FC2ブログ
コンテントヘッダー

音楽には不可欠なメンタル(#1)

2013年12月9日(日曜)

ヨンタナTVで大好きなゴルフ番組
「日本シリーズJT杯」
を見ていて感激!つい涙してしまいました。

11年ぶりの初優勝を果たした「宮里 優作さん」
の涙に、ヨンタナも、ついもらい泣ーき♪。

最終18番ホール(パー3) ティーショットはミス
2打目もミス、あー!このまま沈没するのかなー?
緊張の3打目 少し高くアプローチ ヤバイ!
でも、そのままカップイン 優勝!!

若い頃から天才と呼ばれ、宮里3兄弟の中では
一番才能に溢れ、期待の星でした。
でも、33歳の現在まで優勝がなかったね。
その心中 キット色々なことが思い巡らされて
涙したとヨンタナ察するね。

演奏も同じように「メンタル」な側面があり
とても大事な部分だと思っています。

ヨンタナも「今日はいい演奏スルゾー」と
力が入ったときは、いつも結果が散々ですね。

ヨンタナ ゴルフは下手糞なのですが、
プロゴルファーの方が雑誌に書いていた
「クラブを縦に握って、クラブが落ちない
 程度のグリップ力がベスト」を
基本にしてました。

RIMG0037.jpg
(下手糞なグリップですがイメージ写真として)

結論から言いますと音楽もゴルフも
「自然体」(ナチュラル)
でなければ、いい演奏やいいゴルフが
厳しくなるのだと思います。

でも、これが難しいね。ライブでは、つい
「いいとこ見せよーと!」
思うあまりギターネックを強く握って、指が動かない
・リズムが狂う等の症状が出てしまいますね。
ヨンタナ精神修行が足りん!!
(あー!神様 ご勘弁)笑!

今回の新カテゴリー
演奏におけるメンタル面
をテーマに取り上げた理由が、そこにあります。

1回目は、メンタル面と音楽(演奏)との関わり合い
について少し考えることにします。

まず、演奏家にとってクリアーしなければ
ならない基本条件として・・・
1.技術面
2.理論面(理屈だけでなく感覚等も含む)
のふたつだと思います。

でもヨンタナが一番基本としていること
それが「メンタル面」であり、
その為に必要十分な技術水準・理論水準と考えますね。

カッコイイ言葉で言えば
(エエカッコしいな!とお叱り受ける覚悟 笑)
「音楽を奏でることとは
=自分自身を表現すること」

と位置づけています。 

現在における或いは未来における人間的な成長が
キットいい演奏をすることができると信じてます。

ある音楽TV番組で、アマチュアの方がプロの
インストラクターに質問してました。
Q:「技術や音楽理論は、必ずマスターすべきですか?」
A:「今あなたが表現したいと思う範囲で十分ですね」
  「いづれ時が経ち、その時にまた必要と思うなら
   その範囲を覚えましょう」

たぶん、先生の一番言いたいことは、人間的な成長
なくしては、本当の音楽を奏でることができないし、
今自分が表現したいと思うことを、補うためならね。
技術も理論もその水準に合わせて覚えなさい。かな?

音楽には「勝ち負けもないし、上手い下手の優劣を
決めることでもない」とヨンタナも思います。

いかにナチュラルに自分自身を表現できるか?
それを達成するために必要最低限の技や理屈
であり「その人の個性や・ユニークさ
を生かしてこそ、音楽を奏でる目的があると思う。

今回はここまでとし、次回から具体的な
メンタル面について配信予定。
では、アディオスアミーゴ
4649!
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

音楽雑談会(#2)

2013年12月8日(土曜)

AM11:00 ヨンタナ 千葉のギタリスト
芝野さんへTELする。

ヨンタナ:「今日、ジョーのお店遊びに来ない?」
     「アンプあるので、ギターだけ持ってきてね」
芝野さん:「どーも!午後7:00頃なら行けますけど」
ヨンタナ:「早速の誘いにありがとサントス!」
交渉成立ヤッター 記事かけるテカ(笑)

ここ数回、サントスライブに参加していただいた芝野さん
千葉県野田市からおよそ70km、愛用のプジョーで群馬へ

お約束通り、PM7:00ジョーのお店に到着
スバラシイ!時間の守れる人だいすきー!。

RIMG0131.jpg
(joeとお店のスタッフ)

芝野さんギターなので、ヨンタナ暫くぶりの鍵盤を
弾くことにしました。(カシオ キーボードで)
一方、芝野さんオベーションのガット仕様でトライ。

ヨンタナ:「アンプ 何使う?デルタブルース?」
     「フェンダーのブルースジュニアどう?」
RIMG0127.jpg
(ヨンタナ所有のBJ/15w オールチューブ)

芝野さん:「イイデスネ!アコギにもフィットする」
     「今アンプ探しているのですけど、これもリスト入り」
     「ホットロッドのデラックスを考えているのですが、
      このアンプもイイ音しますね 少し検討します」

PM9:00 ほぼ満席の状態 サントスの選抜隊+芝野さん
BOSS BR800のMTRをバッキングに、3回ステージを。

ジョーさん:「芝野さんいいソロ弾くね!新鮮な感じでイイ」
芝野さん:「ありがとうございます」

いよいよ、演奏後の音楽談義へ 
場所を居酒屋でんすけに移動
(「でんすけ」って名前 レトロで懐かしいね)

カンパーイ!!お疲れ様!
RIMG0011_20131209190107467.jpg
(とてもうれしそうな ポンチョのお顔
 お酒が大好きなポンチョです ハイ!)

ヨンタナ:「芝野さんのギターって、光るものがあるね」
芝野さん:「イエイエ とんでもないです」(謙遜!)

RIMG0008.jpg
(素敵な笑顔 いいねー シアワセそう!)

ヨンタナ:「このオベーション 弾きやすいですね」
芝野さん:「ええ 自分でネック調整しましたので、
      コンディションは良いと思います」
ヨンタナ:「アコギ 自分で調整できるの?」
ジョーさん:「それじゃー 俺のオベーションも直せる?」
芝野さん:「了解です。千葉にお持ち帰りします(笑)」

ここでイキナリ食べ物の話に切り替わる?  
サントスサポーター会長の茂木さん

RIMG0009.jpg
(食べ物の話になると、マジなお顔になる茂木さん)

この人、若いときにギタリストで、音楽の話には
とても詳しい「謎の人?」です。
でも、もっと詳しいのが食べ物。
今夜は「1個5000円する柿のハナシ」に全員ビックリ!

茂木さん:「千葉県野田では、豆が名物ですね?」
芝野さん:「その通り 醤油有名ですからね」
(記事の都合で具体的な内容は 書きません ハイ!)

RIMG0029.jpg
(お土産にいただいた珍しい羊羹
 えだまめ/醤油の羊羹?)

音楽から脱線したので、話を戻して・・・

ヨンタナ:「どうして?群馬に来ることになったの?」
芝野さん:「たまたま、赤城温泉に来ていて、エスカフェ
      のこと知りました」
ヨンタナ:「なるほど!それでサントスの清水さんとね」
芝野さん:「えーそうなんです」
     「ここ25年くらい訳あって、ギターから離れていた
      ので、そろそろ弾こうかなと思っていました。」
     「その頃エスカフェにライブ見にいって、
      驚きました。みなさんとても上手なので」
     「それ以来 ギターに再チャレンジしてますね」

ヨンタナ:「芝野さん 昔相当ギターに入れ込んでいた感じ」
     「音に出てますね。センスがいいというか、
      キラリ光る何かがあるね」
     「ヨンタナが思うに音楽にとても大事なことが、
      2つあると・・・
      ひとつは個性 次にユニークなこと」
ジョーさん:「俺も同感だね。 イイ感じでてたよ」
芝野さん:「ありがとサントス!(笑)」

そろそろ時間も深夜2:30 お開きとしましょう。
ミハルさん:「マスター チェック!」


今回は、千葉の芝野さんを囲んでの音楽談義でした。
次回また、いろいろお話しましょう。
アディオスアミーゴ
4649! 
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

えでぃ草子 ~遠州写真日記~

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR