FC2ブログ
コンテントヘッダー

音楽理論(#1-1)

音楽理論(コード編#1-1)

今回は、
キー(key)とコードの関係
をテーマに配信します。

どんな曲を演奏する場合でも
その曲のキー(曲調)が基本となります。

曲調を大別すると
1.明るい感じの曲(メジャーキー)
2.暗い感じの曲(マイナーキー)
の2つがあります。

メジャーキー(長調)
全体的に明るい感じの曲は、
メジャーキーで作曲されています。(原則)

さて、最初に覚える音階(スケール)は、
ドレミファソラシドの7音
ですね。
これをアルファベット記号で表すと
C・D・E・F・G・A・B
みなさんよくご存知の記号です。
*この最初の音Cがキーとなります。

Cは
シーとかツェーと発音
譜面上では、
KEY=CまたはKEY IN C
と書かれていますね。

わかりやすく言えば
ドレミファソラシドの音階で
作曲してある曲です。

この音階をある間隔(3度)で
重ねたのが「コード」です。

*ド・ミ・ソと重ねた音(和音)が
 コードのC(シー)になります。
文章で書くとわかりにくいかも
知れません。
(五線でなくてゴメンナサイ)
*コードの基本は、理論書等で
 各自お願いします。

<重要な働きの3コード>

C・F・G7のことです。
曲の基本的な骨組みで、
とても重要です。
ここは、しっかりマスターしましょう。

1.トニックコード(C)
2.サブドミナントコード(F)
3.ドミナント7thコード(G7)
と呼ばれる3つのコードです。

それぞれ人の脳(精神)と
似たような働きをします。
私たちも、普段の生活で、
1.「安定しているとき」(トニック)
2.「やや不安定なとき」(サブドミ)
3.「かなり不安なとき」(ドミナント)
をある程度経験していますね。

そうです!このこととコードの
働きが同じなのです。(コードの進行に関係)

1.トニックコードは、一番安定しているので
どのコードへも進行可能
*人も安定しているときは、冒険したいかも。

3.ドミナントコードは、一番不安定なので
 安定している「トニックへ進行
 したいものですね。

2.サブドミナントは、少しブルーな日なので
 「トニックかドミナントへ進行
*少し快方(C)に向かうか、さらに具合が悪くなって、
 不安定(G7)になるかと同じ。
 

チョットわかりにくいので、
コードで表現すると・・・

1.トニックコードは
  C→次のコードは何でもござれ
3.ドミナントコードは
  G7→Cへ
2.サブドミコードは
  F→C または F→G7
と基本は進行します。

*バンド演奏では、このコードの働きを
 覚えれば、次にくるコード
 をある程度予測できますね。(メモルとき)
 
 実際の演奏では、代理(裏)コードや
 一時転調などもあるので、やや複雑に
 見えるかもしれませんが、(後述します)
 基本の骨組みは変わりません。
 がんばって覚えましょう。 

今回はここまでとします。
次回(#1-3)は、
1-6-2-5(イチロクニーゴー)
をテーマに配信予定。
では、アディオスアミーゴ
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

ブラックジャック21 10月20日ライブ感想

桐生市 ブラックジャック21
でのサントスライブ感想(ヨンタナより)

2013年10月20日 2ステージ

コンボ編成
1.ボーカリスト 3人(内女性1)
2.メロ隊    2人(ギター・ピアノ)
3.リズム隊   3人(ベース・パーカッション)
の8人編成

今回は「しっとりサウンド
を企画して演奏しました。
 *普段は、ある程度パンチのある
  リズムステージ構成ですが。

A面
ヨンタナオリジナル曲から
ホワイトムーン」(key=D)
をボレロのリズムに乗せて
インスト曲スタート
*ハワイの砂浜で、恋人同士が
 夜の白い月に照らされ・・・
 をイメージして作曲しました。


続いて「酒とバラの日々
オールオブミー」の
スタンダードをミディアム4ビートで
ジョーのボーカル2曲

女性ボーカル T・森田さんの
バードランドの子守唄
オータムリーブス」を
ラテンアレンジの
ボレロチャチャのソン形式で
ボーカル2曲

カルロス山本が歌う
キエンセラ
をマンボで
時計
をボレロで2曲

A面フィナーレは
モンゴサンタマリア風アレンジ
連続ツーファイブ形式の
サマータイム
モンツーノピアノと
ポンチョ膳さんのコンガ
が程よく絡む。コンガリ!(笑)

B面は、ブラジルのボッサ

ブルーボッサ
をT・森田さんのオリジナル歌詞
ポルトガル語で熱唱 すばらしいね。
イパネマの娘
をジョーのボーカル、色気あるね。
間奏:K・阿部さんのアドリブが
またイカシテイル!!
ブラジリアンの香りが
プンプン匂う。
16小節のじゃがまる水沼さんの
ドラムソロも軽快に
素敵でした。

カルロス山本の
アドロ」(key=Cm)
をしっとりと3連バラードに
乗せて熱演 イイね!!

最後にヨンタナ演奏曲
哀愁のヨーロッパ
をテンションたっぷりな
コードワークでジャージーに。
間奏:セシル飯島さんの
5弦ベース スペクター
からの「ベースソロ」も圧巻。

*勝手なアンコール曲は、
 ジョージベンソンで有名な
ディス・マスカレード
をラテンアレンジして
ジョーのボーカルと
K・阿部さんのピアノを
フィーチャー演奏。

コーダからは、モンツーノに乗せて
ヨンタナの泣きのギター
でDm7-G7をリピートしながら
エンディング。

今回のステージは、
大人の雰囲気がバッチリ
はまり、お客様もとても満足そう。
サントスの別の一面を見ていただくと
同時に、我々も楽しく演奏できました。

ヨンタナ機材紹介
1.使用ギター ギブソンSG(黒)
 現行モデル 使用弦は、ダダリオ ライトゲージ
2.使用アンプ メサブギー 
 キャリバープラス 50W 
 バルブは全部純正で
 パワー管  6L6GC
 プリ管のみ 高品位SPXタイプを
 6本使用 

*今日は、アンプ直でノンエフェクター
 歪みは、アンプのチャンネル切替で対応
 また、ピックを使用せず、指弾き主体で
 メローなサウンド作りに
徹しました。

それでは、また次回ライブで
とても素敵な仲間と。
アディオスアミーゴ
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

えでぃ草子 ~遠州写真日記~

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR