FC2ブログ
コンテントヘッダー

アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナのつぶやき)#5

2014年10月23日(木曜日)
HOLA!

DSC04975.jpg

◇今日も秋雨がシトシト!降っている上州です。所用の為、午後から外出
となり、近くのコンビニで「カップコーヒー」を買ってから行こうと立ち寄り。

DSC05002.jpg


◇車から降りると、あれ!お店の軒下に、ちょこんと座ってる猫ちゃんだ。
猫好きなヨンタナ、早速車からデジカメを取り出して、おそるおそる近づく。


DSC05003.jpg


◇まだ気づかない様子で、毛づくろいしてる猫ちゃん。さらに近づこうと
抜き足差し足!で少しずつ前進。「ゴソっ!」うっかり靴が引っかかって、
その音に猫ちゃんが警戒モード。ヤバイ!

DSC05004.jpg


◇それでも、逃げる様子がないので、さらに接近してみたヨンタナです。
猫鍋にして食べないからねー」なんてブツブツ言いながらの接写!

DSC05006.jpg DSC05007.jpg

◇なかなかの面構え!しっかり睨みを利かせた風貌には、貫禄さえ!
なんだよ!単なる冷やかしか?」・・・・・そんな感じで睨まれたよ(笑)
でも、カワイイなーオマエ! お持ち帰りしたい位だねーこ。(爆)




◇さて、猫談義はその辺でオワリとして、アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)
バンド・アンサンブルについての5回目は、前回に引き続きMグリッド。


◇仕事人の5パターン、放任型(1-1)・人情型(1-9)・権力型(9-1)・
妥協型(5-5)そして目指す理想型(9-9)から学び、その自己評価や
相互評価
を通して、「自己革新!」がいかに大切かをつぶやくねー。


DSC04997.jpg


◇自己革新!というと抽象的でムズカシイ言葉なんだけど、具体的に
言えば、「自分の能力・才能・考え方を、より良いものにすること」で、
ランクアップとかレベルアップすることなんです。(成長への挑戦!)


◇バンドのアンサンブルを良くするためには、リーダーを含めメンバー
全員の「自己革新の心得!
が不可欠だと思うヨンタナです。
演奏は個々のメンバーが、出すぎてもダメ、引いてもダメ!ダメ!(笑)


DSC04985.jpg


◇より良いバンド・アンサンブルを目指すためには、息が合ってること
お互いが役割を過不足なくこなせること、曲自体の意図を汲むこと等

人を介したハードルをいくつも超えなければなりませんね。


◇それを成し遂げるための、テクニックや音楽理論なども少なからず
必要になるかもしれません。しかしながら、プロのバンドの場合と比較
して、アマ・セミプロにおける場合、経験差や技術差がまだら模様!


◇極端な言い方をすれば、「ついていくのがセイイッパイ!なんだよ」
そんな言葉も聞こえそうですよね。それも事実であり、プレッシャーを
感じていて
「わかるんだけど、できないんだな!」・・・・・うーん???


DSC04994.jpg


◇確かに、レベルの差がある場合、萎縮しててネガティブな考え方
支配される場合もあるね。でも、ちょっと立ち止って考えてみようかな。
そういう場合、往々にして「具体的な内容を伝えてない」ことが多いね。



◇感情論ではなくて、ロジカル(論理的)に「問題提起」さえできれば
いいワケで、その伝達の方法がわからないために、マイナス志向!
または、プライドなんかが邪魔してることも、あるような気がするね。



◇ヨンタナのブログでは、繰り返し発信してる「個人能力差はない!」
誰でも等しく能力や才能をお持ちで、それを生かすか殺すかの選択は
考え方次第!なんですね。・・・・・それが自己革新!となるワケです。

DSC05007.jpg


◇その辺の具体論については、次回までお待ち下さいね。


※じゃー!いつものプロ紹介といきますか。

今回は、ストレートアヘッドなジャズギタリスト「ジョナサン・クライスバーグ
1972年生まれ NY出身の42歳、パットメセニー風なスタイル上に王道な
フレーズやアルペジオが特徴。ギブソンES-175がそれを示してるね。




使用機材:メインアンプ=ポリトーン・ミニブルート(左側)/サブアンプは?
メサブギー(右側)/ペダルには、BOSS ディレイ DD-3他

それにしても、チューニングピッチが完璧。聴いていて気持ちがいいね。
プロとアマの大きな違いだ。我々には、とても参考になるところだ。




アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ねこ!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナのつぶやき)#4

2014年10月22日(水曜日)
HOLA!

DSC04985.jpg DSC04987.jpg

◇小雨が降りしきる今日の上州!どことなく心も湿り気になりそうだね。
ギタ練もほどほどにして、ギターマガジン11月号を買うため「ゲオ!」へ


DSC05001.jpg DSC04998.jpg

◇DVDレンタルショップの老舗「ファミリーブック」が、いつの間にかに
「GEO(ゲオ)」になってしまった。時代の波に翻弄されて、イロイロな
会社が無くなったり買収されたりしてる昨今、キビシイ世の中ですね。


◇一方、ご当地(群馬)選出の大臣が、辞任スキャンダルで、世間を
お騒がせしてる。(スンマソン!?・・・ヨンタナは選挙区外かな?)
収入より経費の方が多いって?摩訶不思議な政治の世界ですね。


DSC04996.jpg


◇さて、アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブルについて
4回目は、バンドメンバーが互いに理解しあうことで、もっと楽しく演奏
できたらなー!・・・・そんな目標を目指した「ヨンタナのつぶやき」です。


◇互いに理解しあう!って言葉は、常識的には「仲良しグループ!」を
イメージするのではないでしょうか。


DSC04994.jpg


◇そこで、マネジリアルグリッドの登場!となるワケです。(笑)
前回、統計から仕事人のパターンは、5つのタイプがあると書きました。

DSC04982.jpg

(1)1-1型  業績(結果)にも人にも無関心な「メッセンジャーボーイ」

(2)1-9型  人には最大の関心を寄せるが結果に無頓着な「仲良し」

(3)5-5型  人と結果にある程度関心を持つ「手続き重視タイプ」

(4)9-1型  結果重視の「鬼軍曹タイプ」

(5)9-9型  結果にも人にも最大の関心を寄せる「理想的なタイプ」



◇大別すると、上記の5タイプになるわけですが、(5)のタイプを目標
としながら、仕事や音楽を通して成長していければイイですね。



そこで問題です!(5)のタイプになるためには、タイプ(1)~(4)の
どれが一番近道でしょうか?・・・・・・仕事人のプロや音楽のプロなら
正解はおわかりになるでしょう。


◇ヨンタナが若き頃(笑)、このマネジリアルグリッドの合宿に参加する
ことになり、知らない同士6名でチームを組みました。参加者は大よそ
100名前後だと記憶してます。他人同士の15~16チームが競う研修だ。

DSC04995.jpg


◇研修の前に、勝手に決められた知らない同士が集まり、お互いの
タイプ(上記グリッド)を紙に書いて、インストラクターさんへ預けます。
この時点では、少しだけ説明があって書いたわけです。


◇そして、3日間様々な難題を出され、それをチーム単位で解決しな
がらの猛特訓となるわけです。チームリーダーは、それを取りまとめ
最終日に全員の前でプレゼンとなるんです。(順位も発表される)


◇最終日、高僧の説法を受け「参加者全員が涙!」(ヨンタナも!)
大の大人が泣くんです。自然に涙がこぼれるんです。・・・と言うのも、
研修後、最初に提出した紙に、再度お互いのタイプを書いて各自が
見ることになるんです。


DSC04924.jpg


◇結果、自分が思う自分と他人から見る自分では、差があります。
そのギャップを埋める1つの選択肢が「マネジリアルグリッド」だと、
気づかせてくれたんです。・・・・・・・それが涙となって現れることに。


◇その研修以来、音楽や仕事を通して、人間的に成長することが
とても大事であると思うキッカケになりましたね。
本当の優しさは、厳しさの中にも存在してると!・・・・・・・・・・・・


※この研修は、群馬県中央会が主催していましたが、現在は実施
しているかどうかわかりません。(何分にも古い時期なので・・・笑)



じゃー!今回はココマデとして、次回またこの続きをつぶやくね。


※今回のYOU TUBE 紹介、バンドマンでありながら、笑い!を
たくさん放つ、懐かしい「ビジー・フォー」のラ・マラゲーニャ!?
ラテンの名曲ですが、明日の活力に、笑いこけてやってください。






アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナのつぶやき)#3

2014年10月21日(火曜日)

HOLA!

DSC04969.jpg DSC04971.jpg


◇今日の上州は、晴れのちくもり時々雨!それでも気温20度前後と
比較的過ごしやすく、ゆったりした一日を送ることができたヨンタナ。


DSC04974.jpg DSC04975.jpg


◇近くにあるセブンイレブンで、紙カップのコーヒーを買うのが日課に。
富士電機製のコーヒーマシンでドリップした「レギュラーコーヒー!」
最近は、クセになってしまったね。(笑)

DSC04972.jpg



◇さて、アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンド・アンサンブルの3回目
R.R.BLACKさんとJ.S.MOUTONさんによって考案された、仕事人の
血液型みたいな「マネジリアル・グリッド」、統計を基に開発された手法。


DSC04982.jpg DSC04983.jpg DSC04984.jpg


◇マーケティング(商売の理屈)、と呼ばれるカテゴリーに属する方法論
カンタンに言えば、起こりうる全ての問題は、人にその原因が潜んでる。
ごく当たり前ですが、バンドや会社組織におけるチーム戦には不可欠。

DSC04912.jpg



◇完全な個人戦なら、その業績(結果)責任は、個人に帰するわけです
けど、チーム(バンド)の場合は、原則的には、全体責任となりますねー。
勿論、リーダーがいれば、そのリーダーが負う責任は、やや大きい。



◇バンドが結成された当初は、「とても純粋な音楽好き」の集団ですが、
年数が経つにつれて、恐ろしいマンネリ化病が、徐々に忍び寄って来る。
そのまま放置しておけば、バンド解散!なんてこともシバシバ。

DSC04893.jpg



◇当然ながら、どのバンドリーダーさんでも、マンネリ化打破のために
手を打ってくるワケなんですが、お互いの性格を、ある程度理解できて
ないと、前向きな具体策がディスカス(討議)されないんです。


◇そこで、お互いを理解する為に有効な方法が「マネジリアルグリッド」
リーダーさんもメンバーさんも、音楽好きだという基盤は変わらない!
ただ、論理的な解決策を見出せないだけなんですね。


DSC04934.jpg


◇バンド・アンサンブルにおいては、お互いを理解した上に成り立つ
民主的なアマやセミプロの場合と、プロ集団のように結果主義からの
強い団結力を持っている場合では、相当な開きがあることは事実。


◇では、プロの考え方や決断力・実行力を、マネジリアルグリッド上の
パターンで見ながら、我々の参考にしてみましょう。

DSC04982.jpg


◇上図のグリッドには、「横軸=業績(結果)への関心度」を1~9まで、
縦軸=人への関心度」も同じく1~9までが描かれています。


◇プロの場合は、横軸の値が高く、アマの場合は、縦軸の値が高いのが
一般的な傾向値でしょうか。


◇そして、この値の交わるゾーンから「5つのタイプ」に分けることが可能。
それぞれの名称を、1-1型・1-9型・9-1型・5-5型・9-9型と呼びます。
(※上図を参照)

DSC04850.jpg



◇今回は、5つのタイプがあるよ!そんな感じで押さえておけば充分です。
次回からは、タイプ別の説明に入り、それを活かして、バンド演奏がもっと
楽しめるようになれば
幸いですね。(生意気なヨンタナをお許しください。)



※最後に、恒例になりつつある「YOU TUBE」のプロご紹介。
今日は、ジャズギタリストの大御所 バーニー・ケッセルさんが名演する
ボサノバの名曲「白い波(WAVE)」をお聴きください。

メンバー全員の団結力があって、スバラシイソロを展開してるバーニー!






アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナのつぶやき)#2

2014年10月20日(月曜日)

HOLA!

DSC04958.jpg

◇今日はパンが食べたくて、スーパーの中にあったベーカリーに寄ると
猫ちゃん?・・・・と思いきや「キティーちゃんのパン!」(実にオモシロイ)
猫好きなヨンタナ、つい買ってしまった。(笑)



◇さて、アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!の2回目からは、バンドメンバー
笑顔で楽しめ!・・・・と同時にお客様のNEEDSにも、少しは応えられ
ような、そんな欲張りのテーマで進めてみたいと思います。

DSC04914.jpg



◇昨今のアマチュアバンドにおいては、プロに近いレベルで活動している
バンドもあれば、学芸会みたいに活動してるバンドまで、とても多様化して
いるね。どちらにしても、純粋に音楽を楽しみたい気持ちは同じだと思う。



◇そして、できれば人前で演奏したい、と言う欲求に駆られるのも自然な
流れですね。つまり、練習の成果を他人に評価していただく場面が必要。
プロであれば、経済面を支える仕事ですから、人前での演奏は当然。

DSC04898.jpg


◇サントスの場合、趣味と実益を兼ねる「セミプロ」とでも言うのでしょう。
アマとプロの中間的な位置にあって、バンド運営の舵取りは容易でない。
アマチュアの場合なら、一般的に実益がないので、さらにキビシイかも?



◇プロの世界であれば、業績と呼ばれる結果がすべて!ゴルフ・野球・
サッカー等のスポーツの世界を見れば、一目瞭然ですね。それと意外
かもしれませんが、会社に勤めてる方々や自営の方も正真正銘プロ!



◇たとえば、会社員なら団体戦のプロプレーヤー!組織と言うチームで
会社の業績(結果=利益)を上げ、平均年収 600万前後を貰うプロだね。
(※中小企業の場合、もう少し低いかもしれませんが、仮の設定です)

DSC04893.jpg


◇何が言いたいのかといえば、プロの世界では、業績にスライドしての
ギャランティ(報酬)が明確
なんです。一方、アマチュアやセミプロの場合
においては、これが無い(またはあっても少ない)為に起きる諸問題。



◇特に、アマチュアやセミプロのバンドリーダーさんが対処すべき項目は
多岐に渡っていても、その対価を期待することはできないのが普通だ。
正にボランティア精神がなければ、辛いかもしれませんね。



◇その上、リーダーさんのやってることは、やや理解されないのが一般的。
そこで、リーダーとメンバー間でのコミュニケーションがとても大事になる。
ところが、相手に気持ちを伝えるプレゼンや会話術が苦手な場合も。


DSC04915.jpg


◇さらに、一番スバラシイ半面、コントロールしにくい「感情論」が入り込む。
喜怒哀楽の感情は、人間だけの特許!ヨンタナが一番大事にしてるもの。
でも、感情論だけでは解決できないゾーンが多いことも事実。


◇そこで、1964年アメリカ テキサスで開発された「マネジリアル・グリッド
を応用して、バンドのアンサンブルに効果的なつぶやきをして見たいね。
とても古い手法ですが、会社やバンド等の団体戦には有効と思います。


DSC04960.jpg
(手書きで恐縮です)


◇次回から、その辺のハナシを。じゃー!今回はココマデ、アディオス!



※最後に、これがプロとも言うべき、フュージョンギタリストお二人による
演奏をお聴きくださいね。





4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナつぶやき)#1

2014年10月19日(日曜日) その2
HOLA!

DSC04924.jpg DSC04922.jpg

DSC04927.jpg DSC04923.jpg


◇今日の上州は、昨日と同じでとても穏やかで、過ごしやすい日でした。
花壇の秋花も太陽の光をタップリ浴びて、つぼみが開き始めている。


DSC04934.jpg DSC04947.jpg                



◇ギタ練を終えたヨンタナ、夕食を食べに外出、パスタでも食べようと
行きつけのイタリアン「ぐれんびあーれ」へと向かった。


DSC04937.jpg DSC04946.jpg


◇PM5:30 店に着くと、店内は明かりが点いているのに「クローズ」
の看板が下がったまま。5時オープン!のハズ? 田舎のレストラン
って時間にルーズだ。30分待っても開く気配すらない。・・・ヤメタ!!


◇ヨンタナ、腹へっているので、別の店に行くことに。桐生伊勢崎線を
走りながら「どこにしようかな?早く食べたい」と物色、たまたま小奇麗
な和食の店
が目に止まり、ここにしようと車を乗り入れた。


DSC04950.jpg DSC04951.jpg DSC04952.jpg



◇きみひさ亭!早速、店内に入り、メニューから「秋三昧の和食膳」を
注文することに。ちらし+おそば+天ぷら+土瓶蒸し+デザートの膳セット。


DSC04957.jpg DSC04956.jpg DSC04954.jpg



◇待つこと20分以上!やっと料理が届けられた。遅くないかい!?
お腹がすいていたせいもあるけどねー。早速、食べてみるとウマイ。
見た目よりはボリュームあって、満腹でした。特に、土瓶蒸しが最高。


◇土瓶の中には、海老・鶏肉・ホタテ・松茸・ぎんなん等が入っていて
ダシが効いていたね。ゴチソウさま!入店してから約1時間でした。
お会計すると「遅くなってスミマセン!」と声をかけてくれた。そうだよ。


DSC04953.jpg





◇さて、アマプロの違いから学ぶ!新シリーズは「バンドアンサンブル」
の諸問題について、ヨンタナの勝手気ままなつぶやきを・・・してみたい。

DSC04908.jpg



◇ソロ活動は別としても、バンド単位となると、総合力を問われるのが
一般的ですね。会社組織でも団体スポーツでも「チーム力!」が大事。


DSC04906.jpg DSC04909_201410191523431fe.jpg DSC04907_20141019152341421.jpg
(千葉県野田市からサントスのメンバーとして参加、その機材達)



◇昨夜も演奏後、ギタリストのジミーチャンと「バンド運営のムズカシさ」
について、長時間の熱き討論会!(笑)でしたね。実にお疲れ様です。


◇リーダーの思惑とメンバーの思惑が時にすれ違い、バンドアンサンブル
にも支障をきたすことも、ないわけではない。そこで今回のシリーズでは、
「ヒューマンリレーション」(人間関係)に視点を置きながら、つぶやきを!


DSC04944.jpg


楽しく笑いがイッパイのバンド・アンサンブルを目指す為には?そして
それを聴いてくださるお客様のニーズ(NEEDS)に応えられるバンドは?
そんなおこがましい切り口で、なるべく具体的につぶやければ幸いです。



◇今回は、目的だけを少しやってみました。次回から、日常的なバンドの
諸問題
について、ヨンタナのナガーイ!バンド運営や人生経験を通じて、
やれればイイですね。



※最後に、デュークエリントンさんが、「母の死」を思いながら作曲した
名曲 「IN A SENTIMENTAL MOOD」を、名演のギターデュオで。

とても珍しいイタリア製のギターアンプ(DV)からのフルアコサウンドは、
格別だね。息のあったお二人のメロとコードのアンサンブル、正に人柄を
象徴してると思う。今シリーズのテーマ着地点、と言っても過言ではない。








じゃー!次回また。アディオスアミーゴ・アミーガ  4649ね!




このページのトップへ
コンテントヘッダー

パーティーに出演したサントス面々の笑顔!(伊勢崎市プリオパレスにて)

2014年10月19日(日曜日) その1
HOLA!

◇昨日の土曜日は、ジョー☆サントス!伊勢崎市にあるプリオパレスから
パーティーへの出演依頼で、サントス・フルメンバーによるお仕事でした。

DSC04889.jpg


◇ヨンタナ、音響機材等を満載して、現地集合午後3時に間に合うよう
自宅を出発。北関東道の側道をのんびり走りながら、途中「お花畑!」
雄大なコスモスを鑑賞と余裕のドライブ。

DSC04890.jpg DSC04893.jpg DSC04892.jpg


◇秋晴れのお花畑には、一面コスモスが咲いていて、気持ちがスッキリ。
しばしステキなお花鑑賞できたので、会場へと向かう。あれ?・・・・・・・・
シマッタ!音響のSPスタンド積み忘れに気づいたヨンタナ。(トホホ!)


◇余裕で出発したのに、結局予定の30分遅れで会場へ到着となったね。
PDCAのCHECKが甘かったなー。(反省ですね!・・・・笑)


DSC04896.jpg DSC04897.jpg
(会場:伊勢崎プリオパレス)


◇会場へ着くと、既にメンバーが仕込み最中、早速ヨンタナも機材を搬入
そして、会場の支配人への挨拶と事前打合せに入る。

DSC04898.jpg DSC04899.jpg


◇大手建設会社のパーティー!そこの社長さんがサントスの演奏をご指名。
前回の別パーティーで、サントスの演奏を聴いていたみたいで、出演依頼!
とてもありがたいね。感謝!感謝!・・・・開会6時30分、残り時間3時間だ。


DSC04900.jpg DSC04910.jpg
(エスカフェのオーナー清水氏&愛器ギブソン335)


◇さーて!これからが正念場、自前の楽器や音響も含めて、零細バンドの
サントスメンバー
による仕込み開始なのだ。まずは位置決め、フロント3名
バック5名をステージに配置。ヨンタナ、音響の仕込みに入る。
※アンパンマンさん急遽都合でオペレータ断念!でしたね。


DSC04901.jpg DSC04902.jpg DSC04904.jpg

DSC04905.jpg DSC04906.jpg DSC04903.jpg


◇メンバー各自の楽器は、なんとかクリアーしたので、ボーカルマイクの
音出し作業、キャノンケーブルをミキサーへつっこんで、マイクテスト開始。
おや?サイドモニターの音が聞こえない、AUX SEND端子信号かな?


DSC04914.jpg DSC04912.jpg


◇信号は出力されていたけど、サイドモニターアンプの音量が上がって
いなかった。OK!OK!・・・短時間でのPA調整も完了して一安心です。


◇これで、やっと自分の機材調整に時間が取れた。フェンダーのデラリバ
にテレシンラインとペダルボードをプラグイン。とりあえず音はでたので、
デラリバの音量をレベル3にセットして、トーンを微調整、リハで固定だ。

DSC04908_20141019152343d1f.jpg DSC04909_201410191523431fe.jpg DSC04907_20141019152341421.jpg
(ヨンタナのデラリバ)  (ジミーの機材とストラト&アダマスくん)


◇リハーサルも予定の時間に終了、バンド控え室にて夕食と着替えに。


DSC04915.jpg DSC04917.jpg DSC04918.jpg

DSC04919.jpg DSC04920.jpg


◇メンバー全員で、演奏前の楽しい語らいのひと時!いざ出陣に向けて
リラックスしてる面々。その後会場入りし、司会からサントスの紹介を受け
2回ステージ(全14曲)をやっつけた「ジョー☆サントス」でした。オシマイ!


VOCAL:ジョー/チャー清水/カルロス山本
PIANO:カオル内藤
BASS:セシル飯島
DRUMS:ジャガ丸水沼
GUITAR:ジミー芝野/ヨンタナ

音響オペレータ(ヨンタナ)



※今回も笑顔たくさんのサントス面々!とても楽しい演奏ができました◎!

DSC04893_201410191617004a5.jpg


次回週末のサントス演奏は、土曜日(ジョーの店)、日曜日(桐生市ライブ
ハウス/BJ21)
と連荘予定。


※決定!赤城山麓のライブハウス「エスカフェ」にて、11月28日(金曜)
サントスの漫才ライクなライブです。(笑)詳細は、後日配信予定。


じゃー!またお会いしましょう。アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!
※いつもヨンタナのブログ見てくださる方々に、とても感謝!感謝!です。



このページのトップへ
コンテントヘッダー

アマプロの違いから学ぶ!楽器の上達法(ヨンタナのつぶやき)#7

2014年10月17日(金曜日)
HOLA!

DSC04879.jpg DSC04875.jpg

◇今日の上州は、けっこう風が強くて「名物:からっ風小僧!」が早々来たと
カンチガイする位でしたね。今日は、みどり市に用事があって、その帰り道に
ハードオフへ寄って見た。


◇そのハードオフの駐車場から赤城山が見えたので、デジカメでパチリ!と。
ここでの目的は、サントスのバックを務める音楽ソフトくん!のモニター探し。
ジョーの店のモニターが調子悪く、ソフトの再生音が割れた音になってる。

DSC04883.jpg


◇ラッキーにも、「YAMAHA モニター MS101」(中古)の2本セットが!
本来単体での販売モノだけど、2本組でしかも割安なんで、お持ち帰り(笑)

DSC04884.jpg DSC04885.jpg


◇程度も良く、トーンコントロール付で、背面には標準プラグ&ミニプラグの
インプット端子まで装備。10Wのパワードスピーカータイプ、イイ買い物が。



DSC04865.jpg


◇さて、アマプロの違いから学ぶ!楽器の上達法も7回目で、一応FINAL!
品質管理手法「PDCA(デミングサイクル)」を、楽器の上達に活かして見た
今シリーズの最終回。PDCAの「アクション(A)」(歯止め)をつぶやくことに。



◇計画(P)を立て、それを実行(DO)し、実行したその結果に問題があれば
反省!(CHECK)・・・そして、最後にその問題点の修正(ACTION)となる。

DSC04878.jpg



◇楽器を演奏するプレーヤーにとっては、この修正(または見直し)が大事。
問題点を放置したままでは、次回の演奏でも同じような失敗が繰り返される。
「あー!またやってシマッタ。」・・・とならないように、ACTIONは必須ですね。


◇たとえば、プロのエフェクターペダルやアンプを見ると、必ずマーキングが
されてますね。
一番オイシイ音が出るチューニングしても、後でそれ忘れたり
ちょっと触れてしまって、違う位置になったりの対策(A)が万全。


DSC04853.jpg


◇それに対して、アマの場合は、わりとラフにやってる人が多いような気も?
「あれ?なんか今日はいつもと音が違うなー?」そんな会話をシバシバ聞く。
同じ会場で楽器がいつもと同じなら、機材のチューニング変更を疑うね。


◇たとえば、ギターのボリューム位置やトーンの位置、それにピックアップの
セレクター位置の関係だけで、相当サウンド変化が起きる。特にアクティブ
タイプのギターやベース
の場合、それが顕著に出る楽器であることを認識。
(※アクティブタイプとは、プリアンプ内蔵型で電池で駆動する繊細なヤツ)


◇さらに、ギターアンプやベースアンプの各コントロールノブの位置関係
これでもかっ!(笑)ってくらいサウンドに変化が起きる。その上、足元には
たくさんのペダルが並んでいるワケで、同じような安定した音は、キビシイ!


◇そのような理由から、ACTIONはとても有効で、楽しく演奏する為の方法。
ヨンタナの知人なんかは、それらの数値を手帳にメモっておけば!なんて
助言をいただいたこともあるよ。(これもACTION 大魔王!・・・・笑)


◇ともかく、音楽家は細かくないと。そして、演奏中は、その反対にオープン
で自然体
がいい。常識的には、細かすぎるとかアバウトすぎるとか一方に
寄せて考えるけど、そうでなくて、ケースバイケースで使い分けがベスト。
(※野球のピッチャーなら、緩急自在と同じで、バランス感覚のこと)



DSC04866.jpg


◇これで、PDCAのサイクル圏は、一応ファイナルとして、最後にサントス
も活用してる音楽ソフト「BAND IN A BOX」のデモ演奏を聴きましょう。


◇ギタリストは「CARLOS EDUARDO ARELLANO」さんです。
ゴダンのギターで、プロのイイ演奏を聴かせています。アディオス 4649ね!






※明日は、サントスの仕事で伊勢崎プリオパレスです。

 VOCAL ジョー/チャー清水/カルロス山本
 PIANO  カオル内藤
 BASS  セシル飯島
 DRUMS ジャガ丸水沼
 GUITAR ジミー芝野/ヨンタナ
 音響    アンパンマン井上


このページのトップへ
コンテントヘッダー

アマプロの違いから学ぶ!楽器の上達法(ヨンタナのつぶやき)#6

2014年10月16日(木曜日)
HOLA!

DSC04856.jpg DSC04852.jpg

◇ガリガリ君のPRS-SE!カスタムギターが、昨日ダストボール伊勢崎店
から退院できた。ボリュームとトーンノブからのガリガリ音が気になっていて、
リペアー入院させていたけど、無事ポット交換で完治。(ボリュームのみ)


◇太田市スコアのライブでコレ使って以来、しばらく使わないでいたら「ガリ」
今日は、弦交換しながら弦高のバランスやオクターブピッチ調整など施して
いつでも出動OK!(笑)の状態にしてやった。(ウレシそうなSE!)

DSC04855.jpg DSCN1001_20141016201959779.jpg



◇さて、アマプロの違いから学ぶ!楽器の上達法の6回目は、PDCAの
チェック(C)について、つぶやいて見ようと思います。


◇前回は、計画(PLAN)を実行(DO)するムズカシさや時間が取れない
アマの場合の考え方を少しやったけど、DOにもうひとつ加えるとすれば
「選択と集中」に徹することもアマには大事かな。


今やネット社会!どんな情報も、瞬時に検索できたり観たりできる時代
たくさんの情報が溢れていて、その中から必要な情報の選択を迫られる。
しっかりチョイスできれば、あとは集中!するだけ。・・これも味噌ハナマルキ!


DSC04832.jpg



◇それでは、PDCAの「チェック(C)」について触れていこうと思います。
演奏が上達しているのか否かの判定(測定)が、チェック=検査です。
せっかく自己練(DO)やっているわけですから、どの程度の成果が・・?



◇一般的には「アイツ、最近ギター上手くなったね!」との他人評価が
あれば VERY GOOD!なんですが、そこまでの間は、自己評価を
しながら進めなければならないワケです。



◇自己評価の段階では、阻害となる問題点が発生したりして、原因追求
も視野に
入れなければなりません。例えば、自己練を何度繰り返しても、
思うように弾けない、ナンテこともシバシバ!


DSC04789.jpg


◇先生に習っているなら、問題点を具体的に指摘してくれるんですが、
自己練ではそうもいかない。ピッキングの問題なのか運指にあるのか?
はたまた、メンタル面にあるのか?・・・ここがとてもヤッカイ!(・・死語)


◇それでも、ピッキングや運指の場合は、カガミに映して自分の奏法を
観てみるとか、DVD等に録画して「客観的に観てみる!」・・そんな方法
でも効果を上げられる場合が多いです。


◇演奏中の自分の主観的なイメージと客観的な自分の姿では、相当な
開きがある事は確かですね。プロの場合、客から見られてるー!って事
を最優先にしてるので、ここはマネすべきじゃないかなー。




・・・・と今回はココマデとして、最後に、プロのブルースギタリストを紹介
ジョッシュ・スミス(JOSH SMITH)」さん、チェイピン製のテレキャスター
から洗練された歌心あるフレーズが・・・泥臭くない新しいタイプのブルース
お楽しみください。





フロリダで活躍してたブルースギタリスト、叔父さんを頼ってロスへ引っ越す。
LAでサンタナのプロデューサーJIMさんの目にとまり、CDデビューとなる。
テレキャスのキレもいいし、フレーズの構成も「カタがイイ!」、その上ウタも
ゴキゲン!!参考にアンプは、フェンダー系をレンタルとのこと。


使用してるペダルは、LOVEPEDAL製を核にボードを組み上げている。
今後、メジャーになるギタリストですね。ジャズのフレーズを絶妙にミックス
したブルースギターは、次世代の匂いがプンプン!!


アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

アマプロの違いから学ぶ!楽器の上達法(ヨンタナのつぶやき)#5

2014年10月15日(水曜日)
HOLA!

DSC04689.jpg DSC04693_20141015213727769.jpg


◇昨夜は、ジョー☆サントスのBチーム”JBサントス”ユニット練習日!
カルロス・山本氏(ボーカル)の自宅スタジオをお借りして、午後8時~
ベーシスト井上氏、パーカッショントミー君にヨンタナを加えた4人組。


◇どういう訳か知りませんが、いつも正座でベースを弾く井上氏(笑)
譜面台や椅子もあるのに「この方が落ち着くんですよ!」と正座です。

DSC03318_20141015215029b91.jpg DSC03786_20141015215031ac8.jpg


◇持参した小型のベースアンプから、小気味よいサウンドを醸し出し
正座のままリズムを引っ張ってくれる。温和な性格が笑いを誘発!!
全員、笑いが止まらない場面もしばしば。(A HA HA!の連続)


DSC03788_201410152150339ee.jpg DSC02849_201410152201510e2.jpg



◇少し遅れてトミー君も合流、凄腕の若手ドラマーなんだけど、最近は
ラテンパーカッションにもチャレンジしてるんだ。昨夜は、得意なカホーン
と新米コンガ(笑)を担当。PCバッキングソフトにジャストでリズムキープ。


◇今宵ヨンタナは、カルロス山本氏の”ヤマハガットギター”をお借りして
サンタナの「哀愁の旅路」を、ラテンバージョンで弾いてみた。
山本氏:「すげー!いい感じ、録音していいですか?」・・・・・・OK OK!


◇午後11時、練習も終わって4人でプチ反省会「バンドアンサンブルに
欠かせない、人としてのコミュニケーション」がとても大切とヨンタナ。
「そうですよね。音での会話が音楽!」・・・・と全員とても満足な時間だ。


DSC04843.jpg


◇ヨンタナ、練習の帰り道、コンビニに立ち寄り夜空を見上げると「月夜」
なぜか、サンタナの「ムーンフラワー」が脳裏に浮かんできたなー。
ヨンタナの複雑な今の心境に、何か伝えたいのかなー?・・・・・・・合掌!




DSC04846.jpg DSC04850.jpg
(田舎のお花畑に偶然出くわしたヨンタナ/月と花)


◇さて、アマプロの違いから学ぶ!楽器の上達法の5回目は、PDCA
DO(実行)!辺りを掘り下げて進めてみます。
計画(P)は立てたけど、それを計画に沿って実行するのがムズカシイ。


有言実行ならいいけど、有言不実行の計画倒れになったら意味ない。
ここがアマとプロの大きな違いですね。「わかっているけど、できない!」
そんな言葉をたくさん聞いてきました。


DSC04845.jpg


◇プロの場合、音楽そのものが仕事ですから、時間的にも金銭面からも
やって(DO)あたりまえ!一方のアマの場合、仕事や家庭サービス等の
合間に音楽の時間
を充てなければならない立場。


◇当然ながら、効率的な時間配分を余儀なくされ、最大の効果を上げる
方法を実行していかねばなりませんね。7時間寝て9時間働くと16時間
理論上は残り8時間です。通勤や食事時間他を入れれば、正味1時間位

DSC04849.jpg


◇そこで、短時間での効率的な「実施計画」を考える必要がでてくるね。
まー!実施計画なんて硬い言葉でなくて、どうやるかの具体的なヤツ。
たとえば、なるべく身近に楽器を置いて、チョットの時間でもやるとか。


◇ヨンタナの場合、居間や寝床なんかにアンプとギターが置いてあって、
少しでも時間があれば弾ける環境にしてる。そうしないと、後でいいや!
となって、ズルズル後で・後での連続。(後って、ほとんどヤラナイ!・・笑)

DSC01504_2014101219251646f.jpg


◇勿論、住宅事情もあるでしょうけど、なるべく身近に置いて「三日坊主」
スタイルがベストだと思うヨンタナ。エ!三日坊主ですか?なんて非常識
とお思いでしょうが、その方が継続できるんです。


◇1ヶ月に三日坊主を4回やれば、3×4=12日やったことになるんです。
気負いが強くてスタートすると、最初だけやって、止める方が多いんです。
(ヨンタナの原理原則:非常識が本当の常識・・・・本にも書いてあるよ)



・・・・とPDCAのDO(実行)が、上達のカギを握っています。世の中には
なんでアイツ、忙しいのに上手いんだろう?」そんな経験ありませんか?
その答えは「量と質の関係」であって、量がなければ質は存在しないと・・・



※最後に、ヨンタナお奨めの「ALLEN HINDS」さんのギターを聴いてね!
ボグナーのアンプから、艶のあるサウンド! 正にプロの音、ピッキングと
指弾きを織り交ぜながらのレガート奏法は、ピカイチですね。
ヨンタナの目標でもあるALLENさんです。・・・一生ムリですけどね(笑)






じゃー!今回はここまでです。アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!



このページのトップへ
コンテントヘッダー

アマプロの違いから学ぶ!楽器の上達法(ヨンタナのつぶやき)#4

2014年10月14日(火曜日)
HOLA!

DSC04835.jpg DSC04838.jpg
(あー!風が・・・・・)  (晴れて雄大な赤城山が)


◇台風19号が温帯低気圧になって、上州を去ったけど、まだ風が強く吹く。
我が家の植木もゴロリン!まだ強風が時折吹くので、そのままにしてある。
上州は、大きな被害もなさそうな感じで、一安心でした。


◇最近の日本列島は、地震・噴火・台風・豪雨など自然の猛威にさらされ
あらためて、人の力が及ばないことを気づかせてくれている。
だからこそ、普段から、家族や友人を大切にしなければ、と思うヨンタナ!

DSC04836.jpg




◇さて、アマプロの違いから学ぶ!楽器の上達法も4回目、プロの考え方
や方法論
を参考に、ヨンタナ自身もギターの上達を目指す今シリーズ!!


◇将来プロを目指す人、アマチュアでも納得のいく演奏をしたいと思う人等
音楽家として「未来に希望を持って、音楽と真正面から向き合う」人たちに、
少しでも参考になれば、との思いから私見をつぶやいています。


DSC04837.jpg


◇前回は、何事も前に進むためには「モチベーション(動機付け)」が不可欠
だよー!とのハナシから、5W1HのWHY(なぜ)?を自問自答してね!と。

DSC01504_2014101219251646f.jpg


◇たとえば、プロやセミプロのミュージシャンを目指す場合、主に3つの道が・・


(1)バンドを組んでオリジナル曲を作り、ライブ活動を重ねながら、自主制作
した音源
をレーベルに持ち込む道


(2)スタジオ系やセッション系を目指すなら、多様な音楽に対するテクニック
や音楽理論などの知識
も不可欠で、人脈作りにも努力する必要があります。


(3)ネットを通じて活動するバンドや音楽家も増えていますが、垣根が低い
ため、たくさんの競合他者が存在し、オリジナル力が半端なく問われます。

DSC01225.jpg


◇上記のようなプロを目指す人は別としても、「ある程度納得のいく演奏!」
をしたいと思うアマの音楽家は、当たり前ですが多いですね。


◇そんな前向きな音楽家であれば、ちょっとした意識の持ち方でプロの領域
に近づくことが可能だと思います。WHYで目的意識や目標設定ができれば
次にそれを達成するための道筋(シナリオ)をつけることです。



◇どんな事を達成するにも「PLAN(計画)」は、その絶対条件になってきます。
たとえば、家を建てたり海外旅行するにも「建設・旅行プラン」等がありますね。
ギターのコードフォームを覚えるにあっても、その計画は少なからず必要だよ。



◇その事自体は、みんなわかっているのだけど、いざ計画を!作ろうと思うと
どう作る?って尻込みすることも多々。計画って言葉に翻弄されて、難しい!
面倒だし、いいや!・・・・・・そうでなくて、頭の中にあってもOKなんだよ。

DSC04694.jpg


◇未来に向けた希望そのものが「計画」なんだ。「半年後には、どんなコード
が書いてあってもサントスで演奏できるように」・・・・・そんな感じでイメージ。
目標も計画の一部なんで、最初はできる範囲に絞ってやればイイ。



・・・・・・と、今回はココマデとして、次回から「DO(実行)」辺りのハナシへと。



※最後に、ヨンタナの気持ちをストレートに表現した「ミスティ(MISTY)」を
ジュリーロンドンの歌で聴きながら、アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!







<ジュリー・ロンドン>
女優で歌手、1926年米国 カリフォルニア生まれ、2000年 74歳で没
女優⇒専業主婦⇒ナイトクラブの歌手、アルコール好きでハスキー
な歌声から「スモーキー・ヴォイス」の愛称が付いた。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR