FC2ブログ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!アドリブソロへの道(ジャンプステージ)#1

2014年8月2日(土曜日)
HOLA!

昨夜の上州カミナリ!尋常ではなかった。
雨風もとても強く、台風並みでしたね。
お陰さまで、寝苦しい夜が解消され、グーグー!


★さて、楽しく学ぶ「アドリブソロへの道」もジャンプ
ステージ突入となります。

DSC02757_2014072423081639b.jpg
(7/24 練習風景)

少人数のコンボバンドでは、演奏者のアドリブソロが
必ずつき物です。演奏する側も聴く側も「即興演奏」
を含めて、ゴキゲンな音楽を楽しむことができます。

勿論、シンプルなメロディーを奏でることやボーカル
をサポートする地味なバック演奏も、音楽には欠か
せない大事な部分ですね。(裏方としての役割)

DSC02756.jpg
(ボーカルのバックバンド)


でも、時には、プレヤーとしての自己主張を通して、
メンバーや聴く側とのコミュニケーションが必要に
なることもあると思います。(主役としての役割)

そんな自己主張できる場面の1つが、アドリブソロ
ではないでしょうか。8小節・16小節・32小節等の
中で、唯一自分が自由に解釈できる場面です。

DSC02865.jpg
(コンガソロもやっちゃうジョー!)


★そんな自由な空間を埋める為には、ある程度の
知恵と経験が必要となります。特に、ギタリストや
ベーシストの場合、コードに関しての知恵が不可欠。

今回は、その知恵のお手伝いが、少しでもできれば
いいなー!と思い「コード進行や分析」にテーマを
絞ってみました。なるべくわかり易く、やるつもり!

DSC02936.jpg
(なるべくカンタンにね!お願いしまーす!)


★では、今回は、スタンダードの名曲で1931年頃に
発売された「オールオブミー」(All of Me)のコード
進行について、実戦でも使えるよう進めてみます。


◇基本設定:KEY=C(調号なし)/Aメロの16小節
を4つの部分(4小節×4)に分けて、解説します。
※なお、サントスのジョーや清水さんは、このキーで
唄ってますよ。

DSC02974.jpg
(オールオブミーのコード譜)


★まずは、KEY=Cにおけるダイアトニックコードを
復習しておきましょう。併せて、関係キーのAマイナー
も覚えて行くことにします。

DSC02975.jpg
(ダイアトニックコード)

(1)Cの主なダイアトニックコード
  ・T(Cmaj7)/SD(Fmaj7)/D(G7)

(2)Amの主なダイアトニックコード
  ・T(Am7)/SD(Dm7)/D(※E7)

※マイナーは3種類のスケールが存在するので、
ダイアトニックも3つあるよ!とだけ押さえて。

DSC02974.jpg

★最初の4小節①(C→C→E7→E7)の解説です。

1)この曲は、同じコードが、2小節単位で連続してる
 珍しいコードパターンですので、この特徴をしっかり
 押さえておきましょう。(譜面を暗譜する為の知恵1


2)最初の2小節は、C→Cとトニックコードが連続


3)次の3・4小節には、「E7」というKEY=Cにおける
 ノンダイアトニックコードが、イキナリ出現!!
 ここは、絶対に押さえておきます。(※知恵2

※E7というコードは、KEY=Cには属さないコードで
7th(セブンス)系のコード!?


★果たして、E7には、どんな意図があるのでしょうか?
シンキングタイム???(死語でしたね・・・笑)

DSC02976.jpg
(好きなラテンピアニスト:MICHEL CAMILO)



★じゃーん!いつものQ&A形式で、正解を解説するね。


井上氏:「まず、Cはトニックコードですから、どんなコード
へも進行可能ですよね。そして、E7というセブンスコード
のカタチですから、ドミナントセブンの機能を持っている?」

ヨンタナ:「でも、Cのダイアトニックではないけど!?」


井上氏:「あ!そうか!一時的に転調してるんですね。
そう考えれば、E7は、キーAかAmのドミナントになる。」


ヨンタナ:「スバラシイ!その通りですね。ハナマル!(笑)
そこに着目できれば、E7の次に来るコードも予測可能」

DSC02978.jpg
(好きなラテンコンガリスト:RAY BARRETTO)



★今回の①は、一時転調のキッカケコードである”E7”
(セカンダリードミナントコードと呼ぶ)に目を向けてね。

◇今後は、この知恵さえあれば、コード譜を見ただけで、
カンタンに暗譜したり、コードへの対応ができちゃいます。

とても便利な知恵1・2なんで、しっかりマスターしておくと、
スッキリして余裕が生まれ、ゴキゲンなプレーが!!


<今回①まとめ>

同じコードが2小節連続する特徴と、セブンスコード
着眼するだけで、コード進行がスッキリ見えてくるよ。
(譜面を渡されたら、必ずポイントコードにマークして、
考えるクセを身につけようね。演奏の幅広がるー!)


今回は、ここまでとして、次回4小節②をやるね。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR