、ちょっと見失う
と全体が見えてこない。サクラも幹/枝/花と整理!

そこで、もっとも基本的な「4度または5度進行」に
精通することがポイントになる。理論書などでは、
ムズカシイ言葉で「サイクル・オブ・フィフス」とか?

確かに5度圏・4度圏の考え方は、とても大事だね。
でもその前に、メジャーキー/マイナーキーの代表
的なC・F・B♭・E♭/Am・Dm・Gm・Cmキーに
慣れ親しんでおくほうが重要だね。

DSC01223.jpg
(サイクル圏のちょうど上半分)

因みに、時計回りに「♭」が1個づつ増える仕組み。
反対回りに「#」が1個づつ増える。最低3個位は
暗記しなければ・・・・・実戦には役に立たない!
まー!譜面読める人から見れば(笑)ナンテネ。

DSC01221.jpg DSC01222.jpg
(調号とキーの関係:左メジャーキー/右マイナーキー)

結論言えば、4度上行キーを覚えると、コード進行の
予測ができて、流れの把握や暗譜にとても役立つね。
ともかくコツコツ覚える。中学生の英単語覚えるより
カンタンだね。ファイティング!!(ガンバ!)

DSC01220.jpg
(4度進行の1例)

大人になると初心を忘れて、準備万端作業を
手抜き工事!イケマセンね。自分専用の筆記
用具位は、必ず持ち歩きましょう。(僭越ですが)

以上、ポイント2つだけ書きましたが、少しは参考に
なったでしょうか?文章で表現するってギター弾くより
タイヘンです。ご勘弁ください。

では、今回はこれでオシマイとしますね。あしからず。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

楽しく学ぶ! 音楽の基本的なこと! シーズンⅡ(#7-1)

2014年4月21日(月曜)
HOLA!

DSC01206.jpg DSC01207.jpg 

サクラのシーズンも終わって、いよいよ花水木!
日本がアメリカに寄贈したソメイヨシノの返礼に
アメリカ原産の「ハナミズキ!」

メイドインJAPANとメイドインUSA!因縁深いね
エレキギターでも同じ。国産かUSAか
ヨンタナは、日本人なので国産重視だけど・・・・
ギターアンプだけは、ザンネン海外製が中心です。

DSC01210.jpg DSC01212.jpg
(エドワーズ製/335タイプ)(メサブギー/スタジオキャリバー)

楽器については、価格ピンキリなので経済面考慮
しながら、使いさすや気に入ったモデル等を取得。

さて、今回のテーマは「譜面を読むに当たっての調号
について、少し触れようと思います。

先週のライブに参加していただいた「ベーシスト井上氏」
から、その辺の質問をいただきましたので、参考までに。

DSC00828.jpg

井上氏:
「今回、サントスさんクレシェンドさんでベース弾かせて
いただき、とても光栄でした。一方、プレッシャーあって
思うように音が出せなかったです。」
ヨンタナ:
「そうですね。普段得意としている曲なら、気持ち余裕
あるし、力を発揮できますね。」

井上氏:
「そうなんです。知らない曲をセッションする場合、譜面
あっても、その流れを追うのがセイイッパイ!ですね。」
ヨンタナ:
「他流試合する場合、ヨンタナも同じです。パーマネント
バンドならキーや流れ把握できているので、精神面が
安定しているけどね。」

DSC01204.jpg DSC01213.jpg

井上氏:
「セッションやトラをする場合、何が一番大事ですか?
最近は、ある程度譜面読めるように、自己練しようと
してるので、その辺のヒントなど教えていただければ」
ヨンタナ:
「研究熱心ですね!そういう所が井上ちゃんの一番
イイ面でもある。ヨンタナも見習って、その気持ちを
大事にしたいね。」(初心を忘れない!!)

DSC01208.jpg 

では、教えるなんてレベルでないけど、ヨンタナが
日頃から、気をつけてる練習ポイントを少し・・・・・

まず譜面を初見で演奏するって、相当ムズカシイね。
小さい頃からピアノ教室やクラシックやっているなら
全然問題ないけど、耳コピやタブ譜で慣れてるなら
ハッキリ言って無理!ナンチャッテ(失礼ですね)

ベーシストの井上ちゃんの場合、コード譜だけなら
ある程度追えるみたいですから、ポイントは2つ!

DSC01217.jpg

ポイント1:スコアの形式を把握
ポイント2:調号とコードの関連をマスター

・・・この辺の続きは、次回またやる。
お腹すいたので、夕飯食べてから書くね。
チョット待ってて!!アディオスアミーゴ
4649ね!
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR