FC2ブログ
コンテントヘッダー

PRS 25th Anniversary SE Custom 24! (Santana Yellow編)

2017-3-21 HOLA!
3月(英語
曜日2・火曜

DSC07440_201703211235193d2.jpg
※PRS 25th Anniversary SE Custom 24 (2010年製/中古価格 5万円前後)


春雨がシトシト降ってる上州!一方、いち早く東京の靖国神社でサクラの開花宣言
季節の変わり目に入った感じがする。そして、変わり映えがしないヨンタナだ。(笑)
コスパなギターを中心に、アレコレ紹介するのは、いつもと同じ・・・

春(サクラ最前線  韓国


◇お昼のニュースを見ると、韓国のパク・クネ元大統領の報道で持ち切り。そんな
韓国の話題に乗じて、韓国製のPRS-SE・ギターをネタに再び。日米韓の関係は
政治経済をベースにとても深く、日本やアメリカのメーカーも韓国生産モノが多い


DSC07449.jpg


ポールリードスミス(PRS)のギターと言えば、サンタナさんの代名詞、高価な
ギターで知らない人はいにゃい。庶民のヨンタナには、手も足も出ないPRSギター。
そこで当然ながら、コスパなモデルに触手が動くヨンタナでした~。(笑)

DSC06452_20170321130930d91.jpg
※レスポール並にボディが厚いPRS・・・


◇「気持ちだけでも~○○みたいな!」と思うギタリストは多いかも。ヨンタナも
まさにそれそれ!ですね~。(アハハ)そして、サンタナイエローなんて言葉にもつい
乗せられて、購入となるワケです。(子供かっ・・・笑)


DSC07414_20170321132428e7e.jpg


◇PRS-SEシリーズと言えば、学生さん向けのエントリーモデル?確かに
販売価格だけを考えれば、本家のPRSとは比較にならないけど、個人的には
意外に使えてイイ塩梅。フラットトップ(平面)の薄いボディがチョット・・・


DSC07453.jpg


コストダウンを図るため、アッチコッチと苦心した様子が伝わるけど、組込みや
仕上げは丁寧で好印象。ストラトとレスポールの中間的な味付けも、まずまずです。
エフェクターの乗りも良く、歪み系のサウンドは、リアPUでも鳴ってくれる。


DSC07443_201703211408175a5.jpg


◇ギブソン傘下のエピフォンと同じサイドブランドだけど、同じ価格帯ならコッチ
が個人的にはおすすめ。真空管のギターアンプで鳴らすと、かなりゴキゲンな音が
するので、調整次第でオオバケするかもしれません。

DSC07446_2017032114145551f.jpg
※友人によるメンテ後は、ネックバランスも良く弾き易い。(ネック材もイイ)
DSC07432_20170321143300eb3.jpg
※タマもメイドインジャパン!(笑)



・・・コスパなギター達も、最近は中国・インドネシアなどへ生産拠点を移して
さらなるコストダウンを進めています。こよなく日本を愛するヨンタナとしては
メイドインジャパンが一番なんですが・・・では、またね アディオス!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

カリフォルニア・ピザ・キッチン!(栃木県佐野店へぶら~り編)

2017-3-20 HOLA!
3月(英語
曜日1・月曜

DSC07392.jpg


◇お隣の栃木県”佐野プレミアムアウトレット!”へ行ってきた。お目当ては
CPK(カリフォルニアピザキッチン)での食事。三連休なので、周辺の道路はすっごい
混雑、アウトレットの各レストランも行列・・・田舎ではにゃい光景!(驚)


DSC07399.jpg


◇田舎者のヨンタナですからね、人人・・・の混雑は苦手。(汗)早速CPKへ
直行、幸い行列もなくスムースに店内へ。席も空いているので座ろうとしますが
お店のスタッフからメニューの案内、カウンターで事前にオーダーするシステム


DSC07339_201703201528388c2.jpg
※ドリンクバーは、何度も来店して飲むことが・・・そんなに?(笑)
DSC07338.jpg


◇初めての来店なので、少し戸惑いながらパスタ・ピザを注文、支払いも済ませて
から席に着く。追加でドリンクバーとおすすめのケーキ。そうこうしていると料理
が運ばれてきた。意外にスピーディーで、待つのも苦手なヨンタナには好印象!

DSC07337_2017032015283590c.jpg
※こちらのカウンターで注文と会計を。
DSC07343_20170320154118eaa.jpg
※かなり大き目なサイズのガーリックチキンピザ
DSC07341_2017032015411610d.jpg
※イタリアントマト&バジルのパスタ


◇流石にピザは美味い!パスタも好みの固ゆで・・・完食。続いてデザートの
ケーキです。これもかなりデカサイズ栃木県産のとちおとめイチゴが乗って
うまそうだね。(イチゴ少し小ぶりだけど・・・)


DSC07347_20170320155342623.jpg
※流行のヴェルベットケーキ
DSC07346.jpg


◇いやはや満腹のヨンタナ、CPKを出ると夕陽がキレイだったのでデジカメで。
人ごみの中をアッチコッチと歩きながら、被写体を探してみたよ。ギター同様に
カメラも不器用なので、バカチョンでシャッターを押すだけ・・・アハハ!


DSC07362_201703201604484f1.jpg

DSC07397_20170320160640b7d.jpg

DSC07318_20170320161858ff2.jpg


・・・と言う事で、名物佐野ラーメンも食べずに帰路へ。めちゃくちゃ車が多くて
渋滞に巻き込まれ、お外はどんどん暗くなっちゃった。次回は、サントスの面々と
ライブ用の服でも買おうかな~。では、またね アディオス!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

JOE☆SANTOS ラテンナイト!(MOONLIGHT カバー編)

2017-3-19 HOLA!
3月(英語
曜日1(日曜

DSC07267_2017031913364770b.jpg


◇昨夜は、いつものところでサントスの演奏、テレキャスシンライン(MEX)
弾いてみました。今回は、2台のギターアンプを接続してホットな演奏を・・・
と思いましたが、メインアンプの調子がイマイチ!結局1台のみでクールに?

DSC07270_201703191342285ae.jpg
※ステレオ出力を試しましたが・・・アハハ!ダメでした。(汗)



◇それでは、伊勢正三さんのカバーで”ムーンライト!”後半の部分を少しだけ
お届けしちゃいます。(恥ずかしいな~!)デジカメで撮影してるので、音の
バランスや荒削り
なところが多々あるけど・・・ご勘弁くださいね。





ヨンタナの大好きな歌詞や曲調で、ずいぶん長い間演奏してきましたね。
長い年月を過ごした二人には、心の中まで透き通るような季節~想い出
数え、時の流れははかなくて
」 最後の歌詞が、毎回ジーンときちゃう。




◇そんな気持ちで、ジョーのゴキゲンな唄に続き、ギターのアドリブを弾いて
みました。E♭maj7-Dm7-Cm7~と循環しながらのコード進行もオシャレ。
まさに、長い年月を経ても色あせない唄キラキラした想い出が・・・


DSC07259.jpg


・・・では、またね アディオス!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

PEAVEY DELTABLUES再び!(30wだけど爆音だ~編)#FIN

2017-3-18 HOLA!
3月(英語
曜日6・土曜

DSC07225_2017031716385132d.jpg
※Delta Blues 115 TWEED 30W(\ 91,800 税込/デジマート調べ)


ピーヴィーとの出会いは、相当むかしです。PAがボーカルアンプと呼ばれて
いた時代に使っていましたね。その後もPAのモニタースピーカー等、音響用の
機材はピーヴィー
でした。(懐)


DSC07237_2017031813130610d.jpg
※スタンバイSWがにゃい?・・・不思議だね~。


◇たくさんある真空管(オールチューブ)ギターアンプ!の中では、比較的お手頃な
価格でUSA製が手に入るピーヴィー。このデルタブルースも、30Wの出力で
パワー管4本・プリ管3本を搭載、そして15インチの大口径スピーカー付き。


DSC07229_20170317224518645.jpg


◇さすがに音がデカイ!一般的に30Wクラスなら、パワー管2本ですけどね。
コイツは、4本で駆動するタイプ。(各チャンネル2本)ブルースの名前から
も”ゴリゴリッと押し出す感じ”が伝わってくる。

西部劇1   西部劇3


無骨なイメージが匂うけど、スプリングリバーブもキレイにかかるし、センド
リターン端子も装備していて、現代的な使い方もOK!クリーンから歪みまでと
守備範囲が広い様ですね。ただ20キロの重量は、ヨンタナ翁には・・・アハハ!


おじいさん(仙人風  おじいさん2
※「新品ムリだけど、中古品ならあ(ん)べ~」・・・



◇先日のプチレッスンGG放談でも、小型コンボの真空管アンプが話題に上り
ソリッドステートも悪くはないけど・・・「お小遣いを貯めないとね~」(笑)
「数百万円も寄付しちゃう太っ腹、だれだ~!」(アイムソーリー?)


DSC07192_20170318142214f09.jpg
※タマも仮住まいだニャン!


・・・と言う事で、ホシイ病はあっても我慢も必要です。しかし、福島から群馬に
避難されてる方は限界でしょうか。前橋地裁での判決も、6年目にしてやっとだね。
国と東電の責任は重い様です。では、今宵も演奏で「がんばんべ~」 アディオス!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

PEAVEY DELTABLUES再び!(30wだけど爆音だ~編)#2

2017-3-17 その弐

DSC07238_201703172219554cb.jpg


◇いま、同級生バンドの練習から帰宅しました~。今宵は、2人が所用で休み
4人で楽しみました。そして、またまた新兵器登場!リーダーH氏のホシイ病
ヨンタナを抜き、トップに躍り出たみたい?・・・アハハ!マイリマシタ。


DSC07246_20170317222559ac6.jpg

DSC07239_20170317222557270.jpg
※おニューなヤマハのミキサー
DSC07241_20170317222558f00.jpg
※大出力のパワーアンプ


◇開封したばかりで、操作がワカラニャイ!(笑)少し汗かきましたけど、無事
に出音できました。早速、ヨンタナの小型コンボ(きゅうべ~40W)で、課題曲
の唄バンを演奏。う~ん?アンプの近くではそこそこ・・・少し離れると???

DSC07244.jpg

DSC07242_20170317225545d6c.jpg


◇やはり、このソリッドステートのアンプでは、練習ギリギリかもしれませんね。
真空管のギターアンプなら・・・「自宅にあ~べ~!」「アイムソ~リ!」(笑)
PEAVEY DELTABLUESみたいな爆音、いや爆弾発言が・・・(失礼しました)

政治(ねじれ


DSC07229_20170317224518645.jpg
※真空管がごっそり!のデルタブルース


・・・意味不明なダジャレですみません。どうもまとまらないブログ記事だね。
と言う事で、PEAVEY ( ピーヴィー ) / DELTABLUESのハナシは、次回へと
持ち越しさせて下さ~い。では、またね アディオス!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

PEAVEY DELTABLUES再び!(30wだけど爆音だ~編)

2017-3-17 HOLA! その壱
3月(英語
曜日5(金曜

DSC07225_2017031716385132d.jpg


◇昼食後、グウグウ昼寝しちゃったので、ブログ書くの少しだけ。これから
同級生バンドの練習もあって・・・時間が無くすみません。(ご容赦ください)
PEAVEY ( ピーヴィー ) / DELTABLUES関連のハナシを再び予定。


DSC06538_20170225110304ac9.jpg

DSC04253_20170224133817e4e.jpg


・・・では、この続きは”その弐”へ アディオス!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

Fender Japan ST68-85TX(日本製のストラト~外資系に編)#2

2017-3-16 HOLA!
3月(英語
曜日4・木曜

DSC07220_201703161940284ed.jpg
※夜の公園・・・怪しげな木々、今にも動き出しそう!


木曜プチレッスンで更新が遅くなりました。そして、TV報道では驚きの発言!
いやはや、そこまでハッキリ言っちゃうみたいな。新たな波紋が怪しげな円弧を
描きながら、広がりをみせるかも・・・


DSC07206_2017031515174573d.jpg
※Fender Japan ST68-85TX


◇それでは、外資系になる前の国産フェンジャパストラト(ST68-85TX)について
少しだけヨンタナの個人的な印象を。まずは、おっきいヘッド!通称デカヘッド
呼ばれていて、好みが別れますね。


DSC06515.jpg
※一般的なサイズ・・・スモールヘッドのストラト
DSC07211_20170315152734e0b.jpg
※デカヘッドのストラト


◇まあ、「大は小を兼ねる」と言う程で、fenderロゴが大きくなったりしてますが
製品企画の一部でしょうか。それよりも、プレーヤーサイドとしては、弾きやすさや
サウンド
が気になる木。①ネックの狭い幅と②USAピックアップに特徴が・・・


DSC07209_201703162013394d2.jpg


◇通常のナット幅(42mm)に対して、ST68-85TXのナット幅(40mm)なので狭い。
手が小さく、指が短いヨンタナ翁には、ピッタリサイズ!(笑) でも、今の若い人は
背が高く、足もデカイので、当然手が大きく指も長い~。この辺が影響しそう・・・

原始人  現代人(身長
※昔はみんな”デカヘッド!”(笑)・・・現代人は八頭身でスモールヘッドだ。



◇次に、テキサス・スペシャルと呼ばれるピックアップ、暴れ馬に乗った西部劇
彷彿させちゃう。USAと書いてあるが、日本製のコピーモデルかもしれないけど。
ファットでダーティーなサウンドは、ヨンタナの好きな味付けです。(嬉)


西部劇  西部劇2


◇かなりノイジーピックアップなので、ライブMC途中(無音状態)ではヤバイです。
「ジー・ジー」と毎回ヨンタナが呼ばれてる感じで!(アハハ)そんなこんなで人気
がイマイチなモデル
ですが、ギターのポテンシャルはかなり高い。(◎)


DSC07215_201703162049175da.jpg
※チューナーペグは、fキーです。


真空管アンプとも相性が良く、歪み系エフェクターの乗りもイイ塩梅! ていねいな
作りと相まって、この価格帯ならお買得品かも。現行Fender Japan Exclusive series
CLASSIC 68(定価/110,160円)か、フェンジャパ中古品を探すかですね。


DSC07106_20170316210303bff.jpg


・・・昼時は、春も近い陽気になってきました。でも、朝晩はまだ寒いですから
お風邪など召しませんように。いつもお読みいただき、ありがとうございま~す。
では、また社会問題などを風刺しながら、楽器のハナシでも。アディオス!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

Fender Japan ST68-85TX(日本製のストラト~外資系に編)#1

2017-3-15 HOLA!
3月(英語
曜日3・水曜

DSC07187.jpg
※「春雨だにゃ、木陰でしばし!」・・・



◇小雨の中、公園のネコちゃん達もストレスを溜めてそうだ。ヨンタナも自己練習の
成果が発揮できなくて、ここのところストレスが増えてきた感じ。(悲)あれこれと
チャレンジするけど、「記憶にございません」(イナダの白ウサギ大臣?・・・笑)


DSC07206_2017031515174573d.jpg
※Fender Japan ST68-85TX(1996年発売当時・・・定価85,000円)



◇ストレス・ステルス戦闘機とくれば、フェンダージャパンのストラトキャスター?
アハハ!いつもの意味不明だ。(笑)今回は、20年前のフェンジャパ製ストラト
少しやってみたいと思います。


DSC07211_20170315152734e0b.jpg


通称デカヘッドの68年ストラトコピーモデル、USAテキサススペシャル搭載
ファットなサウンドが魅力的なギターです。アルダーボディに貼りメイプルのネック
トラスロッドがヘッドに見えないタイプですね。


DSC07207_20170315153449c86.jpg


友人のギタリスト・ジャコS氏により、メンテが施されてネックコンディションは
かなり弾き易い状態です。元々、ネック幅が狭いタイプ(ナット40mm)ですから
手の小さいヨンタナには、向いているのかも。





◇フェンダーのストラトUSA・MEX・JAPANが御三家!でしたが、現在では
フェンダージャパン(代理店神田商会)がなくなって、完全な子会社に。ドンドコと
外資系の経営に切り替わる日本製!某電気メーカーTSも、上場廃止の危機?・・・


歴史(マッカーサー  勤務(リストラ


◇ヨンタナが最後まで勤めていた会社も、外資系に買収されたのが4年前です。
企業の再編は、楽器の世界にも浸透し、ますます日本生産が少なくなった感じ。
そんな背景にもかかわらず、福島原発廃炉費や土地割引問題などヤバイ・・・

原発(福島  役人
※廃炉費は、電気料金に転嫁?・・・電気楽器だけに気になる!



◇最近の社会問題は、「どーも解せない内容ばかり」と思うのはヨンタナだけか?
多くの税金を国民から徴収してるのに、それを使う所や順序がチグハグ!?・・・
まず、原発関連の避難民や街再生に、ヒト・モノ・カネを一極集中したら。(例え)


DSC07213_201703151628387ae.jpg
※表だけでなく、裏もありそうな?・・・



・・・あれこれと”総花的なやり方”(古い言葉だね)では、ヨンタナの自己練習と
同じだよ。(笑)アッチコッチとかじっては忘れ成果がハッキリしにゃいままだ。
と言う事で少し路がそれたので、この続きは次回へ。では またね アディオス!

ネコお辞儀
※いつもご訪問感謝していま~す。4649ね!



このページのトップへ
コンテントヘッダー

Mesa Boogie TransAtlantic TA-30 Combo!(ギター・アンプが生命線だね~編)#FIN

2017-3-14 HOLA! 
3月(英語
曜日2・火曜

DSC07146_20170314134907ef9.jpg
※「あっちだ?」「いやこっちよ!」・・・楽器購入はいつも悩みますね~。(笑)



◇あっち向いてホイ、こっち向いてホイ! 「鶏が先か、卵が先か?」みたいな
エレキギターとギターアンプの関係。(かなり強引だね・・・) 蚊が鳴くような
ソリッドギターの生音、ギターアンプで増幅してこそ本領発揮ですね。


DSC07151_20170314135806f66.jpg
※スタジオキャリバー(EL84パワー管タイプ)・・・中古で4~5万円
DSC00314_20170314140336a60.jpg
※TransAtlantic TA-30(同EL84管タイプ)・・・中古品なら10万前後


◇最新型のモデリング・デジタルアンプと一線を画す”アナログ真空管アンプ!
重くて取扱にも注意が必要だけど、デジタルにはない倍音やヘッドルームの広さ
そして、ギタリストに求められるのは、腕前とギターアンプのチョイスかも。


DSC07174_20170314151402c1f.jpg
※チャンネル1・・・ローカットフィルターとマスターがプルで切替


◇このTransAtlantic TA-30 Combo!は、2チャンネル構成でヨーロッパ系と
アメリカ系のサウンドが出音
できるタイプ。わかりやすく言えば、英国VOXの
サウンドと米国FENDERサウンド
の2台分を意識したチューニング。


DSC07185_20170314152142e30.jpg
※フットスイッチ専用ケーブル付属


複数のボリュームを搭載した、先駆者のメサブギーアンプ!クリーン~歪みまで
かなり幅が広いサウンドメイクが可能。さらに、15・30・40Wの出力切り替え
自宅練習からライブまでを想定して、用途に応じた使い方にも配慮。


DSC07176.jpg
※やや複雑な出力切り替え



◇これだけの機能がぎっしり詰まっていても、マイナー的な側面で値引き幅が
大きい
このギターアンプ。やはりメジャーなマークシリーズに人気が集中して
それほど人気がなかったのも事実。反面購入しやすく、ヨンタナ向きだ。(笑)


DSC07170.jpg
※セレッションの入力90Wを搭載(12インチ一発)・・・余裕があるね。
DSC07173_20170314154015a8a.jpg
※スプリングリバーブは、かなり秀逸でキレイにかかる。(放熱ファンが珍しい)


個人的な意見ではありますが、ギターとアンプは1:1を基本として予算
考慮したいものです。オマケ的なギターアンプ等では、ソリッドギター本来の
サウンド
が体験できず、腕前を出しきれない気もするヨンタナ。


DSC07077_2017031413490945b.jpg
※音がゴキゲンだと、演奏にも花が咲く・・・


・・・趣味の音楽とは言え、楽器としてのギターアンプには、ある程度の投資が
不可欠。お小遣いがキビシイ世の中ですが、無理のない範囲で中古品などを探す
のもヨンタナ流。(笑) 少しでも参考になれば幸い。では、またね アディオス!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

Mesa Boogie TransAtlantic TA-30 Combo! (ギターアンプが生命線だね~編)#1

2017-3-13 HOLA!
3月(英語
曜日1・月曜
DSC07105.jpg

◇木々の生命力には、驚くばかりですね。新し枝が芽吹いて、きれいな白梅の
が咲いていた。ほんとうに不思議ちゃんな世界、人間も同じようになれば・・・
そう言えば、ギタリストにとっての生命線は、ギターアンプだ。(アハハ強引に)


DSC07180.jpg


◇同じエレキギターで弾いても、ギターアンプが違うと劇的に変わるサウンド
知っていそうで見落としがちな”ギターアンプ!”について、ヨンタナの個人的
なハナシを少しやってみよう。(笑)




◇ギター同様、ギターアンプもピンキリな楽器!数千円からウン十万円までと
価格差が激しいので、新品中古を問わず入手可能な100,000円前後に絞って。
そんな今回は、Mesa Boogie TransAtlantic TA-30 Combo!


DSC07166_20170313143409ebb.jpg
※Mesa Boogie TransAtlantic TA-30 1×12 Combo(定価288,000円)


老舗のフェンダーやマーシャルを始め、サンタナさんや高中さんが使用し
たことで名をはせたメサブギーのギターアンプ!(米国カリフォルニア製)
1972年マークⅠが登場、その小さな箱にメイッパイのスピーカーが特徴!


サンタナ&ブギー  ブギー マーク1 スネーク
※マークⅠ復刻版スネーク(新品338,000円/デジマートさん調べ)


◇その当時は、ヨンタナ貧乏学生でしたから、とても買える代物ではにゃい。
それは今でも同じで、マークシリーズ(復刻)は高価で手も足も出ない。(笑)
そこでワンランク以下の、タマ?いやメサブギーが狙い目となった経緯。

DSC07092_20170313145636bb0.jpg
※爆睡中のタマにゃん・・・声をかけても~(汗)
DSC07167.jpg
※ごっそりタマにゃん(真空管)を搭載した、オールチューブ!(笑)


◇メサブギーの好きなところは「あらゆるタイプのプレイヤーや音楽スタイルに
適応するアンプを目指してます
」と言う設計思想。最近のバンドは、ジャンルも
ボーダレス時代
になって、イロイロな音楽要素を取り込んで進化しています。





◇ジャズ・ロック・ブルースは言うに及ばず、民族的なテイストも織り込んでい
て多様化しています。まあ、情報化時代ですから、世界中の音楽が自宅でも簡単
に観ることが出来、それらを吸収するスピードは、ヨンタナ世代とはケタ違い!


DSC07168_20170313151145d0a.jpg


◇ギターのテクニックも飛躍的に伸びて、超絶なギタリストがワンサカ!(笑)
不器用なヨンタナには、サウンド追求しか道が残ってにゃい?悔しいけどね
その為にも、生命線であるギターアンプのチョイスは、大事ですね。

DSC07153_20170313153132e89.jpg
※イッパイアッテナ君も休憩中?・・・久しぶりだね~。
DSC07113_20170313152023118.jpg
※某公民館で一休さんです。(笑)


・・・日課の散歩途中でコーヒーブレイク!まだ外は「さみ~な~!」(群馬弁)
真空管に火を入れて暖まりたい気分(笑)、この続きは次回に持ち越しで~す。
では、またね アディオス。



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR