FC2ブログ
コンテントヘッダー

新しいレストラン発見!

今回は、観光地紹介でなく
素敵なレストラン2店
の紹介記事です。

ヨンタナは、イタリアン料理が大好きで
特にスパゲティには目が無いですね。

まず、1店目のレストラン紹介は、
スパゲティのチョー!美味しいお店

RIMG0013_20131212212955691.jpg
(ヨンタナが良く行くお店)

このお店、3年位前にはじめて行きました。
その時から、ずーと利用しています。
サントスのメンバーとも一緒に行った事も
あります。

店内は、決して広くなく30席ほどですかね。
RIMG0015_20131212212958666.jpg

ヨンタナは、トマトソース味が大好きで
いつも「辛いトマトのスパゲティ」をオーダー!
見た目は、とてもシンプルなのですが、
このトマトソース絶品ですね。
RIMG0017_20131212213000717.jpg
(シンプルなパスタ)

また、ピザも美味。これもシンプル。
でも食べると独特の食感を味わえるね。

RIMG0018.jpg
(普通のミックスピザ)

それぞれお値段も良心的で、good!

店内を見渡すと、クリスマスの飾りつけ。
RIMG0014_20131212212957f64.jpg

そろそろ、サントスでもクリスマスソングを
演奏しなければ・・・と思いつつ、帰宅して
昨年アレンジした「ホワイトクリスマス」の
スコアーを自宅で確認。MTRに録音してある
ので、次回サントスの練習に使おうーと!

さて、2店舗目のレストラン紹介です。
このお店、10日前にオープンしたてのホヤホヤ!

運転中何気なく外を見ていたら、小山の裾野に
開店祝いの花輪が見えた。アレ!何だろう?
探索好きなヨンタナです。ハイ!

早速、ヨンタナ興味深々で、そちらの方へ向かって
ドライブ開始。とりあえず、なんだかしらないけど
近隣を回ってみるかなー。

ここを左に曲がってっと!ヤバ!
いきなり敷地内へ入ってしもうた。
DSCN0978.jpg

高そうな雰囲気のお店!どうしようかな?
いまさら戻るわけにもいかず、エイ!覚悟決めて
降りることに。(サイフをまず確認して・・・・)

DSCN0948.jpg

ワー!!素敵なお店。お花が一杯咲いてるー。
地中海風な建物もすごくイイネー。
そのお花を見ながらエントランスへ進む。

DSCN0976.jpg DSCN0973.jpg

いらっしゃいませ!」
とりあえずテーブルにつき、オソルオソルメニューを見る。
OK!OK!ランチタイムメニューがあったぞ。
1500円~2500円のABCランチ。
前菜・メインディッシュ・ドリンクを選んで、オーダー。

選んだのは、当たり前だの1500円ランチでした。(笑)
(ヨンタナ ビンボー!)

DSCN0957.jpg DSCN0956.jpg
(群馬県産の麦豚ロース)

DSCN0954.jpg
(猫ちゃんの箸置きもイイ)

ヨンタナ「うめー!うめー!」の連発。
一気に流し込んでから、店内を見渡すと・・

DSCN0951.jpg DSCN0952.jpg
(とても広いオシャレな店内)

店内に流れている音楽「ボサノバ
いいねー!なんとなくメロイメージ沸いてきた。
納得のいった一発勝負の昼食でしたね。
DSCN0970.jpg

最後に、コーヒーを味わってお店を、グッバイデー♪!(笑)

DSCN0971.jpg

帰り道 しっかりお花鑑賞!きれいだニャー。
冬なのに「ここ春みたいだね!
これだけで、しっかり元とった気分になるね。

DSCN0977.jpg

・・・と、まー!ヨンタナの衝動的な性格が
今日はラッキーdayでした。

なんかイメージが沸いてきたぞ。
帰宅したら、忘れないうちにギターを弾こう。
「地中海のスプリング」ナンテね。メモっとこ。

以上、レストラン紹介でした。
アディオスアミーゴ
4649!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

音楽に不可欠な感受性

メンタル面の2回目
「音楽と感受性」

辞書で引くと・・・
外界からの刺激を深く感じ取り、
心に受け止める能力

感覚!感性!官能!センス!
などの類語があるね。
そう言えば、サンタナも官能のギタリストと
以前呼ばれていたような気がするね。

さて、昨日スーパーで見たピンクの花が
ミョーにヨンタナの心に響いた!!
エイ!衝動買いシチャオーと。
RIMG0032_201312110210550b5.jpg
(ヨンタナが特別な人にプレゼントした
 珍しいポインセチアの花)

そのカードに書いてあった言葉が
「あなたの、とくべつに!」
あなたの大切な人のために
あなたの特別な時間のために
かけがえのない幸せを願って
プリンセチアは色づきます。
サントリーフラワーズ(株)

*売上金の一部は、日本乳がん
 ピンクリボン運動に寄付される。

う^ん!素敵な言葉だね。
ギターで表現できたらイイネー!淡い感じかなー?
どんなコードやフレーズが合うのかなー?

こんな感じで、ヨンタナは音楽と日常生活
を結びつけながら、メンタル面を補強してます。

音楽におけるメンタル面は、ごく普通の中で
育まれるものと思います。特別なことでなく
自分の心に感じるものや響くものを大切に
することが、結果、演奏面にプラスに働く
のではないでしょうか。

「喜怒哀楽」という言葉があるように、
日常で喜んだり楽しんだりすることこそ
演奏での自己表現と大きくかかわって
くるものだと思いますね。

ヨンタナがギターを弾く時には、いつも
メロディーを大切にしてますね。
アドリブ演奏の時やバッキング時も、
メロディーが頭の中で鳴っています。

ギターは、あくまで伝達手段であり、
今日の自分をどのように表現したら
いいのか?それが大事ですね。

ですから、感受性を研ぎ澄ますことや
他人のために何ができるか等を考え
それを音に表現することができれば
サイコーですね。

今回は、これでオシマイ
アディオスアミーゴ
4649!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

トライアード&テンション(#3-1)

今回は、
「トライアード&テンション」
コードについて配信します。

まずは、上記テーマに入る前に準備体操!
(イチニサンシ!ラジオ体操ナンテネ!)

<さて、音楽の基本中の基本を整理しようね>
(1)調性感とは?
(2)基本になるコードとは?

我々が日々聞いている、または演奏している
ポップス・ジャズ・ロック等の洋モノ音楽は、
和音と音階がなくては成り立たないね。
これを一般的に調性と呼びます。
(アーティキレーション)

バンド経験者なら誰でも
「この曲のキーは?」
と言いますよね。これが調性そのものなのです。

そして、この調性の基礎になっているのが
和音(コード)と音階(スケール)です。

RIMG0038.jpg
(Cの音階とCのコード)

さて、話がややこしくなるので、
音階の話はひとまず棚に置いておいて
基本のコードについて整理しましょう。
(以後 基本キーCで説明)

1.メジャーコード(C△7)
2.マイナーコード(Am7)
3.ドミナント7thコード(G7)
RIMG0040_2013121023342662c.jpg
(マイナー/7thコード)

の3つが基本コードですが、
それに+アルファのディミニッシュやオーギュメント
・オルタードの少し異端児なコード達があります。
(異端児とは、ヨンタナの勝手な解釈なので、
 別な言い方でもOK! 各自考えてね)

基本コード+異端コード
を組み合わせて調性感のある演奏が可能。

わかりやすく色にたとえれば・・・
1.三原色=基本コード
2.特殊な色=異端コード かな?
(逆にわかりにくくなった?)笑!

自分が表現したい絵を描くには、
色合い(調性感)が不可欠ですね。
ピンク系が好きな人/レッドが好きな人
モノクロが好きな人等、それぞれ個性が
発揮されますよね。このことがとても大事。
音楽にも同じことが言えますね。

この基本は絶対に覚えておきましょうね。
「調性感と基本+異端コード」
もしあなたが素敵な演奏(自己表現)したいなら、
調性感をたくさん養わなくてはダメかも!
(別カテゴリーのメンタル面でも
 関連記事を後日配信予定でーす!)

では、本題に入りますね・・・
(1)トライアードとは?
   3和音のことです(前回までの復習)
   1度・3度・5度の音を重ねたコード
   一方、1音加え4和音にすると
   「ダイアトニックコード」
   と呼び、やや複雑な響きがするコードになる。
     RIMG0042.jpg
 (上段トライアード/下段ダイアトニック)

3和音だけで自己表現ができれば、シンプルライフ!
ダイアトニックコードを覚える必要はないけど、
毎日「ご飯と沢庵」だけでは飽きるね。

たまには、好きなフランス料理や中華料理も
食べたいヨンタナです。ハイ!ナンチャッテ。
音楽も食と似ていて、年に連れて複雑な味を
求めるものなのです。
(自然の摂理であって、どちらが音楽的に
 上下と言っていることではないです。ハイ!)

(2)テンションコードとは?
   緊張感のある和音または複雑な響きのする
   豊かな和音のことですね。

   Cの音階を並べると・・・
   ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド
   (1・2・3・4・5・6・7・8
      9・10・11・12・13)

   ドから順にミ・ソ・シ・レ・ファ・ラと
   次々に重ねていくと、あら不思議チャン!
   C△7(9)(11)(13)になりました。
   ハイ!(シーメジャー7th+テンション)
   
   *同じように、レから順に重ねると
    Dm7(9)(11)(13)
  
これがテンションコードの基礎です。
この基礎をベースに、テンションコードを
整理しますと・・・

1.9th系(9/#9/♭9の3種類)
 C9/C△9/C7+9/C7-9等
2.11th系(11/#11の2種類)
 C11/C7+11等
3.13th系(13/♭13の2種類)
 C7(13)/C7-13
*11度=4度なので、♭した11はない
*13度=6度なので、#した13はないね
(それぞれ、3度や♭7度になるから)

もっとも10度は、「ヘイジュード」(笑!)ナンテネ
まー!ルール名なので仕方ないけど・・・

ジョークが出たので、今回はここまで。
アー疲れた!読んでる人も疲れたー!デスネ。

少しは参考になればと思い書きましたが、
紙面だけではわかりにくくて、ごめんなさいね。

次回(#3-2)またこの続きを配信します。
アディオスアミーゴ
4649!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

音楽には不可欠なメンタル(#1)

2013年12月9日(日曜)

ヨンタナTVで大好きなゴルフ番組
「日本シリーズJT杯」
を見ていて感激!つい涙してしまいました。

11年ぶりの初優勝を果たした「宮里 優作さん」
の涙に、ヨンタナも、ついもらい泣ーき♪。

最終18番ホール(パー3) ティーショットはミス
2打目もミス、あー!このまま沈没するのかなー?
緊張の3打目 少し高くアプローチ ヤバイ!
でも、そのままカップイン 優勝!!

若い頃から天才と呼ばれ、宮里3兄弟の中では
一番才能に溢れ、期待の星でした。
でも、33歳の現在まで優勝がなかったね。
その心中 キット色々なことが思い巡らされて
涙したとヨンタナ察するね。

演奏も同じように「メンタル」な側面があり
とても大事な部分だと思っています。

ヨンタナも「今日はいい演奏スルゾー」と
力が入ったときは、いつも結果が散々ですね。

ヨンタナ ゴルフは下手糞なのですが、
プロゴルファーの方が雑誌に書いていた
「クラブを縦に握って、クラブが落ちない
 程度のグリップ力がベスト」を
基本にしてました。

RIMG0037.jpg
(下手糞なグリップですがイメージ写真として)

結論から言いますと音楽もゴルフも
「自然体」(ナチュラル)
でなければ、いい演奏やいいゴルフが
厳しくなるのだと思います。

でも、これが難しいね。ライブでは、つい
「いいとこ見せよーと!」
思うあまりギターネックを強く握って、指が動かない
・リズムが狂う等の症状が出てしまいますね。
ヨンタナ精神修行が足りん!!
(あー!神様 ご勘弁)笑!

今回の新カテゴリー
演奏におけるメンタル面
をテーマに取り上げた理由が、そこにあります。

1回目は、メンタル面と音楽(演奏)との関わり合い
について少し考えることにします。

まず、演奏家にとってクリアーしなければ
ならない基本条件として・・・
1.技術面
2.理論面(理屈だけでなく感覚等も含む)
のふたつだと思います。

でもヨンタナが一番基本としていること
それが「メンタル面」であり、
その為に必要十分な技術水準・理論水準と考えますね。

カッコイイ言葉で言えば
(エエカッコしいな!とお叱り受ける覚悟 笑)
「音楽を奏でることとは
=自分自身を表現すること」

と位置づけています。 

現在における或いは未来における人間的な成長が
キットいい演奏をすることができると信じてます。

ある音楽TV番組で、アマチュアの方がプロの
インストラクターに質問してました。
Q:「技術や音楽理論は、必ずマスターすべきですか?」
A:「今あなたが表現したいと思う範囲で十分ですね」
  「いづれ時が経ち、その時にまた必要と思うなら
   その範囲を覚えましょう」

たぶん、先生の一番言いたいことは、人間的な成長
なくしては、本当の音楽を奏でることができないし、
今自分が表現したいと思うことを、補うためならね。
技術も理論もその水準に合わせて覚えなさい。かな?

音楽には「勝ち負けもないし、上手い下手の優劣を
決めることでもない」とヨンタナも思います。

いかにナチュラルに自分自身を表現できるか?
それを達成するために必要最低限の技や理屈
であり「その人の個性や・ユニークさ
を生かしてこそ、音楽を奏でる目的があると思う。

今回はここまでとし、次回から具体的な
メンタル面について配信予定。
では、アディオスアミーゴ
4649!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

音楽雑談会(#2)

2013年12月8日(土曜)

AM11:00 ヨンタナ 千葉のギタリスト
芝野さんへTELする。

ヨンタナ:「今日、ジョーのお店遊びに来ない?」
     「アンプあるので、ギターだけ持ってきてね」
芝野さん:「どーも!午後7:00頃なら行けますけど」
ヨンタナ:「早速の誘いにありがとサントス!」
交渉成立ヤッター 記事かけるテカ(笑)

ここ数回、サントスライブに参加していただいた芝野さん
千葉県野田市からおよそ70km、愛用のプジョーで群馬へ

お約束通り、PM7:00ジョーのお店に到着
スバラシイ!時間の守れる人だいすきー!。

RIMG0131.jpg
(joeとお店のスタッフ)

芝野さんギターなので、ヨンタナ暫くぶりの鍵盤を
弾くことにしました。(カシオ キーボードで)
一方、芝野さんオベーションのガット仕様でトライ。

ヨンタナ:「アンプ 何使う?デルタブルース?」
     「フェンダーのブルースジュニアどう?」
RIMG0127.jpg
(ヨンタナ所有のBJ/15w オールチューブ)

芝野さん:「イイデスネ!アコギにもフィットする」
     「今アンプ探しているのですけど、これもリスト入り」
     「ホットロッドのデラックスを考えているのですが、
      このアンプもイイ音しますね 少し検討します」

PM9:00 ほぼ満席の状態 サントスの選抜隊+芝野さん
BOSS BR800のMTRをバッキングに、3回ステージを。

ジョーさん:「芝野さんいいソロ弾くね!新鮮な感じでイイ」
芝野さん:「ありがとうございます」

いよいよ、演奏後の音楽談義へ 
場所を居酒屋でんすけに移動
(「でんすけ」って名前 レトロで懐かしいね)

カンパーイ!!お疲れ様!
RIMG0011_20131209190107467.jpg
(とてもうれしそうな ポンチョのお顔
 お酒が大好きなポンチョです ハイ!)

ヨンタナ:「芝野さんのギターって、光るものがあるね」
芝野さん:「イエイエ とんでもないです」(謙遜!)

RIMG0008.jpg
(素敵な笑顔 いいねー シアワセそう!)

ヨンタナ:「このオベーション 弾きやすいですね」
芝野さん:「ええ 自分でネック調整しましたので、
      コンディションは良いと思います」
ヨンタナ:「アコギ 自分で調整できるの?」
ジョーさん:「それじゃー 俺のオベーションも直せる?」
芝野さん:「了解です。千葉にお持ち帰りします(笑)」

ここでイキナリ食べ物の話に切り替わる?  
サントスサポーター会長の茂木さん

RIMG0009.jpg
(食べ物の話になると、マジなお顔になる茂木さん)

この人、若いときにギタリストで、音楽の話には
とても詳しい「謎の人?」です。
でも、もっと詳しいのが食べ物。
今夜は「1個5000円する柿のハナシ」に全員ビックリ!

茂木さん:「千葉県野田では、豆が名物ですね?」
芝野さん:「その通り 醤油有名ですからね」
(記事の都合で具体的な内容は 書きません ハイ!)

RIMG0029.jpg
(お土産にいただいた珍しい羊羹
 えだまめ/醤油の羊羹?)

音楽から脱線したので、話を戻して・・・

ヨンタナ:「どうして?群馬に来ることになったの?」
芝野さん:「たまたま、赤城温泉に来ていて、エスカフェ
      のこと知りました」
ヨンタナ:「なるほど!それでサントスの清水さんとね」
芝野さん:「えーそうなんです」
     「ここ25年くらい訳あって、ギターから離れていた
      ので、そろそろ弾こうかなと思っていました。」
     「その頃エスカフェにライブ見にいって、
      驚きました。みなさんとても上手なので」
     「それ以来 ギターに再チャレンジしてますね」

ヨンタナ:「芝野さん 昔相当ギターに入れ込んでいた感じ」
     「音に出てますね。センスがいいというか、
      キラリ光る何かがあるね」
     「ヨンタナが思うに音楽にとても大事なことが、
      2つあると・・・
      ひとつは個性 次にユニークなこと」
ジョーさん:「俺も同感だね。 イイ感じでてたよ」
芝野さん:「ありがとサントス!(笑)」

そろそろ時間も深夜2:30 お開きとしましょう。
ミハルさん:「マスター チェック!」


今回は、千葉の芝野さんを囲んでの音楽談義でした。
次回また、いろいろお話しましょう。
アディオスアミーゴ
4649! 
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ギターコードの押さえ方(活用編#2)

5回目のテーマは、
「実戦的なコード活用(#2)」

ディミニッシュコード
について少し活用方法を配信します。

ディミニッシュコードの基本構成音は
3和音(トライアード)でみれば、
マイナーコードの5度が半音下がった
Cm(ド・♭ミ・ソ)→(ド・♭ミ・♭ソ)

RIMG0004.jpg

つまり、ルート(C)からの音程間隔が、
1音半(E♭)、さらに1音半(G♭)
になっています。
このことがディミニッシュコードの
大きな特徴となっています。

4和音にすると・・・

RIMG0005_20131206225321ade.jpg
(*写真の「7」はミスです。スミマセン!)

全ての音程差が1音半!
結論として、それぞれの構成音がルートになる。

これを整理すると・・・
1.Cdim(=E♭dim/G♭dim/Adim)
2.C#dim(=Edim/Gdim/B♭dim)
3.Ddim(=Fdim/A♭dim/Bdim)

の3種類しかないことになるのです。

HIMG0326.jpg
(4弦Rのコードフォーム例)

では、実戦での活用ですが・・・
ディミニッシュコードの主な役割は
経過的なコードとして
使われることです。

EX1)白い波(WAVE)のメロ冒頭

 C△7→A♭dim→Gm7

EX2)Cの循環コードの場合

 C△7→C#dim→Dm7→G7

もう一つ活用方法があります。
このディミニッシュコードを
フレット上で3フレットづつ移動させ、
バッキング(伴奏)する方法です。

ヨンタナもこの方法、結構重宝していて、
頻繁に使っています。1音半の音程、
つまり3フレットになりますね。

色々工夫すれば、もっとあるのかも
しれませんね。(教えてチョウダイ!笑)

では、今回はこの辺でオシマイ。
アディオスアミーゴ
4649!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ギター用 チューナー

ギターアクセサリーの2回目は、
「KORG チューナー」

RIMG0129_2013120419570462b.jpgRIMG0126_201312041956591fa.jpgRIMG0141.jpg
(色は3色・・黒・赤・白/各980円前後)

ジャック付きで、ギター&ベースも使えるタイプ
(5弦ベースにも対応してる)

チューナーは、色々なタイプがあるけど、
これが無いと、ギタリストやベーシストには
とても不便ですねー。

RIMG0143.jpg
(今までの一般的なタイプ)

RIMG0147.jpg
(ヘッドに付けるタイプ)

その他に、エフェクターボックスに組み込んである
フット式タイプなどがあります。
RIMG0128.jpg

今回紹介する「JACK付きタイプ
家で使用するには、とても便利、その上安価なので
ギターの置いてある部屋毎に、このチューナーを。

リチウム電池式で、結構長い時間使用可能です。
また、電池交換もワンタッチでカンタン!
チューニング精度も高くて、問題なし。ハイ!

でも一番のイイトコロは、そのまま挿せばok!
ヘッド式のタイプもいいのですが、少し見えにくく
やはりこのJACK式が、好きですね。

以上、カンタンですが、ギターリストなら必ず
お持ちのチューナー、TPOに応じて使い分けて
チョウだいな!

バンドの基本は、「チューニング
特に気温差の激しい時期は、十分注意してね。

それでは、次回までアディオスアミーゴ
4649!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ギターのコード押さえ方(活用編#1)

4回目のテーマは
「実戦的なコード活用」(#1)

先日のエスカフェライブ休憩中に、千葉県からお越しの
芝野さんとの雑談で、こんな会話がありました・・・・

芝野さん:「サントスの譜面に書いてあるコードって、
     今まで聞いたことの無いものが多いですね」
     「実際、ライブでご一緒しながらコードだけでも
      弾こうかなと思い、ステージに上がりましたが・・」
     「なかなかうまく弾けなかったですね。
      少し落ち込みましたけど」
ヨンタナ:「いやいや!イキナリの初見ですから、普通」
     「ヨンタナも、たまにトラで別のバンドで演奏する
      ことがありますが、芝野さんと同じですね」

最近の音楽環境は
大きく変わりました!
単純なコードだけで演奏できればいいのですが、
最近の曲は、「結構複雑なコード」で作曲されていますね。
ポップスやロックにおいても、同じような傾向にあるね。

「単純さと複雑さ!」
日本の音楽も、洋モノの影響を強く受け続け、
それがごく自然に、日本の曲に反映されている
ような時代となりましたね。
つまり、音楽のレベルが高くなっている証拠。

技術的にも理論的にも、すごくこなれて来ている。
当然、コードの考え方も多岐にわたって活用する
時代になっています。
単純な部分と複雑な部分を、しっかり使い分けて
音楽をしているバンドが増えたね。

それでは、芝野さんとの会話からヒントを
貰いましたので、実戦的なコードの考え方を
整理しながら、少し話しますね。

ギターの特性
 から見たコード視点(ストラトの場合)

1.弦が6本ある(標準ギターの場合)
2.フレットが22ある(21Fのストラトもある)

つまり、6本×22F=132音
あるので、色々な組み合わせができますね。
絵具にたとえれば、フルカラーの絵画が書けるね。

でも、押さえる指は、4本(たまに5本)しかない。
したがって、ある程度制約されたフォームになるね。

(実戦ポイント)

ルート(根音)の位置によって、フォームを整理
 
 1)4弦ルートのフォーム
 2)5弦ルートのフォーム
 3)6弦ルートのフォーム

の3通りを基本として覚えます。

EX1)Cmaj7の押さえ方

HIMG0323.jpg HIMG0321.jpg HIMG0324.jpg
(4弦Root/5弦Root/6弦Root)

最低でも、1つのコードに対して3つの
フォームを覚えませんと、実戦での活用は
キビシイね。

*それでは、どのように練習して習得するか・・・
それは、ライブでご紹介した
「人生はニャンとかなる!」
の46番に書いてありましたけど、
(猫がピアノを弾いている写真)
「練習以上のことはできない」

その通りですね!ヨンタナもあらためて
猫ちゃんから学びました。ハイ!(笑)

ヨンタナの格言です。
「意識と意識の繰り返しは、
必ず無意識にできる!」


自分では覚えたつもりでも、演奏上では、
瞬間的に対応出来なければダメデスよね。
反射神経を研ぎ澄ませるまでいって、
はじめてどんなことも身につきますね。

仕事でも趣味でも同じでして、ヨンタナも
日々新しいコードを覚えるときは、
意識しながら繰り返し繰り返し修練します。
そして、幾日か立つと身につきます。
(努力なしには、何も前に進まない)

音楽は、入りやすく先が青天井の世界。
そこが楽しいと思えるようになれば、シメタもの。
苦しさがあるからこそ、楽しさが倍増するね。
(もっと言えば、ハイリスク・ハイリターン
 ローリスク・ローリターンです。ハイ!)

EX2)その他参考例
HIMG0322.jpg
(5弦R/Cmaj9のコード)

HIMG0320.jpg
(5弦R/Bm7-5のコード)

HIMG0325.jpg
(4弦R/A7-9のコード)
*指がキタナくてゴメンチャイ!!

それでは、今回は、コードの実戦活用(#1)基本
オシマイ!
次回は、もう少し具体例で進めますね。
アディオスアミーゴ
4649!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

音楽雑談会(#1) 井上アキラ氏と!ベース談義

ヨンタナ 音楽仲間との雑談が大好きで、
今回新しくコーナーを設けてみました。ハイ!

1回目は、ベーシスト「井上アキラ氏
を囲んで、ポンチョさんとヨンタナの
3人の音楽雑談です。

HIMG0314.jpg HIMG0281.jpg
(井上アキラ氏)  (ポンチョさん)

2013年12月2日 深夜 居酒屋いっちょうに於

ヨンタナ:「井上さん どんなベース所有?」
アキラ:「フォデラの5弦ベースその他数本」
ポンチョ:「フォデラ?なにそれ!」

アキラ:「リチャードボナも使用してるけど!」
ポンチョ:「それメーカー名?」
ヨンタナ:「値段聞いていい?」
アキラ:「数百万円のタイプです。」

ヨンタナ:「エ!エ! 驚き桃の木山椒の木テカ」(笑)
ポンチョ:「車変える値段だねー」
ヨンタナ:「盗まれたら大変!気になってライブでは使えないね」
アキラ:「その通りです。以前違うベース盗まれたことあるよ」

ヨンタナ:「ベーアンは、何使っているの?」
アキラ:「ハートキーですね」
ヨンタナ:「スピーカーがアルミ製のやつ?」
アキラ:「はい! 10インチ4発のタイプ」

ヨンタナ:「ベースを弾く場合の基本は?」
アキラ:「左手の4本指をしっかりセイハすることと
     右手の指使いタッチが一番大事かな」
    「それと、生で音出してしっかり鳴っている
     のかが大事ですね」「アンプで出したとき
     チャント音になるので、絶対不可欠な練習ですね」
ポンチョ:「俺も少しベース弾いた時期があるので
      その通りーですね」・・・と生ビール追加(笑)

ヨンタナ:「今悩んでいることある?」
アキラ:「ある程度、音楽理論はわかるんですが、
     具体的な活用となると、ワカンナイ!」(笑)
ポンチョ:「理屈がある程度わかっていないとね」
     「前に進むためには、必要かもね」

ヨンタナ:「具体的に言うと、どんなこと?」
アキラ:「たとえばブルーノートのスケールは
     弾けるんだけど、どの場面で使えばいいのか?」
ヨンタナ:「なるほど!その通りかもしれないね」
アキラ:「ヨンタナさんのセミナー来年からでしたね。
     できれば、その辺のこと教えてもらいたいです」
ヨンタナ:「了解!了解! 千葉野田市の芝野さんも
      同じようなこと言っていたよ」

ポンチョ:「俺 今年中にホームページ立ち上げるよ」
アキラ:「いいですねー。PCの事なら専門家ですので
     少しはアドバイスできますよ」
ポンチョ:「ヨロシクお願いしまーす!」

・・・と雑談が尽きない3人

そろそろ眠くなってきたので、解散としましょう。
また、次回いろいろと話しましょう。

こんな感じで、今後も記事を配信します。
アディオスアミーゴ
4649!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ギター シールド

ギター用 アクセサリー
1回目は、「シールド

ヨンタナが愛用している
planet waves
(プラネット ウェイブス社製)
RIMG0117.jpg RIMG0119.jpg
(写真1 サーキット付)(写真2 抜け防止プラグ)

写真1:3mのオンオフ可能なプラグ付シールド

RIMG0118.jpg

上記写真のように、プラグにスイッチが付いていて
これを押すと、オフになります。とても便利な機能
でして、抜き差しする場合、ミュートできますね。

価格も比較的安く、3mで2500円前後です。
音質も良く通常ライブでは、問題ありません。

写真2:抜け落ちないプラグ付シールド
RIMG0121.jpg

こちらは、簡単にプラグが抜け落ちないように
プラグが根元で少し太めに加工されているタイプ。

レスポールのようなギターの場合、間違えてシールドを
足で踏みますと、抜け落ちることがあります。
そんなケースを防止できるように、工夫されています。

比較的柔らかめなシールドタイプ。
音質も問題なく、ギターによって使い分けています。

これでオシマイ!
アディオスアミーゴ
4649!
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR