FC2ブログ
コンテントヘッダー

トゥワンギーなテレ・ガールズギタリスト”ヘイリーちゃん!”(つぶやき)#9

2014年10月8日(水曜日)
HOLA!

DSC03602.jpg RIMG0030.jpg RIMG0024.jpg


フェンダーテレキャスターは、トゥワンギー!なサウンドで、発売当初から
カントリー系のミュージシャンに愛用されていて、今でも根強い人気があるね。


◇シングルコイル特有のクリーンでの「シャキシャキ感」は、このテレキャスター
最大の特徴です。バンドアンサンブルの中でも埋もれない、コードカッティング
には、秀でたものがあるギターのテレ。



◇そんなテレキャスターの長所を引き出して、カントリー系のギターサウンドで
パワフルに攻めまくる「ヘイリー・マクリーンちゃん!」を、今回はご紹介します。
とりあえず、オフィシャルビデオをご覧ください。







◇カナダ バンクーバー出身のガールズギタリスト、バンクーバーラジオ局の
コンテストでナント優勝!
一躍有名になった ”Hayley Mclean”さんです。
カントリー系のロックギターでポップに唄う、新人のミュージシャンですよ。



◇最近では、フェンダーのテレキャスターが似合うガールズギタリストが多い
中でも、裏打ちされたテクで、しっかりテレキャスターを弾いているヘイリー!
「お主!只者ではないな!」なんて言っちゃいそうです。(笑)



◇使用してるテレを見ても、ピックアップは「セイモアダンカン ’53タップド」
(’53 STYLE TAPPED JB for TELE)搭載、アンプは、FENDERの
ブルースデビル410(10インチ4発)、ペダルにはEPブースターが入ってる。





◇相当なコダワリを持って、サウンド追求している方だとお見受けするね。
ヨンタナも愛用するEPブースターや、コードの解像度が高い10インチ4発
入りのギターアンプなど、テレの長所を最大限引き出すハードの工夫が!



◇エレクトリック・ギタリストには、とても参考となるのでは・・・・・・・・・・・・・
昨日もブログで紹介したように、やや安価なターギであっても、ハード面
の調整や工夫次第
で「ゴキゲンなサウンド」に様変わりするね。



◇ぜひ、ご自分のギターピッキングに合った「アンプ・ペダルの調整術」を
磨きましょう。(※ご自分の音を録音してみると、違いがハッキリするので
ギタリスト・ベーシストの方は、客観的に聴く録音必須ですよー。)



・・・と今回はココマデです。次回またお会いしましょう。
アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!



スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

安価なギターって、サウンドどうなんだろう?(つぶやき)#8

2014年10月8日(水曜日)
HOLA!

DSC04694.jpg DSC04693.jpg

DSC04690.jpg DSC04696.jpg


◇昨夜は、山本スタジオで、ジョー☆サントスのBチーム「JBサントス!」
の練習日でした。ドラムスのトミーは、風邪気味で、マスク着用での参加、
それにギタリストのジミーが、はるばる千葉からヨンタナの代わりに来た。


◇ベーシストのアンパンマン井上氏は、MOONのジャズベースをも持参
してスラップ奏法を披露!なかなかイイ音だね。クリーンでキレがGOOD。
そして、ボーカルのカルロス山本さんは、シュアー58で爆音だ!(笑)


◇3週間ぶりに顔見せJBサントス!産声をあげて間もないユニットなので
お互いにサウンド・コミュニケーションを取るのが、まだギコチないなー!
まーしょうがないけどね。これから徐々にコナレてくると思いますが。




◇さて、今回ご紹介するのは、フェンダー系ストラトの”やや安価なギター”
スクワイアー!
を弾く、前出に続いての「ジャック・サマラットさん」なんです。
まずは、そのサウンドを聴いてみて・・・・・・・・・・・





◇結論から言えば、とてもスバラシク・いい音だ!と思うヨンタナですが?
エレクトリックギターの場合、アンプやエフェクターのチューニング次第で
安価なギターであっても、ゴキゲンなサウンドを出音できるよ!・・の証!

DSC04295.jpg DSC04401.jpg



◇どんなギターであっても、その長所を引き出す「弾き方+機材調整」
そのカギが隠されていると、いつも思うヨンタナです。ギターやベースの
弾き方には、それぞれ個性(クセ)があって、これを変えるのは至難の技。


◇一方、ハード側のアンプやエフェクター等なら、”ツマミの調整”を変える
だけで、誰でも「おいしいスポット!」を見つけられる可能性があります。

DSC01717_20141008005757695.jpg DSC01719_20141008005759a41.jpg 

DSC01935.jpg DSC01932_20141008005802740.jpg


◇ギターアンプであれば、まずは”ボリュームのツマミ”が最重要ですね。
デラリバ(1ボリュームタイプ)やメサブギー(2または3ボリュームタイプ)
など、機種によって調整の仕方に違いがありますが、共通項は、音量!


◇デラリバ(22W)であっても、チューブアンプなんで、真空管をドライブ
させるためには、ある程度の音量を上げなければなりませんね。
しかし、一般的なアンサンブルでは、ギター音量を絞らざるをえない事も。

DSC03349_20141008012558313.jpg HIMG0204.jpg


◇小さな会場(ハコ)のライブや自宅での練習では、22Wでも大きい音!
最近は、小ライブ会場であっても、PA設備が充実してて、マイクで拾い
ステージ上のアンプは、小さい音でヤルなんてことも。


◇そんなワケで、ギタリストやベーシストは、今まで以上にアンプ調整や
プリアンプ・イコライザーなどの音質・音量補正のペダルに、知識・知恵
が要求
されています。ぜひ!ご自分の機材に熟知して、工夫をしてね。
※練習やリハでは、ハード調整に時間の余裕を持って望みましょう。



じゃー!今回はココマデとして、またお会いしましょう。
アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR