楽しく学ぶ!バンド音楽の基礎(ヨンタナのつぶやき) #3-2

2014年10月31日(金曜日) その2
HOLA!

<仕事と音楽の両立に必要な考え方は?(Ⅱ)>


DSC05087_201410312104175ac.jpg DSC04908.jpg


◇大好きな音楽と大好きな仕事が共存できたら、人生はどんなに楽しい
ものになるでしょうか?・・・ベストな環境で、目標でもあるけどね。



◇そこで、その目標に少しでも近づくためには、私達が持っている資源を
効率的に配分する」ことに着眼しながら、つぶやいてみたいと思います。



◇今回音楽に応用する「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)」
1970年代から活用された少し古い理論で、資源の最適な配分方法です。


DSCN0986_20141027155012faf.jpg 


◇会社においても音楽家でも「ヒト・モノ・カネ・ネタ」の4つが共通資源。
これで、仕事=音楽となり相互リンクが完了し、どちらにも活用できます。
こんな考え方で整理して行けば、別々にやらなくてもいいんですね。



◇では、音楽上の4つの資源について考えてみましょう。

(資源1)ヒト・・・自分とバンドメンバー(または友人やお客様等の人脈)

(資源2)モノ・・・楽器・譜面・教則本・PC・スマホ・TVなど

(資源3)カネ・・・貰うお金(ギャラ)・使うお金(投資)

(資源4)ネタ・・・各種の音楽関連情報


◇このように整理すると、誰でも、上記の資源はお持ちなんですね。
したがって、これらの資源(宝モノ)を、効率的に配分活用しなくては
それこそ宝の持ち腐れ!なんです。(笑)

DSC05007.jpg
(もったいないニャー)


◇ただし、資源配分の原則は「投資対効果」です。投資はしたものの
効果がゼロまたはマイナスでは、まったく意味がありませんね。
たとえば、2000円で教則本を買っても、ホコリだらけ猫灰だらけ!(笑)


◇上記のPPMによれば、「問題児・花形製品・金のなる木・負け犬
に4分類しながら、どこに投資すれば、最適な効果が期待できるか?
そんな効率的な方法論なんです。家庭にも活用できちゃうよ。


◇感情論だけでなく、論理的(ロジック)な考え方をチョコット応用して
仕事=音楽=家庭 とリンクを貼れば、”1粒で3度オイシイ”(爆笑)


DSC05094_2014103122265825a.jpg
(オイシイ!ワンワンワン)


◇この考え方が、けもの道!をスタコラ走り続けているヨンタナ流
ポジティブシンキングなんです。要するに別々に覚えるのメンドー
なんで、1つで済ましてしまおう!そんな怠け者スタイルなんです。


じゃー!今回は2回目の更新ですので、この辺でオシマイとします。
次回、PPMについて、もう少し突っ込んだ内容をつぶやくね。


※そうそう、12/13日(土曜日)、プリオパレスから演奏の依頼あり。
ありがとさん!ですね。



アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!


スポンサーサイト

楽しく学ぶ!バンド音楽の基礎(ヨンタナのつぶやき) #3

2014年10月31日(金曜日)
HOLA!

HIMG0005.jpg HIMG0006_201410310836331c3.jpg
(左:メキシコストラトG-5/右:ギブソンSGゴシック)


<仕事と音楽の両立に必要な考え方は?>


◇ヨンタナ、エレキギターを初めて手にしてから、凡そ50年が経つなー。
そのほとんどが、バンドでの活動ですね。そのナガーイ音楽活動の内
5年間だけは活動を停止した時期があるよ。



◇その音楽停止時期は、ヨンタナ20代後半~30代前半の頃にあたり、
プロギタリストの道を諦め、ビジネスマンとしての基盤固めをスタート。
それまでの商売道具だった、楽器のほとんどを売却してのリ・スタート。

RIMG0011.jpg

◇魅了され続けてきた大好きな音楽&ギター!との決別・・・・
そんな一大決心が出来た理由は、なんと言っても経済面でしたね。



◇その当時としては、破格のギャランティを貰っていましたが、果たして
何歳まで継続できるのだろうか? そんな不安がいつもあって、悩みの
タネでもありました。いわゆる「ハイリスク・ハイリターン!」職業だ。


◇わかり易い言葉で言えば、太く短い生き方か細くてもナガーイ人生か
の岐路でしたね。結局、ローリスク・ローリターンを選択して活動凍結。
ヨンタナ、新たな挑戦の始まりでもあり、音楽に代わる「好きな仕事
を目指すことにしたのです。


RIMG0030.jpg


◇ところで、調べてみると、ハワイのミュージシャンは、音楽&仕事の
どちらも好きな事として、ライフスタイルをエンジョイするらしい。
日本人のように「趣味は趣味、仕事は仕事」ミタイニ分けて考えない。


◇正に!ヨンタナ流の考え方と近いじゃないですか。さらに調べると
沖縄県那覇市の栄町市場ってところでも、似たようなスタイルがある
みたいですよ。(※詳しいことはわかりませんが)


◇ハワイも沖縄も常夏の島が共通項、ヨンタナも、南の島に想いを
寄せてラテン音楽やっているんで、同様な文化が根付いたのかも?

RIMG0124.jpg



◇つまり、仕事と音楽との両立には、どちらも好きになる事が条件。
仕事のスキルを音楽に生かしたり、その逆もありで、音楽で学んだ
ことを仕事に生かす「相互リンク方式」で、相乗効果を上げるのだ。


◇音楽に軸を置いて、フリーターやニートをやれるのは、20代だ。
そこで、メジャーになれなければ、その後はキビシイ人生になる?
会社員の平均年収は、500万前後、生涯年収は、500万×40年=
2億円位かなー。(※おおよその見積額です。)


◇さらに、退職金や厚生年金収入なんかも加えると、約5000万超
上積みされるのが、会社員だ。・・・果たしてどっちがイイ人生か?



・・・と、ヨンタナの経験上を参考に書いて見ましたが、音楽活動の
可能性は無数あるし、方法も無限大かもしれませんね。


ただし、20代で人生の片道キップを手にしなければ、後半の挽回
がキビシクなるのは、経験上間違いないようです。(念のため追記)



じゃー!また次回、別角度から両立について、つぶやきをするね。


アディオスアミーゴ・アミーガ  4649ね!


楽しく学ぶ!バンド音楽の基礎(ヨンタナのつぶやき) #2

2014年10月30日(木曜日)
HOLA!

DSC05085.jpg DSC05088.jpg

◇1ヶ月ぶりの神奈川県相模原市行き!いつもの狭山SAに立ち寄り休憩。
パーキングエリアは、ほぼ満車状態で、駐車スペース確保がタイヘンでした。


DSC05090.jpg DSC05089.jpg


◇ダイドーの缶コーヒーを自販機で買って、外に出ると「ワンワンワンワン!

DSC05092.jpg DSC05093.jpg

◇すぐに、ヨンタナの足元にまつわり付いてきた2匹のワンワン、人見知り
全然しないなー。飼い主の中年男性に「4匹も連れて歩いて大変ですね!」
とお声かけて、狭山SAを出発、圏央道高尾山ICへ。


DSC05096.jpg DSC05097.jpg

◇高尾山ICから左折して相模原市へ、すぐに長いトンネルに入ると前方の
車が減速しだした。遅い車でもいるのかと、追い越し車線に車線変更した。
あ!ヤバイ!・・・スピード違反取締り中!・・・・・・・・・???

DSC05098.jpg DSC05099.jpg




ヨンタナ低速運転中で、セーフ!セーフ! しかし、トンネル内での
一斉取締りとは、危険きわまりないな。・・バタバタと違反車両が「御用!」

DSC05100.jpg DSC05101.jpg


安全運転を心がけるヨンタナ、無事相模原市へ到着、所用を済ませ
帰路へと、とんぼ返りだ。帰路も圏央道の狭山SAに寄って、夕食です。

DSC05110.jpg DSC05113.jpg

名物狭山茶蕎麦でなくて、最近はウドンを注文、イカ天とエビ天に
冷やっこのチョイスが、ヨンタナの定番になりつつあるよ。(笑)

DSC05119.jpg DSC05116.jpg


◇夜空には三日月!があって神秘的だけど、「HALLO WEEN?」
のディスプレーが不気味!巨大なハチの頭にしかみえないよー。(笑)
・・・・・・そんな相模路から、無事帰宅できました。ハイ!




◇それでは、楽しく学ぶ!コンボバンドにおける音楽の楽しみ方とは?
2回目は、家庭・仕事・友人との時間を最優先しながら、音楽活動にも
ある程度の時間を割く「具体的な両立方」について、少しつぶやくね。


DSC05077.jpg


◇結論を先に言ってしまえば、「音楽活動との両立はムリ!」なんです。
昔から「二束のわらじを履く」や「二兎追うものは一兎も得ず」の例えで
一般的には、両方中途半端とか両方ダメになるんですね。



◇そんなイキナリの辛口宣言!・・・・身も蓋もないハナシじゃん!って
お叱りを受けそうですね。ハイそうなんです、両立させるには、イロイロ
な条件をクリアーしなければならないので。


DSC05084.jpg


◇その条件とは、第一に家庭をお持ちの方なら、家族のコンセンサス
が必要です。それに加え、会社員や経営者さんなら仕事での成果
維持または上向かせることが可能であること。・・・いやはや大変!


◇そんな条件、到底ムリムリ!なんて聞こえてきそうですね。でもね、
よくよく冷静になって考えてみて。どんな趣味でも、経済面が崩れたり
したら、全く出来ないんですよー。


◇たとえば、会社員さんなら年収が増えない限り、年々上昇傾向にある
物価や税金・保険年金等によって、可処分所得(使えるお金)は目減り。
今日の新聞報道によれば、老人ホームの相部屋でも有料化を検討。
※低所得者は除外されますが。


DSC05052.jpg



◇楽器を新しく買うどころではない。・・そんな気配さえ漂ってくるねー。
まー悲観的に考えれば、そんなことも言えなくもないけど。



◇何が言いたいのかと言えば、息抜き程度の範囲で、趣味の音楽と
した方が気が楽。しかし、きっちりと音楽やりたい方なら、しっかりした
P・D・C・Aを回しながら、家庭・仕事・音楽がリンク相乗効果が条件。




・・・・・・・・と、少しネガティブな部分もあったりして、スンマソン。
でも、ヨンタナ流の考え方は、ポジティブシンキングがベースなんです。
その辺のところは、次回またつぶやいてみますね。



アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!


楽しく学ぶ!バンド音楽の基礎(ヨンタナのつぶやき) #1-2

2014年10月29日(水曜日) その2
HOLA!

◇今日2回目のブログ更新!忘れない内に書いておかないとね。(笑)

DSC04697.jpg DSC04696_201410291555046fe.jpg



◇チームで「何かを成し遂げようとする」行いには、格別な思いを寄せる
ヨンタナです。家族や会社の部門そしてコンボバンド等、約10名以下での
小集団活動は、お互いの気持ちを伝えたり、互いに学ぶには最適な単位。


◇一般的にチーム単位は、多すぎても出番が無くてダメだし、少なくても
見方が偏ったりのデメリットがあって、ちょうどイイ塩梅!がコンボ編成!



◇たとえば、JBサントスなら、VOCALのカルロス山本氏をサポートする
バックバンド4名を加えた5名の小集団(コンボバンド)。

DSC05071.jpg


◇現在は、JOE☆SANTOSのBチーム(2軍)として、セミプロを目標に
厳しい練習を積んでる最中だ。二足の会社員や経営者もいれば、毎日が
サンデーのヨンタナやジミー?そして、若手トミーくんとの年齢差も大きい。



◇そんなメンバーの諸事情を考慮しながら、「上手くなりたい」との純粋な
想いに応えられるチーム形成を、微力ながら推し進めているヨンタナです。


DSC04691.jpg

◇だが、楽しい(満足する)演奏をする為には、幾つかのハードルを越えて
行かねばならない事も現実面であり、それをどう伝え、時間的な制約の中
どう実行していただけるのか?・・・・ここが当面の課題となっているね。


◇練習は、週一回しかなく、それも正味2時間程度。しかもスケジュールを
調整しての練習時間なんですね。練習中に指導できる範囲は、限定的だ。



◇アマチュアのように趣味としてやる場合と、趣味と実益を兼ねたセミプロ
を目指す場合では、原則、その中身(技)に違いがあって当たり前ですね。


DSC04690_20141029165239801.jpg DSC05057.jpg
(プロとして県内活動中の若手ドラマー)

◇ジャガマル君もトミー君も、譜面に強い!コードやメロが無いとは言え
キメの部分やフィルインする小節など、譜面上の音符の長さは的確だ。
DC、DS、コーダなどの記号も、見落とすことなくスコアに沿ってくる。


◇さらに、彼らお二人は、ヨンタナにスコアの確認をしてくる。「この部分
は、こんな感じでイイですか?」・・・アレンジャーの意図を汲み取ろうと。
そして、蛍光ペンでマーキングしたり、コメント入れたりするね。


DSC04313_20141029170654ae8.jpg


◇何が言いたいかといえば、「予習と復習」の連続が習慣としてあって、
そこでの疑問に対して、Q&Aを大切にできるプロの領域なんです。
その上、ワザのための基本練習は絶対欠かさない姿勢がGOOD!



◇今日の結論として、家庭・会社・友人との時間を最優先しながらも、
音楽にある程度時間を割くことは、とても敷居が高いかもしれないね。
そこで、次回から経験上のヨンタナ流、両立方法を具体化してみるよ。


じゃー!またねー。アディオスアミーゴ・アミーガ  4649ね!


楽しく学ぶ!バンド音楽の基礎(ヨンタナのつぶやき)#1

2014年10月29日(水曜日) その1
HOLA!

DSC03318_20141029131432a18.jpg DSC05080.jpg

◇昨日は、JBサントスの練習日、夜空には三ケ月がクッキリ!見える位
外気が冷たく感じたね。


◇ヨンタナのブログも、大好きな「ムーン(月)!」をテーマに、数日前から
リニューアル版とさせていただいている。神秘的な”MOON”って言葉に
どこか魅かれて、曲名にも多く登場する。

DSC03667_20141029132739741.jpg

◇カルロスサンタナさんの名曲「ムーンフラワー」やスタンダード「ムーン
リーバー」「ムーンライトセレナーデ」等に加えて、ヨンタナのオリジナル
ホワイトムーン」(key=D)でも月がテーマになっている。


◇我が地球を回っている月、その地球も太陽の周りを1年かけて回転!
この物理的な法則こそ、原理原則(ものさし)の原点となっているのだ。



◇さて、今回からスタートする「楽しく学ぶ編」は、コンボバンドでやる音楽
の楽しさは?
・・・・そんな切り口から、勝手気ままにつぶやいてみたい。
例によって、所々脱線したりのつぶやきに、なるかもしれないなー。(笑)


DSC04914.jpg DSC04694_20141029134738689.jpg


◇昨夜も、ベーシストのアンパンマンこと井上氏とギタリストのジミーこと
芝野氏と練習後に”音楽談義”、深夜遅くまでバンドでの音楽とは?



◇その音楽談義中、まず「ピッキング」に関するハナシで盛り上がったな。


ヨンタナ:「地味なジミーちゃん、どんなピック使っているん?」
ジミー :「やや薄めのソフトタイプを使ってます。」


RIMG0013.jpg
(ヨンタナのハードタイプ)


◇アコギのアルペジオが上手いジミーならではの、ソフトタイプ選択だ。
しかしながら、ストラトも使う場面では、そのアタックの弱さが音の強弱
を損なうこともシバシバ!(笑)


◇エレクトリックギターとアコギでは、根本的に全く別の楽器だと思うな。
やや細めのライトゲージを張り、弦高も極限まで低くする人の場合なら、
音の強弱や音ヌケ・音の粒立ちは、あまり期待できない。


RIMG0105_20141029142217357.jpg DSC00783_201410291422168f3.jpg

◇どんなにギターアンプやエフェクターで音つくりしても、コンボバンド
では通用しない
かも。この辺がエレクトリックギターやベース奏者では
理解不足で、本人の悩みになっているミタイだねー。


◇実戦でのコンボアンサンブルでは、自分が思うより「音の強弱!」は
強く打ち出さないと、ダイナミックスのない平坦な演奏となるね。
フォルテやピアニッシモ等に無関心or知らないとすれば、ご臨終!(笑)


◇通常の曲は、イントロ(導入部)-Aメロ-Bメロ(サビ)-Aメロ-間奏と
文章で言えば「起承転結!」で作られてて、ビミョウな音の強弱含め
ソフトタッチやハードアタックを使い分けなければねー。

DSC05070.jpg


◇ボーカリストには、「歌詞!」という具体的な伝達方法があるけど、
ギターやベースでは、音だけで自分の気持ちを伝えることになる。
どうしても、音の強弱や色彩(音色)を表現する技術が不可欠だね。



・・・・と、そんな会話しながら、互いに教えたり・教わったりしながら
人として少しでも身になればイイ。そこがコンボバンドの楽しみかな。




じゃー!今回の新シリーズ1回目は、ここまでとします。
アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナのつぶやき)#10

2014年10月28日(火曜日) その2
HOLA!

DSC05077.jpg

◇上州は、北からの強い風が ピュー ピュー!と音を立てて吹いている。
暖かな日が続いていたけど、そろそろ上州名物「からっ風小僧!」の到来。
あー!ヨンタナ寒いの苦手なんだ。上州の冬、結構キビシイー(笑)


◇さて、桐生市「ブラックジャック21」さんでのライブ風景、その続き。
リハーサルも終わって、夕食のために移動となった、サントスの面々!


DSC05060.jpg DSC05061.jpg


◇夕暮れの桐生市末広通りを歩く、サントスメンバーの後姿。歩くこと
5分で「そば処 椿茶屋」に到着、とてもレトロな店内で食べる日本食!

DSC05062.jpg DSC05064.jpg DSC05063.jpg


◇そば派と少数うどん派に分かれて注文、さんしょの効いたごはん付
食べることに夢中で、料理撮るのを忘れたヨンタナ。(笑)・・・アハ!
オーナーの小林さん、市内に4店舗も経営してる「超元気シニア」さん。



◇カウンター内を見ると、サントスライブの案内が貼ってあるね。いやー
ウレシイじゃないですか。音楽好きのオーナーさん、エレキギターにも
興味があるそうで、正規フェンダー・テレキャスターを注文したらしい。


◇「今度、ギター教えてください」とオーナーさんから言われ、OK!
こちらこそ4649ね! ギターが届いたら、いつでもはせ参じますよ(笑)


DSC05016.jpg


◇では、アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブルにおける
「音色!」について、いつもの勝手気ままなヨンタナのつぶやき・・・


(1)しっかりしたピッキング (2)マイアンプを熟知 に続く今回は
(3)エフェクターについて、少しやってみようと思います。



DSC05019.jpg DSC05020.jpg DSC05022.jpg
(左からブースター/ディストーション/コンプの順)

◇今回のエフェクターは、マルチ系を除いた「アナログペダル」で。
ライブ環境では、ホールの大きさやPA装置の解像度、それに加え
アンプにマイキングするかしないか等で、エフェクター処理を変更。

DSC05012.jpg DSC05013.jpg
(右:新発売のボス製/ブルース・ドライバー技)


◇マルチ系エフェクターを使う場合、プログラム変更や音色補正に
熟知してないと、スピーディーな対応がキビシクなっちゃうね。
その点、アナログペダルなら、ノブ回すだけのシンプル操作になる。


◇ライブを経験したプレーヤーなら、その辺良くわかると思うけど、
本番までにやる事(着替え等)がイッパイあって、時間の制約が。
気持ちだけ焦ってて、準備不足のまま本番の演奏に突入!


◇本番中の変更も、マルチの場合、呼び出し操作や設定操作など
手間のかかることもあって、気持ちがアップアップ!する事もある。
※マルチ系を使うなら、本番前にしっかり準備しておくべきかな。


RIMG0026.jpg
(即戦力のグライコ)


◇ライブでは、音抜けを考えた「適正な音量と音質」の調整テクが
バンド・アンサンブルには不可欠なんだ。そこで実戦では、即戦力
に対応できるペダル「グラフィックイコライザー」が有効ですね。


◇こいつが1個あれば、急な音量の変更や音質の調整も一発!
マルチ系でも、コイツを前か後ろに接続しておけば、便利だしねー。
※中古なら5000円前後で入手できるよ。


DSCN1477_20141028161843b59.jpg DSC00782_20141028161840547.jpg


◇最後にまとめるとすれば、エフェクターの役割は、2つに大別
全体的な音量・音質補正」と「個性的なサウンドの味付け用



・・・・と今回はココマデとします。バンドアンサンブルについて
ヨンタナのつぶやきは、まだまだ続きまーす。



次回まで、アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナのつぶやき)#9

2014年10月28日(火曜日)
HOLA!

DSC05050.jpg

◇10/26日(日曜の午後) 桐生市のライブハウス「ブラックジャック21」へ
演奏機材満載で、ひたすら田舎道を走り、一路桐生市へ向かうヨンタナ。

DSC05040.jpg DSC05042.jpg

◇渡良瀬川に架かる新しい橋を渡たり、土手沿いを走って市内へと入る。

DSC05044.jpg DSC05047.jpg

◇JR両毛線の下をくぐれば、目的地「ブラックジャック21」の末広通りは
もうすぐだ。

DSC05048.jpg


◇PM3:00 予定時刻に到着、早速、オーナーの小林氏にご挨拶して
機材の搬入となった。フェンダーデラリバ・アンプスタンド・テレキャス
シンライン・譜面立て・エフェクターボックス・マイクケーブルなどなど。

DSC05052_20141028002624ecc.jpg DSC05049.jpg


◇PM7:00音出しに向けて、各自機材のセッティングを開始だ。零細
バンドの宿命的な作業
なんです。演奏より、これが結構面倒ですね。

DSC05053.jpg DSC05056.jpg

◇今回は、ピアノさんが生徒さんの発表会にぶつかり、ピアノレスなんだ!

DSC05069.jpg DSC05057.jpg
(仲の良いジミーとジャガマル)

若手のお二人(ジャガマルとジミー)にガンバッテもらうしかないよねー。
なんとか、機材準備と音響も整ったので、リハーサルに入る。

DSC05071.jpg DSC05070.jpg
(VOCAL:カルロス山本)



◇さて、アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブルの「音色
(1)ピッキング(2)ギターアンプ(3)エフェクターが、音色に与える
影響の大きな要因だ。特に、会場がいつもと違ったりするとタイヘン!


◇ここの会場は、ステージから客席後方までが、長いホールなんで
音抜けを考慮して「音色」を作らないと、音が届かないんです。
ステージ上で鳴っていても、後方のお客様には聞こえない!なんて事もシバシバ。(笑)


DSC05052_20141028002624ecc.jpg


◇プロのバンドなら、専門のPAオペレーターさんがいて、サウンドの
チェックができるんですが、零細バンドの場合、自分達でやらねばね。
結局、個々のプレーヤー自身が「経験と勘」を頼りに、リハで調整だ。


◇やはり日頃からの・・(1)しっかりしたピッキング(2)マイアンプを熟知
する(3)エフェクターの活用方法 この3つが、ライブではモノを言うんだよ。



◇ヨンタナの場合、いつもより「固めの設定」でアンプのイコライジング
しておき、リハーサルでギター側のトーン調整しながら、音抜けの対応だ。
※アンプはトレブルを上げるのではなく、バスをカットしながらの方法。


DSC05068.jpg DSC05072.jpg
(控え室:ジョー&セシル)(ティンパレスのジャガマル)




・・・・と、リハーサルも終えて、夕食をいただくために、オーナーさんの
別な店舗へと徒歩で移動となった。この続きは、次回またやるね。


DSC05059.jpg
(商店街を歩くメンバー)


アディオスアミーゴ・アミーガ  4649ね!



アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナのつぶやき)#8

2014年10月27日(月曜日)
HOLA!

◇先週のウイークエンドは、ヨンタナ忙しかったね。そんなんで、ブログ更新を
サボタージュでした。すみません!土曜のサントスリハから順を追ってみます。

DSC05025.jpg DSC05026.jpg


◇10/25(土曜の午後) 近くにあるコンビニで、いつものようにカップコーヒー
を買いながら、リハーサル用のスコアをA3版でコピーです。


DSC05027.jpg DSC05028.jpg


◇コンビニを出ると、上州の空は秋晴れでスガスガしい。のんびりとした田舎
の風景をしばし眺めて、車に乗り込んだヨンタナです。さあ!リハーサルへ。

DSC05032.jpg DSC05033.jpg


◇上武国道の下をくぐり、伊勢崎市内へと入り、ジョーのお店に到着。すでに
ドラマーのじゃがまる君は機材搬入中、ピアニスト内藤さんも待っててくれた。

DSC05035.jpg DSC05036.jpg


◇今回のリハーサルは、11/2(日曜)太田市薮塚産業祭への出演のためだ。


DSC05073.jpg DSC05074.jpg


◇お祭りだろうが、パーティーだろうが、どんな仕事でも請け負ってしまう、
節操のない「ジョー☆サントス」なんですね。(笑)・・・・アハハ!
※11/30日にもパーティーの仕事が舞い込んできた。ヨッシャ!(爆)です。


◇その後、リハーサルは順調に進んで、イイ感じのアンサンブルになった。
今回のリハでは、5Wのギターアンプ「ブラックスター」を使ってみたけど、
予想以上に音が良かった。

DSCN0986_20141027155012faf.jpg DSCN0992_20141027155014f8b.jpg


◇メインボリュームを8にセットして、クリーンチャンネル使用、HT5には
リバーブがないので、久しぶりにノンリバーブでやってみたね。
それが音抜け改善の効果につながって、5Wでも充分満足できたよ。


◇アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブルにおける「音色!」
(1)ピッキングが一番重要だけど、(2)ギターアンプやベースアンプ調整
次第で、
音色改善の効果は、期待できることがあらためて実証できたな。


DSCN0993.jpg DSCN0994_201410271605312b2.jpg


◇リバーブやディレイを必要以上に深くすると、音抜けが悪くなることも
考慮して、アンプやエフェクターの調整をやるべきだね。特に、ギターの
場合、ソロやったりコードカッティングやったりなんで、音色には気使うな。


◇日頃から、マイアンプのサウンド特性や各コントロール類の組合せを
知っておくことが、本番での力量発揮にもつながっていくよ。たとえば、
JC-120の場合、ローインプットにいれて弾くのもオイシイですね。

DSC05052.jpg
(ヨンタナのデラリバ/フェンダー)

◇せっかく持っているマイアンプ!工夫しだいで、イイ音作りが期待でき、
演奏が大いに楽しめるんだから、やってソンはない気がするヨンタナです。



じゃー!今回はこれでオシマイです。次回は、桐生市ブラックジャック21
のライブ風景なんかを織り交ぜながら、バンドアンサンブルをつぶやくね。

DSC05051.jpg



アディオスアミーゴ・アミーガ  4649ね!


アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナのつぶやき)#7

2014年10月25日(土曜日)
HOLA!

DSC05015.jpg

秋晴れの上州!柔らかな日差しに包まれている土曜の日、どこかへ
ドライブしたい気分ですが、これからサントスのリハなんですね。


◇そんなワケでして、あまり時間がないんで、今日のブログはやや短め。
前回、バンドアンサンブルの基本(ピッチ精度の意識)について書いたね。
今日は、2つめの基本「音色!」。



◇一般的には、「イイ音してるね!」に代表される聴き手サイドの評価が
大事なんですけど、弾き手自信が気持ちよく感じることも重要。(当然!)


◇イイ音がすると、弾き手自信も俄然ノッたり、他のメンバーもその影響
を受けてインスパイアーされるバンドアンサンブル、不思議な音の世界だ。


DSC05006.jpg
(そうなんだニャー!/音に敏感なネコ世界・・笑)


◇そこで、いい音色に影響を与える主な要因が、3つあると思うヨンタナ!
勝手気ままにつぶやくとすれば・・・・・・

(1)ピッキング(指弾き含む)

(2)ギターまたはベースアンプ

(3)エフェクター


DSC05011.jpg DSC01254_20141025141658b31.jpg DSC05016.jpg


◇あれ!ギターは含まれないんですか?そうなんですね。(1)ピッキング
によって同じギターでも、音色が相当変化するんで、ギター本体のことは
ややこしくなるんで、除外して進めますね。



(1)ピッキング・・・今までは、強くハジク!ピッキングが主流でしたが、最近
の傾向は「ソフトピッキング!」なんです。それに、オルタネイトピッキングが
基本でしたけど、弦移動では「アップアップ!等」そんなスタイルに変化。


◇個人差のあるピッキングだけに、どれが正解なのかはわかりませんが、
新しいスタイルの弾き方が台頭してきてる事だけは、事実ですね。
※ヨンタナのナガーイ癖直すのに、今アップアップです。(笑)


◇上写真のウエスモンゴメリーをしても、親指主体のピッキングなんです。
相当古い時代から、イイ音出す為の工夫は明らかですね。




・・・・と時間切れ!これからリハーサルに行ってきまーす。

アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!





アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナのつぶやき)#6

2014年10月24日(金曜日)
HOLA!

DSC05008.jpg DSC05009.jpg

◇今日は、正に花と金曜!秋晴れの週末は、天候も良さそうだし行楽に
最良ですね。のんびりと温泉でもつかって、過ごせたらなー!なんてね。
でも、サントスには忙しい週末となりそうです。


◇土曜(10/25)は、11月2日の収穫祭リハーサルとジョーの店ミニライブ、
日曜(10/26)は桐生市ブラックジャックでのライブと連ちゃん!なんです。
これから、選曲や機材の点検なんかもしなくては。




◇さて、アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブルについての
6回目、マネジリアルグリッドを活用した「自己評価や相互評価」からの
自己革新(レベルアップ)の必要性」へと進んできたね。


◇その伏線としての「感情と論理(ロジック)」の考え方も整理しながら、
バンドアンサンブルを、今より少しでも良くしたり、楽しめるようにする為
の方法論なんかを、つぶやいてきました。


DSC05007.jpg
(なんとなくわかるニャン!)


◇それでは、バンド演奏する時に、とても大事な「バンドアンサンブル
に目を向けて、できるだけ具体的につぶやいてみたいと思います。

DSC04908.jpg


◇バンドアンサンブルにおける基本は、なんと言っても「チューニングの
精度
!」ですね。電子キーボードは別としても、ギターやベース・管楽器
などは、その都度チューニングをしなければならない楽器。

DSC04796_20141024153322fa0.jpg RIMG0126_20141024153323601.jpg


◇当然、ギターやベース奏者なら、チューナー機器を使って調弦するわけ
ですけど、アマチュアのライブなんかでは、「合ってないなー!」
そんな印象を受けることがありますね。


◇プロのバンドでは、まずピッチにはうるさい!「ピター!って合わせてる
エレキギターの場合、ライトゲージが主流なんで、ピッチが合いにくい事も
原因でしょうけど、アマの場合は、チューニングが甘い!傾向ですね。

DSCN1006.jpg DSCN1003_20141024154936502.jpg


◇プロアマ問わず、バンド演奏の基本は「チューニング・ピッチ」と思います。
ここで妥協していると、バンドアンサンブルは、今より良くはなりませんね。
「オレは耳悪いんだよ!」なんて言いながら妥協してると、当然甘くなります。


◇エレキギターやベースの場合、気温の変動や保管の仕方で、オクターブ
チューニング
が狂っているのが普通です。その上、弦交換でゲージ(太さ)を
変えたなら、オクターブチューニングをし直さなければいけません。



◇車でも定期的な点検が必要なように、エレキギターやベースでも定期的に
調整
を施すことが不可欠。ご自分でできないようであれば、最寄の楽器屋さん
へ持ち込む習慣が必要です。(ここは大事!押さえておこうね)

HIMG0213.jpg


※最低でも、年2回くらいはオクターブ調整をして下さい。
「もう何年もやってないなー!」・・・合わなくて当たり前と認識しましょう。
聴いてくださるお客様に失礼ですからね。(笑)



◇よく耳にするのが「ベースはピッチが多少違ってもわからないからね!」
いやいや!そうでなくて、いつも妥協してるから「正しいピッチ」を知らない
だけなんですよ。つまり、アンサンブル上問題ありなんです。


◇さらに「ヨンタナさんは、セミプロだからピッチにキビシイ!」なんて言葉も
いただくけど、アマプロ関係ないんですよ。日頃から、楽器の調整とピッチ
をきっちり合わせようとする意識
だけがあればいいんです。


◇だって、ピッチが合ってる時は、全員で「バーン!」って音出した時の
気持ちよさは格別です。それを体験できれば、きっと納得するはずです。
聴いている方も、心地よい気分になるじゃないですか。

DSC04989.jpg


※ただし、チョーキングやアーミングを多用するギタリストの場合、ピッチ
が狂いますので、できるだけ演奏の合間にチューナーで調弦しましょう。



◇以上の理由から、音楽家なら、アマプロ問わず、再度「ピッチに対する
意識改革(自己革新)」
を実行しましょう。きっと、ワンランク上の演奏家
となるハズです。




じゃー!今回はココマデとして、次回まで アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!


プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR