FC2ブログ
コンテントヘッダー

アドリブの基礎とコードの関係(#2-2)

今回は、フェイクやアドリブを自己訓練する
ためのツールとして「MTR活用」
をテーマに配信します。

前回(#2-1)では、
アドリブの基礎(フェイク)の考え方や
手順を少しお話しましたね。

ところが、自宅でフェイクやアドリブを練習するときに、
伴奏(コード)が鳴っていないと、
ソロをイメージしにくく、あまり面白くないですね。

そこで、自宅練習する場合、
1.CDに合わせて練習する(マイナスワン含む)
2.パソコンソフト(DAWソフト)を使って
3.シンセ等の自動伴奏に合わせて
4.MTR(マルチトラックレコーダー
5.その他(友達に伴奏を手伝ってもらう)

などのケースが考えられるね。

それぞれ一長一短があって、どれがいいのか
よくワカリマセンが、ヨンタナは4番のMTR活用
をお奨めしますね。

ヨンタナは、アナログMTR
BOSS BR-800
(実勢価格 40,000円前後)
をバンド練習用・自宅練習用・デモ作成用
として、フル活用しています。
RIMG0020.jpg

このMTRですが、基本的な活用目的は、
ご存知のように「バンドの生録」です。

*4~5人のコンボ編成ならば、そこそこ活用でき
 音質も機能も充分期待できますよ。

さて、練習に話を戻してと、
一人でギター練習をする場合・・・

たとえば、
2-5(Dm7-G7)
のコード進行上で、繰り返しフェイクやアドリブを
展開しようとすると

1.伴奏がないと、自分でコードを鳴らした後
 (余韻が残っている間に)すぐに弾くことになり
 イメージがあまり沸きませんね。

2.また、仮にいいソロ
 できたとしても、忘れてしまうことも多いですね。

そこで、MTRを活用すれば、それぞれの
問題をクリアーできますね。

MTR BR-800活用法
(機能詳細は、別のホームページで見てね)

練習用として活用する場合の
主な特長ですが
1.保存メディア(SDカード対応)
2.6チャンネル(5番と6番はステレオ仕様)
3.1チャンネル毎にバーチャル8トラック
4.ギター音源搭載(ギターでベース音に変換可
5.リズム音源搭載

などが挙げられますね。

(なお、SDカードですが、8MBタイプで
 1曲3~4分程度なら40~50曲位保存可。)
(また、リズム音源にはラテン系が少ないので
 ヨンタナは、別のリズムマシーンを使用。)

*ギタリスト(エレキ)の場合、
メロとコードを
一緒に弾くには

 ある程度技術が必要ですね。
(クラシックギター・ジャズギター奏者なら
 可能ですけどね)

それでは、ヨンタナが実際に活用
している方法を、少し具体的に
進めるね。

前提条件:
ヨンタナの場合、ベースもキーボードも
ある程度弾くことができまーす。(上手くないけど)
*ベースの人や管楽器の人も、コード楽器を少し
 覚えておいたほうが、後々いいと思うネ!
 コードの組み立て方がわかると、
 音楽の幅が広がるね。

MTR録音の順序

1.リズムトラックを一番先
2.ギターのカッティングコードを2番目
3.ベースを3番目
4.キーボードを最後に
重ねて録音します。
多重録音という)

スタジオで録音を経験した人なら、
イメージがつかみやすいかも。
(2~4の順序は任意)

具体的な流れで説明すると、
哀愁のヨーロッパ
のバッキングを練習材料
(4度進行のフェイク練習)
にする場合、

1.録音の準備(小節の長さを決定)
 コード進行が、
(key=Cm)
 Fm7(On B♭)-B♭7-E♭-A♭
 Dm7(-5)-G7-Cm-Cmの8小節
 パターンを5回繰り返すと(40小節)

2.リズムトラックに40小節分録音
 (8ビートで、サントスはボレロ)

3.リズムトラックを再生しながら、
 ギターのコードカッティングを録音
 (コーラス系を使うと拡がりが)

4.リズム・カッティングを再生しながら
 ベースを録音(ギターでもベースが録音可)
 (シンプルなベース音色)

5.リズム・ギター・ベース音を再生しながら
 仕上げにキーボードを録音
 (ハモンドオルガンの音色でコード録音)

これで、多重録音が完成です。
*キーボードは録音しなくてもOKです。
 できれば、バンド練習のときにメンバーに
 お願いして、キーボード・ベースを録音して
 おくのもありですね。

この録音を再生しながら、繰り返し
メロ練習・フェイク・アドリブ
を演奏し、それを別のチャンネルに録音して
おけば、8回戦まで記録(メモ)して
おけますね。(バーチャルトラック機能)

*実際、深夜に録音すると、ビックリするような
 フレーズが録音されていることが多いね。
 (俺って、才能あるのかなーナンテネ!)

勿論、PCソフト(DAW)を使えば、
なんでもござれ!」で 
操作さえ覚えれば、一人で全てできますが?
「結構複雑だなー!」と思う方は、アナログ派に転向(笑)。

ヨンタナは「アナログ派」なので、
やっぱり機械音より生の音が好きですね。
(仕事上、ヨンタナはPCに詳しいけど?
 MS-DOSの時代はナー~と自慢話が長くなる?
 また、別の機会に配信しますねー。)

それでは、今回はここまでとします。
ギタリストだけでなく、ベーシストにも
ボーカリストにも、MTRは有効です。
少しでもご参考になればいいですね。

次回(#3)アドリブの基礎まで
アディオスアミーゴ

(お願い)ご参考になった方、お手数でも
 記事下の「拍手アイコン」をクリックしてね。
 
スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR