FC2ブログ
コンテントヘッダー

メキシコ製ストラトキャスター!って、使えるヤツか?(ヨンタナ感想#1)

2014年5月21日(水曜日)
HOLA!

DSCN1752_20140521220901c91.jpg RIMG0069_20140521221053d7c.jpg
(ジャパンストラト)(P-PROストラト)

今日は、朝からシトシトピッチャン(古いー!)と雨が降っている。
ソンナ日は、外に出る気分でもなく、なんとなく家でTVやDVDを
観て過ごしたり、メキシコ製のストラト弾いたりだね。

そんな訳で、今回は、しばらくぶりの「エレキギター考察!」を
やってみるね。題して、メキシコ製のストラトって、使えるヤツ
なんだか・どうだか?・・・・・・そんな感じで進めて見ます。(笑)

DSC01617.jpg DSC01618.jpg
(メキシコ製ストラトキャスター)

エレキギターと言えば、ご存知!代名詞的なギブソンレスポールと
フェンダーストラトキャスター。今回は、その後者フェンダーストラト
について、ヨンタナの感想を踏まえ、メキシコ製にスポットあてるね。

ストラトは、ジミヘンやクラプトンが使って、世界的に有名になった
ギターだって誰でも知っているよね。テレキャスターの発展版として
1954年から発売になった、フェンダーUSAのストラト。


本家は、米国カリフォルニア工場で製作されたUSA製ですが、
最近では、メキシコ バハ・カルフォルニア工場でも生産してる。
USA製は高価なものが多く、カスタムショップ製なんて言うね。

一方のメキシコ製は、一般的には廉価版とか言われて、品質が
少し落ちるタイプ?・・・・・・・・・・なんて感じている人が多いのでは?
確かにUSAと比較すると、価格が全然違うのだから当たり前?

RIMG0011_20140521221120733.jpg RIMG0012.jpg
(メキシコ製のストラトG-5&テレシンライン)

一般的ランクのギターでUSAと比較すると、メキシコ製ギターは、
概ね半分の価格だね。(メキシコ:定価ベースで、10~15万前後)
中古なら程度によるけど、4~8万くらいで手に入るよ。

それでは、安かろう悪かろうレベルのメキシコ製なの?って思う
かもしれません。確かに、メキシコ製が発売された当初の評判
あまり良くない印象がありましたね。むしろ、フェンダージャパン
の方が品質強みでしたね。


では、現在のフェンダーですが、FENDERとスクワイアー2社
とライセンス契約の神田商会(フェンダージャパン)になります。
FENDER社は、米国とメキシコに生産工場をお持ちですね。

HIMG0215_201405212312143cb.jpg
(フェンダーデラックスリバーブ)

ギターアンプなどは、それぞれの工場で分担して製作してる。
つまり、同じ会社内なので、ある程度品質が保証されている
可能性が大ですね。つまり、ギターもかなり品質が向上??

それでは、ヨンタナ所有のメキシコ製ストラトを・・・・・・・・・・・


DSC01627.jpg DSC01629.jpg

まずは、ヘッドから見てみると、スモールヘッドタイプでロゴは
「スパゲティ・ロゴ」、ペグは「クルーソンタイプ」、ストリングの
ガイドは「羽根型」1個となっている。


DSC01630.jpg DSC01631.jpg

シリアルナンバーは「MZ」(1990~2000年の製造は、MN)
したがって、2000年以降に製造された比較的新しいタイプ
であることがわかるね。


DSC01621.jpg DSC01626.jpg

まずは、ペグチューニング精度の感想ですが、安定していて
とてもベターな印象ですね。ヨンタナの弦巻きは、普通と少し
違う方法ですが、演奏中での弦切れ等は、発生皆無です。


DSC01623.jpg DSC01619.jpg

次に、シンクロナイズド・トレモロアームの効き具合ですが、
スプリング2本の状態でも、ピッチがすごく安定してますね。
この廉価版クラスでは、あまり経験がないほど安定。


DSC01622.jpg DSC01617.jpg

ネックは、ローズ指板で、やや広めのグリップ感、ヨンタナは
手が小さいので少しキツメかな。それとネック調整するには
イチイチ!ネックを取り外しての作業となる。(面倒です。)


・・・・・・・・・・・と使用したメリット・デメリットを少し書きました。


次回は、この続きをフェンダーストラトの変遷なども視野に
書こうと思っています。ストラトについては、あまり詳しくは
知りませんので、少し勉強してからやりますね。スンマソン


では、アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

そば&メサブギー!キャリバー50+ が病気だよ!(アンプあれこれ)

2014年5月20日(火曜日)
HOLA!

PM11:30
今日は、夏を思わせる気温で、ジトーと汗ばんでくるくらいに。
こんな日は、オイシイそば!でも食いたい気分ですね。
早速、自宅を出発して、目的のそば屋「白虎」までドライブする。

DSC01585.jpg DSC01586.jpg
(農産物直売所の中にあるそば屋:白虎)

地元でも人気のそば屋さん、すでに満席状態でしたが、やっと
席が空いて坐れた。「もりそば+かき揚げ」Aランチをオーダー
大きなかき揚げと会津そばで、710円!うめー(笑)

DSC01589.jpg DSC01591.jpg

食後は、農産物の直売所を見て周り、名草の紅しょうが購入。
地元名産の山本農園「小玉スイカ」も・・・・ありましたねー。

DSC01588.jpg DSC01584.jpg

PM2:00
自宅でギターの練習スタート。今日は、メサブギーキャリバー
50+
でのサウンドチェックしよう。あれ!音が全く出ないよ?

DSC01592.jpg

・・・と言うことで、ギターアンプのあれこれ!今回は、メサブギー
キャリバー50+の病気(トラブル)対応です。暇ーなので(笑)

DSC01594.jpg DSC01596_20140520171156079.jpg

このアンプ、前々から、たまに音が出ないなんてことがあったね。
今回も、電源オン後、ボリュームを上げても、ウンともスンとも?
3ボリュームタイプの50Wチューブアンプ、中古のためチューブ
を全数交換してあるのにねー。なんで?

DSC01598.jpg DSC01600.jpg
(プリ管:メサ純正×5)(パワー管:純正×2)

たぶん?プリ管のソケットに問題あるかもって、勝手に思い
裏からプリ管をゆすってみた。勿論!電源オフにしてから。
感電したらヤバイ!コンセントも忘れずに抜いてからね。

DSC01606.jpg DSC01604.jpg

再度、電源オン、音が出たよ!でもマスターボリュームを
2以上にすると「シャー!」・・・今度はノイズがすごいぜ!
どーも別の問題を抱えているようだね。

DSC01614.jpg

詳しいことはワカラナイけど、電解コンデンサの寿命なんか
怪しい感じ。専門家に見ていただくことに、ネットから愛知
にある修理屋さんへ、症状をメールしたよ。
(たぶん入院することに・・・・トホホ!2~3万覚悟!)

真空管アンプって、すごく好きなんだけどねー。古いヤツは
コンディション維持がタイヘンです。こいつは、1980年代の
代物で20~30年くらい経っているからね。

DSC01601.jpg DSC01605.jpg

ネットで記事検索しても、悪いことは書いてない。むしろ音
がイイよ!なんて記事が多い。でも、このアンプの新品時
どんなサウンドなのだろうか?ノイズなんかもどの程度?


・・・・・・・・てな感じで、暇な時間を費やした半日でしたね。
この続きは、専門家のアドバイスを受けたら、やりますか。

では、次回また。アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ジャコ・パストリアスの「酒とバラの日々」続編!(#1-2)雑記

2014年5月19日(月曜日)
HOLA!

DSC01576.jpg DSC01575.jpg
(午後の太田市 大光院)

たいへん永らく、お待たせしました!(トリックの名セリフ)笑!
ドライブの途中で購入した「ジャズライフ6月号」掲載の記事
ジャコの「酒とバラの日々」について

DSC01569_2014051920325937f.jpg 
(記事と無関係!ですよ)

サントスでも良く演奏するスタンダードナンバーの「酒バラ!」
1962年 アメリカ映画のタイトル曲、主人公ジョーと呼ばれる
宣伝会社の営業マンとその奥様らしい。

DSC01181.jpg
(サントスのジョーです)

酒に溺れてゆくカップルのドラマ・・・・ヘンリーマンシーニ作
1924~1994年 アメリカオハイオ生まれ、70歳で亡くなった。
空軍に所属後、グレンミラー楽団でアレンジャー・ピアニスト
(1952年 ユニバーサル映画社へ入社)

この曲は、ウエスモンゴメリーやパットマルティーノなどを始め、
オスカーピーターソン・エラフィツジェラルド・デュークエリントン
etc たくさんのナンバーがある有名な曲。

DSC01416.jpg

ジャズライフ6月号では、ジャコパストリアスの「酒バラ」が!
亡くなる前の1986年 ドイツでのライブ盤が発売になるね。
まだ聴いたことがないけど、きっとベースソロが圧巻だなー!

どんな風にアプローチしているのかなー?当然ハーモニックス
奏法は当たり前だけど・・・・・・・早く聴きたいヨンタナです。

・・・と太田市ドライブ編から、まったく関係ない話の「酒バラ」
でしたね。スンマソン。

では、また次回。アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

太田市 金山&大光院!・・と無関係!!ジャコ「酒とバラの日々」(#1-1)

2014年5月19日(月曜日)
HOLA!

DSC01543.jpg DSC01544.jpg


五月晴れ!イイ気候なので、午後なんとなくドライブに出かけた。
目指すは、太田市 金山と大光院!

PM3:00
金山のパーキングに到着。ここから徒歩で金山城まで登る予定。
平日の午後、人影もまばら!なんか出そうな雰囲気の登山道。

DSC01546.jpg DSC01545.jpg

案内板見ると、頂上まで、けっこうキツそうな山道。どうしようか?
まーいーや!とりあえず登ることに。少し歩くと、ますます・・・・

DSC01551.jpg DSC01550.jpg

DSC01557.jpg DSC01553.jpg

どーもなんか出そうなので、途中の案内板のみ撮って下山する。

DSC01560.jpg DSC01561.jpg

とりあえず、パーキング場まで下山して・・・・

DSC01562.jpg DSC01559.jpg

やはり!下山して大正解だ!!イノシシさんとの遭遇なんて、
ヤバイ・ヤバイ ケガしたら、冗談ではすまないね。(笑)

PM4:00
次に、近くの通称「呑龍(どんりゅう)さま」(正式:大光院)へ移動。
ここも人影がない!シーン?・・・・・

DSC01565.jpg DSC01573.jpg

DSC01566.jpg DSC01570.jpg

PM4:30
大光院を後に帰路へ。ヨンタナはらへったー!なので途中で
「いっちょう」へ寄る。

DSC01577.jpg DSC01578.jpg

DSC01579.jpg DSC01581.jpg

DSC01582.jpg DSC01580.jpg

お腹イッパイ!食べて1,300円でした。安上がりー!かな?
そうだ、本屋さんに行って「ジャズライフ6月号」買わなければ。

・・・とジャコの話は、ちょっと待っていてね。(#1-2へ続く)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

いつものサントス・ミニライブ!ジョーの店で(雑記)

2014年5月18日(日曜日)
HOLA!

DSC01535.jpg DSC01537.jpg

昨夜は、土曜ミニライブ!!

PM7:30
ポンチョさんとお店に到着。今日は、ボーカリストのジョーが
台湾から帰国する予定。9時頃には合流できるかなー?と
思いながら器材セッティング。

DSC01527.jpg HIMG0239_2014050620543764b.jpg

ヨンタナの愛器「トーカイレスポール」、ラッカー仕上げのボディ
あめ色に退色して、とてもいい感じ。30年以上前の純国産!!
千葉のジミーちゃんにリペアしていただき、コンディションいい。
※ジミーちゃん曰く、当時ギブソンを超えた逸品らしい。

ギターアンプのミュージックマン210HDも、同じく30年以上経過
しているけど、ノントラブル。パワー管は、交換なしで現在も現役
珍しいEL34管×2本搭載のハイブリッドタイプ。

スピーカー10インチ×2本入りで、出力60Wのギターアンプ!
レオフェンダーによる製作モノ。フェンダーアンプには付いてない
ダークな音がするDEEP」スイッチ!!ヨンタナのお気に入り。

PM8:00
ベーシスト飯島氏「やっとエフェクターボックス組み込んだよ!」

DSC01536.jpg DSC00917_2014051815540779d.jpg

わおー! パワーサプライのブルーLED、がとても眩しいね!
しっかりとしたレイアウトで、ミニサイズボックスながらも上手く
収まっているね。ヨンタナオススメのEPブースターも入ってる。

今後は、フェンダーベースマンからのサウンドが、楽しみです。
1970年代の銀パネベーアンも健在! スペクター5弦ベース
から繰り出されるイイ音に期待!!

PM9:00
ジョーから電話で!成田空港から高速バスで向かっているよ。
少し遅くなるけど、よろしくね!じゃーさーボーカルのカルロス
山本さんがいるので、1、2ステージヤッテオクネ。

PM11:00
労働者の諸君!お疲れさん」てな感じでジョーが帰って来た。
いつものジョークでサントスに合流し、台北を満喫した話をMC
「○△※・・・・・・」わけのわからない中国語でMC、でもチャイナ
フレーバーたっぷり!!すかさずヨンタナ、チャイナサウンド。

客席も満席状態!サントス受けに受けて、お客様から飲物まで
いただき感謝!感謝!(笑)・・・・・・・とミニライブが終了。

PM12:00
打ち上げのでんすけ劇場へと場所を移す。

DSC01007_20140518161309741.jpg DSC01008_201405181613105b1.jpg

5月生まれのジョーとポンチョさんに、バースディプレゼントを
手渡すヨンタナ。お二人とも気に入ってくれて、ヨンタナ満足!
中身はナイショだよ。(笑)

DSC01485.jpg DSC01484.jpg

その後深夜まで、サントスのメンバーでワイワイガヤガヤ!!
何もかも忘れて楽しく過ごせた、サントスの面々でした。

それでは、また、アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

サントス リハ&太田市ジャズ喫茶Nでシーメ!!(ヨンタナの雑記)

2014年5月16日(金曜日)
HOLA!

DSC01517.jpg DSC01522.jpg

PM2:30
いやー!今日は、荒れ模様の天候、特に風が強く吹いていたね。
リハーサルのため、ポンチョさん宅に、行く途中での田園風景!
木々が風に大きくなびいていたよ。見上げる空はキレイだけど。

DSC01524.jpg DSC01523.jpg

PM3:00
JOEのお店に到着、すでにピアニストの内藤さん来ていたので
「いつもありがとサントス!」(笑)と声をかけていると、飯島氏も
到着、早速店内に入る。

DSC01526.jpg DSC01527.jpg

PM3:30
来週の演奏プログラムを、メンバーで「キャンプファイアー!」
しながらのミーティングを。スタート曲は、モンゴサンタマリアの
インスト曲、ネイキッド・イフ・ユーなんとか?(笑) 忘れたー!

PM4:00
ピアノのモンツーノから始まる、モンゴの軽快なラテンナンバー
テンポ=170 少し速めの曲で、コンガソロがウリ!からリハ。
途中ブレイクからピアノソロへの「オイシイ!!」パート部分を
念入りに、繰り返しリハする。

DSC01386.jpg DSC01385.jpg

続いて、後半部分の盛り上げコンガソロの「チョー美味しい!」
パートを練習。32小節にも及ぶ、ナガーイ コンガソロ!!
ポンチョさん、まだエンジンがかからない、どうして?
昼間で、ガソリンが入っていないからだね。(笑)

PM5:00
その後順次、プログラムに沿って、ウタ伴の9曲をリハーサルする。
海外旅行中でジョーがいないため、ウタのパートをギター&ピアノ
でメロ埋めながら、イメージング!練習。

PM6:30
ほぼ予定通り、リハプログラムを終了する。内藤さんと飯島氏は
所用のため、その後帰路へ。ヨンタナ「ハラへったー!ポンチョ
さん、ひまか?」「ひま!」(笑)・・・・・・

PM7:00
早速、食事に太田市までドライブ。目的のお店臨時休業!なのだ。
じゃー「ジャズ喫茶 N」にでも行こうと、ポンチョ。OK!OK!

DSC01530.jpg DSC01528.jpg

ジャズ喫茶って、久しぶり!最近、足運んでないゾーン。おそる
おそる店内に。二人でカンターへ坐りメニューを見てると、そこに
マスターからひと言「大した食事ないよー!」でビックリ。

DSC01532.jpg DSC01531.jpg

そこまでハッキリ言っていただき、おもしろい人柄だと直感した!
気さくな上、色々と音楽話をしてくれるマスター。なかなかの人物
とお見受けしたね。ジャー!ポークカレーお願い。

DSC01533.jpg DSC01534.jpg

ポンチョも、同じポークカレーとガソリン?お願いしまーす。(笑)

そこに、聴こえてきた「ウエスのロードソング」とても懐かしいー!
貴重なCTIレーベルアナログ版、なかなかのチョイス。GOOD!

やはりこの人、ただものではないね。ヨンタナの好きそーなLP
をそっとかけてくれたのだ。アルテックのスピーカーからウエス
のぶっといオクターブサウンド。久々に満喫できたヨンタナ。
(どうして、ヨンタナがギタリストって?・・・・・・)

DSC01529.jpg

PM9:00
そろそろ退散しよう!最後にマスターから「気楽にやっている店
なので、HPにも載っていないけど、公開練習レベルならいつでも
使っていいよ!うーん?ありがと。どう理解すべきかなー。

なーんて考えながら、帰路についた二人でした。明日には、
ジョーも帰国するので、いつものラテンナイト ミニライブの日。
その模様は、明日またアップするね。

※そうそう、かのラテンピアニスト小泉師匠が、館林市にお店
 オープンするらしいね。今週18日開店!詳細、後日アップ。

では、アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ライブ選曲の悩める舞台裏事情?(パーティーへ向けて!!)ヨンタナ雑記

2014年5月15日(木曜日)
HOLA!

DSC01509.jpg DSC01508.jpg
(ランドスケープ バラ:ピンク&ホワイト)

今日は、なんとなく空模様が怪しい!降りそうで降らない雨!
そろそろ入梅のシーズンになるのかなー。この季節になると
ヨンタナ花粉症になる。皆が終わってからの鼻ムズムズ!!

いつもどこかが違うヨンタナ、スタンダードでなくイレギュラー
異端児とかアウトロー?はたまた、変わり者!ナンテネ(笑)
常識の裏にある非常識が大切、そんな思考回路だからね。

DSC01513.jpg

音楽家なら当然な発想ですよね。例えば、コードCに対して
ドレミファソラシドしか浮かばない?それ常識派ですねー。
非常識派なら、その音階の間にある音をチョイスです。

一般的に言えば、常識の反対側にある「ホントーの常識
この考え方がミュージシャンにとっても、仕事をする人でも、
大切だと思うね。

さて、今日は、来週パーティーで演奏する、サントスの選曲を
どうしたものか?とても悩んでいる・・・・・・・
と言うのも、パーティー形式での演奏だから、普段と少し違う。

HIMG0268_20140515204912e38.jpg HIMG0293_20140515204914cf7.jpg
(ライブハウス:エスカフェ&マスターの清水氏とジミー)

今回は、久しぶりにエスカフェの清水さんも、サントスに
合流してくれる。愛器!「ギブソンのセミアコ」引っさげて
唄とギターで参戦するよ。

HIMG0304_20140515204917ee4.jpg HIMG0272_20140515204914d29.jpg
(清水氏のツインリバーブ&お店のマスコット?)

清水氏も使用するアンプ!「フェンダー&メサブギー」と
ヨンタナに似ているアンプ構成なのだ。銀パネのツインは
とても重いけど、軽々持ち上げる力持ちでもあるねー。(笑)

でも、清水氏は、とても繊細なボーカリストでギタリスト
その上、ベースもすごく上手いマルチのミュージシャン。
なんでサントスに?実はヨンタナと先輩後輩の間柄

元々、同じ音楽事務所に所属していて、一応ヨンタナが
センパイつーことに。腕前は、そのハンターイ!!(笑)
実は、年食ってる分だけ先輩なんだけどね。

ヤバイ!!いつもの脱線話が、相当長くなりそうなので、
選曲の話に戻ってと・・・・

DSC01377.jpg DSC01376.jpg DSC01375.jpg

今回サントスの唄バックバンドは、ピアニスト(内藤さん)、
E.ベース(飯島さん)、コンガ(ポンチョ膳さん)、E.ギター
(ヨンタナ&清水氏)のコンボ編成に、ジョーのウタ!!

DSC01383.jpg

概ね1時間通しのステージ、MC入れても10曲前後の
演奏になる予定なのだ。うーん?どうしようかなーと悩む。
選曲もリーダーの責任、盛り上げ方を間違うと・・・・・・・

明日は、そのリハ、PM3:00から予定。今日中に企画
済ませておかなければと、気ばかりが焦るけどなかなか
決まらないヨンタナ。テンポ・リズム・MC・キー等に加えて
フロントのボーカリスト2名の選曲。

まー!いいか!エイヤーの世界で、明日決めよーと。(笑)
何10回、何100回選曲やっても、とてもムズカシイのが
選曲ですね。そういう時は、フィーリングで行こう!!

・・・・・・てな感じで、リーダーの悩める舞台裏でした。

DSC01512.jpg

では、次回までアディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ギターアンプ あれこれ!フェンダー&メサブギー対決! (ヨンタナの雑記)

2014年5月14日(水曜日)
HOLA!

久しぶりに、ギターアンプ あれこれ!
フェンダーとブギーの対決」みたいな感じでアップ!
※アンプ興味ない方には、たいへん恐縮でーす。

HIMG0179.jpg HIMG0168.jpg
(メサ/ブギー TA-30)

HIMG0214.jpg HIMG0216.jpg
(フェンダー/デラックス・リバーブ)

ミュージシャンにとって、ギターと同じ位重要な位置づけが
ギターアンプだと思うヨンタナです。

古き良き時代からあるのが、ご存知フェンダーのアンプ

とても素直なサウンドで定評があり、あらゆるジャンルで
使用されてきたね。現在も、フェンダーアンプの愛好者は
多いいような気がします。

ツインリバーブやプロリバーブ・スーパーリバーブなどは、
必ずナントカ「ちょめちょめリバーブ」が名前に付いている
フェンダーのアンプ。このスプリングリバーブがイイ!!

真空管で駆動するフェンダーのリバーブ、捨てがたい程
残響がキレイにかかる。そこが好きで愛用者も多いいね。
(※一部のアンプでは、真空管でないタイプあるよ。)

一方、サンタナと言えば「メサ/ブギー!(マークⅠ)」って
感じで、サンタナの代名詞みたいな存在のメサブギー。
つい最近では、限定生産の「KING SNAKE」も発売に
なったみたいで、ブギーファンなら垂涎の的!!

市場実勢価格 376,000円と少し高めなキングスネーク
10W・60W・100Wの出力切替付きで、パーワー部に
6L6GCを搭載、ただ25kgと重たそうですね。
(実物の写真、まだないけどね・・・・スンマソン)


HIMG0243.jpg HIMG0193_20140514221900b75.jpg
(6L6GC搭載ブギー) (EL84搭載のブギー)

さて、ヨンタナ所有のブギー達ですが、まったくの別物。
サンタナサウンド求めるなら、同じような音は期待薄!
マークⅠとは全然違うね。勿論お値段が・・・・・

そんな訳で、「キャリバー50+とスタジオキャリバー」を
手に入れたのは、サンタナサウンド求めてではないよ。

元々、フェンダーアンプがすごく好きなんだけど、あまり
クセがない。そこがいい所かもしれないけど。

なんか足りない気がして、ブギーに走って見た訳!!
クリーンでいて少しダークな感じ?そんなイメージを
期待してのゲット。サントスは、唄モノが主体なので色々
なギターサウンドを要求されるからね。

ブギーの中でも、TA-30はヨンタナのイメージに近い。
現在は、色々なサウンドを試している最中。
このブギーアンプ、繊細であらゆるサウンドキャラある。
(もう少し時間かけてから、実戦投入・・・・・)

RIMG0080_201405142245542cc.jpg RIMG0105_201405142246502a0.jpg
(ホットロッド:デラックス)(ブルースデラックス)

同じフェンダーアンプでも、ツイード系のエコノミー
クラス!(笑)
、ホットロッドやブルースデラックス
ヨンタナのイメージに近いサウンドするね。

40Wクラスとは思えない位、デカイ音がするアンプ
重さも20kg前後と比較的軽め。この2台をステレオ
で鳴らすと「どんな感じかなー?」まだ試してない。

DSC00916_20140514230111a28.jpg
(ピービーとミュージックマン)

ヨンタナサウンド、基本2台の別アンプで音つくり!!
普通は、同じアンプ鳴らすのが、スタンダードかもね。
でも、ヨンタナ違うアンプをミックスして、オリジナルな
サウンドずーっと!求めてる。

決してアンプマニアでなく、ただ飽きっぽい性格?(笑)
(まー!そこそこ当たってるけどね。)

・・・と今回は、フェンダー対ブギーのアンプあれこれ!
勝手気ままに、ヨンタナの感想アップしてみました。

では、次回また。アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

圏央道 狭山SAで茶そば! 食べてきたぞー!(+ヨンタナ PRS雑記)

2014年5月13日(火曜日)
HOLA!

今日も、北関東道-関越道-圏央道-八王子バイパス
から相模原行き!のヨンタナ

行く途中「圏央道-狭山サービスエリア」で、昼食です。
上り方面SAに寄るのは、今回が初めてなので・・・・・
おや?下りSAと違って、茶そばコーナーが見当たらない。

DSC01488.jpg DSC01496.jpg

こっちはコンビニタイプでした。仕方なく「おいなりさん」
と「おーいお茶!」を買って、店外のベンチで昼食。

DSC01491.jpg

ここは狭山茶で有名な場所。静岡茶・宇治茶と並んで
日本3大茶」色は静岡茶、香りは宇治茶、味は狭山茶!
ナンテ言うらしいね。

DSC01489.jpg DSC01495.jpg

右写真の遠くに見えるのが茶畑!かなー?

DSC01494.jpg

ツツジもキレイですね。夏みたいな気候なので、野外
キモチイイ!!

そして、いきなり帰路の圏央道狭山サービスエリア!
茶そば喰らって来たぞー!!

DSC01498.jpg DSC01497.jpg

天ぷらとポテトサラダは、オプションでチョイスした。
割とシンプルな味!茶の香りは少な目。物足りなさを
感じながらも完食!!でした。

DSC01502.jpg DSC01500_2014051322450074c.jpg

店の外は、昼間と違って「ヒンヤリ!」少し涼しいね。
お腹がイッパイですが、早々に狭山SAを後に帰路
圏央道-鶴ヶ島JC-関越道-北関東道をひた走り!

DSC01503.jpg DSC01505.jpg

自宅では、「PRS SE」が弾くのを待ち焦がれていた。
ポールリードスミスの廉価版モデル!カスタムと違って
値段がとても安いね。でも、しっかり作られている。

サンタナが使っていて、超有名になったPRSギター!
ヨンタナも気分は、「カルロス・サンタナ」なんてね。(笑)

DSC01504.jpg

哀愁のヨーロッパやブラックマジックウーマンなどの
ヒット曲を連発した「サンタナ」ですが、これらの曲は
ラテンの「ソン(SON)形式」を取り入れているので
オドロキです。

ラテンロックのイメージが強いサンタナですが、実は
伝統的なキューバサウンド形式も、重んじているね。
曲の前半と後半で「ノリ方が異なるソン!!」

HIMG0196.jpg

たとえば、哀愁のヨーロッパですが・・・(key=Cm
前半:Fm7-B♭7-E♭maj7-A♭maj7~と4度進行
するメロディアスラインに対し、一方・・・

後半:Cm7-Fm7と繰り返しながら、ダンサブルな
リズムへ変化する「ソン!」形式になっているね。

RIMG0062.jpg

この辺が、サンタナバンドのすごいところ!と言うか
本物志向と言うべきかわからないけど、新しいモノ
と古いモノのブレンド感覚
が絶妙ですね。

そんな風に「フレキシブルな着想!」が持てればイイ。
ギター弾きにも、とても参考となる考え方です!!
常識と非常識を行ったり来たりとか、緩急自在とか・・

物事の原理原則をよく理解してるサンタナ!
ヨンタナの原則:反対にある物は同質!右脳-左脳
ミタイニ、ふたつで1つ。クリエイティブな音楽の世界
柔軟な発想やアイデアが生かされないとね。

DSC01490.jpg DSC01501.jpg

では、これでオシマイとします。次回まで・・・・・
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

スマークでショッピング&コーヒーブレイク!(+ヨンタナの自己練!雑記) 

2014年5月12日(月曜日)
HOLA!

DSC01480.jpg

どんよりとした空、月曜のアフタヌーン!
バンドメンバーの二人が誕生日、贈り物ショッピングに
スマークへ。ボーカルのジョー&ポンチョ 5月生まれ。

DSC01383.jpg DSC01375.jpg

何をプレゼントしたらいいのか?毎年ヨンタナ悩むね。
まーそこが楽しいってこともあるけど。今年は、バンド
カラー「ブラック」がコンセプト!!

バンドリーダーの特権、ヨンタナが好きなカラー「黒!」
ジョーから一言「リーダー黒好きだねー」

DSC01482.jpg DSCN1077.jpg

そんな感じで、お二人に似合いそうなプレゼントの黒
ショッピング開始。2Fには紳士モノのショップが多い。
まずは、ヨンタナがお気に入りの「ikka(イッカ)」から
探してみよう。

DSC01484.jpg
(ポンチョへの贈り物)

ブラックの感じいいシャツ!一発で決定だ。いつもの
ヨンタナ流、衝動買い!!中身はお楽しみー。(笑)

さて、次は紳士服にとてもウルサイ「ジョーの贈り物」
2Fをいったりきたり、うーん?とてもムズカシイ!
とりあえず腹減ったので、メシにしてから再開だ。

DSC01476.jpg

早々にフードコートの「ペッパー警部!」(笑)でなく、
ペッパーランチで、サーロインステーキ150gを喰らう
ことにしたね。ランチに1,080円、チョット高めだなー。

いよいよショッピング再開。MALE&CO.(メルコ)
で探していると、あったあった!ジョーに似合いそうな
ブラックモノ!!OK!OK!レノマだし即買いだ。

DSC01485.jpg

これで予定のプレゼント達成!そろそろスモーキング
タイム、行きつけのスタバへ直行

DSC01479.jpg DSC01481.jpg

キリンの見える屋外で、スタバのアイスコーヒー飲み
ながらの一服!これが一番好きな時間だね。
何も考えずに「ボー!」とするひと時って、脳みその
アイドリング。(喫煙は健康的でないけどね・・・)

DSC01403.jpg
(夕方のスタバ:キリンが目印)

そろそろ小雨になりそうなので、スマークを後に帰宅。
案の定、車のフロントガラスにポツリポツリ!小雨が。

帰宅するとすぐに「日課のギタ練!」スタートなのだ。
今日の個人練習、ブラックのストラトで弾きたい気分
ローズ指板のメキシコストラト、ストレートなフェンダー
サウンド!!ブギーTA-30にプラグイン。

DSC01483.jpg DSC01487.jpg

今日のメニューは、リットーミュージック発行の教則
から4小節「ファイト!一発!」CMではなくて(笑)
Am7一発!」のドリアンスケールのフレーズ。

3連符だけのドリアンフレーズ!(ページ25)意外に
ムズカシイぞ!1時間位でマスター、その後キーをAm
からGm・Bm・Cmに変えながら、実戦用に応用だ!

この教則、小川智也せんせーい著、CD付きなので
ワカリやすいし実戦向きですね。オススメの1冊!!
ロックするにもラテンするにしても、ジャズは許容
範囲が広いので、やってソンないと思う。

DSC01486.jpg
(定価 1,800円)

4小節単位ってのが、ミソはなまるき!ナノダ(笑)
(とても古いギャグでスンマソン、なんてね。)

冗談はともかく、ブルース・R&B・ファンク・ラテン
フュージョンなどのミュージックするなら、ジャズが
ものすごくお手本になるよね。


表現力アップには、絶対欠かせないし、譜面にも
自然に強くなれるメリットもある。

ぜひ、それぞれにフィットする教則本を、探すことも
トライしてみてね。探すこともミュージシャンとしての
たしなみ?ナンチャッテ!!

DSC01478.jpg DSC01474.jpg

では、今回はこれでオシマイ。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きギタリスト
ヨンタナです。4649ね!
※現在、演奏活動休止中。

最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

えでぃ草子 ~遠州写真日記~

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR