FC2ブログ
コンテントヘッダー

Mesa Boogie TransAtlantic TA-30 Combo! (ギターアンプが生命線だね~編)#1

2017-3-13 HOLA!
3月(英語
曜日1・月曜
DSC07105.jpg

◇木々の生命力には、驚くばかりですね。新し枝が芽吹いて、きれいな白梅の
が咲いていた。ほんとうに不思議ちゃんな世界、人間も同じようになれば・・・
そう言えば、ギタリストにとっての生命線は、ギターアンプだ。(アハハ強引に)


DSC07180.jpg


◇同じエレキギターで弾いても、ギターアンプが違うと劇的に変わるサウンド
知っていそうで見落としがちな”ギターアンプ!”について、ヨンタナの個人的
なハナシを少しやってみよう。(笑)




◇ギター同様、ギターアンプもピンキリな楽器!数千円からウン十万円までと
価格差が激しいので、新品中古を問わず入手可能な100,000円前後に絞って。
そんな今回は、Mesa Boogie TransAtlantic TA-30 Combo!


DSC07166_20170313143409ebb.jpg
※Mesa Boogie TransAtlantic TA-30 1×12 Combo(定価288,000円)


老舗のフェンダーやマーシャルを始め、サンタナさんや高中さんが使用し
たことで名をはせたメサブギーのギターアンプ!(米国カリフォルニア製)
1972年マークⅠが登場、その小さな箱にメイッパイのスピーカーが特徴!


サンタナ&ブギー  ブギー マーク1 スネーク
※マークⅠ復刻版スネーク(新品338,000円/デジマートさん調べ)


◇その当時は、ヨンタナ貧乏学生でしたから、とても買える代物ではにゃい。
それは今でも同じで、マークシリーズ(復刻)は高価で手も足も出ない。(笑)
そこでワンランク以下の、タマ?いやメサブギーが狙い目となった経緯。

DSC07092_20170313145636bb0.jpg
※爆睡中のタマにゃん・・・声をかけても~(汗)
DSC07167.jpg
※ごっそりタマにゃん(真空管)を搭載した、オールチューブ!(笑)


◇メサブギーの好きなところは「あらゆるタイプのプレイヤーや音楽スタイルに
適応するアンプを目指してます
」と言う設計思想。最近のバンドは、ジャンルも
ボーダレス時代
になって、イロイロな音楽要素を取り込んで進化しています。





◇ジャズ・ロック・ブルースは言うに及ばず、民族的なテイストも織り込んでい
て多様化しています。まあ、情報化時代ですから、世界中の音楽が自宅でも簡単
に観ることが出来、それらを吸収するスピードは、ヨンタナ世代とはケタ違い!


DSC07168_20170313151145d0a.jpg


◇ギターのテクニックも飛躍的に伸びて、超絶なギタリストがワンサカ!(笑)
不器用なヨンタナには、サウンド追求しか道が残ってにゃい?悔しいけどね
その為にも、生命線であるギターアンプのチョイスは、大事ですね。

DSC07153_20170313153132e89.jpg
※イッパイアッテナ君も休憩中?・・・久しぶりだね~。
DSC07113_20170313152023118.jpg
※某公民館で一休さんです。(笑)


・・・日課の散歩途中でコーヒーブレイク!まだ外は「さみ~な~!」(群馬弁)
真空管に火を入れて暖まりたい気分(笑)、この続きは次回に持ち越しで~す。
では、またね アディオス。



スポンサーサイト



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR