FC2ブログ
コンテントヘッダー

続々新シリーズ!(エレキのイロハ第二弾は~サイドワーク編)#4-2

2019-6-30 HOLA!
1-1(日曜

DSC07788_20190630130655e18.jpg
※赤城山の麓



◇昨夕は小雨の中、傘をさしながら片手にはギターケース、その他小物類を
抱えながらの店入り。(タイヘン)まあ、重量級のコンボアンプは「おきっぱ!」
なのでまだ楽な方ですけどね。


DSC08929.jpg
※昨夜の機材(JOEの店)
DSC08936.jpg
※座って弾くヨンタナ&長身のジャコ君!(凸凹コンビだ 笑)



◇サイドメンのヨンタナ&ジャコ君、今回は座って弾いて見たヨンタナです。
ギブソンSGゴシックを2台のコンボアンプにイン、薄くかけたコーラスでの
サイドワーク。広がりのあるコードワークが、心地よかった~。(嬉)




◇勿論、雑多なジャンルを奏するサントス、ペダルエフェクターの踏み替えや
手元でギターボリュームやトーンをその都度クルクル~。(笑)瞬間的な操作
がやや多いので、手足の動作が忙しい時もあるにゃ・・・



DSC08913_20190628152537a28.jpg
※いつもヒマだにゃ!(クロふてくされてる?)



◇唄バンがメインのバンド、イントロや間奏以外では黒子に徹してるヨンタナ
クロクロの服装やギターがその証?(笑)それでも、唄が無いパート演奏では
グググっと前に張り出すように弾いている。



DSC03751_2019032213463438d.jpg
※最低限のペダルボード!(カプスタジオにて孫六さんと)



◇音量差は、自分が思っている以上にしないとメリハリが足りない。そこは
ペダルエフェクターの力を借り、一気に押し上げる作戦でやってるよ。(汗)
サイドワークの肝は、やはり盛り上げ盛り下げのタイミングにあると・・・





◇ステージ上のバランスも大切ですが、リスナーさん目線を考え届ける音量
や音質、アンプやスピーカーの特性によっては「遠鳴りしない」ナンテことも。
この辺ヤッカイなライブですけど、まあイイっかで毎度楽しんでる。(アハハ)




※カールトンさんの循環コードレッスン!(基本ですね)

※レスポールの音艶が・・・太いサウンド!




・・・つづく
サイドワークの腕を磨く「循環コード」、基本中の基本となるパターン。
1-6-2-5のコード進行は、どんな場面にも応用が効く~!宅練習
のメニューにも加えてるヨンタナでした。ではまた次回 4649ね!


スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

続々新シリーズ!(エレキのイロハ第二弾は~サイドワーク編)#4

2019-6-29 HOLA!
1-7・土曜

DSC08923_20190629133446f60.jpg



◇イロハシリーズの続編、今回はサ行から「サイドワーク」です。唄バンドの
ギタリストがボーカリストを盛りたてるサイドメンの伴奏周辺。テケテケ時代
「リードギター」とか「サイドギター」みたいに言われてたけど・・・(懐)



DSC06684.jpg
※サントスの機材(ジョーの店)



◇今ではギタリストの役割も、リードとサイド(リズム)を兼ねて何でも屋!
守備範囲も広がって、イントロからエンディングまでのサイドワークを担う
ようになった。唄バンなら主役はボーカリスト、どう盛りたてるサイド面?





◇現実的には、サポートのコード伴奏が7~8割で、残り2~3割がソロ等を
含む演奏となってるヨンタナ節。(手前味噌)イントロや間奏・エンディング
のパートでは、ある程度披露したい即興ワザ・・・田舎風だけどね。(笑)



アドリブ(ステップアップ



◇にゃんと言ってもギターの醍醐味は、唄の後に回って来るアドリブパート!
主旋律(メロ)をイメージして、コードを見ながら好き勝手に?弾くソロだ。
美味しいコレ含めて「サイドワーク」と言う唄バンの任務が好きです。(笑)



DSC06663_20190515114057259.jpg
※ブロ友孫六さんのサイドワークも担うよ。



◇いくつかのバンドを掛け持ちしてるけど、すべてがボーカリストのサイド面。
縁の下の力持ちとか陰の立役者を目標に、黒子役に徹してきたヨンタナ翁です。
そして、少しだけ自己主張ができる「裏メロやアドリブ」が楽しみを倍増!





◇コードを鳴らすだけでは芸がないので、オブリガード(分散和音)を織り交ぜ
たり、唄の空白を埋める裏メロフレーズ(合いの手)を弾き、主役を盛りたてる
サイドワーク。そのために、宅練習でコツコツと三日坊主とか!?(アハハ)



DSC06259_20190506122608706.jpg
※自分にあった教材を選ぶのも大切かな~。



◇今宵もサントスの土曜ミニライブ、主役のジョーを盛りたてるサイドメンの
ジャコ君とヨンタナの2人。日頃の練習が支えてるサイドワーク、今シリーズ
で、その辺を少しだけでも紐解けたらと思います。



※ドライブサウンドがゴキゲン!(楽しくてオイシ~)



・・・つづく
テレキャスのツインズ、まさにサイドワークが上手い。そしてアドリブも
それぞれが自己主張できて本領発揮。とても参考になる唄バンの動画です。
今宵もゴキゲンなライブを目指すヨンタナでした。ではまた4649ね!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

スモールなヘッドアンプ!(DVmark Gen15 15W Head Amp~特別編)#2

2019-6-28 HOLA!
1-6(金曜

DSC08890_20190628151617cce.jpg
※ちっちゃくて可憐な夕化粧!



◇台風一過の週末、蒸し蒸しが最高潮の上州!日課の公園散歩でジトジト~っと
汗まみれのヨンタナです。(笑)久しぶりにノラ猫クロちゃんと世間話?です。
仲間がみんな居なくなって約6ヶ月、どこか寂しそうな鳴き方だにゃ・・・


DSC08918.jpg



◇それでは、先日入手したスモールヘッドアンプのレビュー、ギター三人衆の
集いで試奏してみましたので少し。このアンプは、軽量化を目標に購入した物。
今まではコンボアンプをメインに使ってますが、オールチューブだと重い~!


DSC08895_20190628154212167.jpg
※ブルジュニの上に乗せて。



◇パワー部(EL84×2、ECC83×1)とプリ部(ECC83×2)とも真空管タイプ
スペック的には出力15W、フェンダーのブルースジュニアと同出力だ。どんな
スピーカーが合うのかわからないので、今回ブルジュニのSPを代用。




DSC08900_201906281556441be.jpg
※SP出力端子は、4Ω・8Ω・16Ωの3タイプ。
DSC08902_20190628155852274.jpg
※コントロールパネルのV・EQは、こんな感じにセット。



◇ブルジュニのSPは、エミネンス「ザ・トンカー」(101.5db)に換装済み
なので、とにかく音がデカイ印象!とりあえずマスターVを3前後にセットし
ゲインVも4くらいに、それでも全然歪まない”どクリーンサウンド”だ。




◇そのままのセッティングであれこれ2時間、印象的にはミュージックマンに
似たサウンド傾向でしたね。今回は、エフェクター無しでのアン直、使用した
ギターもストラトタイプだから、イメージしたフェンダー系とは一味違った。


DSC08903_20190628161500c4e.jpg
※爆笑N&Sコンビも、いつもと違って腕が上がってるにゃ。(笑)



◇来月にライブ2本(7/21中澤カフェ等)を控えてるギタリスト三人衆、自然
に練習にも熱が入りま~す。 それぞれの課題にチャレンジしながら、一歩一歩
乗り越えて、♪楽しい演奏をしたいものですね。




※久々のアスリープさん登場!(高い演奏性やコーラスがニクイ。)



・・・つづく
ではまた次回 4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ヨンタナの続々する新シリーズ!(エレキのイロハ第二弾は~おるたーど編)#3

2019-6-27 HOLA!
1-5・木曜

DSC08604_20190627121020c41.jpg
※東京スカイツリー(6/16)



◇都会の銀ブラから、もう10日が過ぎました。相変わらず時の経つのが早い~。
まして、ギターを弾いてる時は超!(笑)夢中とは良く言い当てた言葉、時間軸
が現在⇔未来を、行ったり来たりしてるみたいな・・・にゃんか変!?





◇それでは、ゾクゾクするシリーズから「オルタード」の3回目は、ドミナント
セブンス(C7)を中心に少し。2回目に書いた「大好きなナインスコード!」を
基礎に、9度の音をオルタード(変)してみよう。



オルタード(C7+9、C7-9



◇上図は5弦ルートのC7(9)フォーム、「ド・ミ・♭シ・レ」(1379)の
4音構成コードタイプ!ハーモニーに影響が少ない5度のG音をオミットしてる。
そして、2弦のナインスを半音上げ下げすれば、各々#9と♭9に・・・



DSC07495_20190526093513328.jpg
※オルタードしたつもりの変なヨンタナ!(バレバレだ~笑)



◇で、コード表記もイロイロ、C(7#9)とかC(7+9)などナインスを半音
上げる記号がある。一般的な#さん♭さんの略号で「+や-」使うことも多い
ですね。例えばC7-9ならシーセブン・フラットナイン!





◇そして、それぞれのコードニュアンスは、9thだけなら華麗味!?#9thに
なると極辛カレーになり、♭9thはフルーティーなカレーかな~。(手前味噌)
例えば、曲中のブレイクでは#9を活かして「Oh! モーレツ」(古いな)





◇一方の♭9なら、ボサノバ調などアダルトなイメージにピッタシ。更に更に
ツーファイブ(2-5-1)進行で使えば、田舎者のヨンタナが都会人に変身・・・
ザンネン、それは有馬温泉ですよね~。(爆)





※リラックスにadd9が効く~!(余裕のカールトンさん)

※とても不思議なリズム乗り、浮遊感というのか・・・



・・・つづく
昨夜のギターレッスンに続いて、今宵もギター三人衆!どんなアンプや
ギターを持参しようかな?(悩)サウンドチェックの好機だからね。
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。ではまた4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ヨンタナの続々する新シリーズ!(エレキのイロハ第二弾は~おるたーど編)#2

2019-6-26 HOLA!
1-4・水曜

DSC07982_2019061317070963d.jpg



◇真夏のような上州!湿度も高くムシムシしています。そんな今日はギターの
レッスン日、これからその準備で課題曲のスコア書きです。(忙)メロとコード
を記入するだけのCメロ譜ですが、なるべく見やすくが信条のヨンタナ・・・





◇それでは、続々するイロハシリーズから「オルタード編」の2回目、基本と
なるコード(3和音または4和音)に、美味しい音を加えて変身だね!?(笑)
3個のナチュラルテンション+4個のオルタードテンションで虹色へと。



DSC08877_20190626113518377.jpg
※ありゃ~虹でなく夕陽でした。(汗)・・・失礼!



◇因みにダイアトニックコードもテンションも7個「赤・橙・黄・緑・青・藍
・紫」の7色みたいに使えれば、メロや歌詞を引き立てるアイテムとなるにゃ。
で、4和音コード+テンション7個=11音・・・ギターじゃ全部はね?(笑)



オルタード(タイプ別テンションの付加



◇鍵盤なら全部同時に弾けるけど、それこそ濁音になっちゃうから、必要な音
だけをセレクト。(当たり前だね)そうは言っても、まだ謎が・・・そうです!
4和音(1357)+2個のテンション=6音、どデカイ手で全弦押さえれば??





◇ヨンタナの猫手じゃ所詮ムリですね。(笑)まず、スモールコードみたいな
4音や5音に絞って押さえます。 一般的には一番おいしい「ナインスコード」
響きがないんす!とか言いながら弾きましょう。(爆)



オルタード(C7+9



◇上図のフォームは、昔からみなさんも使ってる5弦ルートタイプ。ヨンタナ
のお気に入りで毎回使っています。ナチュラルテンションのD音(♪レレレのレ~)
が気持ちいい、しかもそのナインスを半音ズラせばオルタードに変身!




※アコギでテンションだらけ~!(マイリマシタ 完)



・・・つづく
今日は30℃を超えそうな勢い、水分補給しながら乗り越えよう。
本日もお越しいただき感謝です。ではまた次回 4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ヨンタナの続々する新シリーズ!(エレキのイロハ第二弾は~おるたーど編)#1

2019-6-25 HOLA!
1-3・火曜

DSC08856_20190625132649a2a.jpg



◇長雨も止んで夏らしい上州!昨日は、ジョーの店にサントス&フレンズが参集
午後から「フィガロライブ」(7/27)のリハでした。ジョーが体調を崩して残念
でしたけど、ゲスト出演の女性ボーカルやドラマーと4時間余り・・・





◇ヨンタナは、ギター弾いたりパーカッションを叩きながらのヘッドアレンジ。
今回は、ソフトタッチなボサノバとダンサブルなラテンナンバーの二部構成に
しようかな?と南の島々をモチーフに。(笑)アレンジャーの腕が試される~。



アイウエオ



◇それでは、続々するイロハシリーズ・ア行から「オルタード」と題して少し。
そして作曲や編曲する時は、コードアレンジが幅を利かす!(汗)ライブでは
特に曲調を左右する美味しいコード進行とテンションコード達。





◇前回取り上げた循環コード(C-Am-Dm-G7)で言えば、ドミナントコード
部分です。不安定要素タップリのコードだから、多様なコードタイプが使えて
やばいよ・やばいよですよね。(笑)


DSC08815_20190625135908648.jpg
※先週末の営業バンド・・・スコアのアレンジがモノを言う!?



◇作曲や編曲に長けてる人なら「お洒落でカッコいい」コード進行やコード
を思いつくけど、ヨンタナはご存じ田舎爺のギタリストだからね~!?(笑)
いつもコード基礎理論(教材など)からのパクリ専門・・・ありゃ~です。


オルタード(テンション



◇例えばコードのC7!基本形は①ドミソ♭シの構成音、一般的にはFかFm
に解決するドミナントモーション(Ⅴ-Ⅰ)のコードです。そのままでもトライ
トーン(3と7度)を含んでいる①パターン、充分に不安定感を醸し出すにゃ。



DSC08891_20181116120736f43.jpg
※姿を消して約半年!タマちゃん何処に?(寂)




◇不安定(C7)→安定のドミナントモーション、どんなテンションを加えれば
と毎回遊ぶヨンタナです。最近は様々なジャンルに登場するテンションコード。
ネコ耳なら聴き取れるコードが、すっかり衰えてヤバイ感じです。(トホホ)




※毎度のリッキー先生!(ダイアトニックコードはキッチリ覚えたい)

※凄過ぎて~アハハ!笑うしかにゃい。



・・・つづく
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
毎日気温変化が激しいので、みなさまもご留意されますように。
ではまた次回お会いしましょう。4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

オールチューブのミニヘッドアンプ!(DVmark Gen15 15W Hed ~あんぷ特別編)

2019-6-24 HOLA! (その弐)
1-3・火曜

DSC08865_20190624215709cb2.jpg
※バス停の看板に!



◇警戒心がとても強いオナガ君、コンデジをズームして遠くからパチリ!です。
ヨンタナ流三日坊主の散歩でのひとコマ、老化防止のためアルキングを。(笑)
この梅雨の季節、なかなかソレも機会がないのですが・・・


DSC08787_2019062422225233f.jpg



◇足腰だけでなく腕力等も弱くなる年齢、そんな将来を見越して検討してきた
楽器類のコンパクト化。(汗)特に音色を決定するギターアンプ!重いコンボ
アンプから卒業したいにゃの矢先、デモノハレモノが出た~。(笑)


DSC08807_2019062422314006a.jpg
※DVmark Gen15 15W Head Amp(定価 85,000)



◇勿論新品アンプは買えない金欠病だから、毎度の格安で新古品をゲットです。
とてもかわいいサイズのイタリア製ヘッド、パワー・プリ部ともに真空管搭載!
さらに5.5キロと超軽量なのが、シニア世代には優しいにゃ。


DSC08840_201906242242348cc.jpg
※新調したスピーカーケーブル&コネクタ(&予備DR弦)



◇今回入手したヘッドアンプ用に「ベルデン8470」のケーブル、ノイトリック
金メッキプラグ仕様を別途購入。 とりあえずコンボアンプのスピーカーで試奏
したいのでケーブルコネクタも追加・・・


DSC08875_20190624225652c79.jpg
※FenderブルジュニのSPを代用




◇「これで出力15W???」そんな嬉しい誤算から試奏が始まった。
とりあえずのレビューなので、詳細はまたね!(恐縮)
アディオス!




このページのトップへ
コンテントヘッダー

ヨンタナの続々する新シリーズ!(エレキのイロハ第二弾~あんぷ編)#3-7

2019-6-24 HOLA!
1-2・月曜

DSC08853.jpg



◇再び忙しい週がスタート!7月に集中してる3本のライブに向け、バンド練習
が佳境に入るヨンタナです。その合間を縫って本業やギターレッスン、体力勝負
の季節到来!?少し気合いを入れて乗り越えようと思います。(笑)





◇それでは、「あんぷ編まとめ2」と題して、イントロなどへの循環コード活用
を一旦締めくくります。(恐縮)まだまだ、その辺の理解が不足気味で開拓余地
は残りますが、本番で本領を発揮する「あんぷ(暗譜)」を心がけています。



イントロ(循環コードへのアドリブ



◇演奏中は、とても速く時間が過ぎると毎度感じています。1曲の演奏時間は
約4~5分で終り、その曲の4小節単位なら8秒前後。(BPM=120/4分の4)
頭で考えるヒマは無いくらい、特にシニア世代のヨンタナにとって・・・(汗)




◇そんな感じだからね、メロやコード進行が「丸暗記」できればサイコーだが
レパートリーが増えたり、同じ曲でもキーが違うと・・・「レレレのレ~」(笑)
そこで、譜面をチラリ見ながらも、ある程度予測可能な進行部分だけ暗譜。



DSC08860_20190624014541e5e.jpg
※「やったぜ!」・・・本日のオナガ君みたいに。(爆)



◇循環コードを覚える時の副産物(ダイアトニックコードetc )から、「代理コードや
裏コード」辺りまでを模索すると、更にごはんが?いや暗譜がススム君!です。
その先にあるコードタイプの手がかりに、少しはなるかもと三日坊主。(マジ)



イントロ(循環コード#2




※フラメンコにジャズのフレーバーが匂う!(高度な技がニクイ~)


・・・最後までオツキアイいただき、ありがとうございます。
田舎のヘボギタリストですが、これからも4649ね!
今頃、サントス夏ライブのリハで汗・汗・汗。(笑)アディオス



このページのトップへ
コンテントヘッダー

ヨンタナの続々する新シリーズ!(エレキのイロハ第二弾は~あんぷ編)#3-6

2019-6-23 HOLA!
1-1(日曜

DSC07441.jpg
※二条城(京)の燃えるようなモミジさん



◇ぶらり京の旅から1ヶ月余り!時間の流れが速すぎ~感満載のヨンタナです。
みなさまはどんな週末をお過ごしですか?いつもならライブ演奏でギター三昧!
なのですが、昨夜はディズニーシネマ「アラジン」で涙がポロポロ・・・(恥)


アラジン魔法使い



◇前日のライブでも弾いた ♪アラビア音階♪ に誘われ、いきなり映像の中に惹き
こまれましたね。(単純・・・笑)その中でも特筆すべきは、王女ジャスミンの
声優さんが唄う「スピーチレス~心の声」、魔法にかかった~・・・(マジ涙)





◇なぜか涙腺がじわ~っとユルユルになり止まらない。歳を増し乾ききってる?
ヨンタナなのにね。(笑)とても素晴らしい音楽と映像・ストーリーの魔法陣!
に釘付けでした。喜怒哀楽のすべてが詰め込まれたランプ・・・あんぷ(汗)



DSC08749_20190618141845eb4.jpg



◇いつもの強引なこじつけ!(笑)それでは、イロハシリーズ「循環コード編
まとめ1」を。スモールなフレーズやコードそしてシンプルなコード進行から
広げるヨンタナの音世界、果てしないチャレンジが未だ続いているにゃ。



イントロ(循環コードへのアドリブ



◇ご存じ、ヘボで音才のにゃいヨンタナ、過去何度も挫折を繰り返し5年間の
空白がその証。七転び八起きではないけれど、それを支えてる「音楽理論」が
少しあるから、ギター弾き弾きを継続できてるみたいだ。





◇今回は、日頃の演奏で暗譜が厳しくなりつつある中、なるべくスコアだけに
依存せず鍛える練習法のひとつ。老化防止にもなるようアタマを使う頭突き?
じゃーなくて、曲のアタマ「イントロ」への活用練習でしたね。(手前味噌)




イントロ(循環コードのステップアップ




◇なかなか手強いギター弾き、覚えることがワンサカあるのでワンアップする
でけでも「エライこっちゃ!」ですね。それでも楽しい音楽、暗譜にスリスリ!
3つの願いを叶えるかも~・・・(アハハ)




※シアターで聴くと臨場感が・・・サイコーの出来。

※声優さんは、女優の木下晴香さん(20歳)でした。
(注)当ブログでは再生はできません。あしからず!



・・・「まとめ2」へとつづく
皆さまも金のランプにスリスリ~して、素敵な週末をお過ごしください。
ではまた次回 4649ね! アディオス

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ヨンタナの続々する新シリーズ!(エレキのイロハ第二弾は~あんぷ編)#3-5

2019-6-22 HOLA!
1-7・土曜

DSC08190_201906221334481a2.jpg



◇ボタボタと音を立てる大粒な雨!初夏に向けて地球も水分補給なのかな~。
そんな昨夜は前橋市へ出稼ぎのサントス!(笑)小さなお店の狭いスペースで
演奏でしたが、満員のお客様に乗せられ大いに盛り上がりましたね。(嬉)


DSC08816.jpg
※スナックKISO・・・毎度お呼びいただき感謝です。



◇前半は、スタンダード&ボサノバで格調高く?(笑)後半は得意なラテン曲
の連続でダンサブルナンバーへ。風邪ひきでイマイチのJOEでしたが、流石
演奏が始まるとシャキーン☆☆!唄とMCがヒッパルヒッパル~。(楽しい)


DSC08812_201906221355545d3.jpg
※前橋駅近くの一角



◇それではシリーズ「循環コード」の4回目、昨夜のライブでもアッチコッチ
とレパートリーに出没したコード進行です。まさに覚えておいてソンはにゃい
パターンですね。


イントロ(循環コードの置き換え



◇基本形となる「C-Am-F-G」の4小節パターン、その3小節目を F→Dm に
替えれば、ご存じ1-6-2-5(イチロクニーゴー)に変身だ。TTSDのスタイルを
維持しながらも、4度上行するコード進行が気持ちいい。





◇ダイアトニックコードから「Fの代理コードはDm」だから、置き換え可能。
そのワケは、F(ファラド)とDm(レファラ)の構成音、3個の内2個が共通。
その結果、ツーファイブ!のコード進行が生まれます。(ナンチャッテ・・・笑)


DSC08818.jpg
※ベーシストのジャコ君!・・・古りージャズ?で活動だよ。(爆)



◇最近は都内に出没してるジャコ君、フリージャズや無調音楽の仲間とともに
セッションや別ユニットで活躍ですね。そこで一言「音楽理論の教材は・・・」
これが中々ムズイですね。特に独学のケースでは、数ページで沈没!?




※オトナの響きだね~!

※ブルースも循環コードみたい。



・・・つづく
ダイアトニックコードをセブンスだらけ、C7・D7・E7・F7・G7・A7・B7!
ありゃ~、ブルースコードのオンパレードですね。この辺上手くブレンドして
循環コードに応用したいヨンタナでした。ではまた次回 4649ね!

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR