国産ソリッドギター対決!(レスポール VS ストラトキャスター編)#3

2017-9-12 HOLA!
9月
曜日2・火曜

DSC06732.jpg
※BOSS GE-7とイバニーズのコスパなシールド


◇同級生バンドの次回ライブ(12/3)が決定!ジャズスタンダードの歌物が
中心になる予定です。ハコモノが似合うジャズの演奏ですが、持ってないので
国産レスポールで「とーかい?」と、ボーカリストをサポートしたよ。(笑)


DSC06627.jpg
※「これからの季節、タマもハコでトーカイ?」・・・違う違う!(アハハ)


◇アンプ直でもいいのですが、少しでもジャージイなサウンドを出音しようと
ペダル・イコライザー(GE-7)をかましてみました。なんせ、ソリッドギター
の細い弦で甘ま甘まな音作りですから、限界があるにせよ「やってみよう」・・・


DSC06724_20170912124456148.jpg
※昨夜の機材、FENDER BLUES JR(チューブ/15W)!+レスポ


◇このブルースJrには、クリーンチャンネルがにゃいので、なるべく歪みの
成分をカットしないとね。そこでまずマスターVを全開近く、ゲインVに相当
するボリュームを少な目にした上で、アンプのEQをこねくり回す!(笑)


DSC06729_20170912133033820.jpg
※EQ調整はアンプが先、次にペダルEQで補正。



◇元々低域が弱い「ロック系寄りのGアンプ」だから、ペダルEQでその辺を
持ち上げながら、中域をカットしてみました。にゃんとか「ぶりぶりざえもん
サウンドが出音、だいぶジャズらしいトーンになりました。(汗)


シャレ(おひさしぶり  シャレ(すてーきですね
※ブリブリっと太い音が、ステーキですね!(笑)


◇レスポールのフロントPUのみで、ボリュームのノブは八分目辺りが最適だ。
アコースティックな響きが心地よく、ピッキングへの応答もまずまずでしたね。
それでも、低域の解像度はやや弱く、純正スピーカーの限界かもしれない。


DSC06733.jpg


◇そして練習が進むにつれ、ヤバイ新曲の「オール・ザ・シングス・ユーアー
転調・転調の連続でアドリブが上手く弾けない。この曲相当手強いヤツで~す。
今回はコードトーンの羅列で逃げ切りセーフ!でしたけど。(笑)


DSC06735_201709121402154e5.jpg
※プリのみGT管からメサブギー管に交換。(歪みが少し増える)


◇当然なんですが、ソロ(アドリブ)を取る時には、ギターのボリューム全開!
どうしても音量を稼ぐ必要があるのですが、ややオーバードライブしちゃうよ。
「にゃるほど!」ジャズ屋さんがソリッドアンプを好む傾向がそこに・・・


DSC06739_20170912140856117.jpg
※アンプのセッティングは、こんな感じでした。



・・・と言う事で、国産のレスポールはクリーンよし、歪ませてもグー!
ネックバランスも申し分ない。♪あとはも少し背が欲しい!?(古い~)
まだまだ音の背丈が足りないヨンタナがお届け。ではまた、アディオス


スポンサーサイト
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR