BOSS ペダルエフェクターが好き!(勝手なつぶやき編)

2017-1-31 HOLA!
1月
曜日2・火曜

DSC05738.jpg


早いもので1月もオワリ!お仕事の関係で、桐生市の税務署へ書類を取りに。
ついでに、桐生市動物公園まで足を伸ばしてみました。少し北風が強い平日の
動物園は、人気もなく閑散としていましたね。


DSC05747_20170131183358028.jpg

DSC05781_20170131172009b2b.jpg

DSC05783.jpg


◇今年は酉年なので、カラフルな鳥さんにフォーカスです。様々な色が折り重なり
まるでエフェクターで音を装飾するのに似てる。ギタリストやベーシストにとって
欠かせないエフェクター、あれやこれやイロイロな機種が乱立してる~・・・




◇同級生バンドのN氏から、ペダルエフェクター買ったよ!とメールが届き、やはり
ハマったか。ヨンタナなんか、かれこれ50年近くハマって、抜け出せないです。(笑)
新製品が次から次へと販売され、選ぶのもタイヘンだしお金もにゃい・・・


DSC04253_20161230120504d66.jpg

DSC04038_20161217100457cd7.jpg


◇ギターやアンプからすれば、比較的手ごろな価格だけに、ついホシイ病が・・・
気がつけばイッパイアッテナ!(笑)実際入手して、使ってみないとワカラナイ!
その辺が悩ましいペダルエフェクター。(えふぇふぇ)




◇それでも、安価なBOSS製品で揃えてるので、数の割には少ない投資で済むね。
勿論、中古品がメインで”ダメ元!”(笑)そして、中古と言っても、堅牢で安定した
動作
には、ライブ現場で重宝しているのも事実です。


DSC05833.jpg


◇音色や音質などに拘ると、高価なペダルが欲しくなってヤバイので、標準的な
ラインで妥協
してるヨンタナ。(笑)まあ、ヨンタナの場合、飛び道具的な使用
は滅多にしないので、ピッキングニュアンスを活かしたBOSSペダルが好き。


DSC05834_20170131181904d6c.jpg


・・・と言う事で、真空管ギターアンプとの相性も良好で、これからも使い続けて
行きたいと思います。では、これから本業のお仕事お仕事で、「がんばんべ~!」
寒暖差が激しい時期です、皆様お風邪など召しませんように。アディオス!


スポンサーサイト

春のきざしがアッチコッチに!(これからの超高齢化社会は?編)#2

2017-1-30 HOLA!
1月
曜日1・月曜

DSC05705_20170130135652064.jpg


春の兆しもつかの間今夜から寒さがぶり返す!群馬の片田舎。この記事
を書いてる最中も、赤城山からの北風がどんどん強くなっています。寒さが
年々身にしみるヨンタナで~す。(トホホ)


DSC05697.jpg


◇それでは、超高齢化社会に関連する年金問題等の続きを、ヨンタナ翁の
少ない経験から、つぶやいて見たいと思います。まずは、厚生労働省発表
のデータから「生活保護受給者が、毎月のように過去最高を記録」と・・・


老人(年金おじさん  老人・年金手帳


◇驚くことに、その半数近くが”65歳以上の高齢者世帯”(約78万世帯)らしい。
う~ん!厳しい世の中になってきている様だ。みんな中産階級!なんて言っていた
ヨンタナが現役の昭和時代とは、ずいぶん様変わりです。


DSC05703_20170130142441cdc.jpg


◇そして、年金無支給の”空白の5年間”が拍車をかけそうな雰囲気!です。
例えば、現役の頃と同じ生活レベルをしたい場合、平均的な生活費は月額
27万円(手取り)
らしく、総支給では「35万~40万円」に概ね相当する。





◇単純計算では、27万円×12ヵ月×5年間=1,620万円となって、空白期間
(60歳~65歳)を賄う生活資金が、意外に大きな額になってビックリ!(汗)
仮に60歳定年なら、退職金1,000万円と預貯金620万円を全部使うかも・・・


DSC05677_2017013014431905b.jpg


◇まあ、現代では定年後も再雇用で働く時代だから、無収入になるケースは
極端としても、リスクへの備えは、不可欠かもしれません。ただ少し心配な
ネット上の某記事「高齢者の40%が老後破産に!」真偽のほどは?・・・


DSC05624_2017013015181745e.jpg


・・・かなり昔になるけど、学生時代に社会問題をかじってきたヨンタナGG
少しでもいま経験してる事が、参考になれば幸い。春の訪れを待ちわびながら
散歩や趣味のギターが弾ける日常に感謝! 希望を持って「がんばんべ~!」


春のきざしがアッチコッチに!(これからの超高齢化社会は?編)#1

2017-1-29 HOLA!
1月
曜日1(日曜

DSC05629.jpg


とても暖かな日曜を迎えてる群馬の田舎。ギターでなくてデジカメを片手
アッチコッチと散歩です。(笑)驚いたことに、白梅が咲き乱れてる~!(嬉)
春がそっと近づいて来てるみたいですね。


DSC05626.jpg


◇1本の梅木だけが、何十いや何百何千と花やつぼみで、華やかさが際立つ。
一方、街を歩きながら見る家々は、閑散としている? とても対照的で現在の
超高齢化社会・日本を象徴しているようにも・・・


DSC05595.jpg


◇昨夜は、いつもの所でいつものミニライブ。サントスも今年中には、残り一人
も還暦を迎え、”お年寄りバンド!”と化す。(笑)団塊の世代も、70代に達して
次の高齢予備軍世代が、次々に年金受給者へ・・・そんな話題がメンバー間で。


DSC05630.jpg


◇当ブログでもたくさん取り上げてきた年金問題、いよいよ「空白の5年間
が真近かに迫ってきました。 現在は、年齢による支給時期をズラす過渡期!
厚生年金の比例報酬部分も、65歳からの支給へ刻々と・・・


DSC05644_20170129160547266.jpg


老後はバラ色の人生!そんな思いを強くしながら、必死で働いてきたけど
(または働いている)、あと数年で完全な65歳支給へ。 60歳定年とすれば
5年間は、退職金や貯蓄を取り崩しての生活にもなりかねない。





◇TV報道や書籍・ネット上では、専門家と識者を中心に、「空白の5年間
に警鐘を鳴らし続けているようです。悲観的な考えにも見えますが、楽観視
すること
もできない可能性大ですね。


DSC05654_20170129162545c09.jpg

DSC05658_2017012916331048f.jpg


◇公園の捨て猫チャンみたいに、サバイバル人生をたくましく・・・毎回逢う
たびに感じています。世界的に見ても、一番急速に進む超高齢化社会、様々な
社会問題が、ザワザワし始めているような気も・・・


DSC05668_20170129163709372.jpg


・・・楽しい音楽を細々でも続けたいと願うサントス面々、高齢化との共存が
本格化しそうです。でも、笑顔がイッパイの明るいセカンドライフを目指して
「がんばんべ~」 では、この続きはまた アディオス!


Fender Telecaster!(モダーンタイプが好き~鳴り方?編)

2017-1-28 HOLA!
1月
曜日6・土曜

DSC05564.jpg


◇とても穏やかな休日、雲ひとつない青空に誘われて、公園をテクテクです。
春ともなれば、満開のさくらがキレイな場所ですが、まだ冬眠中みたいだね。
散歩のついでに、いつものネコチャンにご挨拶しにゃいと?・・・(笑)


DSC05569.jpg


◇今年は酉年、道路をスタコラと横断する”つがいのトリさん”を撮って見ました。
そう言えば、フェンダーギターのつがい?なら、テレキャスとストラト!(強引)
そして、エレキギターの始祖鳥的な「テレキャスター」(1948年/ブロードキャスター)


DSC05588_20170128150103894.jpg

DSC05587_20170128133946db1.jpg
※Fender Custom Classic Telecaster (USA製)


◇ヨンタナが所有するテレは、チューニングを重視して6WAYブリッジ搭載の
モダーンタイプばかりです。それでも、リアピックアップの金属プレートがある
ので、一応テレキャスターのサウンドはしているニャ~。(笑)


DSC05544_20170128135054610.jpg
※「なんで、でかいプレートだにゃ?」・・・君もデカイ面してるけど(怖い~)


不思議な金属プレートですが、レオフェンダーさんがハワイアンスティール
モデルに作ったらしいので、こうなった?みたいだ。それが現在でも人気だらけ
猫灰だらけ
。(笑)独特なサウンドを響かせて、♪ジャキジャキ♪するね。


DSC02383.jpg
※Fender Classic Series '72 Telecaster Thinline (Natural) /メキシコ製


◇一方、テレキャス異端児のシンライン君では、レギュラーサイズのブリッジ
ですが、やはりテレキャスのサウンドが出る。まあ、ワイドレンジ型のピック
アップだから、甘めなテレサウンドだけど・・・


DSC01565_2017012814095485c.jpg
※G&L ASAT(インドネシア製)


◇G&Lのテレ君は、金属プレートはそのままに、ピックアップの出力だけ高めた
タイプ
です。レオフェンダーさん最後のシステムで、モダーンタイプなテレキャス。
それぞれテレキャスサウンドは持ち味ながら、微妙に出音が異なる・・・


おじいさん(仙人風  老人(ヤッター
※「年季入って、それぞれ鳴り方が微妙じゃの~」・・・今の何の音だ~?(汗)



◇ざっくりテレキャス君をネタに書いて見ました。(笑)ホントーならクラシカルな
テレ
も欲しいけど、チューニングに少し神経を使うジャンルなので、ついつい・・・
ピッチピッチで若いのが好きですよね~。」(そう言う貴方も?・・・アハハ)


DSC05577.jpg
※グランドには、ピチピチした若人がイッパイアッテナ!



・・・それでは、今宵もジョー・サントスのミニライブ!昔は「ピチピチ音」だった
ヨンタナ&メンバー面々も、今はあっちこっちが「コキコキ音」に様変わりだ。(笑)
何故か枯れたサウンドが超得意に?(マジ) では、行って来ま~す。アディオス!

FENDER・ギターアンプと永いツキアイ!(勝手なつぶやき編)#1

2017-1-27 HOLA!
1月
曜日5(金曜

DSC05517_20170127091911036.jpg


◇ヨンタナ世代と時を同じくして誕生した”フェンダーのギターアンプ!”も
准高齢者級になったね。(笑) ヨンタナとのお付き合いも、相当な年月が
経って、年金受給者のラインに到達しちゃった!?・・・(笑)


フェンダーアンプ概要イメージ図


◇創始者のレオ・フェンダーさんが、ハワイアンスティールギターのために
製造したのが、フェンダーアンプの始まりらしい。その後のエレキブーム
一躍有名になり、紆余曲折を経験しながらも、現在でも人気のメーカー。


レオフェンダー&アンプ    フェンダーアンプ傾斜   GT管(赤


◇過去には、日本製のアンプも多種多様、全盛した黄金時代もあったけど
今では選択肢が少ない国産アンプメーカー。特に真空管式(オールチューブ)
なると、市販品を探しても新品は皆無に近いメイドインジャパン。


DSC07061_201701261839018c9.jpg


◇必然的に海外メーカー物がターゲットになるね。そして、電化製品なので
比較的新しいアンプに触手が動くヨンタナ。それも復刻版(リイッシュ)と呼ばれ
てる、昔の再現コピーモデルです。ヨンタナも復刻できればとか・・・(アハハ)




◇では、なぜフェンダーをチョイス?マーシャルを始めとし、ありとあらゆる
アンプを経験したけど、原点に回帰してしまう。正に「何かへんだ~?」(笑)
たぶん、”年取ると子供に戻る”みたいな部分がおっきいかも。


アンプの影響は?


◇ところで、サウンドメイク(音色や音質)に与える影響比率は、上図①~④
では、どの位の割合でしょうか? とりあえず、ピックやシールドなどは除外
して、④はコンボアンプ(SP込み)で考えた場合を想定。


DSC05510.jpg
※「ニャンだ、三度メイクか?」・・・毎日何度もやってるにゃ!(違う違う・・・笑)



・・・と言う事で、勝手ながら、読者様のコメントをいただければ幸いです。
公開・非公開を問わず、率直なご意見をいただけたらと思います。(恐縮)
プレゼントはニャイですが・・・すみません。(笑)次回まで、アディオス!


エレキギター・プチレッスン!(ボサボサ~のヨンタナ編)

2017-1-26 HOLA!
1月
曜日4・木曜

DSC05511_2017012617221025e.jpg


◇電線だらけの向こうに、雪景色の赤城山!今日は、とても近くに見える感じが
しますね。冷たいからっ風も収まり、穏やかな平日の田舎で、プチレッスンです。
ヨンタナの髪も伸びて「ボッサボサ~!」(笑)・・・


DSC05512_20170126173028cee.jpg
※ローコードのCmaj7(9)フォーム


◇そんなワケで、今日のプチレッスンは”ボサノヴァ入門編”をテーマにお勉強。
いつものじじい放談から始まり(笑)、ヨンタナ世代の1950年代後期から流行
したボサノヴァの入口をレッスン。もう懐メロ的な色彩が濃い~のですが・・・

ブラジル  音楽・サンバダンサー


◇まあ、ジャズ風なテンションコードを覚えるには便利で、避けて通れない気も。
今回は、その中でも基本中の「メジャーセブン(M7th)とナインス(9th)」を
勝手に取り上げて見ましたよ。(笑)


DSC05514_201701261754098d9.jpg


♪セブンセブ~ン♪ウルトラマンとか、日々お世話になってるセブン・イレブンなど
セブン(7度の音)は、オシャレには欠かせない?(笑)そして、その上に乗っかってる
ナインス(9度の音)は、「かなりナインすっ!」(アハハ もう死語だね)


DSC05050_201701261807320a5.jpg


◇ド・ミ・ソ・シ・レのCmaj7(9)なら、もう都会的なセンスが溢れちゃう!ね(笑)
それでもソリッドギターじゃ~、5つの音を全部弾くのはタイヘン。そこでばば抜き?
ヤリ玉に上がるのが、5度の音(G)!・・・アハハ!やはりじい抜きじゃの~(汗)


歴史(秀吉  車・お年寄り
※「秀ちゃんもかの~」・・・秀吉だけに、ひで~ハナシ!だ。(笑)



◇ド・ミ・ソ・シ・レのG抜きなら、コードも響くし雰囲気もバッチグー!(古いな~)
4声のコードなら、小指を除く指弾きで♪タン・タン・ウタ・ウターン♪とボサノヴァが
イイ塩梅。そしてプチレッスンが進み、最後はフェンダーの歴史を・・・何かへんだー?


DSC07061_201701261839018c9.jpg



・・・そんなこんなで、ブログの更新が夕方になってしまいました。すみません。
1月も下旬、そろそろ髪も伸びた事だし、ボッサボッサの長髪をカットしないと
何かフェンダー!?」のヨンタナでした。(笑)では、またね アディオス!

クリーントーンには欠かせないペダル!(AMP&XOTIC EP編)#3

2017-1-25 HOLA!
1月
曜日3・水曜

DSC05421.jpg


◇今朝の上州は、かなり冷え込んだ~!部屋の中まで冷気が入り込み、暖房を
ガンガンとフル回転。それでも、午後になると気温も少し上がり、父の命日
祈りをささげる為、墓参りに出かけたよ。ついでにヨンタナのぼけ封じ?(笑)

DSC05425.jpg
※たんぼのあぜ道から赤城山を撮影・・・


◇では、クリーントーンの3回目は、ソリッドギターについても少し触れてみたい。
艶のある太い音」を目指して50年!(笑)半世紀近くにもなるサウンドメイクは
まだ道半ば?のヨンタナ。これって、実際笑えますよね~。(アハハ長すぎた春)


DSC05497.jpg
※ギブソンSGゴシック VS フェルナンデスRT-DLX・・・


◇ギターアンプやエフェクターを入れ替えても、いつものサウンド!だよ。(笑)
今更ながら、この問題の原点は、ギター自体とピッキングにもあるようです。
まあ、コスパなギターしかないので、その範囲で最善の音作りが目標に・・・




◇今回メンテしたSGゴシック、ナット交換・フレット擦り合わせ・ネック調整
等を重点にしていただいた。結果、弾き易さだけでなく音の鳴り方もGOOD!
とても運指やピッキングがスムースになった気が。(個人的な印象ですが・・・)


DSC05498.jpg


◇このSGギターは、標準のハムバッキングPU(490R , 498T)なので、ハイと
ミドルが少し強め
な感じかな。それで、ヨンタナの場合は、ボリュームとトーンを
絞り気味で
、クリーンなセッティングが好きだ。歪みならフルアップだけどね。


DSC05499_20170125175840ebc.jpg
※PICKUP: (Neck) CD-100F, (Center & Bridge) FERNANDES TB-5


◇一方、フェルナンデスのギターは、基本シングルコイル系ですが、タップ付き
ハムバッカーにも切り替え可能。かなりファットなサウンドになるけど、SG
とは違う鳴り方だね。


食べ物(ウインナー  食べ物(ハム
※似てるけど違うニュアンスのPU!


◇と言う具合に、ギターの選び方でも異なってくるサウンド!ごく当たり前ですが
「艶のある太い音」には、ギター・ピッキング・アンプ・ペダル等が絡んで形成さ
れますね。いや~、エレキギターは複雑怪奇!長過ぎた春もフツーかな?(笑)


DSC05436_20170125181837469.jpg
※新田氏の館跡・・・反町神社の双頭の龍!(ハムとシングルみたい)
DSC05486_20170125180559bed.jpg
※新田義貞公、挙兵の場所・・・生品神社にて



・・・墓参りの帰路で立ち寄った、反町神社と生品神社。新田義貞公のゆかりの地
父の面影を重ねながら、散策してみました。そろそろ気温も上昇との予報に、少し
安堵してるヨンタナ。皆様 お風邪など召しませんように。では、アディオス!

クリーントーンには欠かせないペダル!(AMP&XOTIC EP編)#2

2017-1-24 HOLA!
1月
曜日2・火曜

DSC05360.jpg


◇公園の木々の背景には、雪が積もった赤城山がそびえ立つ。この山のお陰で
新潟方面からの雪も遮断され、とりあえず冷たい北風だけが吹きつける田舎だ。
日本海側では、各地で記録的な積雪によって、苦労されている様子ですね。


冬(かんじき  冬(雪だるま
※鳥取では、車が立ち往生!・・・大事に至らなければと思います。



◇それでは、クリーントーンの続きを。ヨンタナが若き頃!(笑)銀座の山野楽器
で手にしたのが”エレハモのブースター”(LPB-1)、1970代の前半だったと記憶が。
それ以来、現在まで探し求めているのが「艶のある音」です。(私見)


DSC05350.jpg
※シンプルな設計が魅力・・・ただ接続するだけ、猫灰だらけ~
DSC05380_20170124134423604.jpg
※「誰か俺のウワサしてる?」・・・


クリーンなサウンドを太くしたいと願い、紆余曲折を繰り返しながら色々な
方法を試してきました。①ギターアンプ入替②ギターのピックアップ交換など
から③エフェクターをブースカ(笑)と、結果、EP BOOSTERに落ち着いた。

動物(豚さん  星(黄色
※「ぶ~すた~って俺達か!?」・・・アハハ、違う違う(笑)


◇まずは、①ギターアンプの選択からの苦労話、真空管アンプかトランジスタ
かと悩み、様々なギターアンプを試したよ。腕前は棚に上げながらも、アンプ
のチョイスは、現在も進行形!(笑)・・・未だ決着してにゃい。


DSC04439_20170124130009eb9.jpg


◇それでも、テクノロジーの進化によって、トランジスタのアンプも飛躍的に
サウンド面は改善されてる感じがするね。特に、ヤマハやローランド等の国産
メーカー
のアンプは、チューブサウンドを再現することに意欲的でGOOD!

GT管(白


◇トランプ新大統領ではないけど「BUY JAPAN!」日本製品をもっと買って
日本経済をプッシュ大統領?(笑)ではなく、少しでも後押しできればイイですね。
今後は、保護主義によって、海外製品も高くなる可能性がアルかも・・・


DSC05395_20170124132116bb8.jpg
※メイドインジャパンのフェルナンデス・・・出番が少ないよ~!と嘆く(笑)



・・・と言う事で、世界の情勢が大きく変化してる現代。平成の時代もそう長く
ないとの報道など、昭和生まれのヨンタナは、ある意味”明治の人と同じに?
ヤバイヤバイ! まだまだ「がんばんべ~」で夢を追いかけたいな。アディオス



クリーントーンには欠かせないペダル!(AMP&XOTIC EP編)#1

2017-1-23 HOLA!
1月
曜日1・月曜

DSC05349.jpg


とても寒い月曜日がスタート、からっ風小僧も吹き荒れ湿度が低い、乾燥肌を
ケアしないと「アッチコッチ痒い~!」(笑)くりんくりんなお肌、夢のまた夢
で~す。アハハ!ギタリストにとって、手指や爪などは目立つ、多少メンテを・・・


ネコ(手洗い  手指


シワッチ!が目立つこの頃(笑)、サウンドだけでも”クリンクリン!”にしたいね。
そのサウンドメイクの要が、ギターアンプとペダルエフェクターです。 ロック系なら
基本歪み重視ですが、ヨンタナの場合は、ジャンルが幅広くクリーンが生命線


DSC05355.jpg



◇できれば、ギターアンプは、どこまでも歪まないのがベストツインリバーブや
ジャズコ(JC120)など
が最適だが、コンボアンプと言えども音も大きさもデカイ!
そして、PAの普及によって、アマチュアでもマイキングする時代だから・・・


DSC04784_20170106135901e2d.jpg


小型コンボアンプ(20~30W)が便利ですね。ただし、その分サウンドが薄っぺら
聴こえる可能性が。そこで登場するのが”クリーンブースター!”と呼ばれるペダルだよ。
接続するだけで「音が太くなる」魔法の箱。


DSC05351.jpg
※やや歪み重視のBOSS BOOSTER FB2



歪み系のサウンドにも必須となって、XOTIC RC BOOSTERなどは定番。一方の
クリーン派には、どちらかと言えばXOTIC EP BOOSTERが多いような。まあ好み
があるので、使ってみないとね。(ベーシストも使用してる人が多いみたい)


DSC05347.jpg


・・・と言う事で、これから公園の散歩に出かけます。完全な防寒対策でテクテク
しないと、足腰がヤバイかも。(笑) 運動・食事・睡眠は、とても大事なお年頃!
では、この続きは次回またね アディオス!


コスパなレスポール VS ストラトキャスター!(気になる木~編)

2017-1-22 HOLA!
1月
曜日1(日曜

DSC05345.jpg
※FENDER MEX ストラトG5・・・アルダーのボディ



暖かな日差しが差し込む日曜の午後、いつものようにギターを弾きながら
時だけが過ぎてゆく。(笑)車の騒音や人の声も聞こえない、とても静かな
休日、ストラトキャスターをローランド「きゅ~べー」でキュイーン!だべ。


DSC05320_201701221357159d9.jpg
※マホガニーバック&メイプルトップのボディ



◇昨夜は、エドワーズのレスポール(LP-98LTS)とフェンダーアンプ(HOT
ROD DELUXE)の組合せでライブ。どちらも代表的なコピーモデルのギター。
まったく違った方向を狙ったモデルで、あれやこれや話題が絶えない・・・


DSC04780.jpg
※公園の木も使えるのかな?



◇その話題の中でも、ボディやネックの材質(木材)うんぬんは、アッチコッチで
取りざたされてるね。例えば、ギブソン系のギターなら、マホがいいに~!(笑)
いやコッチのフェンダーなら、こんなんもアルだ~。(失礼しました)





◇確かにエレキギターは、ほとんどが木材で、木工品と言っても過言ではないね。
だから原料となる木々の種類・品質には、誰しもコダワリがあって、話題が沸騰!
まあどの程度、材によるサウンド面への影響があるのかは、さておき・・・あれ?


DSC05330.jpg
※30%しか出力できない・・・悩みの種です。



◇ハッキリ言って、ヨンタナには材による違いがワカリマセン!(恐縮)その点
については、コダワリがないので、市販品のまま使うのが常アンプの選択やら
ネックの弾き易さ
などに、つい視点がフォーカスしちゃいます。(アハハ)





◇プロのギタリストさんとは違って、自称・田舎のミュージシャン?ですからね。
それでも、人前で演奏する機会が多いので、毎回が試行錯誤だ。材質を気にする
腕や余裕は有馬温泉!
(笑)


DSC05339_20170122150239b80.jpg


◇昨夜もお馴染リスナーさんの誕生日、演奏の合間に「いただきま~す」(笑)
お店オーナーのジョー父娘から、素敵な♪バースデイソング♪でモリモリ~!
満員御礼で、ケーキがイイな~。(笑)


DSC05333_20170122151049f02.jpg


・・・と言う事で、まとまらないギターのハナシでしたね。今日もこれから自己練
をしたいと思いますが、果たして上達しているのでしょうか? そんな木がするよ
アハハ!気がするでした。では、またね アディオス

プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR