バンド音楽アラカルト”A TO Z!”(新シリーズ) #A

2014年12月3日(水曜日)
HOLA!


DSC05661.jpg DSC05660.jpg

◇さて今回からは、アルファベット26文字の”A~Z”までの言葉遊びシリーズ
「A TO Z」と題して、バンド音楽に関連したイロイロをやってみようと・・



◇新シリーズのスタートは、””を頭文字に持つ言葉、さてさて、何にしようかな?
ア・テンポ(a tempo)なんかも思いつくけど、イタリア料理のパスタと音楽!
アルデンテ”にしよう。


RIMG0013_20141203115753992.jpg RIMG0017_20141203115754f80.jpg


◇パスタ料理は、アルデンテのゆで加減、そしてアンダンテの様なテンポで
食べるのが一番ナンテ人も。(笑) パスタのゆで方は、少し芯を残して
歯ごたえのある食感がウマイ。(※al dente)



◇一方、音楽のアルデンテ(ar dente)は、”情熱をこめて”演奏する事で
同じくイタリア語。カタカナで書くと同じなんだけど、スペルはチョット違うな。
情熱を込めて!、とても芸術的な発想のイタリアらしく、ヨンタナ好きな言葉だ。



◇メトロノームが開発されるまでの音楽では、アルデンテやアンダンテなどの
抽象的な言葉で表現されていたらしい。例えば、歩くような速さで演奏してね!
アンダンテ(an dante)、一体どの程度の速さなのか?ワカンナイ。(笑)


DSC06086.jpg DSC06105.jpg
(若手のトミー君)

◇「じゃー!トミー君、歩く速さで頭出し、ヨロシク」???これじゃーねー。
因みに歩く速さは、時速4kmくらいだから、6分で400m歩けるテンポ?
ますますワカリにくいなー。テンポは、やはり数値化した方が明確だね。



◇バンドで演奏する場合、その曲ごとのテンポを”頭出しカウント”する人
が必要で、「ワン・ツー・スリー・フォー!」が定番だけど、これが意外と
ムズカシくて、何年 いや何十年やってもできないヨンタナなんです。(笑)


RIMG0134.jpg


◇本番ステージでは、カッコが悪いので、チョコチョコと電子メトロノーム
使うわけにもいかないしねー。(笑) 「誰かカウント出しヤッテーくれー!」
と、そんな言葉も言いたくなっちゃう時もあるね。(爆)


DSC05940.jpg DSC05944.jpg
(もっともっと、ギターに専念したいニャン・・笑)


※音楽には関係ないけど、不動産で言う”徒歩○分”の歩く速さは、
時速4.8km(徒歩6分で480m)みたいだよ。オマケでした。(笑)



・・・・と、こんな感じで音楽のアラカルト”A TO Z”を、次回は「B」
じゃー! アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!


スポンサーサイト

バンド音楽アラカルト”A TO Z!”(新シリーズ) #B

2014年12月4日(木曜日)
HOLA!

DSC06132.jpg DSC06131.jpg

◇茨城県から高崎市まで通じてる”国道354(サンゴーヨン)”の群馬県側
のバイパス(片側二車線化)道路がほぼ完成。JR高崎駅までのアクセスが
グーン!と良くなった。赤城山や榛名山の眺めもとてもスバラシイ。

DSC06124.jpg DSC06127.jpg
DSC06135.jpg DSC06138.jpg


◇昨日は、この354バイパスを通って、高崎駅近くの歯科へ通院でした。
その帰り、久しぶりに高崎駅東口周辺を、デジカメで撮影してみました。


DSC06143_20141204203338eba.jpg DSC06144_20141204203339072.jpg
DSC06149.jpg DSC06146.jpg
DSC06157.jpg DSC06158.jpg
DSC06148.jpg DSC06152.jpg
DSC06160.jpg DSC06153.jpg
(あれ!道路にぐんまちゃんだ。・・笑)


◇さて、バンド音楽のアラカルト”A TO Z”のアルファベート2番目は「
このBを頭文字にする筆頭は、ビートルズやビージーズなどの強力なバンド名。
さてさて、どうしたものかと思案していたところ、新聞に”B’z”の大広告が掲載。



◇2015年1月14日 シングル”有頂天!”のリリース記事が目にはいってきた。
日テレ系の新番組「学校のカイダン」(2015/1/10オンエア)の主題歌にも
なっていて、全国ツアーも組み込まれたらしい。スゴイなメジャーになると。



◇ギタリストで作曲・編曲・プロデューサーもやっちゃう”松本 孝弘さん”と
作詞・編曲担当の”稲葉浩志さん”のお二人で、数々の偉業を成し遂げてるB’z
って、ヨンタナ羨望の的でもあるね。今回はギタリストの松本さんに着目・・






◇使用する”ギブソンTak Matumoto シグネチャーモデル”は、ヨンタナも
欲しいギターのひとつですね。ダブルカッタウェイがハイポジションで弾きやすそう。
そして、ロックトーンだけでなく、カールトンとのコラボでもクリアーな音で・・・・





◇ややディレイの残響が気になるけど、カールトンの甘いトーンとの対比で
澄み渡ったクリアーなサウンドが生きてるね。それにしても、バックサポート
のドラマーやベーシスト・キーボーディストのお三方が絶妙ですね。



◇主役のカールトン&松本さんのお二方を盛り上げる、バックサポーターの
バンドアンサンブル技は、とても参考になる。途中、ベーシストが親指弾き
でのミュートサウンドなんか、とても地味だけどイカシテル!ゴキゲンだね。



◇それに、カールトンさんのギブソン335による”コードバッキング奏法”も
スバラシイね!ヨンタナがこんな感じで弾けたら、もう死んでもイイ!(笑)
メシよりバッキングの方が好きなヨンタナ、「誰かメロ弾いてー!」の叫びも。


DSC05926.jpg DSC05931.jpg



◇バンド演奏ではソロより地味だけど、バッキングギターの楽しさは、格別だ。
クリアーなコードカッティングもあれば、コーラスやリバーブをやや深めにした
アルペジオ、シングルトーンでのミュートバッキング、ボリューム奏法等々・・



◇ストラト使うなら、アーミングを活用した”ジャラーン~~♪”のコード余韻も
楽しめたり、リアとミドルのハーフトーンで、弦を指でひっぱったり奏法等(笑)
イロイロと遊べるのがバッキングギターの醍醐味なんですね。



・・・おっとっと!B’Zからハナシが大きく脱線してしまいました。スンマソン。
オマケですが、ビージーズ(Bee Gees)ってバンドは、1977年 ディスコ
時代の映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の主題歌を演奏してたりで懐かしー。
※俳優ジョントラボルタの出世作



ジャー!今回のアルファベート”#B”は、これでオシマイとします。
次回は頭文字”C(ツェー)”です。アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

バンド音楽のアラカルト”A TO Z!”シリーズ #C

2014年12月5日(金曜日)
HOLA!


DSC06181.jpg DSC06180.jpg

◇いやー!寒いなー上州、急な気温低下で体がついていかない、トホホ!です。
この週末も、厳しい寒気にさらされる日本列島らしいけどね。寒いのキライだ(笑)



◇では、アラカルト3回目のアルファベートは”C(ツエー)”・・コイツは沢山あって
ヤッカイ!(笑)かもしれない。 ヨンタナの青春時代 1965年頃の三種の神器が
カラーTV・クーラー・カーの3C!(いやいやレトロな言葉ですね)


DSC06182.jpg DSC06056_20141205162714ec3.jpg


◇この3つの”C”ってイロイロあるけどね・・・・

(1)経済用語  ・Customer(お客)
           ・Competitor(競合)
            ・Company(自社)

(2)結婚条件  ・Comfortable(快適さ)
          ・Communicative(理解しあえる)
           ・Cooperative(協調的)


◇特に(2)の結婚条件、バブル崩壊後の女性が理想とした条件らしいけど、
因みに、快適さは年収700万以上、理解しあえるが同じ価値ライフスタイル
協調的が”家事をすすんでやる!”となる。 適齢期の男性にはキビシイ!


◇年収700万以上の割合は、28歳で2.8% 33歳では8.9%なんて
統計的な数値もあるけど、この不景気ではもっと少ないような感じもするね。


RIMG0054.jpg DSC06086.jpg



◇おっと!ハナシが脱線したので、元に戻して”C”の頭文字、ラテン音楽なら
”クラーベ(Clave)/コンガ(Conga)/カウベル(Cowbell)”。
特にクラーベ&コンガは、アフロキューバン音楽には欠かせない打楽器です。


<クラーベの基本>


<クラーベとラテンピアノ>


<コンガとボンゴトリオ>


<コンガの叩き方>


◇西アフリカのナイジェリアやガーナ地方に起源を持つ”ソン・クラーベ”が、
アフロキューバン音楽の原点かもしれないね。 3-2または2-3で叩く
クラーベに乗せて演奏するラテン音楽には、とても魅力を感じるヨンタナ。



ジャー!今回はこれでオシマイです。次回のアルファベートは””です。
アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

PS:アンパンマンさんコメントありがとサントス!前回#Bのサポートメンバー
さんのお名前が良くわかりました。お忙しいところ恐縮でした。

バンド音楽のアラカルト”A TO Z!”シリーズ #D

2014年12月6日(土曜日)
HOLA!


◇バンド音楽のアラカルト”A TO Z”4回目のアルファベートは、”D!
今回は、イタリア発 「DV MARK」のNEWギターアンプを紹介する。



◇ヨンタナが現在所有するギターアンプは、ほぼ”バルブタイプ(真空管)
例外として、ヤマハのギターアンプだけがソリッドタイプなんです。

DSCN1467_20141205235514cf9.jpg DSC03532_20141205235516cc7.jpg
RIMG0105_20141205235517d50.jpg DSC01254_201412052355178cb.jpg


◇今回紹介する”DV MARK Jazz 12”は、ネーミング通りジャズ志向。
とりあえず、デモ演奏を聴いてみよう。





◇スペックは、①60W(4Ω)/45W(8Ω) ②プリ部 ソリッドステート
③パワー部 アナログ ④SP ネオジム磁石 12インチ ⑤重さ 8.6kg
⑥サイズ 435(W)×305(D)×425(H) 価格 105,000円(税抜き)


◇コントロール部は、マスターV/3バンド・イコライザー/リバーブ のみの
とてもシンプルな構造だけに、音づくりがし易い感じですね。デモ演奏を
聞いた感想では、ハコものだけでなく、ソリッドギターにも相性がイイかも。


DSC03345_2014120600270752b.jpg DSC03346_201412060027096e6.jpg
DSC01715_20141206002710714.jpg DSC01716_20141206002710fd3.jpg


◇真空管コンボアンプの欠点は、なんと言っても”いやー重い!”(20~30kg)
ライブでの持ち込み時は、一苦労しちゃうね。その点、このJazz 12アンプは
軽量(9kg以下)で、サイズもフェンダー系の半分くらいで、運搬が楽そう!



◇それでは、さらに小型の”Little Jazz”アンプのデモ演奏も聴いてみようか。





◇こちらは、8インチSP搭載のミニサイズタイプ、スペックは共通仕様で、
価格 85,000円 重さ 6.9kgと超軽量ですね。スピーカーのサイズが
小さめなんで、レンジが少し狭い印象ですかね。



◇DV MARKは、元々ベースアンプメーカーで有名ですが、この2台の
ギターアンプは、とても使いやすくて、汎用性が高そうですね。ジャズ系
だけでなく、軽く歪ませてもGOOD!エフェクターのノリもよさそう。



◇新しいギターアンプ購入を考えてる”Sさん”、チョイスの1候補にでも
したらいかがでしょうか?ヨンタナも欲しいけど、ビンボー生活中だ!(笑)


<オマケ映像・・OBSESSION>




・・・と、アルファベート”D”は、これでオシマイですけど、オマケの映像(上)
デイブ・バレンティン(フルート奏者)の演奏をお届けして、アディオス!
4649ね!

バンド音楽のアラカルト”A TO Z!”シリーズ #E

2014年12月7日(日曜日)
HOLA!

DSC06186.jpg DSC06187.jpg
DSC06189.jpg DSC06201.jpg
(前橋市の夜景&ジャズ喫茶)


◇昨夜は、前橋市ジャズ喫茶”ダウンビート”さんでの、滝沢塾&森田塾の
忘年会に誘われたヨンタナ。塾生ではないけどね、滝沢塾長(サックス塾)や
森田塾長(ボーカル塾)には、いつもお世話になってるんで足を運びました。


DSC06205.jpg DSC06196.jpg DSC06199.jpg



◇実は”ヨンタナ”と命名したのが、アルトサックスの名手”滝沢塾長”さんなんです。
それ以来のお付き合いで、東京から群馬に来られたときには、ヨンタナにお声を。
今回も生徒でもないのに、お招きいただきありがとサントス!(笑)ウレシーです。


DSC06193.jpg DSC06197.jpg
(キャップをかぶっている御仁が、滝沢塾長さん)


◇先生とお弟子さんの”ウォームな忘年会!” とても和やかな雰囲気で会話が
進んでいく感じはイイですね。生徒さんからの自己紹介も、さすがミュージシャン!
すっごくバラエティーに富んでいたなー。



◇お酒もほろ酔い加減になる頃には、余興と題してジャムセッションが始まった。
さすがに管楽器奏者が多く、トロンボーンやトランペット・サックス等、コード楽器
担当のギタリストが異彩を放つ。それにしても、ノンエフェクト!音は久しぶりだ。





◇そこで、アラカルトの”A TO Z”の今回アルファベートは”E!”(エフェクト)
一般的にジャズ系ミュージシャンは、エフェクターを使うことが少なく、アンプ直
の方が多いかも。昨夜のギタリストさんも、ヤマハアンプにダイレクトINでした。


DSCN1467_20141205235514cf9.jpg DSC06207_20141207201723dbe.jpg


◇ヨンタナの場合、やってるジャンルが違うせいかエフェクター(Effector)
は、必須ですね。どうもコレがないとねー、丸裸!ミタイ(笑)とてもさぶさぶー!・・


DSC06210.jpg DSC06208.jpg
DSC06063.jpg RIMG0046.jpg



◇ギターの音をより多彩に表現するツールとしての”エフェクター群!”を
積極的に活用するのもアリじゃないかなー、と思うヨンタナです。もちろん
ノンエフェクト音も好きなヨンタナですから、シチュエーションで使い分け。



◇では、このエフェクターなんですが、タイプを大別すると・・・・

(1)ペダル式 (2)フロア式マルチ (3)ラック式 となるわけですが、
ライブ本番での操作性では、(1)のペダル式エフェクターだと思いますね。

DSC06211.jpg DSC06212.jpg


◇リハーサルのサウンドチェック時では、最適なセッティングだと思っても
本番となると”お客様の入り”によって、音ヌケを瞬時に再設定なんて事が
しばしば起こるね。そんな時は、ペダル式のほうが便利なんだなー。


DSC00783_20141207202929792.jpg
(フロア式マルチ/ME-80)


◇ペダル式のデメリットとしては、マネーが少し多めにかかることですね。
例えば、ペダルエフェクターを揃える場合には、歪み系(Dynamics系)
・揺らし系(Modulation系)・残響系(Ambience系)の3つ
は基本必要です。



◇歪み系なら「オーバードライブまたはディストーション」、揺らし系では
「コーラスまたはフェイザー」、残響系「ディレイまたはリバーブ」で約3万。
それに加え、電源供給のパワーサプライ&ボックスを入れれば、5万弱くらい。
※中古なら新品の5~7割程度で入手可能


DSC06213.jpg DSC06215.jpg



◇これからペダルエフェクターを揃えるなら、少しずつ買い求めていくのも
選択肢ですね。堅牢で故障の少ないモデルならば、ナガーク使用できるし
投資対効果の面でも、アナログに軍配が上がると思うヨンタナです。



◇デジタル系のマルチは、技術の進歩が著しい分野で、概ね2~3年で
フルモデルチェンジされてしまう。昨今のPCやスマホと同じだね。
どんどん機能やデザインがリフレッシュされて、いつの間にか”古りー!



・・・・と、ビンボーなヨンタナの”エフェクター自論”でした。(笑)
じゃー!これでアルファベート”E”は、オシマイ。アディオスアミーゴ・アミーガ!
4649ね!



プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

なんでもかんでも、興味津々!

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR