FC2ブログ
コンテントヘッダー

エレキのボディやネックの材質が!サウンドに与える影響って?(まとめ)

2014年5月23日(土曜日)
HOLA!

エレキギターのあれこれ(考察)!前回は、「メキシコ製ストラト
について、ヨンタナの使用感想を少しアップしたね。

RIMG0011_20140521221120733.jpg DSC01617.jpg

ところで、エレキギター(ソリッド)のサウンドって、ネックやボディ
の材質にどの程度影響受けるのか?非常識派のヨンタナ、そこ
ハッキリしてなかったなー。いつものスンマソン!(笑)

DSC01704.jpg DSC00783_20140524215525045.jpg

まず、エレキギターの出音については、様々な要因が絡むので
そこを整理した上で・・・・・(1)ギター(2)アンプ(3)エフェクター
(4)その人の弾き方等、大別するとすれば、そんな感じかな!

その中でも「ギターアンプ」と「その人の弾き方」がサウンド面
に大きな影響があると、常々思っているヨンタナです。
それを踏まえたうえで、エレキギターと材質(木材)の関係を!


RIMG0040.jpg RIMG0031.jpg
(フロントピックアップ) (リアーピックアップ)

そもそも、電気楽器であるエレキギターは、磁石と同じ特性
ピックアップ(マイクみたいなモノ)が、弦を弾いた時の弦振動
を拾って、ギターアンプへと出音される仕組みですね。

物理的に言えば、ネックやボディの材質は「関係ないねー!」
のひと言で終わってしまいます。(笑)確かに、金属や樹脂
で製造されたギターも、最近は発売されていますけど。


DSC00916_20140514230111a28.jpg DSC01527.jpg

でもねー!エレキギターのほとんどが、今でも木材で作られて
いるよね。100%ネックやボディの材質が、音に影響しないなら
森林資源を守るためにも、金属や樹脂を使うハズ・・・・・・・・・・

エコ重視の世の中!割り箸1本だって大切に使う時代ですよ。
エレキギター等に、こんなに沢山の木材使っていいのかなー?
ナンテ、ちょっと気が引けるところもある、ヨンタナだけど。(笑)

そうなんです!1950~1970年頃の時代って、エコでないんです。
たとえば、レスポールは、マホガニーって木材使っているけど
その当時、とても手に入りやすかった材なんですねー。(きっと)

DSC01296_20140524223756c0a.jpg DSC01306_201405242237585e8.jpg
(トップ材:メイプル/バック材:マホガニー)

現代で言えば「流通チャネル」みたいな、材の仕入れが容易
だからマホガニー、その上加工しやすい材質。そんな想像が
なんとなく目に浮かぶねー。(ヨンタナの憶測範囲ですが・・・)

ヨンタナの私見を言えば、製造サイドの要求を満たす原材料
として、当時マホガニー・アッシュ・アルダーが多かったのでは?
その製造過程で、材質に合うピックアップが研究開発された・・・

たとえば、マホガニーなら材質柔らかいが、音が小さいので
ダブルコイル(ハム)がセットアップされ、一方のアルダーでは、
硬いけど、比較的音大きいので、シングルコイルを搭載・・・・・

DSC01704.jpg DSC01655.jpg

その結果、ギブソン・フェンダーそれぞれ個性的なサウンド
として定着したような気がするけどね。(個体差はあるよ)

じゃー!ネックやボディの材質がエレキギターのサウンドに
どの位の割合で、影響を与えるのだろうか?ネット検索して
も主観での意見が多く、相当にバラバラでしたね。

ネックの材質が70%、ボディとネックで50%:50%等、その
割合は様々でしたね。ホントニ!日本人のスペック好きや
ブランド志向は、世界一かもね。それも楽しい人生だねー。


でも、製造者サイドに目を向けると、ここら辺の事は重要!
ノウハウの中心でもあり、丸秘中の丸秘「企業秘密かも」
だから、計測器のあるプロしかワカラナイなんて事も!(笑)

・・・・結論から言えば、少なからずネックやボディの材質が
サウンド面に影響を与えているハズですね。そのほかに、
ブリッジやペグを含めて色々なパーツが絡むね。


その中でも最大なのが「ピックアップ」ではないでしょうか?
ピックアップ交換で、かなりのサウンド変化があるでしょう。
ダンカンやディマジオなど、様々なタイプのモノがあるね。


以上、色々なことを書きましたが、要は「フィーリングが大事!」
ギターアンプの研究や弾き方の工夫で、どのようにも変化する
可能性があるエレキサウンドです。

今お持ちのギターやこれから購入するギターで、楽しく演奏
できるようにすることだと思います。飽きたら、新しいギター
買いましょう
。これって、ヨンタナ病と同じですけどね!(笑)
(だから高価なギター持ってないんですけど・・・・・)

HIMG0020_20140524232724b43.jpg DSCN1755_20140524232723934.jpg


では、次回まで、アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

メキシコ製ストラトって、使えるヤツか!(ヨンタナ感想#3)

2014年5月24日(土曜日)
HOLA!

DSC01685.jpg

昨日のステージでは、メキシコ製ストラトG-5で演奏したよー。
今回のテーマである「メキシコ製のストラト!」って使えるヤツ?
感想書くにあたって、実際のステージで使ってみないとね。

DSC01655.jpg DSC01657.jpg

さて、FENDER社の変遷について、少し触れてみましょうか。
現在のフェンダーは、日本の山野楽器さん・神田商会さんが
それぞれ14%弱の資本を注入している状況ですねー。

アメリカに本社とコロナ工場、メキシコにエンセナダ工場が
あって、従業員数2800人くらいとネットに記載があったよ。

DSC01704.jpg DSC01705.jpg
(ブレードのテレキャスター:アクティブ)

1950年 フェンダーがブロードキャスターを発表したんだけど、
グレッチ社のドラムと同名つーことで、1951年 テレキャスター
に変更しているらしい。その後、テレの改良版ストラト発表。

この時代のフェンダーギターは、ご存知ビンテージものとして
現在でも、とても高価なギターになっていますね。
ボブディランの1964年製は、おおよそ9930万円で売れたとか。

1965年 CBS社に売却、1980年には、一時ストラトの生産も
中止したとか。いやいや会社の経営ってタイヘンなんだねー。

1982年には、フジゲン・山野楽器・神田商会が資本支援で、
1985年 フジゲンの技術支援、1987年 フジゲンの杉本氏
の協力で、メキシコ工場もスタートしたとか・・・・・

RIMG0011_20140521221120733.jpg

なんで変遷書いたかと言うと、メキシコ製ギターは、日本の
優れた技術やノウハウが、相当入っているって言いたい。

因みに、メキシコ製ストラトG-5は、シングルコイルなのに
ノイズが全然しない!。シングルコイルの場合、廉価版だと
けっこうノイズ乗って「ジー!ジー!」対策タイヘン。

DSCN1752_20140521220901c91.jpg DSCN1757.jpg
(昔のフェンダージャパン:ノイズ意外に出るねー)

昨日のステージでも、G-5ならまったくノイズ出なかったよ。
モデリングのストラト音選択なら、完璧なまでにノイズレス
これってスゴイコトですね。品質管理が徹底してる?・・・・・

DSC01658.jpg DSC01669.jpg
(シールド挿すと青いランプ点灯してオン)

メキシコ製でも充分にイケル!結論から言えば、使えるヤツ!
の部類に入るね。サウンド面、割とシンプルなストラトですね。
まーモデリング搭載なので、イロイロなサウンド出せるけど。

実際のところ、ヨンタナモデリング使いません。弾きやすさや
ストレートなストラトサウンドがお気に入りのG-5。
今のところ、モデリングは、宅録用としての活用範囲に限定。

・・・・とフェンダーメキシコ製ギターについて書いて見ました。

ヨンタナ所有のメキシコ製3台(ストラト2台・テレ1台)ともに
かなり使えるヤツと思っていますが、所詮は好みでしょうか
USA製やジャパン製であっても、自分の好きなサウンドが
予算内で出せるならOK!だと思うヨンタナです。


※ただし、ギター全体に優れたコンディションを求めるなら、
それなりの出費を覚悟する必要がありますが・・・・・・・・・
(色・ペグ・ネック・チューニング精度・パーツ類などなど)

では、今回はこれでオシマイです。アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!




このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR