FC2ブログ

中高年だからこそ演奏を楽しもう!(ブルーノート知っとるけ~編)#FIN

2018-7-31 HOLA!
7月
1-3・火曜

DSC04466_20180731100513659.jpg
※公園のチャ太郎君!


異常気象が蹂躙した7月も最終日ですが、日本各地のキズ跡はいまだに
癒えてない。そして、カリフォルニアでは大規模な山火事が発生、世界中
のアッチコッチで気象バランスが崩れているようです。





バランスと言えば、音楽にとって大切な部分、特にコード楽器でもある
ギターでは顕著かもしれない。シンプルなブルース曲に対して、自己流で
臨んできたヨンタナ、バランスの良い演奏ができにゃい~でいる。(汗)


DSC03876_201807070020515ab.jpg



◇「ブルースだからブルーノートを・・・」と言葉は知っていても、いざ演奏する
となると”いつものフレーズ”だけ。F7→B♭7→F7→F7みたいに同じコード
が続いて、どうしたものか?の迷路にハマることが多いヨンタナです。



ブルーノート(F7


セブンスコードだらけで、つい単調なメジャースケールやミクソリディアン
だけを使ってフレット移動。曲全体に色が付かないまま終わってしまう・・・
たまたまトイレで、ジャズライフのページを開くと!?(習慣で~す。 笑)


DSC04425_20180731110120c16.jpg
※不思議なスキンシップのタマ&チャ太郎!(笑)


◇そこにヒントが書いてあった。長調-短調-長調~と行ったり来たりすれば
バランスが取れると。F7(T)・B♭7(SD)・C7(D)と見立て、サブドミや
ドミナントにFブルーノートスケールを使えば
・・・目からウロコ状態だね。




◇やはり音楽には魔物が住んでいるようです。メジャーコードにマイナーの
音をスキンシップさせて、哀愁フレーバーをふりかける。実際にB♭7等に
Fブルーノートスケールを使ってみると、とてもイイ感じで新鮮。


DSC04484.jpg
※F7(T)にはブルーノートを使わないのがコツとか!



◇続いてC7のところにも、Fブルーノートスケールを弾いても同じ効果が
得られた。正に「ウッシッシ」のヨンタナ、夏空のようにスッキリス。(笑)
いや~、知らない事が盛りだくさんの音楽だけに、チャレンジが続く・・・





※ロマ音楽・・・とても新鮮な音がイッパイ!



・・・と言う事で、50年前に先輩から言われた「ブルーノート知っとるけ?
そのひとつの言葉が引っかかっていたね。ひょんな所?から、その一部を知る
キッカケになったヨンタナでした。(笑)ではまた アディオス!



熱中症
※最後までお付き合い感謝で~す。
夏日の連続となりそうなので、皆様もこまめな水分補給を。
これからも4649ね!



スポンサーサイト

中高年だからこそ演奏を楽しもう!(ブルーノート知っとるけ~編)#1

2018-7-30 HOLA!
7月
1-2・月曜

DSC04407.jpg
※カラフルなペダルが好き!


◇涼しい風雨の後は、再び真夏の上州!エレキギターを弾くしか能がにゃい
不器用なヨンタナです。(汗)早くも、今月も残り少なくなり「何してた?
と振り返ってみても”記憶にございません”・・・(笑)





◇調性音楽においては、スケールとコードが複雑に絡み合い、素敵なメロや
ゴキゲンなアドリブを生んでいる。ギターの指板上を縦横無尽に動きながら
あれこれ音を楽しみたい!そう願って”あれから数十年!”が過ぎた~。



Cメジャースケール&ダイアトニックコード



◇その為に必要と思える基礎練習は、なるべく欠かさないで指を動かしてる。
まあ三日坊主が多いヨンタナですが、指の運動だけでなく「覚えるべき音楽
のルール
」なんかは、キッチリ記憶させたいですね。(忘れちゃうけど)


DSC04058_20180717120345b96.jpg
※ライブでの機材


◇誰でも知ってる♪ドレミファソラシド♪(Cmaj)は、今でもヨンタナの指慣らし!
そして、アタマの体操としての「コードの基礎編」小学校程度のルールですが
音楽ソフトBB君への入力やCメロ譜を手書きするために不可欠ですね。



音楽(作曲      譜面台
※「ここのコード、チェンジしたら?」・・・少しは役立ってるよ。(笑)



◇ベンチャーズ世代のヨンタナ、軽音部に入部した頃「ブルーノート知っとるけ
と先輩ギタリストからひと言Q。あはは!音楽理論のイロハも知らないで上京し
冷汗をたくさんかいた学生時代が、今となっては懐かしい想い出。(恥ずかしい)


DSC04059_201807161147229d8.jpg
※エフェクターは1個だけに絞ったよ。・・・スッキリ!



◇おカネさえあれば機材は買えるけど、腕前は自分との闘い!そして支えて
くれる良きバンド仲間の存在があればこそ。昨夜も新しい音の使い方を発見
ブルース進行での「ブルーノート」考え方が違っていた~。(今更だ・・・)





◇この辺が自己流の欠点かもしれないと思う反面、内心はウッシッシ!(笑)
半世紀を超え、先輩の言葉が今頃ワカッタ~!とても遠回りしたものです。
必要な時に必要な物を確実に」・・・いつの時代にもチャンスは巡る。



DSC03875_201807070036318af.jpg
※同級生バンドのリハ風景


・・・中高年の手習い!時々に音楽の壁が立ちはだかるけど、真剣に学び
チャレンジする姿勢には、「音のシ・ア・ワ・セ」が忍びよると信じてる。
そして、4848?が忍び寄るヨンタナでした。(爆)この続きは次回へ。


エアギター
※エアギターこそが真髄!
イメージトレーニングには効果絶大。
いつもご訪問いただき、ありがとうございま~す。4649ね!


弾きやすいエレキギターとは?(上手い人のギターは滑る~ 編)

2018-7-29 HOLA!
7月
1-1(日曜

DSC04402_20180729093940b48.jpg


台風一過の上州!湿気がタップリの雲で「蒸し暑い~日曜」です。昨夜は
いつもならミニライブですが、大事を取って演奏はお休みとしました。(残)
過ぎ去って見れば、コチ上州は、比較的風雨も少なくて・・・安堵!


DSC04114_2018071712215070d.jpg
※最近のメインギター(フェルナンデス/DR弦使用)
DSC08635_201807291036065b9.jpg
※DR弦:お馴染様のブログを読んで、影響されました。(マジ)



◇さてさて、今回は「弾きやすいギターは?」と題して、少しだけ個人的な
ハナシでも書いて見たいと思います。夏前半戦は、アッチコッチと転戦した
不器用なヨンタナ(笑)、仲間や友人のギターを弾く機会もありましたね。





◇そんな時一番に感じるのが「指が滑らないよ?」、この季節手に汗をかく
ので仕方ないのですが、どうもそれだけではない気もしますね。上手く弾く
ギタリストのギターは、とても弾きやすく”自然に指が滑る~”傾向です。


DSC03945_20180711141136e59.jpg
※悪い例:潤滑油が拭き取れてないSG!(汗)
DSC04405_20180729100734a31.jpg
※エレキ・ガット・アコギの弦


◇その原因のひとつが「弦の選び方やサビ・寿命」によるものかも。様々な
種類の弦が販売されていて、自分に合った?弦チョイスに悩む~のもワカル。
太さやテンションの違い、そして指のスベリ具合も微妙に異なる・・・


各ギターの弦(1弦ゲージ比較


◇勿論、弦高や弦のバランス・指板・フレットなども相対的に影響しあうので
日頃のメンテナンスが行き届いていないとね。(大事)メロを弾くにもコード
を奏でるにも、ネック上をスラスラ~と指が動かない事には・・・



音階と和音(テンションコード



◇特にコード(和音)を押さえる時に、力を入れなければ弾けないギター
ヤバイ。(汗)指を立てたり寝かせたりするコード(上)は、軽く押さえる
程度
で弾けるコンディションが、指力が弱まる中高年にはベストですね。



DSC04232.jpg
※テレキャス・シンライン(アーニーボール弦使用)


◇不思議な事に、弾きにくいギターでも、しばらく使ってると慣れてしまい
気がつかない事が多いですね。特に廉価版タイプのギターは、ネックの反り
が徐々に進行
するので、弾き難さに気付きずらい傾向かも。(一般論)


DSC03801_2018070212130304b.jpg
※テレキャス(アーニーボール弦)


・・・どんなギターでもかまわないけど、ゴキゲンな演奏する人のギター
一度触って比較してみてね~。楽しく演奏する為にも、ネックの弾き易さ!
一番の条件だと思ってる、不器ヨンタナでした。ではまた アディオス!


現役(汗かく
※暑さがまた戻ってきそう!
手指が「ベトベト」の季節、弦交換も視野に
リキまないセッティングで、練習やライブを楽しもう。4649ね!


ソロや少人数バンドには!(BAND IN A BOX 中高年の活用編)

2018-7-28 HOLA!
7月
1-7・土曜

DSC04384_2018072810562035b.jpg


肌寒い~上州!ヘンなコースをひた走る台風が接近中、関東甲信越への
上陸は深夜
になりそう。「避難準備」が発令されたら、真っ先に移動しな
くては・・・高齢者?のヨンタナです。(汗)


災害・台風       災害(台風
※強風や豪雨が心配です。


◇今は嵐の前の静けさ!静寂が包む田舎の週末、今宵のリハやミニライブを
考えながら♪オタマジャクシを描いてる。常に手書きだから、その日その日
の心情
が五線譜に映し出され、毎回違った泳ぎ方をするオタマ君だ。(笑)


DSC04383.jpg
※エレガットのプリアンプにリバーブを追加。



イントロや間奏はどうしようか?そして、テンポやキーなどがアタマの中を
駆け巡るヨンタナ。唄モノがメインのサントス、この設計図(譜面)の描き方
ひとつで、曲の良し悪しが半分決まっちゃう。(ニャッホー!)


Fメジャースケール&ダイアトニックコード


◇今回のカバー曲は、Key=Fに設定して書き始めた。サントスでは比較的
多いキー、正反対の主役(トニック)と悪役(ドミナント)がメインキャスト。
主役「トライアドのF」か「オシャレなFmaj7」でと悩むにゃ・・・


DSC03740_20180701131323991.jpg
※「どっちでもお好きに」とタマ言いたそう。(確かに・・・)


◇そして、悪役のC7!このコード実に料理のしがいがある。カメレオンみたいな
性格で、様々な色調(ニュアンス)が表現できるタイプ。 料理人なら腕の見せ所!
着せ替え人形的なコード、その選び方でバンドの色や個性まで決まっちゃうから。


DSC04098_20180715135003c5f.jpg
※果たして悪役はダレ?・・・やはり俺っか!(爆)



単なるC7でもイイけど、C7(9)・C7(-9)・C7(aug)などの選択もあり~。
そこで威力を発揮するのが「バンド・イン・ア・ボックス」通称BB君、コードを
入力するだけで、そのイメージが具現化!音で確認できる所がニクイ~ですね。


DSC01899_20180525094956859.jpg
※BAND IN A BOX 23(エブリシングパック/USB HDDタイプ)


◇多少のコツは必要だけど、PCで文字入力ができる人なら誰でも使える。
手軽でとても重宝しています。サクサク~と入力できて、直に再生可能な
音楽ソフト
。「Gm7-C7-9」「D♭maj7-C7+」に置換えチェック。





◇これが実に楽しい”音の料理人ヨンタナ”(自称?)マイナスワンのオケが
縦横無尽に出来ちゃう。少人数のバンド編成や、1人演奏家などには超便利。
個性をウリにしたい中高年バンドやプレーヤーなら「必須科目」かもね。


DSC03920_2018070814051090b.jpg
※同級生バンド練習には、欠かせない音楽ソフトBB。


・・・打ち込み用DAWソフトを使えば、プロ並みの仕上がりになるけど、高齢者
ヨンタナには敷居が高い!?(笑)とりあえずは即席ラーメンでもイイっか。(笑)
できるだけギター練習に時間を割きたいヨンタナでした。ではまた アディオス!


音楽(弾き語り
※ブロ友愛新さから貴重なコメ!(嬉)
iRig Acoustic Stage」アコギ後付けPUに朗報です。
安くて取り付けも超簡単とか・・・ホシイ病が再燃だ。(笑)4649ね!


エレアコやエレガット生化!(L,R,BAGGS Para Acoustic DI 編)

2018-7-27 HOLA!
7月
1-6(金曜

DSC04354.jpg


涼風が吹く上州!寝苦しさが続く熱帯夜小休止、北からの”寒冷渦”が
運んでいる冷たい空気の恩恵。そして、そのエア感はアコースティック
楽器にとっては核となる部分。ガ~ット初心者のヨンタナも悩む!(笑)
音楽(弾き語り    楽器ギター(ガットギター


◇エレキやガット・アコギも同じギターなのに、その使い方は全然違うね。
特にバンドでは、ハウリングと生と違う音がネックになって「なんで?」
ギター本体にプリアンプ内蔵してるのに・・・


DSC04353_20180727115658d88.jpg
※所有のエレガットは、小型マイクとピエゾPU搭載タイプ。



◇弾き語りや小音量編成なら、生鳴りやマイクを立てれば充分。ところが
ドラムやエレベーが加わると、ボリューム(音量)が足りにゃい~!です。
エレキならギターアンプの音量ツマミを回すだけ、猫灰だらけ。(笑)



アコギの選択(生かエレキか)


◇バンドでは、めちゃ難しいアコースティックギター!音量を上げようと
すると「キーン」「ブーン」などのハウリングが出ちゃう。そこでネット
検索、プリプリの音再現には”定番のプリアンプ”が必要とか・・・


DSC04371_2018072712212820a.jpg
※試しにアコギアンプ(CUB AG-100)につないでみた。


◇早速定番の「L,R,BAGGS Para Acoustic DI」(中古)を入手、手持ちの
アコアンプ(AAD)につないでチェック。とりあえずテキトーにツマミを回し
ヨンタナのネコ耳?を頼りに調整。おおっ!生音に近い出音・・・不思議。


DSC04183_20180720115033c86.jpg
※チャ太郎君も「イヤー!耳がイイね。」(笑)


◇アコギ派なら当たり前の「外付けプリアンプ」、エレキ派のヨンタナには
初体験。しかも書かれてる言葉の意味がワカラナイ。(汗)ノッチとか・・・
にっちもさっちもいかない”時に使うらしい。(あはは)


P7140010.jpg
※「にっちもさっちも」・・・年齢だけは。(爆)


・・・この「L,R,BAGGS Para Acoustic DI」は、今となっては古いタイプ。
ヨンタナも相当年式が古いオンボロ!だから、まあイイっか。(笑)初体験の
プリアンプ、ここにも魔物が住んでいるようですね。ではまた アディオス!


インディアン(シャーマン
※台風が週末にも上陸しそう。
異常気象がもたらすヘンな気候が世界的に。
魔法の箱で「にゃんとかならないものか?」4649ね!

中高年バンドが熱い!?(桐生あずまや 懐かしの友デュオ~編)

2018-7-26 HOLA!
7月
1-5・木曜

DSC04341_20180726114349062.jpg
※センドリターンのチェックを。


グ~ンと気温が下がった上州!待ちわびてた夜に雨が降り、一時的かも
しれませんが、暑さを和らげ過ごしやすいです。そんな昨夜、ギター教室
の帰りに友人の「あずまやさん(桐生)」へ立寄って見たヨンタナ・・・


DSC04347_20180726115332934.jpg
※フィガロ大間々教室用の手書きボード!(初級者編)



◇ギターレッスンが終ると「腹が減ったにゃ~」(笑)、オンボロ車を走らせ
先輩のお店へと直行!お店の前に着くと、なにやら店内が騒がしい?ほぼ満席
状態で、カウンターのハシッコ!?に一つだけ席が空いていたよ。(狭っ)


DSC04297_201807261212202f5.jpg
※左:先輩です!(店オーナー)/右:K&M ClubデュオのK氏
DSC04306_20180726122919dcf.jpg
※左:後輩でメインボーカル”ジャーキー・マー君”とか。(笑)



◇今宵はラッキーにもライブの日、あれから半世紀の友がデュオデビュー!
昭和の良き時代に一緒に働いた後輩が、新ユニットを結成で初ライブでした。
エピフォンのアコギとコンガの最小編成、フォークからラテンまで唄う・・・






後輩マー君のソロボーカルを、じっくり聴くのは初めて。コンガを叩きながら
唄うスタイルは、サントスのジョーと同じだね。相方のK氏はベーシストだけど
今回はアコギを弾きながら唄ってる。お二人とも器用だね~!





◇後半のラテンステージでは、ヨンタナもコンガで参加。その後二人は、ギター
を抱えながら客席を唄って巡る。あやや~!チップの嵐、サントスより多い感じ。
なかなかのアイデア、アコギならではの「流しスタイルがニクイ~」ですね。



DSC04315_2018072612543355f.jpg
※途中、女性ボーカリストも出演!「先輩近すぎ~♡♡」(笑)



◇アマバンドでもしっかりしたステージ構成人前で演奏するための仕掛け
練られている。サントスもこの辺は見習わないと・・・(汗)セットリストに
緩急つけ、しっとり感と躍動するリズムの交互選曲が、とてもイイ感じです。


DSC03990_201807121144410e0.jpg
※ビタフル(健康的な水蒸気だけ)


・・・相変わらず紙巻きタバコがくすぶる店内、そこは昭和の懐かしい時代
タイムスリップしたような錯覚を。それでも、後輩たちが真剣に演奏する姿を
観てるとココ田舎にも「♪魔物が住んでる~」(爆) ではまた アディオス!


タバコ(紙タバコ2
※アコギのPA接続には、外付けプリが必要。
ライブで空気感を再現するには、どうしたものか?
エレガットのプリプリ感がホシイ~!とホシイ病が再燃。4649ね!



音楽には魔物が住む!?(プロアマのボーダーライン~編)#FIN

2018-7-25 HOLA!
7月
1-4・水曜

DSC04283_20180725110323195.jpg
※スマーク伊勢崎店


酷暑が連続の上州!カラダの調整機能が低下しそう、強烈な暑さですね。
車のタイヤも融けそうなくらい道路が熱い~、涼風を求めてスマークへと
オンボロ車を走らせたヨンタナです。(汗)


夏の運転     熱中症     



◇そして帰宅後は、日課のギター練としたいところですが、60分ほどの
指慣らしだけで終了。(笑)真空管アンプから吹きだす熱風が玉にキズ?
日頃の”自己練習が腕前を左右する”とワカッテいてもね・・・(汗だく)



DSC04232.jpg
※ピービィーのデルタブルース(パワー管4本+プリ管3本)



◇課題曲の♪サマーサンバ♪(Key=F)、Fメジャースケールがベースと
なるので、ロー・ミドル・ハイポジションで何度も弾いて見る。 機械的に
弾くだけでは、音楽に活かせないので「音名と度数」を確認しながら。





◇「ここがF音で1度(ルート)」みたいな感じで、1音1音ていねいに
覚える練習です。特に、指癖で使わないポジションは、半世紀超えしても
音名や度数を覚えてにゃい??(笑)この辺がアマアマのヨンタナ・・・


老人(痴呆症 アイスクリーム
※「コレなんだっけ?」・・・


◇まあ、年齢的なギャップはあるけど、工夫次第で覚えられる範囲かな。
例えば、”コードを弾いてから”その周辺のスケールを弾く練習が効く~。
スケールとコードをセット」で、音名や度数なども覚えちゃう。(笑)



DSC03945_20180711141136e59.jpg
※ポジションマークがにゃいSG!(慣れないと・・・ヤバイよ~)


◇白黒しかないピアノ(鍵盤)と違って、「アッチ向いてホイ、コッチ向いて」
のギターは、基本的な練習を怠るとヤバイ楽器ですね。その上自己流で覚える
ことが比較的多いので、少し個性的な反面、のびしろが~(私です。あはは!)





※個性の塊・・・プロの変則的なサマーサンバ!(驚)


・・・プロとアマのボーダーラインは?と題して、勝手なことを書いてきました。
ヨンタナ自身が悩みもがき、現在も悪戦苦闘中のエレキギター!そこには魔物が
住んでいて、
アマアマであっても音楽に魅了され続けている。・・・(FIN)


ネコお辞儀
※お暑い中、最後までありがとうございます。
まだまだ発展途上?のヨンタナですが、参考になれば幸いです。
今宵は大間々ギター教室、教えたり教わったりを目指して・・・次回も4649ね!


音楽には魔物が住む!?(プロアマのボーダーライン~編)#3

2018-7-24 HOLA!
7月
1-3・火曜

DSC04251_20180724105246e32.jpg


この暑さどこまで~の上州!昨夜も熱帯並みのム~ンムン、高齢者の集い
に出かけたヨンタナです。(笑)同級生アマバンドの練習日、魔物に魅かれ
重い機材もなんのその?(汗だくでしたが・・・)


DSC04264_201807241107296bb.jpg


◇ココ貸しスタジオと違って、音響設備(PA)や楽器類は全て持込、毎回の
力仕事で練習時間も削がれてます。正味2時間くらいしか演奏ができないので
事前の個人練習がとても大切。課題曲の譜面やポイントはメールで・・・





◇今回はボサノバのサマーサンバ!まず基本リズムのノリ方に慣れないと小節
を見失うこともあるアマバンド。ホワイトボードに要点だけ書き出し、それを
見ながらオケに合わせて、2ビートのノリを踊って体験。(盆踊りだ~? 笑)


夏祭り(盆踊り   夏祭り


2小節でひと塊!大きくゆったりした2拍子をカラダで感じながら、Cメロ譜
を追う基礎練習。さらに細かな”3-2・クラーベ”を手拍子でやってみると??
あはは!これはタイヘンでしたね。さすがにドラマーT氏は完璧でしたが・・・


DSC04263_20180724115315504.jpg
※なにやら話し込む?(リーダーH氏とドラマーT氏)


◇今回は、新たに加わった後輩のギタリスト”渋ちゃん”ギブソンの渋いLPを
引っ提げての初参加。「目を丸くして」必死にリズム体験。(笑)いきなりの
ボサノバ(ラテン系ノリ)に戸惑っていた様子です。


DSC04270_201807241204179f5.jpg
※適当に書いたリズム譜。


◇アマチュアバンドの場合、メロディやコードを追うのも一苦労なのですが
なんと言ってもリズムやノリ方(グルーブ)が壁。その辺がプロアマの違い
ボーダーライン
のひとつです。練習後は、ギタリスト3人で音楽談義へと・・・



(注意)所有権の問題で、失礼しました。(You Tubeへ飛んでね)


・・・懐かしいデュオ!今聴いてもスバラシイですね。プロのワザが盛りだくさん。
さらりとカンタンに歌ってますが、メロのタイミングやハモリの精度は、真似でき
ない。(当たり前)音楽の魔物が住んでいるにゃ・・・ではまた アディオス!



エアギター
※エアギターが得意なお二人!?(失礼)
カフェでは、真剣にコード理論をノートに記録してたよ。
小さな音楽の魔物、ココにも住んでいたようです。(嬉)4649ね!


音楽には魔物が住む!?(プロアマのボーダーライン~編)#2

2018-7-23 HOLA!
7月
1-2・月曜

DSC04239_20180723105100428.jpg
※暑すぎ~・・・こんな感じに!(爆)


◇まだまだ高温が続く上州!この暑さ、もう笑うしかありませんね。(汗)
どこまで猛暑が連ちゃんするのか~?こんな経験は初めてのヨンタナです。
伸びるとか上がる」とか、音楽の腕前ならステキな言葉でしょうが・・・




◇田舎のへっぽこギタリスト(ヨンタナ)でも「上手くなりた~い!」と願う
気持ちは今も同じ。そして手っ取り早い「アレコレと楽器を替えてみる
しかし、大きな変化は望めず、気分転換程度なのかな~???


DSC04217_201807211017101d9.jpg



◇元々不器なヨンタナ(マジ)、目標はプロレベルですがソレ有馬温泉!
そして別角度から攻めることに、この5年間舵を切ってきました。それが
個性的」な音や弾き方!その為の”異業種交流”(音楽ジャンル)



個性の土台(イメージ


◇過去に触れた音楽を”ざっくり表現”した上の図、土台がベンチャーズ!
ですから、それは今の弾き方にも生きてる。また、成人した20代からは
カルチャーショックしたサンタナさん(♪ラテン)にハマる。(笑)


DSC06454_20180717131201c7f.jpg
※1947年生まれ(現在71歳・・・現役とはスゴイ)


◇その後は、ラテンロックからの影響でブラジル音楽やキューバ音楽など
ラテン菌に感染!(笑)複雑なリズムパターンに翻弄されてる。そして
サラリーマン卒業後は、JAZZのエッセンスだけでもと現在悪戦苦闘中。


DSC04023_2018071311262095d.jpg
※宴会バンドも楽しい!(待遇がイイからね)



◇ベンチャーズを理解するためには”カントリーミュージック”が大切!
個性の発揮には、必ず別のルーツがあって、成し遂げられてると思う。
JAZZは苦手ですが、そのフレーバーだけでも匂えば御の字。(古っ)





◇今宵はアマバンド”GS66の練習日”、ギターでなくベースを担当し
高齢者の手習い。(笑) 課題曲「サマーサンバ(ソーナイス)」をインスト
でチャレンジしたいと思います。





・・・こんな風に演奏できたらな~!そこはプロの世界、実力の半分くらい
で余裕タップリ。アマだと全開で弾くしかない、その必死な姿が努力賞!?
それが伝わればOKのヨンタナでした。ではこの続きは次回 アディオス


ジャンベ
※なんと言っても笑顔が大事な演奏!
練習では、鏡に映った自分の姿を観なくては・・・(笑)
今日も猛暑日、くれぐれも体調管理に留意してね。4649!


音楽には魔物が住む!?(プロアマのボーダーライン~編)#1

2018-7-22 HOLA!
7月
1-1(日曜

DSC04223_20180722125243315.jpg


暑さがウナギ登りの上州!ご当地周辺の最高気温は、日本一になりそうな
気配です。(汗)昨夜のサントス・ミニライブは、エアコン故障でイマイチ!
ステージ上は、真空管アンプの熱も加わって”汗だく!”でしたね。(笑)


インディアン(シャーマン     魔法の本
※シャーマンさんも仕事とは言え、この季節は暑そう!(笑)



音楽バカ・ギターバカとも言われそうなヨンタナ、下手の横好きが半世紀を
超えてきました~。(呆)「やってもやっても」キリがない、そこには魔物が
住んでいる
としか思えないです。



DSC03536_20180610123639f9b.jpg
※サントス四人衆!


◇そして、今音楽に超熱い~”ブロ友の孫六さん”が、ジョーの店に遠路遥々
来店。オリジナル曲をたくさん引っ提げて・・・サントスをバックバンドに
定番「♪帰ってくればいいのにさ」を披露。(Cメロ譜がこれしかにゃい~)


DSC04238_20180722132907ea6.jpg
※でんすけ劇場へ・・・孫六さんも参加!


◇汗だくのステージ3セットも終了し、お楽しみでんすけ劇場へと場所を移す。
サントス三人衆やサポーターさん、それに孫六さんも一緒に会食、当然ながら
話題はもっぱら「音楽活動(バンド)の在り方」について・・・(ワイワイガヤガヤ)


動物のバンド   エアギター



◇音楽を続けるなら”上手くなりたいな!”と思う所は、全員が共通!でもこれ
とても抽象的で曖昧な言葉。当然だけど個人個人のモノサシ(価値観)や目的
目標が違うからね、どんどん広がって朝まで討論会なみに・・・(嬉)



プロアマの境界


◇上の表、ヨンタナの独断と偏見による視点、サントスを位置づければセミアマ
的な存在。趣味の音楽にはおカネがかかる現実を直視、特に機材等にはある程度
の投資が不可欠ですね。まあ見方によっては中途半端なラインかも・・・


DSC04050_20180715125342d43.jpg


・・・と言う事で、バンドの運営やライブ開催には設備費や諸経費がかかるし
上手くなりたいとの欲求に応えるべく、機材アップグレードも大切でしょうか。
そんな音楽談義が深夜まで。(眠)では、この続きは次回へ アディオス!


水分補給
※ノンアルビールで酔っ払っちゃた。(トホホ)
明日は同級生バンドの練習、サマーサンバが課題曲。
夏に因んで、1番2番サンバ~ンまで。冷えました?(笑)4649ね!

プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧名:ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々です(笑)
そして、猫好きなリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

#9Dream

ブルースムースな日々

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR