FC2ブログ
コンテントヘッダー

バンド音楽のアラカルト”A TO Z!”シリーズ #R

2014年12月21日(日曜日)
HOLA!

DSC06573.jpg DSC06568.jpg
DSC06571.jpg DSC06574.jpg

◇昨夜は、伊勢崎市ジョーの店で”サントスミニライブ”、黒のストラトを
軽く歪ませて弾くのも楽しい!アンプのリバーブを、ちょこっとだけかけて
曲に応じたデジタルディレイを乗せるオーバードライブトーンは、GOOD!


Rのロゴ2


◇さて、アルファベートシリーズも、やや終盤にさしかかり、今回は””だ。
ギタリストなら誰でもお世話になってる「リバーブ!」(Reverb)を少し。



◇フェンダー”ツインリバーブ!”に代表されるスプリング式のリバーブは、
地味だけど、暖かくて心地よいサウンドを提供してくれるので好きですね。

ツインリバーブ傾斜2 スプリング リバーブ1 



◇空間系エフェクトのリバーブやディレイ、そして古臭い呼び名のエコー
マシーン!そう言えば・・エレキ全盛期の「ミラノエコーチェンバー!
テープ式のアナログで、当時としては高価な代物、買えなかったなー。


ミラノエコーチェンバー1 ミラノエコーチェンバー2 寺内タケシさん


◇その後、ローランド・スペースエコー(RE-201)なんて名機が
発売されて、ヨンタナも長い間お世話になったテープ式。

ローランドRE-201


◇少し脱線したので、ハナシを”リバーブ”に戻すと、ギターアンプの
アナログ・リバーブに対し、ペダルエフェクターのデジタルリバーブ
も使い勝手が良さそうですね。


ボス リバーブ ボスリバーブペダル ベリンガー リバーブ


◇ボス製のデジタルリバーブ(RV-5)で15,000円前後、安価なモノ
ならベリンガー(DR-600)が3,500円と5分の1ですが、ヨンタナ
が使った限りでは、ベリンガー???ですね。(電池駆動できないなー)



◇やはり、ギターアンプ搭載のスプリングリバーブに軍配が上がるよ。
ただし、メーカーや型式によって、リバーブの効き方や残響の仕方が
かなり異なってるので要注意かもしれない。


DSC06586.jpg DSC06581.jpg
DSC01715_20141221131734748.jpg DSC01716_201412211317366ef.jpg


◇メサブギーでもトランスアトランティック(TA-30)は、リバーブ音
がスバラシイし、フェンダーのデラリバもイイ感じのリバーブですね。
同じフェンダーでもホットロッド系では、ちょっと違う鳴り方だ。

DSC06599.jpg DSC06597.jpg


◇どちらにしても、あまり深くかけすぎないのがコツで、目盛りが
1~3位の範囲であれば、音ヌケを阻害することはないね。
深くかけすぎると”シトシトピッチャン!”のベンチャーズだ。(笑)



◇ヨンタナの場合、リバーブはオンのままが多く、ペダルディレイ
とのコンビネーションで弾いてるね。地味な存在のリバーブだけに
隠し味的に使うのが、昔からのスタンダード!・・・なんてね。



<リバーブの参考映像>

(※いつものレッスン映像、とても参考になっています。)



じゃー!今回はこれでオシマイです。アディオス 4649ね!

スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR