FC2ブログ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!音楽の基礎(ブルース編)#4 &ギターアンプ!

2014年8月21日(木曜日)
HOLA!

DSC03347.jpg DSC03345.jpg
(FENDER HOT ROD DELUXE!)

エレキでブルースをやるには、やっぱりアメリカ製のアンプが似合うね。
ブルースギターの大御所「ロベンフォード様!」もフェンダー系アンプを
使っているシーンを多く見かけるよ。

ヨンタナが所有する中でも、ブルースやるならコイツしかないと思う位。


DSC03348.jpg DSC03353.jpg

チューブアンプで、エミネンス製の30cmスピーカーが1発入り。

DSC03359.jpg DSC03354.jpg

パワー管は、GT製の6L6GC×2本、プリ管も同社製12AX7を
3本搭載してる40Wタイプなんだ。(リバーブはチューブでないよ)


ギターを、コイツに直プラグインして弾くと、正にブルースって感じ!
これ2ボリュームタイプなんで、クリアーにセットして弾いてもいいし、
軽く歪ませて、ギター側で歪み量をコントロールもイイネ。

DSC03365.jpg DSC03360.jpg
(2インプット/2チャンネル/マスターVあり)


どんなに美味しいブルースフレーズを弾いても、ギターサウンドが
しっかりイイ音で鳴っていないと、下手に聴こえるから不思議だね。

ギターアンプ選びとアンプのサウンド調整には、時間をタップリと
かけて慎重にやろう。音量・音質・歪み量のバランスを決めること
もプレーヤーの大事なテクなんだ。

DSC03361.jpg DSC03362.jpg

アンプのサウンド調整が甘いと、本番で本領を発揮できない!!
そんなことにもなりかねないね。日頃からマイアンプの研究を惜し
まずやって、最適なサウンドポイントを知っておこう!!



★さて、楽しく学ぶ!ブルース編の4回目は、ブルースコードへの
「基本的なフレーズアプローチ」をやってみます。

ブルースコードだけでなく、他の楽曲にも充分活かせるアプローチ
の基礎理論なんで、覚えておいてソンはないかも。


◇今回の設定:F7→B♭7→F7と進行するコードへの音選び

DSC03344.jpg DSC03342.jpg
(図1:コード間を連結) (図2:全体像のアプローチ)


準備1:コードの分解(構成音)と基本音・・・KEY=F

F7(ファ・ラ・ド・♭ミ)/B♭7(♭シ・レ・ファ・ラ)が、それぞれの
コードトーンですね。度数で言えば、1度(R)・3度・5度・7度


その中でも、コードを決定する一番基本な音が、1度(R)と3度
の2つですね。(押さえておこう!)
コードの根っこにあたる「ルート音」と、調性を決める3度音の2つ。

DSC03355.jpg DSC03356.jpg
(左SW:チャンネル切替/右SW:歪み量の切替)


準備2:次のコード(B♭7)のどの音に連結!

1小節目のF7から2小節目のB♭7へと進行する場合、どの音
からスタートして
、次のコードへ連結(解決)すれば、いいのか?


◇F7のスタート音を、1度(R)音とした場合・・・

DSC03341.jpg DSC03344.jpg
(基本ライン:上行/下行)(R→R・3・5・7へ)

R→2小節目(B♭7)のR・3・5・7度の4音が選択(連結)できる。


◇その中でも一番シンプルな「R→R」(ルート音からルート音へ)
1・5度しか弾かないベーシストなら、得意中の得意ワザ!
ですけどね!?・・・・ウフフ?(笑)

DSC03363.jpg DSC03364.jpg
(エフェクトループ端子)(スタンバイSW!大事)


準備3:連結の基本ラインを考える

DSC03343.jpg

上がってゆくのか、下降してゆくのか、上下させるのか?
その基本ラインをしっかり決めて、R→Rの音を連結しましょう。

このライン取りの考え方は、ジャズの「ウォーキングベース」
参考にしたものです。(ベーシストなら朝飯前!?)


DSC03338.jpg
(上行ラインR→Rの参考例:F7→B♭7→F7)


それでは、今回はここまでとして、次回この続きをやる予定です。
お楽しみにね!

じゃー!アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!音楽の基礎(ブルース編)#3

2014年8月21日(木曜日)
HOLA!

DSC03319.jpg DSC03320.jpg
(7/20上州の空には、上昇気流が発生)

今回、広島市で発生した豪雨による土砂大災害!
多くの尊い命が・・・・・・・・ご冥福をお祈り申し上げます。


今日(7/20)も上州は暑かった!北の空を見上げると、大きな雲が。
ときおり、稲妻が走って「ピカ!ゴロゴロ!」
そろそろ雨が降ってくるのかなー!?と思っていたが・・・・・

DSC03321.jpg DSC03322.jpg
(みるみる成長した積乱雲!)

幸いにも、雷雨もなく通り過ぎていった積乱雲でした。



★さて、楽しく学ぶ!ブルースの続編、3回目をやろうと思います。

DSC03332_20140820225732899.jpg
(少し手を入れた進行②)

KEY=F
トニックコード(F7)、サブドミナント(B♭7)、ドミナント(C7)で構成
された12小節のブルースコード進行。

これに付加できる一般的なテンションは、9th/#9th/13thなどなど。
ナインス系なら、F7(9)/B♭7(9)/C7(+9)と付加することも可能!
(ドミナントC7には、#9thがキマル!)

これらのテンションを加えると、少しジャズブルース寄りのサウンドに。



★そういえば、マイクスターンさんが愛用している「ヤマハテレキャス」
ジャズブルース系サウンドには、最適かも知れませんね。

DSC03335.jpg DSC03333.jpg
(マイクスターン)(ヤマハ/パシフィカ)

普通、ガチガチのカントリーブルース弾くなら、フェンダーテレキャス
なんかの方が向いていると思うけど、マイクスターンさんの愛器は
ヤマハのテレキャスパシフィカ(マイクスターンモデル)

このモデルをよく見ると、ピックアップはダンカン’59とホットレイルの
組合せで、ダブルコイルですね。シングルのテレキャスより甘い音が
出せるタイプですね。


ヨンタナも、フェンダーテレキャス・シンラインモデルを使うんですが、
なんとなく、マイクスターンさんがダブルコイル搭載テレを使う理由
わかるような気がしますね。(ジャズとロックの中間的な音)

DSC03325.jpg RIMG0030.jpg
(後ろがテレシンライン) (右がタップ付きテレ)


★それと、ジャズブルースのウタとピアノが、カッコよくてステキな
ダイアナ・クラールさん」も、ヨンタナ大好きですね。

DSC03337.jpg
(DIANA KRALL)

カナダ出身のピアニストですけど、唄もとてもイカシテテ!ゴキゲン!
1999年のグラミー賞にノミネートされて、一躍知れ渡ったプレーヤー
(因みに、その年のグラミー賞はサンタナでしたけどね・・・笑)


ヨンタナが最初に聴いたのが、どこかのライブ版DVDでブルースを
唄ってピアノ弾いているダイアナさん、その後、2009年に発売された
CD「THE LOOK OF LOVE」の ♪ベサメムーチョ♪ でしたね。
(ラテンナンバーもイイネ!)

お二人とも、どちらかと言えば、ジャズブルース寄りのプレーヤー!



★そこで、今回のブルース編は、ジャズよりのコードタイプをいくつか
参考に乗せておきますね。

DSC03328.jpg
(タイプ1:B♭m7(9)が特徴的)

DSC03329.jpg
(タイプ2:テンション付加)

DSC03330.jpg
(タイプ3:F7でなくFmaj7)

DSC03331.jpg
(タイプ4:マイナーブルース KEY=Am)

タイプ3は、どこかで見たような進行ですね。酒バラに近いコード
ですが、12小節とブルースになっているところが、オモシロイ!



★このように、ブルースコードは、音楽基礎理論を覚えるには便利。
その上、アドリブやフレーズ練習にも最適なパターンです。

バッキングシステム等を活用して、イロイロなブルースパターンを
繰り返し練習することを、オススメしますね。



では、これでオシマイとします。アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR