FC2ブログ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!バンド音楽の基礎(ヨンタナのつぶやき) #1-2

2014年10月29日(水曜日) その2
HOLA!

◇今日2回目のブログ更新!忘れない内に書いておかないとね。(笑)

DSC04697.jpg DSC04696_201410291555046fe.jpg



◇チームで「何かを成し遂げようとする」行いには、格別な思いを寄せる
ヨンタナです。家族や会社の部門そしてコンボバンド等、約10名以下での
小集団活動は、お互いの気持ちを伝えたり、互いに学ぶには最適な単位。


◇一般的にチーム単位は、多すぎても出番が無くてダメだし、少なくても
見方が偏ったりのデメリットがあって、ちょうどイイ塩梅!がコンボ編成!



◇たとえば、JBサントスなら、VOCALのカルロス山本氏をサポートする
バックバンド4名を加えた5名の小集団(コンボバンド)。

DSC05071.jpg


◇現在は、JOE☆SANTOSのBチーム(2軍)として、セミプロを目標に
厳しい練習を積んでる最中だ。二足の会社員や経営者もいれば、毎日が
サンデーのヨンタナやジミー?そして、若手トミーくんとの年齢差も大きい。



◇そんなメンバーの諸事情を考慮しながら、「上手くなりたい」との純粋な
想いに応えられるチーム形成を、微力ながら推し進めているヨンタナです。


DSC04691.jpg

◇だが、楽しい(満足する)演奏をする為には、幾つかのハードルを越えて
行かねばならない事も現実面であり、それをどう伝え、時間的な制約の中
どう実行していただけるのか?・・・・ここが当面の課題となっているね。


◇練習は、週一回しかなく、それも正味2時間程度。しかもスケジュールを
調整しての練習時間なんですね。練習中に指導できる範囲は、限定的だ。



◇アマチュアのように趣味としてやる場合と、趣味と実益を兼ねたセミプロ
を目指す場合では、原則、その中身(技)に違いがあって当たり前ですね。


DSC04690_20141029165239801.jpg DSC05057.jpg
(プロとして県内活動中の若手ドラマー)

◇ジャガマル君もトミー君も、譜面に強い!コードやメロが無いとは言え
キメの部分やフィルインする小節など、譜面上の音符の長さは的確だ。
DC、DS、コーダなどの記号も、見落とすことなくスコアに沿ってくる。


◇さらに、彼らお二人は、ヨンタナにスコアの確認をしてくる。「この部分
は、こんな感じでイイですか?」・・・アレンジャーの意図を汲み取ろうと。
そして、蛍光ペンでマーキングしたり、コメント入れたりするね。


DSC04313_20141029170654ae8.jpg


◇何が言いたいかといえば、「予習と復習」の連続が習慣としてあって、
そこでの疑問に対して、Q&Aを大切にできるプロの領域なんです。
その上、ワザのための基本練習は絶対欠かさない姿勢がGOOD!



◇今日の結論として、家庭・会社・友人との時間を最優先しながらも、
音楽にある程度時間を割くことは、とても敷居が高いかもしれないね。
そこで、次回から経験上のヨンタナ流、両立方法を具体化してみるよ。


じゃー!またねー。アディオスアミーゴ・アミーガ  4649ね!


スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!バンド音楽の基礎(ヨンタナのつぶやき)#1

2014年10月29日(水曜日) その1
HOLA!

DSC03318_20141029131432a18.jpg DSC05080.jpg

◇昨日は、JBサントスの練習日、夜空には三ケ月がクッキリ!見える位
外気が冷たく感じたね。


◇ヨンタナのブログも、大好きな「ムーン(月)!」をテーマに、数日前から
リニューアル版とさせていただいている。神秘的な”MOON”って言葉に
どこか魅かれて、曲名にも多く登場する。

DSC03667_20141029132739741.jpg

◇カルロスサンタナさんの名曲「ムーンフラワー」やスタンダード「ムーン
リーバー」「ムーンライトセレナーデ」等に加えて、ヨンタナのオリジナル
ホワイトムーン」(key=D)でも月がテーマになっている。


◇我が地球を回っている月、その地球も太陽の周りを1年かけて回転!
この物理的な法則こそ、原理原則(ものさし)の原点となっているのだ。



◇さて、今回からスタートする「楽しく学ぶ編」は、コンボバンドでやる音楽
の楽しさは?
・・・・そんな切り口から、勝手気ままにつぶやいてみたい。
例によって、所々脱線したりのつぶやきに、なるかもしれないなー。(笑)


DSC04914.jpg DSC04694_20141029134738689.jpg


◇昨夜も、ベーシストのアンパンマンこと井上氏とギタリストのジミーこと
芝野氏と練習後に”音楽談義”、深夜遅くまでバンドでの音楽とは?



◇その音楽談義中、まず「ピッキング」に関するハナシで盛り上がったな。


ヨンタナ:「地味なジミーちゃん、どんなピック使っているん?」
ジミー :「やや薄めのソフトタイプを使ってます。」


RIMG0013.jpg
(ヨンタナのハードタイプ)


◇アコギのアルペジオが上手いジミーならではの、ソフトタイプ選択だ。
しかしながら、ストラトも使う場面では、そのアタックの弱さが音の強弱
を損なうこともシバシバ!(笑)


◇エレクトリックギターとアコギでは、根本的に全く別の楽器だと思うな。
やや細めのライトゲージを張り、弦高も極限まで低くする人の場合なら、
音の強弱や音ヌケ・音の粒立ちは、あまり期待できない。


RIMG0105_20141029142217357.jpg DSC00783_201410291422168f3.jpg

◇どんなにギターアンプやエフェクターで音つくりしても、コンボバンド
では通用しない
かも。この辺がエレクトリックギターやベース奏者では
理解不足で、本人の悩みになっているミタイだねー。


◇実戦でのコンボアンサンブルでは、自分が思うより「音の強弱!」は
強く打ち出さないと、ダイナミックスのない平坦な演奏となるね。
フォルテやピアニッシモ等に無関心or知らないとすれば、ご臨終!(笑)


◇通常の曲は、イントロ(導入部)-Aメロ-Bメロ(サビ)-Aメロ-間奏と
文章で言えば「起承転結!」で作られてて、ビミョウな音の強弱含め
ソフトタッチやハードアタックを使い分けなければねー。

DSC05070.jpg


◇ボーカリストには、「歌詞!」という具体的な伝達方法があるけど、
ギターやベースでは、音だけで自分の気持ちを伝えることになる。
どうしても、音の強弱や色彩(音色)を表現する技術が不可欠だね。



・・・・と、そんな会話しながら、互いに教えたり・教わったりしながら
人として少しでも身になればイイ。そこがコンボバンドの楽しみかな。




じゃー!今回の新シリーズ1回目は、ここまでとします。
アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR