FC2ブログ
コンテントヘッダー

コンボ・ギターアンプのチョイスと音色!(MUSIC MAN 210)#2

2017-1-4 HOLA!
1月
曜日3・水曜

DSC04574_2017010412281436d.jpg
※酉年なので、撮りに行って来ました。・・・ダジャレ一発!



お正月の三が日も穏やかな内に終り、日常の生活に戻った方も多いでしょうか。
JOE☆SANTOSの活動も、今週末(土曜)から2017年が始動します。それまでは
ヒマっか!のヨンタナ、公園の猫ちゃんと戯れる日々が(笑)・・・好きね~♪

DSC04625.jpg
※黒猫が増えたぞ~・・・スリスリするけど、餌やらないので冷ややか!



◇そして、自宅でも黒アンプにゃん二匹?と遊ぶ事ぐらいですね。(笑)それでは、
引き続き”コンボアンプ”について、恐縮ですが、ヨンタナの勝手なつぶやきを少々。
ハイブリッドのMUSIC MAN 210-65(78年製)は、現行デラリバと同じ大きさ。

DSC04670.jpg


◇どちらも、ご存じレオ・フェンダーさん息がかかった、定番コンボアンプです。
見た目は似ているけど、味付けは異なっています。大きな違いは、スピーカーの数
と大きさで
、このミュージックマンは10インチ(25センチ)を2本搭載タイプ。

レオフェンダー&アンプ   GT管(白  ブギースピーカー
※年を重ねると、エチケットが大事だね~!(ガムなど必需品だ・・イキイキと)



◇真空管等もかなり影響しますが、今回はスピーカーにフォーカス! と言っても
マニアックでないヨンタナですから、経験上のレベルでご勘弁。一般的なアンプ
では、12インチ(30センチ)がスタンダードで、使いやすい大きさですね。

DSC04630.jpg
※「俺ファット体型だけど、レスポンスはイイほうだニャ~」・・・マイリマシタ。


◇低域の再生能力を考えれば、ギリチョンの10インチまでが許容範囲でしょうか。
特に、ピッキングした時の快適なレスポンスなどは、ミニアンプの小口径とは違うし
BASSを絞り気味で使うケースでは、ペラペラにもならずイイ塩梅!(笑)

会話(英語
※ヨンタナの英会話は通じない?・・・ヘラヘラ笑ってごまかすだけ!(汗)


◇いや~、ギタリストやベーシストは細かい!こだわる部分が多すぎて、ヤバイな。
でも、MUSIC MAN(音楽家)は繊細だにゃ・・・なんてよく言われるけど、そんな
事はにゃいヨンタナ。(笑) まあイイっか!が得意で、今年もいっちゃいそう。

DSC04606_201701041350584a6.jpg
※「恥かしいニャン」・・・正にその感じ・その感じ!(爆笑)



・・・アハハ!ギターアンプのハナシするより、猫と戯れる方がズット楽しいね。
「ピンポーン」あやや~、ホシイ病のポチポチが届いたようです。黒猫ヤマトの
宅急便!
(笑)これまた黒ネコとは・・・ではまたね アディオス 4649ね。

スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR