Gibson Midtown Standard 2015 Traditional (セミアコ・スモール編)#2

2017-3-31 HOLA!
3月(英語
曜日5(金曜

DSC07762.jpg


◇曇り空が覆う3月末の上州!今にも春雨が降ってきそうです。サクラの
開花も足踏み状態で
、ヨンタナのギターテクと同じだ。(笑)練習しても
すぐ忘れてしまい、元の位置まで戻っちゃう日々。(汗)


DSC07785_2017033113114981d.jpg


◇そんな昨日は、いつものプチレッスン! コード進行の一番小さい単位
ケーデンス(終止形)」なので、その基本中の基本を再度お勉強でした~。
一般的に様々なケーデンスをいくつも通過しながら、演奏は進むので・・・


DSC07783.jpg
※Body: Maple Top/Mahogany Back, Chambered



Gibson Midtown Standardを弾きながら、ケーデンスのパターンをなるべく
わかりやすく解説君のヨンタナ。生音は小さいけど、ソリッド・Gよりは響くので
オッケーデンス!?」(アハハ)

ネコ(グー


◇このギターは、ハコモノの中ではスモールサイズで平面なボディ、立って弾く
スタイルにもピッタリで重宝してる。生鳴りは少ないけど、ギターアンプで出音
すれば空気感は多め
、セミアコの特徴をしっかり感じる所がGOOD!


DSC07775.jpg
※Neck: Mahogany, Slim taper(Fingerboard: Rosewood)/Pickups: Burst Bucker 1, Burst Bucker 2



◇ネックやボディ周りもバインディング(ホワイト)されていて、下位モデルながら
好感が持てる。そして、ヨンタナ所有のギターの中では、最高に低い~弦高にも
ビビリや音詰りが発生しないコンディション、さすがに老舗ギブソンだと・・・




◇まあ、ギブソン下位モデルの場合、個体差もあるので「コレ当り!?」かも~
なんて、ギター抱いて喜んでいるヨンタナです。(子供かっ!笑)今宵は同級生
バンドの練習、N氏がおニューなギターアンプを持参するとか・・・果たして。


DSC07803_20170331140126219.jpg

DSC07815_2017033114231424e.jpg


・・・と言う事で、同級生バンドではホシイ病が蔓延中!(笑)コスパな機材を
探し求めて「あれだべ、いやこれだべ~」と上州弁が飛び交う。そんな瞬間だけ
中学生に逆戻りし、音楽の楽しさも倍増ですね。では、またね アディオス!

感謝(いつもありがとう!)
※お読みいただき感謝!です。

スポンサーサイト

Gibson Midtown Standard 2015 Traditional (セミアコ・スモール編)#1

2017-3-30 HOLA!
3月(英語
曜日4・木曜

DSC07751_201703301150504dc.jpg


◇待ちに待った春が到来した上州!サクラの開花がやっと始まって、お花見も
近いようですね。(嬉)それでは、いつものコスパギターの紹介は、ギブソン
のセミアコ「Gibson Midtown Standard 2015 Traditional 」(限定品)。


DSC07779.jpg


◇ギブソンと言えば、ソリッドなら”レスポール”セミアコなら”ES-335”が
代名詞的な存在でメジャー。一方のミッドタウンは、ヨンタナは知らなかったし
ネットを検索して見て「へ~、こういうのもアルのか・・・」でしたね。(笑)


DSC07727.jpg
※「知らニャイのか~」(笑)


◇通常は、ソリッドギターばかり弾いているので、そのボディーの大きさからか
ハコものにはあまり興味がありませんでした。それでも、テレキャスシンライン
エアー感に、少々物足りなさを感じていたのも事実。


DSC07782_201703301219456be.jpg


◇そんな昨年、限定品のミッドタウン(スタンダード)にホシイ病が~・・・


DSC07745_20170330122619996.jpg

DSC07769_20170330122620ec6.jpg

DSC07771_20170330123302cfb.jpg


春を感じながら・・・これからプチレッスンなので、今回はここまでで~す。(恐縮)
この続きは、次回またやりますね。では、また アディオス!

FERNANDES RT-DLX JPC W/SUSTAINER 2013(再びだ~編)#2

2017-3-29 HOLA!
3月(英語
曜日3・水曜

DSC07690.jpg


◇スノーホワイトに身をまとった”フェルナンデスのEギター”、その2回目は
PU(ピックアップ)にフォーカスして進めて見たい。ご存じの様に電気知識ゼロ
のヨンタナ
ですから、あくまで個人的な感想の範囲で~す。(笑)


DSC07695.jpg
※PICKUP: (Neck) CD-100F, (Center & Bridge) FERNANDES TB-5



◇このギターは、ストラトモデルを基調としてますので、3個のシングル系PU
搭載しています。①シングル単体(サスティナー)②~③ミニハムバッカータイプ
ツインブレード/TB-5)と、変則的な構成になっています。


DSC07692_20170329113659f76.jpg
※右下:SG Gothic -Satin Black(PICKUP:ハムバッカー 490R , 498T)



◇一般的に言って、シングルコイル系のPUでは「出力が足りない」「ノイズが
多目だ
」「線が細い~」などの悩みが浮かびますね。かと言って、ハムバッカー
では「音がぼやける」「甘すぎる」etc・・・まあ、様々な意見がありますね。





◇サウンドの好き嫌いは、個人的な部分が色濃く反映されるから、シングルでも
ハムバッカーでも「どっちもどっち!」・・・コレどこかで聴いたフレーズ?だ。
そうそう、M小学校問題の国会答弁へのヤジ。(アハハ 脱線ですみません)



国会(議事堂  国会(答弁
※忖度ある?ない?「どっちもどっち」・・・事実は1つだけどね。




◇そんな中間的な味付けを狙うヨンタナ、シングルとハムの良さを併せ持つ
ピックアップ
が欲しいとあれこれ。具体的には、ギブソンのハムとフェンダー
のシングルを出力できるタイプ・・・理想ですが~。


DSC07696_201703291221591d7.jpg
※Roland×Fender G-5 VG Stratocaster(モデリングでハムバッカーヘ)
DSC07698_201703291225230b2.jpg
※Fender Classic Series '72 Telecaster Thinline (ハムのカタチですが・・・)



◇イロイロと試してみたけど、結果、基本はシングルコイル系の延長上ですね。
ギブソンのLPやSGのハムとは一線を画した、フェルのツインブレードPU!
一粒で二度おいしい?」とはならニャイけど、鈴鳴りがイイ塩梅かも。(笑)


DSC07645_20170329124100e56.jpg
※「吾輩には、どっちでもイイにゃ~」・・・ただ眠りたいだけ!(笑)



・・・と言う事で、いつも通り”どっちもどっち”のブログでした~。(恐縮)
今日は、暖かくなりそうなので散歩にでもと。では、またね アディオス!


相模原市~町田市へ!(渋滞で疲れたべ~編)

2017-3-28 HOLA!
3月(英語
曜日2・火曜

DSC07680_20170328212549e54.jpg
※圏央道あきる野インター
DSC07684_201703282125512c4.jpg
※相模原市中央区周辺


◇無事上州に帰宅!行きも帰りも渋滞が多くて、「運転疲れたべ~」でした。
今回は、業務用のPC購入の為、町田市まで遠征。お世話になってる社長の
セレクトで、A4ノート型の快適PCをゲット。(嬉)


DSC07687.jpg
※町田駅近くのヨドバシから撮影
DSC07688_201703282132569b1.jpg
※町田駅周辺・・・雨がポツリポツリ


・・・と言う事で、帰宅したばかりなので短いアップです。ご勘弁下さいね~。
では、またね アディオス!


FERNANDES RT-DLX JPC W/SUSTAINER 2013(再びだ~編)#1

2017-3-27 HOLA!
3月(英語
曜日1・月曜

DSC07674_201703271536023b8.jpg


冬に逆戻りの上州!そして、お隣の栃木県那須町・スキー場では、高校生らが
雪崩に巻き込まれ、8人が心肺停止との報道が。これからの人生を大いに楽しめ
る若者が被害に遭うとは・・・助かればと願うばかりですね。

冬(登山 冬(雪崩



◇雪山と言えば、スノーホワイトがまぶしい季節、不謹慎ですがそんなカラー
をまとった”フェルナンデスのギター!”を再び紹介しま~す。過去にも幾度か
登場した「FERNANDES RT-DLX JPC W/SUSTAINER 2013」です。


DSC07659_20170327155704b2a.jpg
※参考:税込定価¥159,840-(実勢 12万円前後)



◇フェルナンデスのギターは、比較的お安い価格でリーズナブルなイメージが。
その中でも、少し高めな価格設定のこのギター、ヨンタナには珍しく新古品購入。
ストラトを基調にしながらも、現代的なシステムを搭載してる所が好感。





◇全体的には”色白なイメージ!”のギターで、清楚なニュアンスが漂う。一般的
に言って、ギターを決める条件は、見た目の第一印象!(笑)そこから細部へと
突き進んで、あれやこれや調べることになるヨンタナです。


DSC07676_20170327161652c5d.jpg


◇このギターのセールスポイントは、”サスティナー内蔵とツインブレードPU!
今まではボスのペダルCS-3を使用してきましたが、ボードがやや小さいので
お蔵入りコンプ&サスティナー・・・ボードを大きくすればイイだけかも。(笑)





◇ボードが小さいと言えば、ギターアンプのセンドリターンの活用も視野にやって
みたいですね。(脱線)ディレイのペダルエフェクターだけでも、ボードから外して
やればと思ったり・・・

DSC07656_20170327163138841.jpg
※ピーヴィーのデルタブルース・・・まだ出音してないのでイメージ!


アッチコッチと脱線しちゃいスミマセン。(汗)今回は、1回目と言う事で総論!
毎回ネタが切れそうなので、同じ様なハナシが重複してますね。(アハハ)そうそう
脱線のついで、昨日イオンショップで見た子ネコちゃんの寝姿・・・


DSC07643_201703271639491d8.jpg
※もうダメ~ですが・・・お値段もギブソンLP1本買えちゃう。(見るだけに)
DSC07653.jpg
※「観てるだけかっ?お持ち帰りしにゃいの」・・・そんな雰囲気が~(ヤバイ)



・・・と言う事で、記事がまとまりませんが、この続きは次回に持ち越しですね。
明日は仕事が忙しくなりそうなので、ブログアップは遅くなります。(ご勘弁!)
では、またね アディオス!



G&L ASAT CLASSIC TRIBUTE!(JOE☆SANTOSミニライブ編)#FIN

2017-3-26 HOLA!
3月(英語
曜日1(日曜

DSC07622.jpg


春雨がシトシト降ってる上州!気温も上がらず、肌寒い日曜日です。自宅で
昨夜のJOE☆SANTOSミニライブ!その動画をチェック中、いろいろな課題が
浮き彫りに
なっちゃった。・・・なんかリズムに乗れてにゃい感じだ。(冷汗)
楽器(メトロノーム      楽器(マラカス 
※ラテン音楽は、リズムのノリが生命線!


◇ライブの演奏は、一発勝負!メンタル面が大きく左右するので、何度やっても
内心ヒヤヒヤする場面があります。特に、どこまでも正確無比なオケ(伴奏ソフト)
に合わせてのサントスライブですから、リズムを外すワケにはいきませんね~。





◇そう言えば、新しいBB君を採用するようになってから、バンドでの集合練習
少ない状況が続いている。アハハ!これリーダーヨンタナの責任なんです・・・
寒いから「練習がおっくう!」になっているのも事実。(GGだね 笑)


DSC07626_20170326145909f9a.jpg
※Windows EverythingPAK(外付けHDDタイプ)


◇とてもリアルなサウンドをバックに演奏するので、エレキギターの音色にも
少し神経を使います。せっかくG&L・テレキャスターを試そうと意気込んで
弾いたものの、なぜか乗れなかった。(反省)





◇バンドアンサンブルの微妙なズレが生じて、気持ちが入らない。手癖だけで
演奏してるみたいな感じ。ギター自体のサウンドは、予想通りファットでキレ
がある
ので問題ないのだが。う~ん?どうも新入社員パーカッションに・・・


DSC07624_2017032615173432e.jpg


◇確かにラテンベースは、4拍目の裏からシンコペするので、リズムのアタマ
を取る
のが、相当慣れないとタイヘンだね。これもリーダーの責任、練習不足
が多いに影響を与えていると思う。(再び反省!)





◇「イチ・ニー・サン・シー」とオンビート(表拍)に慣れてると、オフビート
(裏拍)のラテンリズムは、
少しややこしいかもしれません。ベースが4拍目の
ウラですから、四分音符だけ先食いするリズムに慣れるしかにゃいですね。


DSC07578_201703261533260c1.jpg
※タマもクロも先喰いは得意!・・・ラテンの血が流れてるのかにゃ?(笑)
DSC07609.jpg



・・・そんなこんなで、G&Lテレキャスの試奏動画はボツにしました。(スンマソン)
また別の機会にでもやらせていただきま~す。今日は気温が低いですから、お風邪
など引かないようお過ごしくださいね。では、またね アディオス アミーゴ!


G&L ASAT CLASSIC TRIBUTE!(インドネシア製テレキャス再び~編)#2

2017-3-25 HOLA!
3月(英語
曜日6・土曜

DSC07606.jpg


◇からっ風小僧も止んで、春らしい気候になった上州!サクラのつぼみも開花する
合図を待っているようですね。ナガーイ冬のトンネルを、もう少しで通過できそう。
そして、マンネリ化したギターテクも、早く抜け出したいヨンタナで~す。(笑)

トンネル  トンネル(豚さん
※抜け出せるのかな~豚寝る?・・・トントン拍子で!(失礼しました。)



◇絶えず変化を求めてギターを弾くヨンタナ、結果変化するのはギターだけ?(笑)
あれこれとギターを持ち替えても、いつもと同じフレーズ!これが悩みの種ですね。
テレキャスターを使っても、求めるサウンドはジャージーな??・・・ジイだけに。


DSC07536_201703251455314a5.jpg
※努力しなければ、マンネリ病は打破できにゃい。・・・だはっ!(笑)


◇テレキャス本来の音でなく、太くて甘いサウンドが好き。そんな願いを探し
求めて”G&Lテレキャスター”を手に入れた。このギターの最大のポイントが
ピックアップ(MFD)、”立ち上がりの鋭さと音の太さを両立”させたタイプ。





◇シングルコイルでありながら、高出力とノイズレスを意識したチューニング。
クラシックのシリーズ名ながら、6連のサドルや太めのフレットなど、現代的な
プレイヤー志向で好みですね。(オールジャンルのサントス向き)

DSC07532_20170325151425210.jpg
※ポールピースに六角レンチで、細かく各弦ごとの高さを変えられる。



インドネシア製エントリーモデルの中では、かなりのコストパフォーマンス
有るように感じるね。一方、細部を見れば荒削りな部分もあって、金属メッキの
薄さや、セレクターの細さなどは否めニャイ。(木材の加工レベルも・・・)


DSC07531_2017032515233619a.jpg
※弦高をメイッパイ下げたら、高音弦でビビリ音が・・・フレットの擦り合わせ済み。



◇まあ、価格が価格だけに、上位モデルのUSA製と比べるにはカワイソウだ!
お金持ちなら、迷わずトップグレードの本家G&Lテレをオススメ、しかしっ~
厳しい懐人情編のヨンタナは、このクラスでも十分満足できちゃう。(アハハ)


DSC07560_20170325153645e3d.jpg
※昼食後のクロちゃん「ペロリン」で~す。
DSC07613_20170325154227778.jpg
※髪の毛がフサフサな大根さん!・・・ウラヤマシイ限り。(笑)



・・・と言う事で、今宵もジョー☆サントスの演奏、田舎ギタリストのヨンタナ
コスパなギターを操って、ライブ楽しみたいと思います。「がんばんべ~」(楽)
では、またね アディオス!


G&L ASAT CLASSIC TRIBUTE!(インドネシア製テレキャス再び~編)#1

 2017-3-24 HOLA!
3月(英語
曜日5(金曜

DSC07528_20170324150207cff.jpg
※上:G&L ASAT CLASSIC TRIBUTE SERIES


からっ風小僧が吹き荒れる上州!春への足踏み状態でしょうか、そんな週末を
迎えています。そして、コスパギターを紹介するヨンタナの”お寒い~懐人情編
その今回は、再びインドネシア製のG&Lテレキャスターです。

ウェルカムインドネシアの女性
※「いつも当ブログに訪問いただき、感謝・感謝です。」


◇趣味の音楽とは言え、ギターやアンプ・エフェクターなどの周辺機器を含めると
そこそこの出費を覚悟しなければなりません。当然ながら、少ない予算内で最高の
サウンドを
・・・と思うのは、ヨンタナだけじゃ~ないミタイだ。(笑)


DSC07527_20170324152311f4b.jpg
※似たような価格帯の2本(インドネシアと中国製)


◇プロのミュージシャンと違って、商売道具ではないですから、青天井で購入!とは
なりませんね。そこで、有名メーカーのセカンドブランド(廉価版)に注目が集まる。
そのプライスゾーンも、①1~2万円②3~5万円③6~8万円に概ね大別できる。




新品定価10万円(実勢8万円)を切るEギターが、例によってヨンタナの狙い目
です。まあ、ブランド志向が根強い日本人ですから、ライブなどで超高価なギター
チラつかせられると、内心は穏やかなワケでないですが・・・そこは腕前で?(笑)



DSC07506_20170324154024c12.jpg
※2009年製のG&Lテレキャスター(中古で購入/4万円前後)



◇某Hオフに行ったところ、新品に近いテレキャスが目にとまることに。過去にも
テレキャスは好きで、ブレードのテレキャスがメインギターでしたので、興味津々。
第一印象がピックアップ、「これならファットなサウンドに期待が?」・・・


DSC06210_20170324155334a52.jpg
※長年の酷使で、お蔵入りしてるコスパなテレ!(アクティブタイプ)



G&L社のブランド名ぐらいは知っていましたが、あまり深く考えず衝動買い!
中国製か韓国製かと思っていましたが、自宅でチェックするとインドネシア製との
プリントが・・・この価格帯だから仕方ないけど、見た目は丁寧な作りでしたね。


DSC07514.jpg


◇G&L社のギターは、本家USA製・国産(フジゲン製)・東南アジア製の3つ
で販売されています。その辺りは、フェンダー社の販売スタイルに酷似しています。
そして、肝心のこのギターですが、予想通り出力もあって太い音がします




◇やはり、独特なピックアップ「MFD(Magnetic Field Design Single Coil )
の影響で、通常のテレキャスサウンドは残しつつ、ファットな味付け。廉価版でも
良質なギターアンプでは、ゴキゲンなテレサウンドが飛び出した。(私見)


DSC07520_20170324161400cd4.jpg
※良質な真空管のギターアンプは、プロアマ問わず必須だね~。



・・・と言う事で、いつものコスパギターの紹介(前半)は、これでオシマイですね。
クラシックシリーズが多いギターですが、ヨンタナもクラシックの領域に?(アハハ)
ギターなら高値で取引だ、はて?・・・では、この続き後半は次回へ アディオス!

おじいさん(仙人風
※アッチコッチの部品が「コキコキ」・・・クラシック翁はキビシ~イ!(笑)

エレキギターの鮮度管理と時間経過!?(ジャ~ネ~の法則編)#2

2017-3-23 HOLA!
3月(英語
曜日4・木曜

DSC07504_20170323201602586.jpg
※今回は、ギターアンプの扱い編をレッスンでした。


◇今日は、木曜・プチレッスン日!そして、国民がいま一番知りたい”M小学校の謎
その証人喚問報道に、くぎ付けとなったヨンタナ。ブログの更新が遅くなりました。
いやはや、見れば見るほど、謎だらけ猫灰だらけ?・・・(笑)


DSC07458_20170323202400fe8.jpg


◇それでは、今回のテーマ”鮮度管理と時間の経過”について、少し進めてみたい
と思います。年齢を重ねるにつれて、1年が短く感じるこの頃、「なぜなんだ?
そんな素朴な疑問が湧いてきたのも事実です。


時計&老人  時計(体内
※「あれ、もうこんな時間」「時の経つのが早いの~!」・・・が口癖に。(ヤバイ)


◇それも、ライブ演奏してる時は、顕著に感じるから、なおさら不思議ですね。
時間を切り取って、音空間を操るミュージシャンだから? なんて勝手に思って
いましたけど、高齢者になったから・・・ソレどうも正解のようです。(アハハ!)


DSC07500_20170323204708cab.jpg
※ヨンタナの「シワッチ!」・・・最近は、時のスピードが増してる。(汗)


◇そこで調べて見ると”ジャネーの法則”(19世紀)と言う理屈があって、5歳児
と50歳のオジサンでは、1年のスピードが違う?確かに「5分の1と50分の1」
だから、過去を振り返れば数値の上では10倍速!ですね。

家族・4低の男子


◇まあ、それもアリかもしれませんが、”何をやっても新鮮味に欠けること!”が
増えてきてるヨンタナ翁。毎日変化のない生活パターンと、どうも関係が深そう。
つまり、音楽(エレキギター)の鮮度を保つには、なんらかの変化がにゃいと・・・


DSC07456_201703232106358b8.jpg
※タマは、毎日変化の連続だにゃ~!・・・サバイバル中



◇現役卒業後は、今までできなかった音楽三昧に夢を託し新たな音を求めて
自己練習に励んできました。そして、あれから3年! 壁にぶつかっています。
と同時に時間の経過が、とても早く感じるようになって・・・


鮮度(シュラスコ  鮮度(ニワトリ


・・・ブラジルでは鮮度管理の為に、違法なやり方で社会問題が発生するなど
何事も鮮度を保つことは、ムズカシイ!ですね。ギターをあれこれ持ち替えて
気分転換
するのもヨンタナ流だよ。(オチそこかっ!)では アディオス!

ネコ(照れるな~
※失礼しました。次回も4649ね!


エレキギターの鮮度管理と時間経過!?(ジャ~ネ~の法則編)#1

 2017-3-22HOLA!
3月(英語
曜日3・水曜

DSC07493.jpg
※神奈川県相模原市中央区周辺


◇更新が遅くなりました~!神奈川県への出張で、今上州へ帰ってきました。
エレキギター関連の記事を書こうと思いましたが「今日は疲れたべ~!」(笑)
と言う事で「ジャ~ネ~!」・・・???

DSC07488.jpg
※縁起花


エレキギターの鮮度管理や時間の経過については、「なんだにゃ~?」と
なりそうですが、次回からやりますね。(今日はご勘弁、すんまそん。)
では、短いですけど、アディオス!


プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR