FC2ブログ
コンテントヘッダー

ポストモダン・ミュージックって、なんだろうね?(音楽の変遷)#1 &かつ花!

2014年9月10日(水曜日)
HOLA!

DSC03758.jpg DSC03759.jpg

ヨンタナ、無性にトンカツが喰いたくなる時がある。それもヒレカツでなくて
脂の乗ったロースカツが大好きですね。
そんな訳で、今日の夕食は、「かつはな亭」へと向かった。

DSC03768.jpg DSC03766.jpg

店内で待ち受けてる猫ちゃんから「いらっしゃいニャン!どーぞ奥へ」とか
言われそうな雰囲気だ。(笑)夕方早めの時間帯なんで、余り混んでない。

DSC03761.jpg DSC03764.jpg

ゴマをすり・すり!しながら待っていると、オーダーした海老とロースカツ
が早々席に着いた。(笑)美味しそうだ!早速、大きな海老からパクリ!
柔らかくて、衣のサクサク感と相まって極上の味、続いてロースカツ・・・・

DSC03763.jpg DSC03765.jpg

う~ん!ロースカツもジューシーでイイ。待ち望んでいたせいか、ガツガツ
食べてしまった。それに、シジミ入りの赤だし味噌汁も、久しぶりに飲んだ。

DSC03769.jpg DSC03767.jpg

腹いっぱいになって、満足!「また来てニャン!」とか言われながら、外に
出ると、少し暗くなっていた。秋が近い夕暮れ時、ど田舎の新鮮な空気を
目イッパイ吸って帰路へと・・・・(笑)



◇さて、昨日ベーシストの飯島氏より「ポストモダン・ジュークボックス」って
バンドがゴキゲンだよのメールあり。早速、YOU TUBEで検索して拝見!

 DSC03674.jpg
(ギブソンフルアコのL5/レトロだねー)

◇なるほど!レトロ感たっぷりで、最近の「POP MUSIC」をアレンジした
カバーバンドなんですね。OLD&NEWでチャップリンやアルカポネの時代
を彷彿とさせるバンド、そんなイメージかなー!?
※サントス自信がすでにトトロ?・・・レトロですねー(爆笑)


◇ワカンナイ!で有名な「ローラちゃん」、カナダ出身のシンガーソング
ライターのカーリー・レイ・ジェンプセンが唄う「CALL ME MAYBE!」
をパロディ・ビデオでカバーしてる曲想も、ポストモダンだと思うヨンターナ。


DSC03685.jpg
(ソフトなイメージもポストモダンかも?)


◇ヨンタナ思うに、ポストモダンの時代背景は、1920年~1980年代までの
洋楽黄金期がベースで、それに現代的なポップミュージックをアレンジして
乗せたカバー音楽と感じたね。


・・・・・・・・と言うことで、1920年代頃に遡って「音楽の変遷」シリーズでも
やろうかな!エヘ!(笑) 次回までに、その辺のネタ仕入れてきますね。




レトロなブギーアンプと悪戦苦闘!するヨンタナ>(参考記事)

DSC03717.jpg DSC03729.jpg
(メサブギー スタジオキャリバー 20w)


◇レトロと言えるほど古くはないが、1980年代頃のチューブギターアンプは、
とても扱いがヤッカイ!」(これも死語ですね・・・笑)


◇過去2回ほど楽器屋にメンテナンス出しているが、この「黒ニャンニャン
(猫好きなヨンタナなんで・・・笑)、またどこか調子が悪いニャン!なんです。

DSC03726.jpg DSC03727.jpg


◇チューブは、全数新品に取り替えてあるけど、音が急に小さくなったりで
とてもヤッカイ!(ハイ死語ですね)、腹が痛いのか頭が痛いのか?
ニャン語でもいいから「ここが痛いニャン!」とでも言って欲しいニャン。(笑)


DSC03725.jpg DSC03741.jpg DSC03739.jpg
(パワー部/EL84×2) (プリ部:12AX7×6) (最高品質のSTR)


◇古いギターアンプを購入する際には、メンテ費用がカサムことを念頭に
入れておいた方がいいようです。ご参考までに書いてみました。



じゃー!今回はここまでとし、次回から音楽の変遷シリーズをブチ猫!?
・・・・でなくて、ブチかますニャン。アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!


スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

カルロス・サンタナストーリー!(ヨンタナ感想)#3 &満月!

2014年9月9日(火曜日)
HOLA!

DSC03785.jpg DSC03789.jpg

昨日の中秋の名月は、雲がかかって見えなかったけど、今宵は満月!
ガットギターで、サンタナの「ムーンフラワー」なんか弾いたら合いそう。

DSC03791.jpg DSC03786.jpg

さっきまで、ジョー☆サントスのBチーム「JB★サントス!」の練習を
カルロス山本氏のスタジオで。ヨンタナ、今日の練習は、山本氏から
借りたヤマハのガットギターで弾きまくったよ。(笑)

DSC03788.jpg DSC03790.jpg

アンパンマン井上氏も、小型のベーアン持参で練習に参加、それに
トミーもカホーンを持って参加してくれた。

DSC02849.jpg
(フィガロでのトミー)



さて、それでは月見もできたことなので、「カルロス・サンタナストーリー!」
の続きをやりましょうか・・・・

DSC03673.jpg


サンタナがメジャーとなった経緯

◇1969年8月15~17日 米国NYで行われた「ウッドストックフェスティバル」
(WOODSTOCK MUSIC &ART FESTIVAL) インディアン居住区の
酪農農場に40万人が集った野外コンサート。


レコーディング・スタジオを造るための資金集めが、フェスティバルの目的
だったと聞いている。そして、出演依頼されたサンタナのバンドは、8月16日
に出演した。(アフロヘアーやヒッピーが流行していた時代でしたね。)


◇サンタナのメジャーデビュー!がこの瞬間、ラテンパーカッションを前面に
押し出した「ラテンロックサウンド!」は、とても衝撃的であったと想像する。
サンタナ、22歳! アメリカに移住してから9年目の快挙。


◇同年、コロンビアレコードと契約、バンド名も正式に「サンタナ」になった。
その後、ヒット曲を連発、1970年のブラックマジックウーマンは、世界中で
流れた名曲でしたね。



DSC02820_201409100026335fb.jpg DSC02865_20140910002635903.jpg
(この夏の大間々フィガロライブ)

◇サントスのライブでは、必ずアンコールに演る曲「BLACK MAGIC~」
もう何十回演奏しただろーか?飽きもしないで、よくやるねー。(エヘ!・笑)



◇1970年の天の守護神~キャラバンサライと、最高潮に達したサンタナ!
この時、サンタナ23~25歳、テニスで世界をアッ!と言わせた錦織さんと
同年代なんですね。(今日の全米の試合、準優勝!?・・・でもスゴイな!)


◇サンタナさんも錦織さんも、20代で世界に名を残す快挙!は、共通だ。
ヨンタナ思うに、20代の時にどれだけ燃えることができたかが、その後の
人生を切り開くキーになることは、確かだね。(大器晩成であっても・・・)

DSC03671.jpg


・・・・と、サンタナストーリーは、この辺でオシマイとさせていただきます。
お付き合いいただき、ありがとうございます。


◇そうそう、サントスのベーシスト飯島氏より、携帯にメールが入っていて
「ポストモダーン・ジュークボックス!」ってバンドは、とてもゴキゲンだよ!
いただき!・・・・・次回は、POSTMODERN(近代の次って意味)周辺を。


じゃー!アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR