ギターアンプあれこれ”重いの苦手だね!”(チューブアンプこだわり編)

2015-1-31(土曜日)
HOLA!

DSC07374.jpg DSC07378.jpg


◇いやー!またまた風が強いねー!赤城山から降りてくる名物”空っ風小僧!
ピューピューと音を立てて、冷たい風が吹き抜ける今日の上州。せっかく先日
マイカー手洗いしたのに、雨の後の砂塵で・・・トホホ!ですね。(笑)




◇ご当地群馬県では、ご存知のようにマイカーは必須!どこへ行くにも車・車!
したがって、ギターアンプなどの楽器運搬もマイカーが原則。ヨンタナの場合は
セダンなんで、トランクと後部座席に積むことになるんです。



DSC06755.jpg DSC07064_20150110143345bf4.jpg



◇”ぐいた~”だけなら3~4kg位なんで問題ないんですが、真空管アンプ
だと20kg前後もあるコンボタイプ。なんでこんなに重いのか?なんて思い
ながらも”ヨッコラせ!”っと車に積み込む田舎の自称ミュージシャン!(笑)



DSC07306.jpg DSC07311.jpg DSC06587_20150106212802072.jpg



◇真空管のギターアンプなら、ある程度の重量はしかたないけど、お米の
10kg×2袋に相当する重さは、ヨンタナには結構しんどいですね!(笑)
小さくて・軽くて・好みのサウンドを出音するアンプは、ないのかなー?



DSC07089.jpg DSC05657_201501311247463e5.jpg DSC06735_20150131124747166.jpg
(小型コンボのギターアンプ/AER・DV・ROLAND)



◇ギターアンプの重さだけ考えれば”ソリッドステート!”タイプが選択可
なんですが、ヨンタナはオールチューブ命みたいなところがあって、ソコ
こだわり続けているんだなー。・・・じゃー軽いのムリじゃん!(笑)





◇まあー、わかっていたことなんだけどね。それでもなんかウマイ選択肢
ないのかなー?例えば、ヘッドアンプとスピーカーBOXの組み合わせ!
あるブロガーさんの”ドクターZ+SPキャビネット”なんかもGOODだ。


DSCN0986_201501311302027ed.jpg DSC03533_2015013113020108d.jpg
(ミニアンプ/HT-5&ブルースジュニア)



◇ドクターZのカルマンギアなんか、すっごくイイ音しそうだし欲しいー!
でもね、今のところ予算が足りないな。カルマンギアだとヘッドアンプで
10万以上、スピーカーも考えると15万前後のお小遣い必要だ!(爆)
※中古のお値段です。



Zアンプ 2
(ドクターZのコンボ)



◇しかし、このカルマンギアはシンプルだね。フロントパネルには2つ
しかノブが付いていない。音に対する自信がなければできない設計だ!
勿論、プリント基板でなくてハンドワイアード仕様だからだね。




◇やはりイイ音のするアンプは、チューブタイプで重いのが難点だね。
それでも、コイツ選択肢の一つにストックしておこうかな。(エヘ!)


DSC01715_20150131133028cee.jpg DSC01226_201501311330263dd.jpg




◇ヨンタナの理想的なギターアンプは、20~30W+12インチSPの
オールチューブのコンボ、重さはMAX15kgまでなら許容範囲だね。
できれば、お小遣いで買えるヤツ!(笑)



・・・とギターアンプ選びに”四苦八苦!”しているヨンタナで~す♪♪
お知恵のある方、コメントお願いします。アディオス 4649ね!
※因みに、ヨンタナはオールジャンル志向ですニャン。(笑)


スポンサーサイト

バンド音楽のアラカルト”常識・非常識!”シリーズ #4

2015-1-30(金曜日)
HOLA!

DSC07365.jpg DSC07368.jpg


◇朝からみぞれ→ユキ→アメ!とコロコロ変わる天候、とても寒い金曜日だ。
オイルファンヒーターもガンガン!回してるので、灯油が底をつき買出しに!
ついでに、今日リニューアルオープンしたセブンにも立ち寄りしよう。




DSC07364.jpg DSC07362.jpg


◇雪の降る日に”リニューアルオープン!”でも、店内はお客様でイッパイ。
コンビニ数ある中でも、セブンイレブンの商品構成は、相当練られた内容だ。
POSレジからのデータ管理が、その生命線!製造から販売までフル活用。




◇ヨンタナ、セブンイレブンの流通システムを、以前は沢山研究しましたね。
やはり、PDCAサイクルをデータに基づいて、確実に回してる所がニクイ!
VICTORY サイン!”を挙げたいな。



ピースサイン 
(チャーチルのVサイン)




◇さて、今回の”常識・非常識!”4回目は、2本の指を立てる仕草から少し。
Vサインとかピースサインとか、そんな風に常識的には理解していたヨンタナ!
日本人の人物撮影を見ると、このボディランゲージの多いこと。


DSC07315.jpg DSC07316.jpg



◇日本人同士なら、常識的な範囲で済まされるけど、インド人が見たら奇妙
でしかないらしい。エッ!だそうだ。・・どこがミョーな仕草なんだろうか?
シンキングタイム、しばし考えてみよう!(ヒントは匂うなー?)

Q&A



◇考えてる間に、この仕草の発端をハナスと、百年戦争と呼ばれる英仏の
戦いでは、武器と言えば弓を使うことが中心だった時代、相手軍を威嚇する
仕草が指2本立てることに由来。指を切り落とすぞー!のサインでしたね。




◇いやいや恐ろしいハナシ!時代や国が違うと、同じ仕草でもその意味は
まったく奇想天外(常識外)になる。これを音楽的に言えば、押さえるコード
フォームが同じでも、曲やテンポによってはニュアンスが異なることも!


DSC07322.jpg DSC07326.jpg



◇特に、モジュレーション系のエフェクトを深くかけると、同じフォームでも
全然違うニュアンスを醸し出すことが可能だ。この辺は、SENSEに直結。
難しいコードを覚えるだけでなく、今出来る範囲で工夫が大事かもねー。





◇それでは、インド人からみた日本人のピースサイン!正解は・・・・・・
インドでは、(小)は指1本・(大)は2本立てるのが習慣らしい。オシッコ
と思ったら指1本を立てて、相手に伝える仕草になるワケです。(笑)




◇ヨンタナが指2本でVサインしたら・・・くさ~!なんですね。(爆笑)
でも、演奏中にメンバーに伝える武器としては、オシャレかもしれないな。
それにリスナーさんにインド人がいる可能性も皆無だし、今度やってみる?

DSC01383_20150130143128d50.jpg
(オモシロMCのJOE)



◇でもね、サントスのボーカルジョーのことだから、絶対にヤバイよ!?
「ほれほれ、トイレットペーパー持って来たよ、リーダー!」なんてMCで
言いそうだしねー。マジ!やるところがジョーなんだよ。(笑)やめとこ!





・・・と今回は、自分が常識と思っていても、時と場合によっては非常識
なことも多い世の中なんだよと!やはり、本質を見抜く努力は不可欠ですね。
じゃー!また次回まで、アディオス 4649ね!


フェンダーHOT ROD DELUXEのガリガリ君!退治編

2015-1-29(木曜日)
HOLA!

DSC07359.jpg DSC07360.jpg


◇昨日と違って、やはりさむいー!風の冷たさが全然違って、車の洗車は
早々オワリにしたよ。今日は、前からガリガリ君!が気になってたアンプ
フェンダーのホットロッド・デラックス”でも直そうとチャレンジしてみる。



DSC03347_2015012916451100e.jpg DSC03348_20150129164512410.jpg



◇機械の修理!不器用なヨンタナにできるかなー?(笑)まあ!ダメもとで。
以前、パソコンのハードを覚えるために、会社のPCを分解したらアウト!
そんな経緯もあってか、少し不安を抱きながらのアンプ分解だ(笑)


RIMG0093_20150129170006ab4.jpg RIMG0091_20150129170004e2e.jpg



◇電気的な知識は、まったくのド素人!とりあえず作業前に、電源ケーブル
だけは抜いて
おこうっと。今回のガリ音は、ボリュームやイコライザー等の
全てから発生しているので、空っ風による砂塵が原因と当たりをつける。


DSC07196_20150129170314ef9.jpg DSC07198.jpg

 

◇修理前に、全てのノブをぐるぐる!何回も回したけど、改善しなかった
ので今回はヤル気になった。(笑)まずは、裏パネルのビス6本をはずす。
開けて見ると、基板が出現!・・おう!そのままポッドが見える見える!

DSC07343.jpg DSC07344.jpg



◇ラッキーにもこのアンプは、アンプ部を引き出さなくてもいいタイプだ。
早速、ボリューム等のポッド部分からエアーを吹き付けて、ごみ掃除!を。
ポッド上部にある小さな穴から、順次吹きつけ”シャー!”


DSC07352.jpg DSC07356.jpg



◇続いて、接点復活剤も”シャー!”とそれぞれのポッドにやって見る。
吹き付け終わったので、ノブを軽く回して全体に行き渡るようにする。
最後に、裏板をビスで止めて”ハイ終了!”・・・直ったのかなー??


RIMG0092_2015012917205980b.jpg RIMG0094_20150129172101b9a.jpg



◇念のため、もう一度ノブ全体をクルクル!回しておいてから、オン。
さあー、プラグをつないでボリュームを徐々に上げていく・・・・
カサカサ!と小さなガリ音がするので、再度ノブをクルクルー♪(笑)




◇完全にガリ音が消えた!ヤッターマン(笑)その他のノブも同様に
やってみると、全てのガリガリ君が消滅!快適な状態へと戻せたよ。
アンプは何事もなかったように、”シーン!”と静寂を維持。OK!


DSC07348.jpg DSC07354.jpg DSC07350.jpg



◇今後のために、真空管も調べておいた。パワーチューブはGT管!
6L6GCかと思っていたけど、6L6B!でしたね。CとBって
どこ違うのかなー?それにしても、ブルーのチューブ”カッコイイ!”




◇いやー!今回はチョーカンタンな作業で結果オーライ!また一つ勉強
になったし、メンテナンス費用もういた、まー、電気知識ある人ならば
当たり前の作業かもしれないけど・・・・トホホ!(笑)





じゃー!今回はこれでオシマイです。くれぐれも分解は、自己責任の
範囲
ですから、故障や感電など要注意ですね。アディオス 4649ね!



バンド音楽のアラカルト”常識・非常識!”シリーズ #3

2015-1-28(水曜日)
HOLA!

DSC07315.jpg DSC07306.jpg


◇過去や現在において非常識!と思われることも、少し立てば”常識!”に
変わることが多いですね。勿論、集団生活の社会ですから常識的なルール
を守ることも、人間としての責任であり義務でもあるよね。




◇そういう意味からも、名古屋大・女子大生の事件は、どんな理由がある
にせよ、人としての責任と義務を果たせなかった事は、非常識でしかない。
常識と非常識の狭間にある”本質!”を見ようとしなかった結果でもある。



DSC07316.jpg



◇ヨンタナもそうであるように、人生経験そのものが正しい常識と間違った
常識を併せ持って形成
されるため、”本質的な真実や事実!”を見えにくく
している可能性が高い。主に主観や感情がイタズラしていることが原因だ。






◇さて、音楽の”常識・非常識!”の3回目は、音楽的なセンス! について
少し言及してみたい。センス(Sense)とは、本質を見極める見方・考え方
感じ方
であり、音楽・絵画・料理等の芸術文化においてはセンスが全て・・


DSC07311.jpg


◇ヨンタナがどんなに練習を積んでも、熟練度は向上するものの、その
反対側にある音楽的なセンス!を磨くことは、とてもキビシイようです。
先天的センスとも常識的に言われますが、後天的センスもあるような?


DSC07304.jpg



◇センスには、五感と言われる”味覚・聴覚・触覚・嗅覚・視覚”が含まれ
これを鍛えることで、物事の本質を感じ取ることが可能になってきます。
花を見てキレイだね!ピンクにイエローならカラフルでバランスがいい。





◇そんな日常的な中から、音楽的なセンスを磨くことも可能ではないか?
先天的な能力とアキラメズニ、”客観的に上手い人のセンスを分析”して、
それをマネするところから、後天的なセンスアップを図ればいいのかも。

心イラスト




◇ヨンタナは、出来る限り日常を観察しながら、主観を排しその本質が
どこにあるのか探求する習慣が見に付くよう、”WHY?”が心情ですね。
凡人なギタリストだからこそ、非常識な考え方からその本質に迫ろうと。





・・いやー!今回はチョットまじめなハナシになっちゃった。ダジャレでも
なんて思ったけど、入れる場所がなかった。自ら墓穴を掘って反省!(笑)
じゃー!またね。アディオス 4649ね!

バンド音楽のアラカルト”常識・非常識!”シリーズ #2

2015-1-27(火曜日)
HOLA!

DSC07318.jpg DSC07321.jpg


◇全国的に気温が高めな火曜日でしたね。でも、すぐに強烈な寒波が来る。
あーあ! またまた寒いのか~!?今年は冬がスッゴク長く感じるけどね。



DSC07303.jpg DSC07304.jpg



◇さて、音楽にまつわる”常識・非常識!”の2回目は、エレキテルの元祖!
平賀源内さんからハナシをスタートしようか。
Q!冬に旬なウナギを夏に食べる常識とは?いつから定着・・・


Q&A



土用の丑の日にウナギを食べる習慣は、ごくごく当たり前のように思い
ウナギ大好き人間のヨンタナも、夏にすき家や吉野家で食することが多い。
当然ながら、夏のウナギが旬!そんなイメージが常識だと勝手に・・・



DSC07315.jpg DSC07316.jpg



◇音楽の世界でも、一生懸命に練習して上手くなれば、プロの世界に突入!
そんなハナシが常識的に語られることもある。大きな夢を抱いて技術を磨き
日々努力する姿勢は、感動モノでスバラシイ!ことと素直に思いますが・・




◇しかし、音楽でメシを食う・お金を稼ぐとなると、上手さだけでは足りない。
営業を筆頭に、広報活動や販売促進・企画等の”仕掛け!”(=戦略・戦術)が
大きなウェイトを占めるのが音楽家の現実だ。(←ココがポイントですよ)


DSC07318_20150127214311354.jpg DSC07306.jpg



◇ハナシ戻って、夏のウナギ! 本来なら一番美味しい冬に食べるワケですが
それでは、売上を伸ばすことはムズカシイ!そこで、経営コンサルの平賀さん
に相談すると、「丑の日にウナギ!」のキャッチフレーズを考案、店頭に貼る。




◇これが大うけ!夏でもウナギを食べさせることに成功し、お店は大繁盛だ!
キーワードは、丑の日とウナギの””の字、うの付く食べ物は、夏バテしない
そんな常識が江戸時代にはあったらしい。(諸説あり定かではないけどね)
※うめぼし・うどん等




◇そんなウナギの例から、音楽に置き換えてみれば、演奏技術がどんなに
高度であっても、それを売り込む戦略や戦術に長けていなければ・・・・
宝くじを当てるような常識を、信じているのと同じかもしれませんね。



DSC07315.jpg



◇「音楽バカなんで、それ以外はトント無頓着?なんです」・・・う~ん?
まあ!人生は人それぞれですから、どこに活路を見出すかの選択まで口を
挟むつもりないですけどね・・・・




じゃー!今回は、ウナギの話をヒントに、演奏+アルファが必要だよねと。
アディオス 4649ね!


バンド音楽のアラカルト”常識・非常識!”新シリーズ #1

2015-1-26(月曜日)
HOLA!

DSC01594_20150126201154d08.jpg DSC01599_20150126201156e82.jpg
(メサブギー50W/パワー部6L6GCタイプ)


◇今日の上州は、気温も高く3月頃の陽気に近く、静かな月曜日でした。
でも、すぐに最強の寒波が北から降りてくるみたいで、寒さがぶり返す!
やっと喉の痛みもなくなり、熱も下がり”マヌカハニー!”さま様ですが。





◇さて、今回からスタートする新シリーズは、音楽の”常識・非常識!
ヨンタナも含め、自然に受け入れてる常識が多いけど、意外や意外
間違って理解してたり、信じているいることと正反対だったりと・・



◇そこで、イキナリのQUESTION!です。音楽とは直接関係ない
ですが、オイシイ”アンデスメロン!”のアンデスって?知ってますか?


アンデスメロン




◇いやー!ヨンタナ不覚にもズーット!間違っていましたね。半世紀近く、
そのメロンのネーミング由来、アンデス山脈だと思っていましたよ。(笑)
もしかして?貴方もですか?(エヘ!爆笑)




◇そういうことって、かなりあるみたいで、勝手にカンチガイしておいて
それが音楽の常識!ナンテ話にもなるようです。ヨンタナ自身猛省だね!
特に音楽の世界では、常識・非常識がアイマイなままで、論争に・・・


ユダヤ(アインシュタイン)
(アインシュタイン)



◇歴史的にみても、ダビンチ・アルキメデス・アインシュタイン等の偉業は
常識を覆す非常識に答えがありそうですね。 まあ!我々は凡人ですからね
そんな大それた領域ではないですけど、でも”非常識!”どこかイイ感じです。


DSC06587_20150126204746b35.jpg DSC06579_20150126204745652.jpg



◇ところで、アンデスメロン?の由来は、どうなったの・・そうですよね
いつもの脱線でしたね。コレ調べて見ると、これが実にオモシロイ!(笑)
奇想天外でして「あんしんです!」が正解でしたよ!??



◇メロンの栽培では、虫に喰われるのが大きな問題で、防虫対策が万全な
あんしんできるメロン!作りに成功したサカタのネーミングが発端らしい。
そして、芯(しん)の部分を取り除いて食するので・・・


 ・あんしんできるメロン
 ・あんしんです
 ・あんです(=アンデス)



◇このメロン、アンデス地方とはまったくの無関係、いやー!キャッチ
コピーに完敗ですね。(笑)マーケティングの勝利!・・非常識GOOD!
音楽を目指す人にも、この考え方はとても有効だと思います。




・・・今回のシリーズでは、そんなハナシをまだら模様に散りばめながら
バンド音楽の常識・非常識に迫れたらイイですね。
ご興味ある方は、ダジャレ好きなヨンタナにオツキアイくださいね。(笑)


ぐんまちゃんー2


アディオス 4649ね!

バンド音楽のアラカルト”3にこだわるワケ!”シリーズ #FIN

2015-1-26(月曜日)
HOLA!

3数字ロゴ DSC07295.jpg


◇バンド音楽のアラカルト”3にこだわるワケ!”シリーズの最終回で~す♪♪
「数字に強くなる・図形に表す・要点をまとめる」の3脳力について、ヨンタナ流
方法論や考え方を、#1~8まで配信させていただきました。ありがとうですね。




◇ヨンタナを含め、音楽を演奏(or活動)することが大好きな人たちにとって、
必ず直面するのが”仕事との両立!”問題ですね。具体的に言えば、生活基盤の
確立がキー
になってくると思います。




◇趣味でやるにしても、プロを目指すにせよ、どちらも”経済面の安定”の上に
成り立つものですね。人の生き方は、人それぞれで、ヨンタナが安易にアレコレ
口を挟む領域ではないと、ある程度は理解しているつもりですが。


DSC07249.jpg DSC07251.jpg



◇一般的に、我々アーティストにとって、一番必要なのが”時間とお金”ですね。
毎日の練習時間が多ければ多いほど、演奏技術は向上しますが、仕事がナイ
状態では誰かに支えていただく環境が不可欠です。(セレブならイイですが)




◇音楽には”魔物が潜んでいる!”と、現在でも思っているヨンタナなんですね。
深みにハマレバ、自力ではなかなか抜け出せない世界、気がつくと浦島太郎!
老いが身近に迫ってくるかもしれない?・・夢を砕くつもりは毛頭アリマセン。


DSC06749.jpg DSC07117.jpg



◇しかし、仕事オンリーの世界でも、厳しい状況に直面してる日本の社会です。
高度成長期のサラリーマンやミュージシャンなら、お金を稼ぐことは楽でしたが、
少子化の波に翻弄され始めてからは、市場の流れは大きく変貌し続けています。




◇現在は、まだまだ実感がないでしょうけど、その波はあらゆる分野に、確実に
浸透し続けていると思います。例えば、ガソリン価格の乱高下にしても、小学校
や中学校の閉鎖、大学の売却等、過去にない現象が次々に起きています。


DSC07297.jpg DSC07298.jpg



◇ヨンタナは経済学の専門家ではまったくありませんが、半世紀以上生きてると
黄色のシグナルを肌で感じるのです。(笑)・・格差社会の到来がジワ~ジワと。
ヨンタナが昨年まで勤めていた会社も、外資系に売却されてしまいました。(泣)




◇静かではありますが、地中深くでは”地殻変動!”が起きているのも事実ですね。
そこで、我々アーティストにとっては、3つの選択!が必要になるワケなんです。
ハイリスクハイリターン・ローリスクローリターン・現状維持の3つ。




◇つまり、音楽と仕事の両立には、強い根気と膨大なエネルギー!が必要で、
しっかりしたスタンスを確立しなければなりません。具体的には、PDCAを
回しながら、将来予測しうるリスクを回避する術がキーとなります。





・・・と、やや辛口な内容となってしまいましたが、音楽家の夢を否定している
つもりはありません。むしろ、音楽が楽しくできるような選択肢の一つであり、
ヨンタナの経験値が、その選択に少しでもお役に立てば幸いです。




じゃー!これで今シリーズはFINとなります。ここまでオツキアイいただき
感謝!感謝!です。アディオス 4649ね!


冬の花!プリムラ・ジュリアン&愛器メサブギー!(雑記)

2015-1-25(日曜日)
HOLA!

DSC07297.jpg DSC07296.jpg


◇メサブギーの後ろに”イエローの花!ジュリアン”が、可憐に彩りを添えてる。
買い物のついでに、目に留まったのでお持ち帰りでした。(笑)
淡い黄色が、漆黒のメサブギーに安堵感を与え、そのバランスがとても好きだ。



◇このサクラソウ科”プリムラ・ジュリアン!”は、交配種でメイドインジャパン。
ポリアンタとジュリアエの花を掛け合わせ、日本人の手によって冬から春に咲く。
一方楽器の世界では、メイドインジャパンが少なく、海外製品におされ気味だね。


DSC07298.jpg DSC07290.jpg DSC07247.jpg



◇昨夜も、ジョーの店で演奏でしたが、飲みに来店してくれたベーシスト兼
ギタリストの塩島氏と、ギターやらアンプのハナシで大いに盛り上がったな。
ヨンタナもその辺の話題大好き人間だけど、彼もハンパない位にマニアだ。



DSC07106.jpg DSC07295.jpg DSC07069.jpg
(ジャコをこよなく愛する塩島氏&ヨンタナの愛器ブギー)



◇最近は、ご多忙中で、ご無沙汰のベーシスト井上氏も、その辺の話題には
マニアック的な存在だね。彼らとハナシしていると、気持ちは少年時代へと
タイムスリップしているような錯覚に陥って、小気味よい陶酔感だね。




◇あれから40年!(笑)の年月を経ても、音楽機材の話になるとメラメラ!
プラモデルを工作していた”あの少年時代!”に引き戻され、ギターキッズに。
音楽は不思議な魔力を持っていて、世代やジャンルを超えてボーダレスに。




◇彼らとヨンタナの共通項は、”ロック魂!”今でも歪んだ音でチョーキングして
いるヨンタナのギターサウンドが、それを物語っているようだ。本来なら年相応
のジャズスタイルになるワケですが、不器用なヨンタナにはムリ!ムリ!(笑)


DSC07063.jpg DSC07064_201501251742094b4.jpg
(メサブギー スタジオキャリバー)



◇ギターの音を歪ませるサウンドは、大昔はご法度!(笑)当時、群馬県
では、ヨンタナだけだったかもね。1970年代では、洋楽のロックが台頭し
マーシャルアンプにストラトで爆音!が全盛期、あこがれの歪んだ音だ。




◇ヨンタナもその歪んだイイ音は、どうしたら出るのか?試行錯誤の時代
フェンダーのストラトは入手できたものの、マーシャルアンプまでは・・・・
仕方なく銀座の山野楽器で、エレハモのトレブルブースターを購入したね。




◇そんな歪に対する思い入れが、現在でもまだ続いていて、目標とする
ラインまでは届いてないのが実情だ。確かに現代ギターアンプの進化には、
オドロキを隠せないが、ザンネンながら爆音で演奏できるハコは少ない。



DSC06578_20150125180449f58.jpg DSC06591.jpg
(最近出番が少なくなったブギーTA-30)



◇当然ながら小型アンプの小出力Wで、いかにオイシイ歪みサウンドを
出音させるかが最近のトレンド。いやー!これまたムズカシイ環境だね。
ロック系ギタリストにとっては、またまたハードルが上がってヨッシャ!と。




◇そんな気持ちにさせる”歪んだサウンド!”半世紀の時を経ても到達
できない所が大きな魅力かもしれないね。今後も、井上氏や塩島氏との
語らいからヒントを頂きながら、精進あるのみですね。(笑)



じゃー!今回はこれでオシマイです。アディオス 4649ね!




久しぶりに”空っ風!”が吹いてない暖かな土曜日(雑記)

2015-1-24(土曜日)
HOLA!

DSC07232.jpg DSC07229.jpg


◇今日の上州は、ここのところ強く吹いていた”赤城降ろし!”が止まったよ。
とても穏やかな土曜日で、外出したい気分ですが、微熱がまだ続いている
ので断念。夕方からのミニライブに向けて”家でのんびり!”することに。


DSC07238.jpg DSC07237.jpg



◇空っ風が吹くと、家の中まで細かな砂が入り込んで”ジャリジャリ!”となる。
一番被害を被るのが、ギターやギターアンプ達だ。特にボリュームのガリ音!
ノブ回す度にガリッ!ガリッ!とても気になる現象だね。




◇ネットで調べて見ると、接点復活剤!がある程度有効だと書いてあったね。
時間のあるときにでも、アンプ部を取り出して、チャレンジしてみようかな!?
とりあえず、通常使用するには問題なさそうなので・・・


DSC07230.jpg DSC07247.jpg



◇それにしても、ギターと言う楽器はムズカシイね。弦が6本、24フレット
なら、144音の組み合わせができて、無限大の可能性がある楽器だ。
先日もFのブルース練習してて新しい発見が!




◇F7の1音下”E♭のスケール!”が、おお!使えちゃう。なんてことはない
F7のセブンス音がE♭、その音から始める音階なんだけど、指板上の動き
が広がって、イロイロなアプローチを増やすことができたね。





◇音楽は、底知れない深さがある。見方・考え方をチョコット変えるだけで、
まったく新しい音の世界が。まだまだ、勉強が足りないヨンタナだと実感だ。
因みに、F7=Cm6=Am7-5も結構使えて、現在フレーズ模索中です。



じゃー!微熱が続いてるので、この辺でオワリます。アディオス 4649ね!


ムリして相模原に行ったヨンタナ!微熱がでちゃったよ!

2015-1-23
HOLA!

DSC07222.jpg DSC07223.jpg

(関越道:上里SA/圏央道:あきる野IC近辺)


◇今日の相模原行き、どうしようか?迷った挙句に行くことにしました。
結局、微熱が出てきて体調悪化!夕方まで仕事をして、一路群馬へ。
CVSでルルゴールドを買って、今日は早めに寝ることにしまーす。


DSC07224.jpg
(帰路の町田街道)


じゃー!これで失礼します。もうしわけないね。
アディオス 4649ね!
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR