FC2ブログ
コンテントヘッダー

桐生市のお店紹介

桐生市にある「ブラックジャック21」を
紹介します。

桐生市 末広通りでデニーズの前にある
サパークラブです。

オーナーさんは、クレー射撃を
趣味に持つ、異色な存在です。

また、現在3店舗を経営していて、
とても忙しい人ですが、
音楽にはとても理解のあるかたです。

お店では、定期的にバンド演奏があり、
参加バンドも募集中です。
参加希望はサントスまたは
ブラックジャック
まで

これから年末に向かって、
いろいろなイベントを行います。

ぜひ、一度来店してみては。
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

サントスメンバーの紹介

サントスのギタリスト兼ボーカリストの
チャーS」氏を紹介します。

お店紹介でも配信しました「エスカフェ」の
オーナーさんです。

まずは、機材紹介からします。
私が知っている範囲ですので、
違っていたらゴメンナサイです。

メインのギターは、
ギブソンの335(ドットインレイ?)
渋めのワインレッド(ビンテージかなー?ほしいね)
そして生ギターと高そうなフルアコです。

アンプは、銀パネのツインリバーブ
(70年代中期頃)、
メサブギーのコンボ(50W EL84タイプ)と
あと数台お持ちのようです。

エフェクターは、歪系とコーラス系など数種類を
使用しているようです。(オリジナル製?)

彼とは、同じギターを担当していますが、
とても相性がよく、お互いに楽しい演奏が
できる仲間です。
*元々は、県内の同じ音楽事務所に所属。

きっと人間性がいいのでしょうね
音にはその人の性格がはっきり出ますね。

その上、歌がとてもうまい!!
さらにベースもメチャクチャ上手。

サントスは、ラテン歌謡からジャズもどき(笑)
まで幅広く演奏しますが
なんでもこなせるメンバー
の一人です。

ぜひ、一度サントスを聞きにきてくださいね。
きっと、チャーSさんの演奏に聞きほれること
うけあいですね。

では、ここまでとします。
次回に乞うご期待あれ!(S氏続編予定)
アディオスアミーゴ
このページのトップへ
コンテントヘッダー

赤城山の裾野のお店紹介

富士見(赤城山のふもと)にあるお店

エスカフェを紹介します。

赤城山の第2南面道路沿いにある
レストランを紹介します。

山小屋風の洒落た雰囲気で楽しむ
イタリアン料理やフランス料理を
堪能できます。

また、オーナーの演奏する
ギターや歌は格別です。

ギブソン335を歌にのせて弾くサウンドは、
とてもしびれます。

ジャズからポップス・ロック
まで幅広い演奏スタイルは、
どなたにも喜ばれ
気軽に声をかけられれば、披露します。

*定期的にライブ活動もしていて、
 音楽の好きな人やミュージシャンからも
 人気のお店です。
 (詳細は、ホームページで)

なお、オナーのチャー清水氏も
サントスのメンバーです。

ぜひ、一度行ってみてね。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

伊勢崎市の楽しいお店紹介

JOE(ジョー)のお店紹介!!

伊勢崎市にあるとても楽しいお店を紹介します。

伊勢崎市街から、太田県道を太田方面に向かって、
左手居酒屋いっちょうの次の信号を右折します。
そして、居酒屋でんすけの斜め前の2階建てに
あります。(詳細は、JOEのホームページで)

一番の特長は、「リーズナブル」なことです。

その上、
ママが素敵でとても優しいし
いい感じ!!
歌って踊って、自由気ままなところが
グッド!!

また、お店のオーナーのJOEさんは
歌がうまい(当たり前 サントスです)
しかも、カッコイイとお客様から毎日絶賛!!

お客様とのデュエットも気軽にでき、
一人でも安心していられます。

ぜひ一度お店に!!

*毎週土曜日は、サントスが生演奏中
このページのトップへ
コンテントヘッダー

音色について(#2-3)

前回、プリアンプについて配信しました。

今回は、”パワーアンプ&スピーカー”について

<パワーアンプについて>
ビルトインタイプのギターアンプには、パワーの大きさ(ワット数)によって、
パワー管が1~4本搭載されています。(厳密に言えばチャンネル数にも関係)

 一般的にパワー管のタイプは

1.6L6GC等(アメリカサウンド志向
2.EL84等 (ヨーロッパサウンド志向
 に大別できます。

代表的な「フェンダー系は1」で、明るくカラッとしたサウンド傾向
一方「メサブギー系は2」で、粘りがありリッチなサウンド傾向です。
 *もちろん、ブギーでも6L6を搭載した機種もあります。

この真空管の本数で、出力(ワット数)がおおむね決められます。

前回、大出力のアンプより小出力タイプの方が、取り回しがよく
予算もかからないことを説明しました。
RIMG0016.jpg

では、どの程度の出力があれば、ライブや自宅練習でも使用できるか?
結論から言えば

1.バルブタイプ 20Wから30W
2.ソリッドタイプ 50Wから100W
 が目安になるでしょう。出力が大きすぎると、
 トーンコントロールが厳しくなるので。(前述)
RIMG0017.jpg

<スピーカー(SP)について>
搭載されているスピーカーについては
1.口径(大きさ
2.数量(1個・2個・3個など
の2つの条件を加味する必要があります。

*一般的コンボアンプでは、1~2個が標準でしょう。

スピーカーは、電気的な音を空気振動に変え、伝達します。
この伝達する(遠くまで飛ばす)役目を持つので、
伝達の効率(音圧db)を求められます。

*良くあるのが、アンプ近くではいい音で・大きく聞こえるのに
 客席まで音が届いていない、ぼやけて聞こえる等の現象は、
 SPの性能が大きくかかわっています。(その他の原因もあるが)

購入時に考えなければならないのが、上記2条件とSPの性能です。

結論から言えば、口径30cmなら1個搭載で、高能率SPを搭載している
アンプが最適でしょうか。25cmなら2個搭載で、高能率SP。

SPの数が増えると重量も増えますので、運搬する人はその辺も
考慮に入れてください。(最新SPでは軽量タイプもありますがまだ高価)

これで、ギターアンプの仕組みについては、おおむね終了します。

詳細については、今後のバンド演奏におけるテーマの中でしますが、
ギターマガジン・ヤングギター等の情報誌から研究してください。

では、次回「バンド演奏における音色」(#3)まで
アディオス・アミーゴ
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

えでぃ草子 ~遠州写真日記~

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR