FC2ブログ
コンテントヘッダー

国産ソリッドギター対決!(レスポール VS ストラトキャスター編)#2

2017-9-11 HOLA!
9月
曜日1・月曜

DSC06704_20170911130231251.jpg
※トーカイ・レスポール(1981年製)
DSC05795.jpg
※フェンダージャパン・ストラトキャスター(1990年代)


◇国産メーカーでメイドインジャパン!のエレキギター、その技術は相変わらず
高いレベルを維持してますね。「momose(モモセ)やVanzandt (ヴァンザンド)
とても魅力的な国産ギターを今も作ってます。・・・ホシイ病がムクムク!(笑)


ワンコイン   お金持ち2
※懐が淋しいので「バンザーイど、夢の中だけでも!」(ムリが・・・笑)



◇毎週演奏する機会に恵まれているヨンタナ、”レスポールとストラト”をメイン
にアレコレ試行錯誤していますが、レスポールを使う頻度がやや多い。演奏する
曲にもよりますが、オールジャンル的なサントスでは、レスポールの方が・・・


DSC06715_20170911133453dc5.jpg
※標準的な2V2Tタイプ


◇1V2Tタイプのストラトに比べて、ボリュームノブが2つあるレスポール
操作面では慣れないと少し大変ですが、細かな設定ができるので汎用性が高い。
そして、気になるノイズがにゃいハムバッキング、演奏に集中できる長所も。


シャレ(くまったなー  たぬき
※「ノイズが気になるね」・・・それはクマった~。(笑)

DSC06688.jpg
※ホットロッドデラックスがメインアンプ(チューブ/40W)
DSC06696_2017091114001571c.jpg
※安価なエフェクター(右から ワウ・チューナー・ブースター・オーバードライブ・ディレイ)


◇電気楽器プレーヤーにとって、ノイズ対策は欠かせない。ギター本体だけでなく
アンプ・エフェクター・シールド・パッチケーブルなど、ノイズ発生の原因となる
個所は多いのが実情だにゃ~。


DSC06645.jpg
※「ヨンタナジージー」・・・にゃんの音だ?(笑)
DSC06646.jpg
※「止めて~!」(すみません)


・・・と言う事で、今宵も同級生バンドでギターを弾きます。「うるさいにゃ~
と言われない様に、アンサンブル重視でボリュームをイイ加減に?(笑) それでは
行って来ま~す。では、この続きはまたね アディオス!



このページのトップへ
コンテントヘッダー

国産ソリッドギター対決!(レスポール VS ストラトキャスター編)#1

2017-9-10 HOLA!
9月
曜日1(日曜

DSC06677_2017091013055775b.jpg


◇久しぶりに30℃越えの上州!残暑がきびしいザンショ。(笑)扇風機を
クルクル~しながらブログの更新してます。そして、昨夜使用したレスポ
のお手入れ
もしなくっちゃね。


DSC06697_20170910131628e1e.jpg
※ピアノの上のPCは、バッキングソフトBB君


◇毎週土曜の夜は、サントスの演奏、新曲を増やすべく早めに店入り。
とりあえず入力しておいたコード進行をバックに、曲の流れを練習だ!
今回も唄入りなので、キーも選定します。(当初の想定は KEY=翁?


英字(G  老人(エヘヘ1
※「バレバレ?」・・・ですよね。(エヘ!)


◇ボーカリストのジョーは、意外に音域が広いのでアレコレ試しながら
ベストにマッチするキーをチョイスします。こんな時には、音楽ソフト
BB君が便利で、ワンクリックでキーチェンジできちゃいます。


DSC06280_201709031450306ec.jpg
※好評に付き、再びジョー父娘!



◇ところが、当初書いたスコアは KEY=Gのまま、ヨンタナとジャコ塩島氏
移動ド」で移調しながら対処することになります。まあ、この辺の対応は
百戦錬磨?の二人ですから、にゃんとかクリアできちゃいますが・・・


DSC06687.jpg
※さっぱりしてる?・・・歯痛に苦しんで抜歯したみたい。(お疲れ)
DSC06691.jpg
※なんかイイ音・・・ロトサウンドに弦交換とのこと。(腕前もあるけどね)


◇そして試験的に導入のティンバレスを野村氏が叩く。ラテンパーカッション
には欠かせない楽器だからね。ムラム~ラするくらいになるまでには、時間が
がかかりそうだけど、今後に期待しています。


DSC06685_20170910135814608.jpg
※ムラム~ラ野村氏!


◇前置きがかなりナガクなってしまいました。(汗)それでは本題の「レスポ対
ストラト
」について、ヨンタナの感想をやってみますね。エレキギターと言えば
ミドルさんやヨンタナ世代に人気のあるソリッドギターの2タイプ。(笑)


DSC06700_20170910140953734.jpg
※国産のレスポール(1981年製/トーカイ)&BOSS ワウ!
DSC05803_201709101413199d7.jpg
※国産のストラト(1990年代製/フェンジャパ)&Cry Baby ワウ!


◇本家のUSA製ギブソンやフェンダーは、高価過ぎて手が届かないヨンタナ
ですが、予算のある方は迷わず高級ギターをチョイスしましょう。今回は国産
のレスポールとストラト比較でご勘弁下さ~い。


シャレ(しょうがねー シャレ(ごめんなさい
※「しょうがねーな」・・・「ごめんなさい」(汗汗)


・・・と言う事で、記事がナガクなりそうなので、この辺で「サイなら」(笑)
この続きは次回また 4649ね! 最後までお読みいただき感謝です。




このページのトップへ
コンテントヘッダー

FENDER MEX ストラト!(ブラックに魅せられ~川越編)#3

2017-9-9 HOLA!
9月
曜日6・土曜

DSC06467_201709091255254c2.jpg
※小江戸川越・熊野神社・・・シンボルの八咫烏(やたがらす)



◇渋好みな江戸っ子に粋な色とされた”ブラック!”ヨンタナの好きなカラーだ。
クロもなかなかえーど?」(笑)とか言いながら、演奏はミステイクだらけ。
ストラトの弦高を下げたりしても、フィンガーボードが滑らないとね~・・・


DSC06669_20170909131003cce.jpg
※Fingerboard....Rosewood” Radius (184 mm)/Neck....Maple, “C” Shape



◇ネック形状や指板材質も千差万別のエレキギター、どのネックと相性がイイ
のか良くワカリマセンが、指がスムースに動くタイプならOK!なんせ指4本
だけでローポジからハイポジまで、瞬時に動き回るギターの演奏。


スキー(スノボー  シャレ(むりっす
※「スベル~スベル~」・・・ヨンタナにはむりっす!(アハハ)


◇スピード感あふれるフレーズは魅力的、フィンガーボード上を縦横無尽に
動き回れたらどんなに楽しいか。そんな夢を追い求めて”あれから半世紀!
未だに低速走行のヨンタナ節ですね。(笑)


DSC06678_20170909134403cb8.jpg
※ペダルも各種あってチョイスに迷うよね。


◇そこで登場するのが、お助けアイテム、歪み系のペダルエフェクターです。
「ギュイーン」とベンドすれば、それだけで逃げ切れるから便利。つい頼って
音数が少ない演奏になってしまう。(笑)

シャレ(なってしまうま  ストラトのアニメ
※「つい表情に出てシマウマ!」(トホホ)


◇やはり基本のピッキング、シンプルで味気ないけど、繰り返してカラダに
染み込ませるしかにゃい。楽しい演奏をするためにも、日頃の訓練がモノを
言うようです。ついでに玉子かけご飯食べて「エッグい演奏」なんてね(笑)


DSC06423.jpg
※バスに描かれたマスコットは、ニャンですか?
DSC06379_201709091410547b6.jpg
※玉子料理で有名な”OHANA GRILL”・・・いつも満席らしい。



・・・これから、サントスのリハとライブです。玄人好みで粋な演奏をしたいと
思いますが、黒好きだけにクローしそうですね。(笑)そうそうブロ友孫六さん
川越市の情報コメありがとさん。「さあ、今日もがんばんべ~」 アディオス!



このページのトップへ
コンテントヘッダー

FENDER MEX ストラト!(ブラックに魅せられ~川越編)#2

2017-9-8 HOLA!
9月
曜日5(金曜

DSC06672 - コピー
※Fender Classic 60s Stratocaster (MEX)


◇今日は久々に残暑が厳しい上州!そして、今週も時が過ぎるのが早いな~。
ギターなどお手入れしてる内にもう週末です。明日はサントスのミニライブ
そろそろ新曲を増やさないと・・・秋が来るかも。(笑)



DSC06430_20170908142427db1.jpg
※時の鐘・・・「ときめく隣のお嬢さん誰?」(知りません 失礼)


玄人好みなブラックカラー!のストラトキャスター、ゴキゲンな音色造りが
とても難しいモデルですね。(私見)シングルコイル独特のシャープさは好き
ですが、プロギタリストのようなファットでスイートなサウンドは・・・トホホ!


DSC06555_20170908150056b5b.jpg
※川越と言えば、さつま芋!


◇まあ、プロの場合使用している機材やテク等が全然違うので、イモじいさん
のヨンタナには夢ですけどね。(笑)そこでできる事といえば、弾き易く調整
してやり、不器用なヨンタナの演奏を支えることかな。


DSC06667_2017090815104454f.jpg
※ブリッジをベタ付けしてる。・・・アームは飾りです。



◇まずは弦高をギリギリまで下げること。ブリッジの駒をアジャストしながら
ビビリ音や詰まった音が出にゃい程度に下げる。これだけでも、押さえる指の
力が少なくて楽チンだし、チューニングも安定してくるからね。


シャレ(ざっくり  シャレ(たしかに
※「ざっクリだけど、たしカニ!」(アハハ)


◇細かなフィンガリングを活かすには、弦高が低くないとね。グリッサンドや
プリングオン・オフ
など多用するヨンタナ。速弾きが苦手だから、誤魔化しの
テクニックをつい使っちゃうにゃ~。(笑)


DSC06657.jpg
※公園のネコちゃん・・・新人なのかな?(でも足が速そう)


正確なピッキングを心がけていますが、スピード感がイマイチ出にゃい。
どこかに問題が潜んでいると思いますけど、なんせ半世紀越えの自己流!
ますますスローハンドになってる感じ。(汗)


DSC06673.jpg
※ナット交換を検討中!


◇それからナットの問題も弦高には影響大です。ローフレットが押さえにくい
場合など、ナットの溝切りや交換が有効だと思います。ヨンタナ不器用なので
プロのメンテナンスマンにお任せ!になるでしょうけど。


DSC06436_20170908155356a3f.jpg
※川越名物「いも恋」


・・・ストラトでスイートなサウンドを奏でたいと願うヨンタナ、いも恋を食べて
みましたが、さらに芋っぽい音になっちゃった様です。(笑)まだまだ素敵な恋が
足りない?のヨンタナがお届けしました。ではまたね アディオス!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

FENDER MEX ストラト!(ブラックに魅せられ~川越編)#1

2017-9-7 HOLA!
9月
曜日4・木曜

DSC06602 - コピー
※Roland×Fender G-5 VG Stratocaster(MEX)


◇今回小江戸川越のぶらり旅!では、街並みのアチコチが黒い質感に覆われ
ブラック好きなヨンタナはそこに魅了された。明治の後期に再建された蔵の
黒い漆喰(シックイ)が鏡のように磨かれ、鈍い光が印象的でしたね。


DSC06387_201709071341472cf.jpg
※素手で鏡のようなつやが出るまで磨く手間の かかる作業らしい。



◇昔から、黒は渋好みの江戸っ子に粋とされた色!ヨンタナは上州っこ(笑)
ですが、なぜかブラックカラーが好み。現在所有するギターの内、数本は黒。
その中でも、メキシコ製のFENDERストラトは兄弟みたいな・・・


DSC06616_20170907135104cac.jpg
※右:Fender Classic 60s Stratocaster (MEX)


◇本家USA製ストラトは、メキシコ製と比較すると価格が2~3倍以上する
ので、なかなか手が出にゃいですね~。(汗)まあ、この辺でもイイっか!
好きなカラーをチョイスしたMEX2本です。


DSC06588_2017090714131252d.jpg
※ネコ井戸端会議「やっぱりUSAがいいにゃ」・・・「へ~?」(黒の心中)


◇こんな場面に遭遇したこと有馬温泉?(笑)確かに楽器そのものの価値は
ある程度値段に比例するでしょうか。高価な部品・手作業の組込み・木材等
おカネをかけるところは、幾らでもありそうでキリンがにゃい!?(アハハ)


シャレ(きりがない  シャレ(コストカット
※「私のことですか?」(笑)    「拙者、コストカットに腕前を・・・」


◇そこそこのポテンシャルさえあれば、コスパなギターでもチョイス次第で
腕前は発揮できるような気がする。ヨンタナの所有ギターは、ほぼ無改造!
ハイそのまま使ってます。それよりも、演奏技術を押し上げる時間が~


DSC06568 - コピー
※「時間ならタップリありますにゃん」・・・いいな~!(笑)


◇楽器選びはとても大事で楽しいですが、心を表現するツール。歌詞もない
音だけの世界ですから、奥が相当深いです。例えばAm-Bm7-5/E7と言う
お馴染のコード進行でも、かなり多くのアプローチが考えられますね。


DSC06509.jpg
※川越・氷川神社の風鈴
DSC06545_20170907150221102.jpg


・・・手癖になってる風鈴(古りー)なフレーズ!(笑)ブラッシュアップしなければ
ヨンタナのカラダ同様、風前のともしびにもなりかねない。ブラック好きなヨンタナ翁
少しは粋な演奏」もしてみたいかな。では、この続きはまた アディオス!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

レトロな街を東奔西走!(桐生市昭和時代~小江戸川越へ)#3

2017-9-6 HOLA!
9月
曜日3・水曜

DSC06400_201709061339084c9.jpg
※味わい稲荷小路(金笛醤油屋)


◇にぎやかな小江戸”蔵造りの町並み通り”から、黒塗りの質感に魅かれ小路に
それたヨンタナ。ブラック好きなヨンタナですから、自然に足が向いていた?
しょうゆうこと!」でしょうか。(笑)


DSC06403.jpg
※昔の車掌さん?みたいだ。・・・「右よし左よし」とか(笑)


◇その先にもにゃんか黒いモノが立ってる?興味しんしんで行ってみた。
今回はまったく観光情報なしのぶらり旅!まあ、いつもの行き当たり・・・
金笛醤油屋さんの裏手に位置した「うんとん処 春夏秋冬」でしたね。



DSC06414_20170906142514495.jpg

DSC06411_201709061404111c4.jpg
※うんとんちゃん石像でした。


◇おひる時間をだいぶ過ぎていたので、ココで腹ごしらえでもと店へ入る。
メニューを見ると、ひと際目についたのが「かき揚付きげうどん!」です。
川越名物と言えば”さつまイモ”なんですが、うどんもイーモん?(笑)


DSC06407.jpg
※上州の田舎うどんに少し似てる歯ごたえ。
DSC06410_201709061413223f3.jpg
※でかいかき揚げ!サイコロ状の具だくさんで、美味い。


◇醤油屋金笛さんの経営らしく、かき揚げにかけるお醤油は3種類です。
今回は唐辛子醤油をチョイス、えび・いも・玉ねぎ・人参などの具材が
イッパイ入っていて、醤油の辛さが絶妙なお味を引き立てるにゃ~。


DSC06406_201709061425581c2.jpg
※川越ネコを、この街でも拉致してきました。(アハハ)
DSC06417_201709061425158c1.jpg


◇さあ、それでは蔵造りの町並みを散策してみよう。小路から出ると、金笛の
看板が・・・「しょうゆうことだったのね」(再び)なにも考えず、ブラック
カラーに誘われて、美味しいうどんやかき揚げに出会えた。(偶然だよ)


DSC06587_20170906143814692.jpg
DSC06577.jpg


・・・精悍なブラックカラー!のギブソンSGゴシックやペダル。なぜか?
ズーット前から好きなんです。学生服時代の印象が強すぎた!のかも~です。
良き昭和時代を懐かしく想うヨンタナがお届け。では、またね アディオス!



このページのトップへ
コンテントヘッダー

レトロな街を東奔西走!(桐生市昭和時代~小江戸川越へ)#2

2017-9-5 HOLA!
9月
曜日2・火曜

DSC06390.jpg
※小江戸川越(菓子屋横町入口)・・・地元アーティストの作品


◇小江戸川越入りの前夜、サントス選抜隊!演奏の打合せで桐生市へと
足を運んだヨンタナ。市内で数店舗を運営する知人のK社長、その店名
もズバリ「昭和時代!」(笑)


DSC06315.jpg
※店前にはK氏のバイク


◇古民家を改装して、古き良き昭和時代をイメージさせるお店に。どんな
雰囲気で演奏したらいいのか?戸惑いながらも9月19日(火曜)に決定。
K社長さんの誕生会(75才)でもあり、サントス選抜隊も微力ながら・・・



DSC06337.jpg
※川越駅東口にて
DSC06493.jpg


◇その翌日には、埼玉県川越(小江戸)までドライブ!知らない街を散策
するのが大好きなヨンタナ。東武東上線とJR川越線の川越駅をベースに
アッチコッチ歩いて見た。


DSC06348.jpg
※小江戸巡回イーグルバス(乗車西口2番から)


◇まずは、散策マップを片手に、駅西口のスタバでコーヒーブレイク!(笑)
レトロな巡回バスでと思ったけど、平日で運行本数が少にゃい。タクシーで
一度は来たいん?」の喜多院まで移動。(アハハ)


DSC06353_20170905124613b79.jpg

DSC06355.jpg


◇喜多院と言えば、「もう一度来たいん」と思わせる演奏をしたいものです。
これが現実的には、なかなか悩ましい!演奏技術は勿論なんですが、同じ曲
ばかりでも秋が来てしまう。(笑)・・・すでに秋の気配がヒタヒタと。

秋・紅葉4  秋・夫婦(紅葉


心に寺院?いやジーンと響かせる何かがにゃいと、ダメなんでしょうけど。
ボーカリストと違って、ギタリストは音だけで心を表現しますので、基本音色
が良くないとヤバイし、細かな演奏表現が問われると思ってます。


DSC06556.jpg
※ギブソンSGゴシック



・・・そんな事を思いながらも、今日も本業が待ってる。(汗)伝票を書い
たりデータ入力等、やるべきことがイッパイ。仕事と趣味の両立を目指して
今日も「がんばんべ~」ですね。では、この続きは次回また。アディオス!



このページのトップへ
コンテントヘッダー

レトロな街を東奔西走!(桐生市昭和時代~小江戸川越へ)#1

 2017-9-4 HOLA!
9月
曜日1・月曜

DSC06405_201709042119316a3.jpg
※小江戸川越にて


◇昨日は桐生市、今日は川越市と東奔西走したヨンタナ。明治から昭和時代
までと、レトロな街並みにタイムスリップしてきました。(笑) あ~疲れた!
と言う事で、ブログ更新は短めに・・・すみませ~ん。

DSC06314_20170904212621bb1.jpg
※桐生市「昭和時代」・・・ここで9/19日サントス選抜隊ライブです。
DSC06343_201709042129178d9.jpg
※マップだけが頼りでした。(アハハ)
DSC06347_201709042131356f3.jpg
※川越駅西口・・・レトロな市内周遊バス!(今回乗れなかった~)


・・・この続きは、次回タップリ!お届けします。そうそうブロ友のみーむしさん
コメありがとう。「みーむし上州音楽祭(未定)」の時には、ヨンタナのターギ!
よりどりみどりで使ってやって。(笑)では、またね アディオス!




このページのトップへ
コンテントヘッダー

サントス選抜隊!(スリーピースでみーむし音楽祭を再現!)

2017-9-3 HOLA!
9月
曜日1(日曜

DSC06282_201709031428486dd.jpg


涼しかった上州の夕べ!いつもの伊勢崎市ジョーの店でサントスライブでした。
P-PRO赤ストラトで弾くと、先月のみーむし音楽祭を想い出す。その時はブロ友
みーむしさんの愛器赤フェル号をお借りしてのライブ。


DSC05540.jpg
※主催者のみーむしさん(上野アントンスタジオにて)


◇あれからほぼ1ヶ月が過ぎ、場所は違えどもあの時と同じサントス三人衆!
そしてヨンタナのギターも似たような赤フェル、不思議な感覚で、なんか再現
フィルムみたいでしたね。(笑)


DSC06280_201709031450306ec.jpg
※サントスの主役ジョーとお嬢様(仲良し親子のツーショット)


◇みーむし音楽祭では、コンガを叩きながらのびのび唄い、ゴキゲンなMCを
入れるジョー!
ほろ酔い加減がいい塩梅だったのか、楽しそうにプレーしてた。
それに、ジャコ君のノリノリベースがこれまたイカシテタ。

みーむし&ジョー&ジャコ
※揃ってほろ酔い加減、イイ感じですね!


◇それでは、上野でのサントス動画、みーむしさんから送っていただいたので
ご興味のある方は、下のアドレスをコピペしてくださいね。(音量が小さい
のでボリュームを上げて、ヘッドホンなどご利用いただければ幸い・・・)


※ココをコピー&ペースト↓
https://youtu.be/-19YW2nyllA


◇いや~、ミストーン連発のヨンタナでしたが、ゴキゲンなお二人に支えられ
気持ち良く弾けました。また、参加されたブロ友さん達に盛り上げていただき
感謝・感謝でしたね。


DSC05788.jpg
※毎週土曜は、サントスの生演奏してま~す。


・・・と言う事で、いつもの所でいつものサントス、もっともっと練習して
素敵なライブをお届けしたいな~と願う面々でした。ではまたアディオス!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

変なんですストラト!(P-PRO-PMH VS FERNANDES-RT-DLX)#FIN

2017-9-2 HOLA!
9月
曜日6・土曜

DSC06241 アベリア
※公園の小さな白い花(アベリア)


◇すっかり秋らしくなった上州!夕べは涼しかったですね。やっとギターを
弾く手指がドライになってスイスイ弾ける!(笑)そんな昨日はみどり市へ!
履き疲れてオンボロになった靴を新調しなくっちゃ・・・ヨンタナはムリ?


DSC06268_2017090212354556b.jpg
※みどり市大間々町


◇サラリーマン人生が長かったのか、ビジネスシューズが定番のヨンタナ。
ネットならたくさんあるけど、こればかりは実物を触って履いて見ないと。
今回もあれこれ”カンガル~!”しながら、さくらもーるでゲット。(笑)


DSC06275_201709021244220cb.jpg
※カンガルー革の靴・・・クツクツ笑われそうですが。(アハハ)


◇エレキギターも同様で、触って見ないとネックの弾き易さ等がワカラナイ!
なんでこんなにも違うのだろうか?今回テーマ「変なんです」最後を飾るのは
FERNANDES RT-DLX JPC W/SUSTAINER!


DSC06247.jpg
※フェルオリジナルPU3基・・・センターとリアはコイルタップ対応


◇これまた、一見するとストラト風なんですが、フェルナンデスのお家芸が!
冒頭の白い花と同じスノーホワイトがGOOD。しかもサスティナー付のヤツ
受注生産モデルですね。


DSC06230_201708301524524ab.jpg


◇やや厚めのメイプルネックに、ゴトーのマグナムロックチューナーを搭載
ウィルキンソンブリッジとともに、アーミングの安定性はバツグン。(死語)
そして極めつけはトーンがにゃい?

DSC06235.jpg
※爆睡中のタマちゃん・・・「トーンと関係にゃい」とか言いそう。(笑)



◇いやはや、これには少し戸惑ったヨンタナでしたが、使って見るとOK!
アンプやエフェクターでカバーできるので、これもアリですね~。なければ
ないでニャンとかなる
から不思議。別角度からの新しい発見も・・・


DSC01012_201709021338097f5.jpg


・・・と言う事で、フェルナンデス系の新旧エレキギターを紹介してきました。
どちらもミドルクラスの価格帯ですが、個性的な部分は優劣つけがたいような。
楽器もさることながら、腕前もオリジナルティを大切にしたいと。アディオス!


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR