FC2ブログ
コンテントヘッダー

Fender Classic Series '72 Telecaster Thinline (再び~編)

2017-3-11 HOLA!
3月(英語
曜日6・土曜

DSC07041.jpg
※Fender Classic Series '72 Telecaster Thinline (Natural) /(\118,584 税込)


東日本大震災から6年! その震災の時は、ちょうど高齢者初心者マーク付き
のヨンタナでした。上州の田舎でも、二度の大きな揺れに見舞われ、今でも鮮明
に思いだす恐怖。そして、未だ復興が進まない、東北の方々の心境をおもうと・・・


DSC07042.jpg
※fホール1個とワイドレンジのピックアップが特徴


◇それでは、今回は再びテレキャス・シンライン(メキシコ製)!一般的なテレ君
のシングルコイルと違って、ハムバッカータイプを搭載したテレ。本家フェンダー
テレキャスター・シンライン(1972年)の復刻モデルです。




◇昔~昔~、確かスパイダースの井上堯之さんが使っていた記憶が?とても珍しい
テレキャスターでしたが、その時はストラトやレスポールに”ぞっこんのヨンタナ!
あまり気にも留めずにかなりの年月が流れ、このギターが似合う年頃へと。(笑)

老人(はなさかじいさん 


◇フェンダーのカスタムショップ製なら、50万円前後と手の届かないプライスですが
フェンジャパやメキシコ製なら、少し背伸びをすればね~。見た目、ハムバッカーの
ピックアップ
が、ギブソン系のサウンドをイメージさせるね。

DSC06231.jpg
※一般的なテレキャスなら、2つの異なったシングルコイル搭載↑
DSC07044_2017031112144450c.jpg
※不思議なハムバッカータイプのシンライン



ところがどっこい!(笑)良く見ると、ポールピースが1列でなくて、高音弦
と低音弦で段差がある
不思議なタイプ。ワイドレンジタイプと呼ばれて、独特な
サウンドを出音します。テレキャスサウンドを残しつつ~みたいな感じかな。


DSC07047_2017031112235780e.jpg


レスポール似のサウンドを少しは期待したけど、やはりテレキャスでした。(汗)
それでは、ボディが空洞(セミホロウタイプ)なので335似かな?・・・アハハ!
これも見事にハ・ズ・レ。どう転んでも、フェンダーサウンドでしたね。


DSC07046_20170311123334c0b.jpg
※シンラインだけに、信頼(ん)のおける1本で~す。(失礼しました)


◇まあ、中途半端なところはヨンタナ似だから、イイ塩梅にフィットする。(笑)
ある意味、その個性的なサウンドが実にニクイ味付け。どクリーンだけでなくて
軽く歪ませてやれば、しっかり鳴いてくれるね。ホーホケキョ!?とか・・・


DSC07000.jpg
※相変わらず意味不明だね~・・・



・・・と言う事で、ブログ内容も中途半端でした。(恐縮)今宵はジョーの店で
土曜ミニライブ。ベーシストがお休みで、ヨンタナがその代打、5弦ベース持参。
テレテレ照れるな~♪ でした。では、またね アディオス!

スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR