FC2ブログ
コンテントヘッダー

フェンダー デラックス リバーブ

ギターアンプ紹介の4回目は、予定を変更して
ヨンタナ所有のフェンダー系コンボアンプの1台
デラックス リバーブ アンプ
(定価 15万前後/実勢価格 10~12万前後
 *正規品と直輸入品では価格異なります。)

HIMG0214.jpg
(1965年 復刻版)

11月中旬ともなると、夜は冷えるね。
夜空には、まん丸な月と星(☆)がよく見える時期。
そんな時期の話(笑?)・・・
HIMG0233.jpg
(夜空に向けてデジカメで、チッチャイ!)

フェンダーアンプを製造期間で大別すると
1.ツイードの時期
2.ブラックパネルの時期
3.シルバーパネルの時期(通称 銀パネ)
の3種類に。

現行モデルの1965製復刻版デラリバは、
2.ブラックパネル期の完全復刻モデル。

デラリバ主な仕様は・・・
 出力(22w)/パワー管(6V6×2本)
 プリ管(12AX7×4本、12AT7×2本、5AR4×1本)
 スピーカー(ジェンセン 30cm1本)/イン(2チャンネル)
 重量(19kg)
 となっている。
HIMG0229.jpg
(写真 左整流管/真中&右 パワー管)
HIMG0230.jpg
(写真 プリ管)
HIMG0221.jpg
(ジェンセン 12インチSP イタリア製)

この中でも特に「整流管 5AR4」
がデラリバサウンドの要になっているね。

実は、以前持っていた
「銀パネ デラリバ」
訳あって手放してしまった。(シマッター!笑)
その時は、あまり価値を見出せず、あらためて
現行デラリバを購入するハメに。

さて、この現行デラリバですが、結構太い音が
するね。パワーも22Wしかないけど、小ホール
程度なら問題なく使用できますね。

インプットは、
HIMG0216.jpg
(ノーマル チャンネル)

HIMG0218.jpg
(リバーブ/ビブラート チャンネル)
になっています。

両チャンネルとも、
1ボリューム/2トーン
のとてもシンプルな構成になっていますね。

基本、ノーマルチャンネル(ストラトタイプ)/
ビブラートチャンネル(レスポールタイプ)かなー?
まーお好みに合わせて、チョイスしてチョウダイ。

ヨンタナは、フェンダーのリバーブサウンドが
大好きなので、そのチャンネルしか使わないけどね。
HIMG0219.jpg

フェンダーのリバーブ
って結構深くかかるので使い方 
アテンションプリーズ!!です。(笑)
ベンチャーズサウンドならいいのですが、歪み系
サウンドの場合、音が濁るので2~3位までが限界かも。
*フットスイッチで切替可能。

それとディレイ系を使う場合、センドリターン端子が
ないので、要注意ですね。
HIMG0222.jpg
(パワースイッチとエクステンションSP)

デラリバ特有のもうひとつの特長が・・・
ボリュームを上げていくと、徐々にオーバードライブ
してきます。フルボリュームでは、とても
リッチな歪み方になりますね。
できれば、アンプ直の使い方がいいのかも。

最後に、直輸入品だと100V仕様でないので、要注意。
自宅で使用するなら問題ないけどね。
(念のため アメリカ 117V)

では、今回はここまでとします。
予定を勝手に変更してスミマセン。
アディオスアミーゴ

拍手をクリッとしていただければ
幸いですね。4649!
スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR