FC2ブログ
コンテントヘッダー

アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!バンドアンサンブル(ヨンタナのつぶやき)#2

2014年10月20日(月曜日)

HOLA!

DSC04958.jpg

◇今日はパンが食べたくて、スーパーの中にあったベーカリーに寄ると
猫ちゃん?・・・・と思いきや「キティーちゃんのパン!」(実にオモシロイ)
猫好きなヨンタナ、つい買ってしまった。(笑)



◇さて、アマプロの違いから学ぶ(Ⅱ)!の2回目からは、バンドメンバー
笑顔で楽しめ!・・・・と同時にお客様のNEEDSにも、少しは応えられ
ような、そんな欲張りのテーマで進めてみたいと思います。

DSC04914.jpg



◇昨今のアマチュアバンドにおいては、プロに近いレベルで活動している
バンドもあれば、学芸会みたいに活動してるバンドまで、とても多様化して
いるね。どちらにしても、純粋に音楽を楽しみたい気持ちは同じだと思う。



◇そして、できれば人前で演奏したい、と言う欲求に駆られるのも自然な
流れですね。つまり、練習の成果を他人に評価していただく場面が必要。
プロであれば、経済面を支える仕事ですから、人前での演奏は当然。

DSC04898.jpg


◇サントスの場合、趣味と実益を兼ねる「セミプロ」とでも言うのでしょう。
アマとプロの中間的な位置にあって、バンド運営の舵取りは容易でない。
アマチュアの場合なら、一般的に実益がないので、さらにキビシイかも?



◇プロの世界であれば、業績と呼ばれる結果がすべて!ゴルフ・野球・
サッカー等のスポーツの世界を見れば、一目瞭然ですね。それと意外
かもしれませんが、会社に勤めてる方々や自営の方も正真正銘プロ!



◇たとえば、会社員なら団体戦のプロプレーヤー!組織と言うチームで
会社の業績(結果=利益)を上げ、平均年収 600万前後を貰うプロだね。
(※中小企業の場合、もう少し低いかもしれませんが、仮の設定です)

DSC04893.jpg


◇何が言いたいのかといえば、プロの世界では、業績にスライドしての
ギャランティ(報酬)が明確
なんです。一方、アマチュアやセミプロの場合
においては、これが無い(またはあっても少ない)為に起きる諸問題。



◇特に、アマチュアやセミプロのバンドリーダーさんが対処すべき項目は
多岐に渡っていても、その対価を期待することはできないのが普通だ。
正にボランティア精神がなければ、辛いかもしれませんね。



◇その上、リーダーさんのやってることは、やや理解されないのが一般的。
そこで、リーダーとメンバー間でのコミュニケーションがとても大事になる。
ところが、相手に気持ちを伝えるプレゼンや会話術が苦手な場合も。


DSC04915.jpg


◇さらに、一番スバラシイ半面、コントロールしにくい「感情論」が入り込む。
喜怒哀楽の感情は、人間だけの特許!ヨンタナが一番大事にしてるもの。
でも、感情論だけでは解決できないゾーンが多いことも事実。


◇そこで、1964年アメリカ テキサスで開発された「マネジリアル・グリッド
を応用して、バンドのアンサンブルに効果的なつぶやきをして見たいね。
とても古い手法ですが、会社やバンド等の団体戦には有効と思います。


DSC04960.jpg
(手書きで恐縮です)


◇次回から、その辺のハナシを。じゃー!今回はココマデ、アディオス!



※最後に、これがプロとも言うべき、フュージョンギタリストお二人による
演奏をお聴きくださいね。





4649ね!
スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR