楽しく学ぶ!音楽の三要素/プレーヤーの着眼点(つぶやき) #11

2014年11月30日(日曜日)
HOLA!


DSC06026.jpg DSC06030.jpg
DSC06036.jpg DSC06027.jpg


◇ここ何日かは、とても温暖な気候に恵まれて、外出することが増えたね。
イロイロな公園を散策しながら、最後の紅葉や山茶花など観賞三昧(笑)


DSC06054.jpg DSC06056.jpg DSC06053.jpg


◇バンド活動も週末から、金・土・日と三連荘!で音楽三昧のヨンタナです。
今日は11月最終日のパーティー出演、音響機材を持ち込んでの演奏となる。
零細バンドの宿命、演奏より機材搬入や音響のセッティングに時間が!?



◇リハーサルを含め3時間位は準備となるんで、”猫の手でも貸してー!
と思いきや、冗談じゃないとばかりに、スタコラと逃げの一手でした。(笑)

DSC06021.jpg DSC06025.jpg
(逃げるが勝ちだニャン!・・・笑)



◇さて、プレーヤーが着眼すべき”音楽の三要素”シリーズも11回目に。
前回のテーマである”カデンツ”の続きを、もう少しおつきあい下さいね。
ハーモニーの要でもある「コード進行」に不可欠な整理術のカデンツ!



◇前回では、トニック(主役)・ドミナント(悪役)・サブドミ(脇役)
の3つに大別して、コード進行における基本的な考え方をつぶやきました。


DSC06066.jpg DSC06065.jpg


◇では、この3つ(T・D・SD)が実際の演奏上、どう役立つのでしょうか?
まー!カンタンなコードしかない曲なら、はっきり言って覚える必要はないよ。
でも、コード進行が複雑化してる曲では、整理した方が演奏効率がイイね。



◇それでは、このカデンツの特徴でもある”始まりと終わり”のハナシから、
なるべくワカリやすくやってみる都合上、以後KEY=C(ハ長調)で進める。
※ご存知、ドレミファソラシドの音階がベースになるキーだよ。


DSC06047.jpg DSC06048.jpg



◇KEY=Cにおける始まりは、その曲の主役トニックコード(コードC)、
一方、終わりもトニックコードなんです。主役で始まって主役で終わるだけ?
じゃーツマンナイ!そこで緊張感を持たせるために悪役の登場となるワケ。
※悪役=ドミナントコード(G7)



◇”C→G7→C”・・学生時代にどこかで聴いたような?わかりますよね。
主役が登場・悪役登場そしてやっつける・主役はハッピーエンドとなる!
正にこのスタイルが、カデンツの基本形でコード進行の骨格です。


DSC06035.jpg DSC06052.jpg


◇別の言葉でいえば、”安定→不安定→安定”の流れが曲のアチコチに
あって、メロディをサポートするハーモニーが形成されています。
ここの考え方を覚えてしまえば、コード進行がある程度整理可能に。



◇因みに、G7→Cの進行を、音楽理論上は”ドミナントモーション
って呼んでて、様々なところに出没する目立つヤツなんです。(笑)



・・・・と、今回はカデンツの基本形”C→G7→C”または”T→D→T”
の進行スタイルを、しっかり覚えてしまいましょう。コレ、基本中の基本!
ですので。



ジャー!今回はこれでオシマイです。アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!




スポンサーサイト

前橋市富士見”エスカフェ!”の紹介(雑記)

2014年11月29日(土曜日)
HOLA!

HIMG0268_20141128140525043.jpg DSC06004.jpg 
DSC06003.jpg DSC05991.jpg


◇赤城山がとても近くに見える”エスカフェ”さんで、夏以来のサントスライブ
自宅から、上武国道を渋川方面に走り、途中から赤城山(北)を目指して
約1時間のところにあるエスカフェ。

DSC05983.jpg DSC05984.jpg
DSC05985.jpg DSC05986.jpg


◇いつもなら気温が低く、寒い時期なんだけど、今日は寒さ感じないくらい。
到着すると、すでにオーナーの清水氏、リハーサルの準備に取り掛かって
いたね。

DSC06015.jpg DSC05998.jpg
DSC06016.jpg DSC06013.jpg


◇ここのエスカフェさん、ピアノ・ドラム・ギターアンプ類の機材も揃っていて
手軽にライブができるところも魅力のひとつです。ミュージシャンにとっては
楽器の持込や音響のセッティングがタイヘン!それがないのがウレシイ!


◇PM7:00 1回目のステージ、千葉のギタリストジミーのアコギソロから
ソロソロ”スタート(笑)・・ソロはじめての試みなんですが、GOOD!

DSC06000.jpg DSC06011.jpg DSC05999.jpg


◇今回は、サントスのフルメンバーなんで、ヨンタナは指揮棒!の担当(笑)
曲の”カウント出し”って意外にむずかしいんだよ。まー!リーダーの役割
だからしかたないか。それに演奏人数が増えると、まとめ役がいるね。


◇2曲目以降は、スタンダード曲のラテンアレンジで、わが心のジョージア・
酒とバラの日々・枯葉等を演奏してみたね。全編、ボレロ&チャチャでの
ステージでした。


◇後半は、セッションステージで、メンバーチェンジしながらの楽しい演奏。
・・・・そんなサントスの金曜ライブでした。


DSC06005.jpg DSC05990.jpg
DSC05994.jpg DSC05993.jpg
(エスカフェ周辺の紅葉)


ジャー!アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

これから赤城山ろくで”JOE☆SANTOSライブ!”(雑記)

2014年11月28日(金曜日)
HOLA!

DSC02297_201411261631243f2.jpg HIMG0268_20141128140525043.jpg
(前橋市富士見 ライブハウス エスカフェ)


◇ヨンタナ、これから赤城山の麓で”エスカフェ金曜ライブ!”に出発します。
今回は、後半セッションタイムも設けて、お客様の自由参加もOK OK!



◇久しぶりにサントスフルメンバーでの演奏となる模様です。お楽しみに。


VOCAL  ジョー/チャー清水/カルロス山本
PIANO  カオル内藤
BASS  セシル飯島
PERC   じゃがまる水沼/トミー
GUIT   ジミー芝野/ヨンタナ

総勢9名でのラテンナイト&セッション!


・・・ジャー行ってきます。アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

楽しく学ぶ!音楽の三要素/プレーヤーの着眼点(つぶやき) #10

2014年11月27日(木曜日)
HOLA!

DSC05971.jpg DSC05965.jpg
(伊勢崎市馬見塚 まゆドーム)


◇群馬県の上州と言えば、かつて”生糸(絹糸)”の産地として栄えた都市が多い。
弥生時代に中国から伝わってきた「養蚕の技術」を活かして、前橋市・伊勢崎市・
桐生市などはとても繁栄した時期があった。その生糸の元が”まゆ(繭)!



◇そんな古きよき時代のなごりを伝える”まゆドーム公園”に足を運んだヨンタナ。
もちろん、ユネスコ世界文化遺産に登録された”富岡製糸工場”もまゆの生産では
チョー有名だね。現在でも、日本での生糸生産の40%は群馬県なのだ。


DSC05960.jpg DSC05972.jpg

DSC05979.jpg DSC05959.jpg


◇今日は秋晴れで気温も高く、このまゆドーム公園内を少し散策してみました。

DSC05982.jpg DSC05977.jpg
DSC05975.jpg DSC05981.jpg




◇さて、プレーヤーが着眼すべき”音楽の三要素”の10回目も、ハーモニーに
ついて”カデンツ(ケーデンス)!”をつぶやきます。


DSC05922.jpg DSC05923.jpg
(メサブギーのキャリバー/6L6&EL84タイプ)


◇コンボバンドで演奏する時、ギタリストやベーシストが必ずお世話になる
コード進行!”ってメンドーなヤツ(笑) 曲によってキーが全然違うことも
シバシバ、その結果”コード進行”も複雑に見えたりもするんだよ。



◇そのまま”コード進行を整理しない”で演奏するとすれば、コード譜を追う
ことに全神経を注がなければならず、他のプレーヤーとの音の会話が損なわ
れる事にもなるね。これじゃーバンドアンサンブル上、本末転倒だよね。(笑)

DSC05962.jpg DSC05963.jpg


◇そこで登場するのが”カデンツ!”と呼ばれるコード進行整理術なんです。
このカデンツ(=終止形)の考え方が、少しでも理解できれば演奏がグーン!
と楽になってくるんだよ。



◇ワカリやすく言えば、循環コードの「C→Am→Dm→G7」もカデンツ
と呼ばれるものの1つなんです。たとえば、キーがFに移調されても機能は
変わらず「F→Dm→Gm→C7」とコードネームが違うだけ。


DSC05958.jpg DSC05955.jpg


◇そして、このカデンツには必ず”始まりと終わり”があって、コード進行の
区切り(=センテンス)を合図しているんだよ。「ココからココまでだよ!
と言ってくれているのに等しいね。だから、覚えておいてソンはないけど。



◇ただし、このカデンツを理解するにあたっては、少しだけコードの基礎を
お勉強しなければいけないんだ。(まー!内容は小学生程度だけどね)


DSC05939.jpg DSC05934.jpg DSC05938.jpg
(俺にもわかるかニャー?/小学校行ってないけどニャ・・笑)


◇それでは、映画やドラマのキャストを例にしながら、つぶやいて見るねけど。
映画やドラマは、必ず”主役と悪役”を対比することで、バランスをとってる。
そして、その中間的な存在として”脇を固める脇役”が不可欠ですね。



◇つまり、コード進行でもこの”主役・悪役・脇役”の3人が交互に登場しながら
物語(ハーモニー)を進行させて行きます。ドッシリ安定感のある主役に対して
緊張感や不安定感ある悪役、そしてやや控え目な脇役のキャスト。


DSC05978.jpg DSC05925.jpg


◇これをコード理論に置き換えると・・・・・・

・主役=トニック(T) ・悪役=ドミナント(D) ・脇役=サブドミ(SD)


と呼ぶんですよ。そして、それぞれの機能(コードの性格)は、映画のキャスト
と同じように考えれば、ワカリやすいのではないでしょうか。

※トニック(Tonic)・・主音/ドミナント(Dominant)・・支配的



・・・・と今回はココマデとしますが、覚えてほしいのはトニック・ドミナント・
サブドミナントと言う言葉とその性格ですね。(←ココは押さえましょう)
コレ覚えると、とても便利で、今後の演奏にも余裕が生まれてくると思います。


ジャー!アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

楽しく学ぶ!音楽の三要素/プレーヤーの着眼点(つぶやき) #9

2014年11月26日(水曜日)
HOLA!

DSC05914.jpg DSC05915.jpg

◇今日の上州は、朝から雨が”シトシト ピッチャン!”(笑)体感温度も低い。
そろそろインフルエンザの時期なんで、さっき予防接種に行ってきたヨンタナ。
果たして予防の効果あるのか?・・はなはだ疑問だけど、毎年注射です。



◇昨夜は、JB☆SANTOSユニット、カルロス山本スタジオで練習でしたよ。
はーるばる来たぜ函館♪”でなくて、千葉の野田市から遠路上州まで♪ハールバル
足を運んだジミーも参加してくれたね。

DSC05911.jpg DSC05910.jpg
(アコギのジミー&ドラマーのトミー)


◇今週の金曜日(11/28)は、赤城山ろくにある”エスカフェ”でサントスの
ライブなんで、その辺の曲を中心に楽しくリハーサルでしたね。ベーシスト
の井上氏はお仕事でお休み、よってPC音源がその代役をキッチリ!(笑)

DSC02298_201411261631262dc.jpg DSC02297_201411261631243f2.jpg
(赤城山がとても近くに見えるエスカフェさん)

DSC05913.jpg DSC05677.jpg
(山本スタジオ)


◇バンド練習しながらいつも思うことは、練習と本番での違い!ってなぜ?
たまたま、音楽誌ジャズライフに関連記事が掲載、サックス奏者の川嶋先生
曰く、「サックスの練習はしてません!?」・・・・・エッ???



◇”音楽には本番も練習もない!”と、マイルスやロリンズ・コルトレーン等
の偉人が教えている。そんな記事でしたが、よく読んでみると、物は考え方
次第で
、「練習も含め本番と捉えるか、本番も練習の内」とね。


DSC05918.jpg DSC05925.jpg
(シンプルライフ派?or 盛りだくさん派?)

◇練習も含め本番なら”手抜き工事なし!”となるし、本番も練習の内と考え
れば”ミスも怖くない!”・・・どちらにせよ、ポジティブに考える事は知恵だ。
※ヨンタナの原理原則:ポジティブな物の見方・考え方は、栄養がイッパイ!





◇さて、プレーヤーが着眼する”音楽の三要素”8回目も、ハーモニーについて。
ギタリストやベーシストにとって、メロディをサポートするコード進行は必須。
※前回までで”調性”については、大略が把握されたと思いますので。


DSC05924.jpg DSC05926.jpg


◇モード奏法のように調性が存在しない音楽と違い、我々が日ごろ演奏する
調性音楽”にとっては、コード進行の役割はとても重要ですね。メロディに
さまざまな色彩を与えるその任務遂行は、プレーヤーのさじ加減次第だ!



◇その為には、コード進行に対する知恵が絶対条件、その一部を少しだけ
つぶやいて見ることに。例えば、文章のようにセンテンスと呼ばれる区切り
がコード進行にも存在するんだよ。



◇曲中のコード進行における”センテンス”は、小さなカタマリ(ブロック)の
ことで、カデンツ(またはケーデンス)と呼ばれるものなんだ。
(↑ココは覚えてね) そして、このカデンツには、それぞれ”始まりと終わり
が必ずあるんだよ。


DSC05944.jpg DSC05940.jpg 

DSC05931.jpg DSC05926.jpg


コード進行の基本カデンツ

(1)T-D-T (2)T-S-D-T (3)T-S-T

※T(トニック/主役) D(ドミナント/準主役) S(サブドミ/脇役)



・・・と、これじゃーなんだかワカンナイ?なんで、カデンツについては、
次回以降で具体的にやってみようかな。


ジャー!これで今回はオシマイです。アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

楽しく学ぶ!音楽の三要素/プレーヤーの着眼点(つぶやき) #8

2014年11月25日(火曜日)
HOLA!


DSC05853_201411251639302f6.jpg DSC05824.jpg

DSC05856.jpg DSC05826.jpg
(前橋市けやきウォークの花々)


◇三連休明けの火曜日、上州でも雨が降ってる。やはり太陽がないと寒い!
そんな日は、自宅にこもって”モクモク”とギターを弾くヨンタナです。(笑)


DSC05906.jpg DSC05909.jpg


◇今日の練習メニューは、音楽ソフト”BAND IN A BOX”に練習用
のコードを打ち込んで、アドリブ練習としました。KEY=Gmの循環コード
をバックにトライ、Cm7→F7→B♭→E♭→Am7→D7→Gm→G7!



◇ルート音が「4度上(=5度下)」へと進行するコードで、とても汎用性が
高い循環コードですね。枯葉よ~♪枯葉よ~♪ナンテ唄いたくなる。(笑)


DSC05807_20141125170737dfc.jpg DSC05808_20141125170739daf.jpg


◇TEMPO=120 BOSSA NOVAに乗せて弾いたり、4ビートで
スイングとか、イロイロなリズムをバックに”この音使えるのかな!?”・・・
そんな独り言をいいながら試すのも、なかなか楽しいよ。



◇まず、1小節目のCm7!そのままでは面白くないので、E♭maj7での
8部音符アルペジオでアタックしてみたら、とても明るく爽やかな感じGOOD!
※Cm7(ド・♭ミ・ソ・♭シ)とE♭maj7(♭ミ・ソ・♭シ・レ)


DSC05834.jpg DSC05836.jpg
(こんなホワイトイメージかもしれないね!)



◇さて、プレーヤーが着眼すべき”音楽の三要素”からHARMONY
調性感について、前回に引き続きつぶやいてみますね。
※例題:お馴染の循環基本コード C→Am7→Dm7→G7を参考に。

DSC05654.jpg DSC05653.jpg


◇では、参考映像(お手本:坂東ヒロミチ先生)を観て頂きながら、少し
解説させていただきます。リズムは、①ボサノバ②サンバ③ルンバ
④ビギンのラテン系・・(注)キューバ系の呼称とは異なるけどね。






◇とてもわかり易く、丁寧な解説をしているので、観て頂ければ循環コード
の流れは問題ないですね。(※勝手に公開映像拝借・・・ゴカンベンです。)



◇ヨンタナが調性感にこだわるのは、アドリブを弾くプレーヤーからすると
バックで流れるコードニュアンスがしっかりしてないと、イメージが湧かない
からですね。コードイメージがあると、アドリブが展開しやすいんです。



◇ひとつひとつのコードがしっかり鳴っていて、それが繋がって調性感を
保ちつつ進行
するミタイなイメージ。そして、ドミナントセブンスコード(G7)
がちゃんとトニックコード(C)に着地!・・そこのニュアンスが必要です。


DSC05851_20141125163930457.jpg DSC05849.jpg


◇ギタリストやベーシストなら、ハーモニーの基本となる”調性感!”を
意識しながら演奏すれば、ワンランク上のプレーヤーとなるハズですね。



ジャー!また次回お会いしましょう。アディオスアミーゴ・アミーガ4649ね!


楽しく学ぶ!音楽の三要素/プレーヤーの着眼点(つぶやき) #7

2014年11月24日(月曜日)
HOLA!

DSC05895.jpg DSC05896.jpg


◇今日の自宅練習は、メキシコ製のテレキャスターシンラインで日課の
運指トレーニング!Fホールが1つとハムPUの珍しいテレキャスター!
どことなく”泥臭い”ニュアンスが漂っているヨンタナギターの1本。(笑)



◇セミアコとソリッドギターの中間的なエアー感は、弾けば弾くほど微妙
で中途半端だけど、フェンダー系のアンプにはマッチングがイイと思うね。


DSC05900.jpg DSC05904.jpg


◇フェンダーホットロッドDELUXEの上には、千葉のジミーから頂戴
したダダリオXLの弦が”使ってやって!”と主張してるようだ。(笑)


DSC05746_2014112422120438a.jpg DSC05747.jpg
(アイバニーズのセミアコ/ジミー)




◇さて、プレーヤーが着眼すべき”音楽の三要素!”も7回目に突入だ。
今回は、「ハーモニー(コード)の調性感」について少しつぶやくよ。


DSC05653.jpg DSC05654.jpg


◇一般的に、ギタリストやベーシストがコンボで演奏する場合、コード譜
を見ることが多いね。演奏上コード譜だけなら、イージーな側面と自由度
と言うメリットがあって、とても重宝するよね。



◇その反面、演奏がワンパターン化しやすいのも事実で、マンネリ化病
の原因にもなるね。じゃー!どうすればココから抜け出せる?・・・・
そこに登場するのが”調性”と呼ばれる考え方です。


DSC01221_20141124223559f05.jpg DSC01223_20141124223601835.jpg



◇我々が演奏する調性音楽では、曲ごとにキーと呼ばれる曲の統一感
が基本となって演奏されます。ハーモニーの入り口にあたり、プレーヤー
にとっては欠かせないものです。(KEY=CとかKEY=Amのこと)



DSC05855.jpg DSC05820.jpg DSC05823.jpg
(前橋市けやきウォークのクリスマスツリー)



◇曲の統一感とは、たとえば、店舗のディスプレーがクリスマス一色!
そんな感じで、演奏することに似ているね。
KEY=Cなら、ハ長調を感じられるハーモニーが演奏できることだよ。



◇もっと言えば、安定感あるC(トニック)・やや不安定なF(サブドミ)
とても不安定なG7(ドミナント)がちゃんと理解され、各々の役割に
応じたハーモニー
を弾いているかだね。(抽象的でスンマソン)



◇具体的に1つ言えば「G7→C」(ケーデンス)のコードニュアンスを
しっかり弾いているかが、”調性感のあるプレー”に直結してて大事だよ。
(※ココ、楽しい演奏するポイントなんです)


DSC05832.jpg DSC05830.jpg DSC05846.jpg
(店内のイロイロなツリー/クリスマスの統一感=調性)



・・・・・と、今回はココマデとしますね、じゃーこの辺の続きは、次回に
持越しさせてもらうね。 アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

楽しく学ぶ!音楽の三要素/プレーヤーの着眼点(つぶやき) #6

2014年11月23日(日曜日)
HOLA!

DSC05807.jpg DSC05808.jpg


◇今日の上州も暖かく、すばらしい秋晴れの日曜日!になりましたね。
一方、長野では震度6弱の地震で、たいへんな事になっているようで心配です。
最近の異常気象や噴火・地震など、地球を取り巻く環境になにか起きてる・・?



◇さて、昨日の土曜日は、ヨンタナの幼なじみ(同級生)が伊勢崎市でライブ、
サントスのメインボーカルJOEと一緒に見に行ってきました。


DSC05758.jpg DSC05761.jpg DSC05766.jpg
(途中ピサの斜塔?/伊勢崎市きっちゃこ&紅葉!)

◇ライブ会場は、もみじの紅葉がきれいな”喫茶店きっちゃこ!”でしたね。
このお店のママがシャンソン歌手とのことで、土曜日にライブ入れている。


DSC05772.jpg DSC05765.jpg DSC05776.jpg
(左:サントスのJOE/中:ドラマーT氏/右:本日のボーカルH氏)


◇昨夜のライブは、スタンダードジャズボーカルを中心に4人編成、ヨンタナ
の同級生H氏とT氏に加えて、サントスのベーシスト飯島氏それにピアニスト
カオル内藤さんとのコラボレーション。

DSC05796.jpg DSC05800.jpg DSC05793.jpg


◇男性ジャズシンガーって意外に少ないんだよ。そういう意味では,希少価値
あるかもしれませんね。歌の合間にカタリ(MC)なんかもあって、楽しめた。
幼なじみのヨンタナ、彼らの今後の活動に期待したいね。

DSC05760_201411231551297e9.jpg DSC05770.jpg DSC05781.jpg



◇では、プレーヤーが着眼すべき”音楽の三要素”の5回目は、フラメンコ系
のバンドアンサンブルを参考にしながら、つぶやいてみます。フラメンコギター
と言えば、普通アコースティックギターですが、今回はエレクトリックです。



◇これから紹介するボーカリスト”ディエゴ・シガーラ(Diego El Cigala)
さんは、1968年生れ スペインマドリード出身のボーカリストで、2004年ラテン
部門でグラミー賞を受賞した大物ボーカリスト・・・・とりあえずご覧ください。

<映像1>


<映像2>




◇いやー!とても新鮮なバンド編成です。アルゼンチンの”タンゴ!”リズム
に乗せて歌うフラメンコボーカル、それにエレクトリックギターのアーミングが
とても心地よくブレンドされ、音楽の三要素すべてが生き生きしてるー!
(※映像2)


◇元々、ダンス音楽のタンゴには、ヨーロッパ経由なら「コンチネンタルタンゴ」
アルゼンチン本家は「アルゼンチンタンゴ」と区別することもあるみたいです。
南米のフォルクローレを起源に持つタンゴも、新しい音楽に聴こえるね。




DSC05806_20141123161104110.jpg DSC05809_20141123161107b75.jpg


ジャー!またお会いしましょう。アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!


楽しく学ぶ!音楽の三要素/プレーヤーの着眼点(つぶやき) #5

2014年11月22日(土曜日)
HOLA!

DSC05753.jpg DSC05752.jpg

DSC05755.jpg DSC05754.jpg
(上州の平野でも紅葉がそろそろジ・エンド)


◇いやー!今日は暖かくおだやかな土曜日ですね。思わず車を手洗い
してWAXまで塗ってやりましたよ。(ヨンタナの車も黒ニャンです!)


DSC05443.jpg DSC05442.jpg
(ギターに例えれば、ストラトG-5ミタイだね)



◇さて、プレーヤーが着眼すべき”音楽の三要素”の5回目は、名前から
してイタリア系かな?(笑)・・・・ジョン・ピザレリ(JOHN
PIZZARELI)さんのギタープレーからのつぶやき。


◇1960年生まれ アメリカ ニュージャージー出身のジャズ・シンガーで
ジャズギタリストのピッツア!(PIZZA)、納豆菌?(笑)でなくて・・?
ナットキングコールの影響を強く受けて、ジャズプレーヤーとなる。


・・・・とりあえず、参考映像をご覧くださいな。





◇ヨンタナ唖然!すっごくスピード感ある”アドリブ&スキャット”に脱帽。
10歳からギターを始めたとは言え、どうしたらこんな風に弾けるのかな?
(因みにジョン・ピザレリさんの父上も弟君も、ギタリスト・ベーシスト)



◇ジョンさんギターだけでなくて、ボーカルもソフトボイスでめちゃくちゃ!
イカシテルし、イケ面でダンディー&スタイリッシュときている。
世の中には、こんなギタリストもいるのかと思うね。(・ある意味嫉妬だ)



DSC05724.jpg DSC05726.jpg DSC05723.jpg
(ヨンタナの実家に咲いていた椿と茶室だよ!/無関係?)



◇では、本題の三要素!再度ジョンさんのジャズギター&ボーカルを
みましょうか。(トリオで演奏する”ルート66”)


<1995年頃の演奏>




<バッキング映像>




・・・いやー!絶妙すぎて解説のしようがないね(笑)そういう時もあるか。
ジャーオシマイ アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!




SANTOS’リハーサルのため更新遅れ!スンマソン(雑記)

2014年11月22日(土曜日)
HOLA!


DSC05716.jpg DSC05717.jpg

DSC05720.jpg DSC05722.jpg
(きれいな赤城山と紅葉の風景/田舎で!)


◇昨日は、来週からのライブに備えて”JOE☆SANTOS”リハーサルで
ブログ更新お休みでした。スンマソン。


DSC05746.jpg DSC05751.jpg DSC05748.jpg
(左からジミー芝野/じゃがまる水沼/カルロス山本)


◇久しぶりにサントスフルメンバーでのリハーサル、PM3時から8時
までの長時間をこなして、メンバー全員ヘトヘト!でしたね。(笑)



◇今回は、全編ジャズスタンダードをラテンアレンジでやっつけたよ。
ギタリストはジミーに任せて、コンガを叩きまくったヨンタナ!お陰で
手のひらがイタタタ!・・・今日はギター弾けないなー。(爆)


DSC05744.jpg DSC05745.jpg



◇じゃがまる水沼君とのパーカッションコラボ!意外に面白かったね。
打楽器での会話も悪くない感じ、お互いに隙間を見つけて畳み掛ける
そのフィール感は、まさに音を楽しむ瞬間の山場でしたよ。



・・・・・・・と短めにリハーサル風景をお届けしてオシマイです。
アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!


プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR