FC2ブログ
コンテントヘッダー

毎度お馴染みの東奔西走するヨンタナ!(神奈川県・相模原編) 雑記! 

2014年9月12日(金曜日)
HOLA!

DSC03801.jpg DSC03802.jpg
(田舎の上州の秋空!)


明日から連休!と言っても、毎日サンデーのヨンタナには、ピント・・・!?
今日は、神奈川県・相模原市へ所用があって、高速をひた走り東奔西走だ。
出発前の上州の空は、晴天でブルーが濃い秋空!スガスガシイね。


◇セブンイレブンで、お茶やカンコーヒーを買いこんで、いざ出発です。


DSC03803.jpg DSC03804.jpg
(圏央道のパーキングエリア/狭山PA)


◇北関東道-関越道-圏央道に入り、お馴染み「狭山PA」で少し休憩、
上りなんで混雑もなく、比較的スムースに走れたね。
※圏央道は80Km制限!要注意です。カメラがアチコチに設置なんで。


◇いつもは、圏央道の高尾山インターで降りるんですが、気分転換!
手前の「あきる野インター」で降りたよ。(サマーランドが見えるIC)


DSC03805.jpg DSC03806.jpg
(国道16号 沿線のなんでもない風景だ!・・笑)


◇あきる野IC-16号線-八王子バイパスまでは、いつもの道路だけど、
相模原近辺が渋滞と、ナビに赤い表示!それでは、新しい道を模索。
八王子バイパスの料金所を通過して、すぐ有料道路を左に下った。

DSC03809.jpg
(上が八王子バイパス)


◇ナビには、「町田街道!」と表示されていたので、信号を左折する。
普通の生活道路みたいで、速度は出せないけど、渋滞がなく安心だ。
予定の時間を少しオーバーしたけど、目的地の相模原市中央区へ。

DSC03816.jpg DSC03812.jpg DSC03814.jpg
        (中央区/相模原市役所とその周辺の町並み)


◇早々に、相模での打合せも済ませて、早めに帰路へ。
ラッシュと行楽へ向かう混雑をさけなければ、上州まで何時間もかかるし、
高速の渋滞は、年輪が増したヨンタナには、ちょっとツライなー!(笑)


DSC03822.jpg DSC03825.jpg DSC03823.jpg


◇帰路も、今日覚えた町田街道を走り、途中でローソンに寄って飲み物を
調達、一路八王子バイパスへと。


DSC03827.jpg DSC03830.jpg
(信号右折で八王子バイパスへ)



計算通り、混雑を避けて走ったので、圏央道の「狭山PA」に寄ることが
できた。メシ!メシの時間だ。(笑)名物の狭山茶蕎麦を・・・・・

DSC03831.jpg DSC03834.jpg
(かけ茶そば+イカ天・ナス天+冷やっこ/720円!)


DSC03837.jpg DSC03841.jpg DSC03840.jpg
      (夕暮れのパーキング狭山/行楽客で満車)


◇圏央道狭山までは、順調だったが・・「関越道 鶴ヶ島-東松山」事故の
ため渋滞120分の表示が!レレレのレなのだ・・・・・・・イタタッタ!(笑)
ヨンタナ「狸の皮算用」となってしもうた。


DSC03842.jpg DSC03843.jpg
(夜景がヤケーニきれいだ!/いつものダジャレです・・・笑)



◇事故での渋滞なら仕方がない、とアキラメやっとの思いで上州近くへ
そこに、ドシャブリの雨の襲来!狸から「泣きっ面にハチ!」に変身(笑)
しぶしぶ、ノロノロ運転で安全運転のヨンタナ。


DSC03844.jpg DSC03845.jpg
(フロントガラスへ大粒の雨が/バケツをひっくり返した感じ!)



◇今回もイロイロ学びました。物事は、計算通り行かないものですね。
あらためて、昔の人はイイことわざを残してくれたと・・・・感謝!感謝!
ライブでの演奏にも言える事なんで、予期せぬトラブルも演奏の内と




じゃー!この辺でヨンタナの東奔西走は、オシマイです。
アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

ポストモダンミュージックって?(音楽の変遷)#3 SWING JAZZ!

2014年9月12日(金曜日)
HOLA!

DSC03695.jpg DSC03696.jpg

今日の午後は、神奈川県相模原市へ、所用があって行く日なんで、
今回のブログは、少し短めでゴカンベン下さいね。


◇それでは、早速「ポストモダーンミュージック」(音楽の変遷)の#3
ヨンタナまだ誕生してない!(笑)・1930年(昭和5年~)頃のJAZZを
進めることとしましょうか。

DSC03797.jpg
(1957年頃のジムホール)

◇前回お話した「お酒飲むと逮捕しちゃうぞ!」の禁酒法が、1933年に
やっと解除され、少しは明るくなった米国ですが、1929年の世界恐慌
まだ引きずっていて、なかなか気分は晴れ晴れ!とまでは・・・・・・・・・


◇そこに、人の気持ちを癒す音楽が、一筋の光を放って誕生する時代
陽気で明るく、踊りだしたくなるような音楽「SWING JAZZ!」の登場。

DSC03768.jpg
(僕も癒してやれるニャン!)


◇ヨンタナも、人前でギター弾いている時には、少しでも元気を感じる
ことのできる、お客様がいたらイイナー!なんて、生意気なようだけど
思って演奏してるんだ。音のいいところは、解釈がイロイロなんでねー。

DSC03649.jpg


◇絶望の淵にあったアメリカ国民、それを救った「スイング・ジャズ!」
ベニーグットマンやカウントベイシー・デュークエリントンなどの楽団が
ホテルや高級クラブで、大いに盛り上がりを見せた白人音楽の時代。


なぜ?大人数のビッグバンド!で演奏できたのでしょう?
それは、現在の日本と少し似てて、世界恐慌の不景気で、その当時の
ミュージシャンのギャラは、意外と安くてたくさん雇えたからなんだ。
(サントスにとっては、トホホ!ですけどね。・・・笑)


◇そのお陰で「シング・シング・シング」「インザムード」「Aトレイン」
名曲が次々に生まれて、今でもジャズバンドの定番曲となっているね。
その曲に乗せて、若者がジルバや輪になって踊る風景なんかも・・・・

DSC03800.jpg
(ヨンタナの好きなデュークエリントンの曲/途中の譜面)


◇その華やかなビッグバンドの演奏の陰で、ブラック系のミュージシャン
は、黒人音楽とは違う雰囲気に戸惑い、ハーレムへと戻って行くことに。
そして、それが1940年代のJAZZ「バップ!」の幕開けに繋がるよ。


DSC03543.jpg
(遠くに見える赤城山)

◇1930年代と言えば、日本では昭和ヒトケタの時代!藤山一郎さんや
東海林太郎さんが活躍、「赤城の子守唄!」(国定忠治を題)大ヒット!
群馬県の赤城山も、日本国中に知れ渡っていた時代なんだ。(エヘ!)



・・・と、少しは赤城山って有名だった時代があったんです。ナンチャッテ
その麓で活躍してるギタリストでボーカリストの「清水さん!」も有名(笑)

DSC02300_20140912024322041.jpg DSC02297.jpg
(清水氏がオーナーのエスカフェ/赤城山が見える)

DSC02336_20140912024322679.jpg DSC02338_2014091202432582c.jpg
(ギターもウタもゴキゲンな清水氏/エスカフェにて)

◇そろそろ、エスカフェでのサントスライブを企画しちゃおうかな。
清水氏に電話しよーと。(笑)



じゃー!今回はこれで、アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR