FC2ブログ
コンテントヘッダー

ギターアンプのあれこれ”ホットロッド デラックス!” 再び編!

2015年1月20日(火曜日)
HOLA!

DSC07203.jpg DSC07206.jpg


◇今日も群馬名物”空っ風!”に見舞われ、朝から強風が吹きつけていた。
カラカラに乾いた空気のせいで、ヨンタナ喉が痛くカゼひいたかも?(泣)
そんな状態なので、今夜のバンド練習は、急遽中止にさせていただいた。



DSC03346_20150120205544a16.jpg DSC07196.jpg


◇今回のギターアンプあれこれは、”HOT ROD DELUXE!
このアンプは、山野楽器経由の正規品!初代ホットロッド・デラックス。
当然国内100Vに変換済みのタイプになっているね。




◇ヨンタナ自宅練習では、もっぱら!(笑)コレがメインアンプになってる。
フェンダー系アンプは、自動車で言えばトヨタ車みたいで、故障が少なく
適当にチューニングしても”フェンダーサウンド!”になっちゃうよ。(笑)




◇やはり、歴史あるフェンダーさんのアンプは、地味だけどスタンダード!
ツボを心得ているから、昔から名機を作り続けていると思う。ギタマガの
1月号でもフェンダーアンプ特集が組まれているのが、その証拠だね。


DSC07192.jpg DSC07194.jpg



◇では、HOT ROD DELUXE!アンプの特長をみていきますかね。


(1)出力  40W(GT管 6L6GC×2本) 結構デカイ音がする

(2)SP  エミネンスUSA 12インチ×1本 素直なサウンドだ

(3)プリ  12AX7×3本 ※整流管はついてない

DSC03353_201501202127372ee.jpg DSC03354_20150120212739c3e.jpg

DSC07201.jpg DSC07202.jpg



◇通常のフェンダーアンプ(ツインリバーブ)には、センドリターン端子がなく
ディレイをかけると濁って聴こえる欠点があったけど、コレならその問題解決。
最近のアンプでは、標準搭載ですが、既存フェンダー系には少ない機能だ。




◇それにアンプ単体での”歪みサウンド!”も、真空管ならではの太くリッチな
歪み方で、上質なオーバードライブと言ったところか。それにクリーンと歪み
チャンネル切替も、付属のフットスイッチで可能だ。


DSC03355_2015012020554749c.jpg


◇その歪みだけでなく、ジョージベンソンが使ってる位ですから、ジャズ系の
サウンドもカバーできて、とても汎用性の高いアンプですね。この初代アンプ
なら中古で50,000円前後と、価格もだいぶコナレテきてて、ウレシイ!(笑)

(※現行モデルⅢ:新品実勢価格 100,000円前後)




◇ギタリストやベーシストにとっては、とても重要なアンプ選び!同じギター
でもアンプによって、”出音には相当開きがある”のも事実。演奏家にとって、
イイ音で演奏したい!と思う欲望は、誰しも共通項ですね。




◇ヨンタナのナガーイ経験によれば、再生装置であるギター・ベースアンプ
の選択によって、演奏レベルも左右されると言っても過言でない気がするね。
ライブでは、リスナーへ直接伝達する手段の要がアンプです。(←ココ重要)


DSC01715_20150119163209db7.jpg HIMG0179_20150120221019960.jpg RIMG0105_20150120221133cc7.jpg
(デラックスリバーブ/アトランティック30/ブルースデラックス)



◇アンプも楽器としての重要なアイテムであり、日頃の練習成果を最大限に
生かすためにも、ある程度の投資は覚悟が必要ですね。 INのギターと
OUTのアンプ、その両方のレベルがマッチして、イイ音が作れるね。




じゃー!今回はこれでオシマイとします。アディオス 4649ね!



スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

バンド音楽のアラカルト”3にこだわるワケ!”シリーズ #8-2

2015年1月20日(火曜日)
HOLA!

DSC07163_20150119230323c6d.jpg DSC07164.jpg


◇バンド音楽のアラカルト”3にこだわるワケ”の第8弾!その2回目です。
脳力を発揮するための「3つの基礎体力」、その2つ目は”図形に表す!
一般的にバンドでも会社でも、ミーティングや会議が必要ですね。



◇特に何かが起きると”その対応!”のために、会議を開き、その会議で
決まらないことがあると、資料色々作成して、また会議・会議の連続だね。
生産性のある前向きな会議ならいいんですが・・・・


DSC07140.jpg



◇ヨンタナも過去には、イロイロなプロジェクトや会議に参加してまして
なんでこうなるの?・・・正直な実感でしたね。ほとんどが言葉だけで
討議してるワケでして、なぜホワイトボードやパワーポイント使わない?




◇大手企業や洗練されてる会社さんなら、図形の威力を充分に理解して
いて、効率的なパワーポイントやプロジェクターの活用が当たり前です!
でも、中小や零細となると、比較的コレの使用頻度が少なくなる傾向だ。




◇むしろ、少ない人数でコレ活用すれば効果満点!のハズなんですが、
言葉だけでのディスカッションが多いのかなー。それとも図形に表現
する方法がワカラナイだけなのかなー?

DSC07165.jpg DSC07166.jpg



◇ギタリストやベーシストなら、日頃から図形をイメージして指板上を
行ったり来たり!コードの MAJ7=△ Diminish=○
なんて図形でイメージする脳力が、毎日のように養われているよねー。




◇こういう風に考えてみると、音楽家の脳力はとてもスバラシイ!ね。
パワーポイントなんか使わせたら、きっと具体的でワカリヤスイ図形
描き、問題解決のヒントを提起できるんじゃないかなー。




◇それに、譜面自体”プロセス管理!”なんかにも応用できそうですね。
AーA’-B-A’の形式やDS・DCなどの記号にも熟知していて、
図形としてイメージできる基礎体力は、どの会社でも人財の要だ。


DSC06749.jpg DSC06761_20150115081549dbf.jpg



◇このように、フレキシブルな基礎体力を持ってる音楽家は多いね。
惜しいのー!(笑)仕事は仕事、趣味は趣味と切り離してしまっては、
折角身に着けた脳力を発揮できないよ。そんな印象を持ってしまう。




◇もっと、もっとミュージシャンの才能が、広く活用できるようになれ
ばイイですね。そうすれば社会的な地位も向上してくるのではと・・・
ヨンタナは、この年まで音楽を仕事に活かして、エンジョイライフ!




◇新しい角度からの”革新(イノベーション)!”が不可欠なジャパン
音楽をこよなく愛するミュージシャンが、その脳力を遺憾なく発揮
して、楽しい社会を創造できたら、どんなにか幸せかと・・・・





・・・と2つ目の基礎体力”図形に表現する!”は、これでオシマイです。
次回は、3つ目の基礎体力を、果たしてどんな体力なんでしょうか?
それまでシンキングタイム! じゃー! アディオス 4649ね!



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR