エレキギターで弾く和音!(ヨンタナのコード奮闘記 編)#2

2018-4-21 HOLA!
4月
1-7・土曜

DSC09980.jpg
※ぐんまフラワーパーク(タワーから)


初夏のような上州!もう一週間が過ぎて、恒例ギター三昧の土曜です。(笑)
人前で演奏することには慣れているつもりでも、毎回がキンチョールのライブ!
個人練習をある程度は重ねてるけど、その成果を本番で発揮できればね・・・



DSC06520_20180320220057e69.jpg
※先月のサントス出稼ぎバンド!(笑)


コード楽器のギターは、唄の伴奏には「手軽でもってこい!」(笑)自宅の
リビングにちょこんと置いて、♪メロを口ずさみながらいつでも弾けるように
してるヨンタナ。(ワオーンとか吠えてる?・・・アハハ)


DSC04078_20180326140101a63.jpg
※Gibson / Derek Trucks Signature SG 2014


◇そして、コード(和音)を覚えることにも奮闘中!普段あれこれ仕込んで
おいても「いざ出陣!」(本番)となると弾けない。(汗)ヨンタナと似た
ような経験をしてる人達も、多いのではないでしょうか。


音楽・熱唱   ボーカルトレーニング
※ボーカリストにも音域が・・・


◇特にボーカリストが唄いやすいキーは、ややこしいコードネームが並んで
いて、戸惑う事もシバシバ。「あと1音下げてくれたらね」とギター奏者の
立場もあるけど、主役はボーカリストだから仕方がにゃい。(努力するのみ)


ツーファイブ(ダイアトニック



◇そこで基本ダイアトニックコード!(笑)大別すれば、主役のCmaj7
悪役のG7に加えて、脇役のDm7(Fmaj7)の三種類!曲の屋台骨となる
和音なので、できればイロイロなキーで使えるよう奮闘中ですね。(汗)


DSC08739_201804081246083e7.jpg
※P-PROJECT PMH-2 1989


◇例えば、「E♭m7-A♭7-D♭maj7~」みたいなコードになるとヤバイ!
普段見慣れてないせいもあるけど、考えてる内には次の小節にいっちゃって
迷子のお爺さん!状態になっちゃうね。(笑)キーCの半音上なのに・・・


DSC09731_20180421144702d05.jpg
※ポジションマークのマジック!


◇一般的にポジションマークがあるエレキギター、目安として便利な反面、半音
の位置関係に戸惑う
事もあるね。そこは慣れるしかないので、繰り返し練習して
カラダに染み着くまでやってる不器用なヨンタナだよ。(アハハ)


ツーファイブ(ダイアトニック&ポジション
※フレット範囲は、ザックリの私見です。(ご容赦)



◇いや~、これこそコード楽器の宿命ですね。でも弾けた時の心地よさは格別!
ボーカリストのメロに色を添えられるなんて、そう捨てたもんじゃない。(笑)
バンドアンサンブ上、個性的なコードを弾きまくるのも案外楽しいかも。



DSC09932_2018042115092660d.jpg


・・・と言う事で、次回具体的なヨンタナのワオーン!でもやってみたい。(笑)
音の空気振動だけで色合いを表現する楽器奏者、覚えることも際限がないけどね
コツコツ積み重ねて”音を楽しみたい”ヨンタナでした。ではまた アディオス!


ネコ(駅長
※いつもご訪問いただき感謝してます!次回も4649ね!


スポンサーサイト

エレキギターで弾く和音!(ヨンタナのコード奮闘記 編)#1

2018-4-20 HOLA!
4月
1-6(金曜

DSC00001_20180420131641071.jpg
※ぐんまフラワーパーク


暖かな週末の上州!本業が忙しく、今週もアットという間に過ぎたヨンタナ
です。その合間を縫って、散策やEギターの基本練習だけは、バランスを取り
ながらにゃんとかやっていますが・・・(笑)


DSC09742_20180420132858cbf.jpg
※BOSS CS-3(コンプ)を追加


コード楽器の宿命と言うか、ギターを演奏する時は、メロディ以外にも和音
ハーモニー(コード)を奏でることが求められますね。エレキバンド時代では
リズムギターなどと呼ばれた「コードカッティングの達人」が専任で・・・


ベンチャーズ



あれから半世紀!(笑)その両方を弾くことが求められ、コードフォームを
少しでも多く覚えることが日課になっています。先日も友人から「どんな風に
練習すれば?
」ややこしいコードが弾けるようになるのかな~。





◇アコギ等と比べてエレキギターの場合、ローポジションだけでなく広範囲に
コードを弾くこと
が多いですね。もちろん、アコースティックギターでも同じ
スタイルで弾いてらっしゃる方は多くいますが・・・むしろカッコイイ!ね。



※マーチン1本ホシイ!(アハハ)/デジマートより映像拝借


◇それぞれが互いにソロとバッキングを担当しながら、音で会話する辺りが
大好き
ですね。弦高が低くセッティングされてれば、アコギでも全体を使う
メロやコードを奏でることは、ある程度容易ですからね。




◇その点、エレキギターなら弦はやや細いし、弦高はかなり低く調整が可能
なので、弾きやすいメリットが。どちらのギターにせよ、弾きやすい状態に
すること
が、ニャンと言っても最初の関門でしょうか。(笑)


DSC09870.jpg
※「ニャンと言っても、ナデナデしやすい撫で肩だ」・・・タマ違うし(爆)



◇ネックバランスがとれたエレキギターなら、押弦する指も脱力しながら弾けて
個人練習も一層楽しくなりますね。ただ、唄バンのケースでは、ボーカリストの
歌いやすいキー
があって、普段使わないコードが盛りだくさん!(笑)


ツーファイブ(ダイアトニック


キーCやAmならニャンとかなるけど・・・D♭メジャーキーやA♭マイナーなどには
冷汗をかくこともシバシバのヨンタナです。そこで、基礎の音楽理論を活用して
徐々に覚えるコード群、まずはダイアトニックコードでの奮闘!(フントー。)


DSC09999_2018042014522082a.jpg


・・・と言う事で、ヨンタナの奮闘記・新シリーズがスタートです。カラフルな
色合いを奏でる
ためにも、避けて通れないあらゆるコード! ワオーンとか叫び
ながらも奮闘中のヨンタナでした。(笑)この続きは次回また アディオス!


ネコ(グー
※「継続は力にゃり~」(笑)4649ね!


エレキギターはソリッド、それともセミアコ!?(ギブソンギター 編)  #2・・・ぐんまフラワーパーク

2018-4-19 HOLA!
4月
1-5・木曜

DSC09991.jpg
※ぐんまフラワーパーク


◇今日は赤城山の裾野!ぐんまフラワーパークにて、チューリップ&ツツジ
堪能してきたヨンタナです。広大な庭園を歩くのもタイヘンなので、初体験の
「♪CHOO CHOO TRAIN(チュウチュウトレイン)」・・・♡♡はにゃいけど。(笑)


DSC09924_20180419184957e84.jpg
※歩くのがおっくな高齢者が多い。・・・ヨンタナもそうですが!(アハハ)


足腰がだんだん弱くなってくる世代?、ステージでも長時間立って演奏する
のもヤバイ!(汗)できれば軽量なソリッドギターで肩への負担を減らしたい
ものですね。記憶力も低下のヨンタナ、新しく覚えた事は忘れるし・・・(笑)


DSC02509_2018041919015615e.jpg
※GIBSON SG DEREK(2014) & FENDER TELECASTER CUSTOM SHOP (2006)


◇ベンチャーズ世代も、ほとんどが高齢者の仲間入り。重いアンプやギター
が徐々に遠のく年頃に突入。それでも、ギブソン神話に一方ならぬ思い入れ
があって、レスポールやES-335などには根強い人気があるようです。




◇演奏する内容も、テンポの速いものから遅い曲へ、また音がデカイ曲から
静かな曲へと自然に移行。そして、ギタータイプもソリッドから箱モノへと
興味が移り気!になる傾向でしょうか・・・(私見でスミマセン)


DSC02496_20180419192304d34.jpg
※Gibson Midtown Standard 2015 Traditional (プレーントップ)


◇かと言って、フルアコでJAZZを弾くにはテクもないヨンタナ、その中間の
セミアコなら歪ませてもイイし、なんちゃってJAZZトーンも出せるから重宝。
なんでも屋のサントス!(笑)そろそろ夏に向けて、セミを鳴かせようか?


DSC09903.jpg
※ぐんまフラワーパーク・・・「あれ、どこに入れたっけ?」(アハハ)
DSC09917_201804191940294fe.jpg
※チューリップが見頃です。
DSC00032_20180419194225dfc.jpg
※ツツジも満開!


・・・と言う事で、未だにギブソン神話に翻弄されてる田舎のギタリストです。
レスポールが一番好きだけど、その重さが気になる木!(笑)ギブソンSGを
メインにしながら、たまにはセミ!?のヨンタナでした。では アディオス!

ネコ・踊る猫
※どこかフェンダー!もイイかな。(爆)4649ね~コ。


エレキギターはソリッド、それともセミアコ!?(ギブソンギター 編)#1

2018-4-18 HOLA!
4月
1-4・水曜

DSC02488_20180418125922f38.jpg
※廉価版ギブソンギター勢ぞろい!(笑)


◇春雨も上がり晴天の上州!忙しい本業の合間を縫って、YOU TUBE動画をネット
サーフィンしてると、珍しい編成のラリーカールトンさんが目にとまった。あやや
大勢の管楽器隊をバックに「♪ルーム335」を弾いてるじゃ有馬温泉!(笑)



※現在70歳・・・力を抜いた演奏は大好物!(笑)


◇カールトンさん=ギブソンES-335と言えるほど、誰もが知ってるギターだね。
昔から憧れのギタリスト!ヨンタナよりは少し上の団塊世代、こんな風に弾けたら~
サイコーです。ソリッドとフルアコの中間、セミアコースティックの音が美味しい!

GIBSON ES-335 2015
※Gibson Memphis / Larry Carlton Signature ES-335(2015)・・・デジマートより


◇ヘッド寄りのネック幅が細く、ローポジションが弾き易そう。「1本ホシイな」
なんて思っても、年金生活者には敷居が高いですけどね。(新品 / 実勢40万前後)
ギターだけで済めばいいけど、アンプやエフェクターなど含めると・・・


DSC09729_2018041813314384b.jpg
※Gibson Midtown Standard 2015 Traditional (限定生産モデル)


◇見た目は似てるけど、全然お安い別物のセミアコ!(汗)製造時期は同じでも
廉価版で我慢ですね。ES-335よりは小ぶり、カラダの小さいヨンタナには
フィットすると入手!(笑)現行ギブソンは、作りが悪いとの噂もハネノケて・・・


DSC05593_2018041813484230e.jpg
※Fender Classic Series '72 Telecaster Thinline (Natural) MEX


◇セミアコのギターは、程良いエアー感があって”あったかい音!”がするとの
売り文句につい。(笑)普段着はソリッドギターのヨンタナ、たまの気分転換
には、もってこい!?どちらにせよ、使いこなしてナンボの音楽でしょうか。


DSC09570_20180418135815b6c.jpg
※公園のチャ太郎君とツーショット!・・・田舎者同士(アハハ)


・・・歪むか歪まないかのチューニングが絶妙なカールトンさん、ピッキング
ニュアンス
で様々な表情を奏でるスタイルは大好き!片田舎のヨンタナ翁とは
比べようがないけど、学ぶところは多いですね。ではまた アディオス!


ネコ(ネコを抱く
※この続きは次回また。4649ね~コ。


ギターアンプ2台をベーアンに代用!(AAD by phil jones CUB AG-100  編)

2018-4-17 HOLA!
4月
1-3・火曜

DSC09663_2018041713501275b.jpg


春雨が今にも降りそうな上州!今日は、自宅で事務仕事のヨンタナです。
音楽三昧に明け暮れた後は、しっかりお仕事お仕事!(笑)趣味の音楽を
するにも先立つものがないと、キビシイ老後だからね~。・・・(汗)


DSC09720_20180417135717f49.jpg
※ギターアンプをベーアンに代用


◇昨夜は、月2回程度集まる同級生の集い!来月の野外ライブ(5/19)に向け
練習にも熱が入る。急遽ベーシストを担当するヨンタナ、ベースアンプが故障
のため、手持ちのギターアンプを流用しようと2台持参。


DSC09721_2018041714054621e.jpg
※上:キャノンのDI OUT端子を装備
DSC09728_20180417141427324.jpg
※キャノン・フォーンのケーブルで接続


◇「AAD by phil jones CUB AG-100(100W)」のギターアンプをメインにして
「FENDER SIDEKICK 50 REVERB(50W)」にインプット。幸いにもキャノンの
ダイレクトアウト(DI OUT)があるので、なんとかなりそうと直結してみた。




◇メインアンプのCUB AG-100は、体感出力が20Wくらいなので単体ではかなり
音が小さい。ギターを使うにせよベースにせよ、モニター的な役割のギターアンプ
ですね。一方のSIDEKICK 50は、ちゃんと50W出るから不思議ですね。


DSC09725_20180417142503336.jpg
※廉価版アイバニーズの5弦ベース(アクティブ)


◇同世代ではギタリストは山ほど?いるのですが、不足してるベーシスト!しかも
ジャンルがスタンダードJAZZとなるといにゃい。(汗)そこで「なんちゃって
ベース
」を担当するヨンタナ。ヘボですがベース弾くのは好きなんです。(嬉)


老人(エヘヘ1   老人(痴呆症
※「低音弦が1本多いだけで、あれ~!」(爆)


◇ところが、5弦ベースだとギター6弦と混同しちゃって、うっかり八衛兵!
ポジションミスが続出です。しかも重低音ですからバレバレ、習慣って怖い
ですね。でもリズムキープする楽器は楽しいから、病みつきに・・・(ウフフ)


DSC09565_201804171446272e1.jpg
※「スリスリが病みつきに」・・・チャ太郎君!


・・・さあ、ブログも更新できたので、音楽を忘れお仕事だ!貯まってる
伝票のPC入力と月次決算書類の作成だ。雨も降りそうな気配だから外出
できそうもないヨンタナでした。ではまた アディオス!


ネコお辞儀
※毎度お読みいただき、ありがとうございま~す。4649ね!


プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

GuitarRoom&MusicWorld 

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR