FC2ブログ
コンテントヘッダー

新・寒エレキシリーズ(実用とコード理論の深いきずな~編)#3-5

2019-11-30 HOLA!
1-7・土曜

DSC05689_2019113014061918d.jpg
※宝徳寺(桐生市川内町)



◇いつもお越しいただき、ありがとうございます。今月も今日で終わりですね。
溜まっていたペットボトルや雑誌などを廃棄するついでに、宝徳寺の紅葉狩り
をしてきました。(何度観ても魅せられる年齢に・・・笑)



DSC05700_201911301421241c6.jpg
※秋晴れでしたが、山の風は冷たかったです。




◇それでは、新シリーズ「理論と実践」からドミナントコード(C7)の5回目
実践的なのはスケールかそれとも~???辺りを少しやってみたいと思います。
唄モノバンドでは必ず廻って来る間奏、メロを崩したフェイクもいいけど・・・



ハーモニー(スケールかアルペジオか?



◇即席ラーメンみたいに即興演奏(アドリブ) ができればサイコー!ですよね。
しかし、そうは問屋が卸さにゃい。(古り~)手間暇かけて熟成させなくては
凡才ヨンタナGの体験上、そう感じることもあります。



DSC05655.jpg
※フェルナンデス&デラリバ




◇そこでコード基礎理論を活用して、実践的な弾き方へと落とし込んでます。
結果オーライの生演奏ですから、楽しくないと個人練習にも身が入りません。
スケール練習は運指やピッキングの訓練、アルペジオは単語として・・・



ハーモニー(C7のテンション



◇ヨンタナの場合、スケール練習だけでは度数や音名を覚えるのが苦手だね。
どちらかと言えば、①コードトーン(1357)と②テンション(246etc)に
分けて、度数・音名を覚える方法を取ってますが・・・人それぞれかな。




※ラリ・バシリオさん・・・相変わらずテレキャスの音がイイ。(♡)



・・・つづく
宅練で覚えたドミナントワンフレーズ(単語)、集合練習ではどの曲にも使い
肌に染込むまで弾くヨンタナ流。(汗)なるべく回数かせぎ、クセになるまで。
不器用のなせる技?かもしれません。(笑)ではまた次回 4649ね!



スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

新・寒エレキシリーズ(実用とコード理論の深いきずな~編)#3-4

2019-11-29 HOLA!
1-6(金曜

DSC05535_201911291523419fe.jpg
※神明宮(みどり市大間々)



◇♪真っ赤に燃えた~紅葉狩り!(笑)所用で出かけたので、もみじ見るかい?
一方、季節外れの「桜を見るかい?」は未だ藪の中、今日と同じお寒いですね。
日射しはあるものの北風がとても冷たい・・・ミタイな感じでしょうか。



DSC05593_20191129154607600.jpg
※あら~冬桜咲いていました。(龍門の滝/桐生市新里町)




◇それでは、新シリーズ「理論と実践」からドミナントコード(C7)の4回目
苦手な対応スケールとテンション周辺を少しやってみます。 で、スケール練習
と言えば、低音弦⇔高音弦を行ったり来たり繰り返すヨンタナ。(笑)





◇ドミナント(C7)に対応するミクソリディアン(ドレミファソラ♭シド)とその変形
リディアン♭7(ドレミ#ファソラ♭シド)の2個。 そのまんまの行ったり来たり練習
では、体験上使えないことが多いです。にゃんでかな~?(汗)




※とても個性的な唄声!短めのビブラートに魅かれる。(♡)



・・・つづく
いつもお越しいただき、ありがとうございます。
だいぶ冷え込んできましたね。体調管理に気配りをしたい
ヨンタナでした。皆さまも。ではまた次回 4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

新・寒エレキシリーズ(実用とコード理論の深いきずな~編)#3-3

2019-11-28 HOLA!
1-5・木曜

DSC05275_20191128141138efe.jpg
※崇禅寺の紅葉(桐生市川内町)



◇ここ連日グズってる上州の空模様!今月も三日を残すだけ、いよいよ師走に
なっちゃいますね。(早)そして、年末調整や決算締切などの作業に追われて
本業の最終月は忙しくなりそうな予感。(トホホ)


冬(師走



◇では、新シリーズ「理論と実践」からドミナントコード(C7)の3回目を
やってみたいと思います。 切替ポイントとして機能するドミナントセブンス
のコード、気になる木(key)!として位置づけながら演奏してます。(笑)



DSC05461_20191128143742fd5.jpg
※最新オリジナル曲のラフスケッチ!(お恥ずかしい手書き)



◇唄モノバンドの演奏や作曲する時などに活用してるコード基礎理論、特に
ドミナント機能はオイCので利用しています。ところが Key=C なら7つの
ダイアトニックコードもスラスラと浮かぶけど別キーだと・・・???




DSC05018_20191128145245651.jpg
※宅練の練習機材・・・Key=Cで作ればね~!(後悔)




◇そこで生きてくるのが「度数(degree)」です。凡才のヨンタナにとっては
何は無くともドス。(笑)簡単なキーで作曲もOKですが、雰囲気とか音域など
を考えてのキー選択(Key=Ab)、指を折りながら度数を確認しコード付け。



ハーモニー(セカンダリードミナント



◇Aメロの2小節目に、イキナリ部分転調する切替のシグナル君。1小節目を
トニック(Abmaj7/Fm7)と想定すれば、次のコードは「ニャンでもOK」と
言うコード理論を実践してみました。(笑)




※アンプラグド編成は、温かい音!(♡)・・・トレスが心地よい。



・・・つづく
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
今宵はフィガロ・ギターレッスンの日、だいぶ冷えこみそうなので
ホットな演奏をしてみたいと思います。ではまた次回 4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

新・寒エレキシリーズ(実用とコード理論の深いきずな~編)#3-2

2019-11-27 HOLA!
1-4・水曜

DSC05218_20191127151808989.jpg
※崇禅寺(桐生市川内町)




◇一面くもり空の上州!肌寒い~平日、午前様風呂に入りゆるりカラダを温め
リラックス気分のヨンタナG。(笑)「紅葉を観るかい?」もソロソロ見納め
になりそうですが、一方桜を見るかい!?はますます謎が深まり・・・(疑)



DSC05438_20191127153927a2f.jpg
※H氏の超小型PA(マッキー製パワフルでイイね。)




◇では、新シリーズ「理論と実践」からドミナントコード(C7)の2回目です。
そして、唄モノバンドでは気になる木(Key)!(笑)その辺りも含めてやって
みたいと思います。


ハーモニー(C7の細分化



◇唄モノバンドの演奏では、オリジナルのキーで弾く事は稀ですね。しかも
部分転調がアッチコッチ顔を覗かせ、エライこっちゃになってきます。(汗)
そこで頼りになるのがドミナントコード、切替ポイントとして活用・・・




DSC05442_20191127161049242.jpg



◇一般的にジャズ・ポピュラーでは、ドミナントコード(C7)を細分化しての
ツーファイブ形式が多いですね。例えば、「Gm7-C7」のように4度進行させ
トニックコード(Fmaj7)へと着地するパターンです。





◇マイナーキーなら「Gm7-5-C7」と♭5度の音が特徴的で、トニック(Fm)
へと進むケースが多い。勿論例外もたくさんある音楽ですからね、必ずその様
に進むとは限りません。でも理論をかじれば、整理ができ演奏に余裕が。



DSC05338_2019112716303359e.jpg
※崇禅寺の裏カフェ!(期間限定らしい)



◇また、あまたのテンションや裏コードの活用にも通じるドミナントコード!
表の顔だけでなく裏の顔も活用できればと・・・最近はキャップをかぶる日々
のヨンタナG、ボロ隠しの演奏が増えてるにゃ~。(笑)




※実にオモシロイ!足で小物&エレガットでベースとは。




・・・つづく
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
ではまた次回 4649ね!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

新・寒エレキシリーズ(実用とコード理論の深いきずな~編)#3

2019-11-26 HOLA!
1-3・火曜

DSC05330_2019112614232185d.jpg
※崇禅寺紅葉狩り(裏カフェ/500円)
DSC05213_20191126144243dfe.jpg



◇みなさまコンニチワ、いつもご訪問いただきありがとうございます。(感謝)
昨日は生涯で一番と言えるくらいの”紅葉狩り”を楽しみ過ぎて、ブログ更新や
新曲のスコア作成もできず、バンド練習へ急ぎ足で・・・(汗)



DSC05433.jpg
※昨夜のヨンタナ機材!



◇新曲の「♪afternoon café」(Key=A♭)を1人楽団で駆けつけ三杯!(笑)
いや3コーラス演奏したヨンタナG。紅葉狩りの裏カフェを想いながらABA
形式の最新オリジナル曲、個人的にはウッシッシで満たされましたね。



DSC05439_20191126160808edf.jpg
※Swing 2&5 のリーダーH氏(Vocal)




◇では、新シリーズ「理論と実践」の続きはドミナントセブンスコード(C7)
辺りを少しやってみます。歌モノバンドでは、毎度の各種キーが入り乱れて
とても勉強になります。(冷汗)頼りはドミナントのコードにゃん・・・




ハーモニー(C7 音の感じ方




◇バッキングする時もアドリブにおいても、演奏中の目印となってくれてる。
ご存じトライトーン(3度&b7度)の働きで「不安定感」を醸し出し、次の
安定したコード(トニック)への橋渡しが役割となってます。



DSC05441_20191126162532b90.jpg
※広々とした無料の練習場所がオイC!(嬉)




※音楽は、ある意味算数的側面があるにゃ!(アハ)

※Antonio's Song・・・マイケルフランクスが定番の曲!(♡)



・・・つづく
この続き(C7)は次回具体的にやりたいと思います。4649ね!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

寒シリーズはお休み!(紅葉狩り~)

2019-11-25 HOLA!
1-2・月曜

DSC05253_20191125164859c3a.jpg

※崇禅寺(ソウゼンジ/桐生市川内町)紅葉狩り!



◇いつもお越しいただき、ありがとうございます。毎度の紅葉狩りに出かけ
今帰宅したヨンタナGです。こんな近くで素晴らしい紅葉が見られるなんて。
穴場スポットに酔いしれ、時の経つのを忘れて撮影を・・・



DSC05182.jpg



◇と言う事で、新シリーズはお休みさせていただきます。(恐縮)
これからバンドの練習もあり、これで失礼いたします。
ではまた次回 4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

新・寒エレキシリーズ(実用とコード理論の深いきずな~編)#2-3

2019-11-24 HOLA!
1-1(日曜

DSC04998_20191124132951aab.jpg
※ひょうたんから駒!・・・メロ思い出した日。



◇いつもご訪問いただき、ありがとうございます。小春日和の日曜、午後から
公園を紅葉狩り!のヨンタナGです。昨夜までの冷たい雨も止み、あったかい。
そして、忘れていた新曲のメロがバッチリ戻って来ましたよ。(嬉)



DSC05112_20191124153851723.jpg

DSC05098_201911241622118b5.jpg



◇では、新シリーズから「理論と実践」の続き、トライアード(3和音/135)
に重ねるメジャーセブン(maj7)を少し。ヨンタナの大好物な音のひとつが
コレ、最新オリジナル曲のメロも最初の音が♪メジャーセブン♪です。





◇A♭maj7/Fm7-Gm7-5/C7-9~(Key=A♭)とコード進行も完成、あとは
キャッチーなタイトル?を付けるだけ。(笑)そう、明日のバンド練習で演奏
して感想を聞こうにゃ。


ハーモニー(Cmaj7 音の感じ方



◇音感はひとそれぞれ!抽象的な音には正解がないけど、ざっくりと言えば
上図のような感じかな~。(手前味噌)どんな音でスタートするのか、演奏
者にとっては個性を発揮する場面、理論がワカレバなお更プッシュできるね。






◇今回もインストナンバーですが、あえてKey=Abにしてみた。指板上を広く
使えるメリットからチョイス、そしてダイアトニックコードをベースにBメロ
は一時転調(Key=Db)。ツーファイブを軸に半音進行も加えて・・・



DSC05063_20191124162112137.jpg



◇メジャーセブンの音と言えば、学生時代を思い出す。軽音楽部の入部テスト
がミスティ!(Key=Eb)でした。当時はギタリストがゴロゴロ、確か約10人
テストを受けていたような。・・・結果、ヨンタナはバンドボーイ!(アリャ~)





※オルフェのサンバ・・・メジャーセブンがオイC!
サントスの前身バンドでは、テーマ曲として毎回演奏してました。



・・・つづく
最新オリジナルをBB君に入力、イントロやエンディングなどを加えて
体裁が整った。あとはテンションコードに置き換えたりしながら編曲の
作業・・・で、問題はリズムですね。(悩)ではまた次回 4649ね!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

新・寒エレキシリーズ(実用とコード理論の深いきずな~編)#2-2

2019-11-23 HOLA!
1-7・土曜

DSC04912_2019112311335747a.jpg
※徳明園(高崎市)・・・ミスト~!



◇スッキリしない週末の上州!この季節、からっ風で乾燥するのでお湿りは
嬉しいヨンタナGです。そして、ギター演奏でもミスト~(ン)のお湿りを
連発してますけど・・・(笑)


DSC05062_20191123114651786.jpg
※Cool z ZS-1R HSH FM(メイプルトップ/マホガニーバック)




◇それでは、新シリーズから「理論と実践」(Cmaj7)の続きをやってみます。
ギター演奏におけるハーモニー(和音)は、トライアード(3音)を土台にし
様々な音をその上に重ねることができます。その入口が7番目のB音。



ハーモニー(音の感じ方




◇4個の音で構成されるCmaj7のコード(1357)、Key=Cならトニック(Ⅰ)
Key=Gでは、サブドミ(Ⅳ)の役割となりますね。いずれにしても、1個1個の
音を感じ取る音感が演奏には必要でしょうか。





◇まずは、コードの根底を支える①1度の音、根っこの音なので音楽用語では
「ルート(root)」と呼びます。算数のルートも平方根と根が生えてる。(笑)
建物に例えれば礎石(ソセキ)みたいな感じで、指板上に鎮座してます。



DSC04731_2019112312294036e.jpg
※石だけに意志が強いにゃ!・・・石頭のルート?(失礼しました。)




◇次に、メジャーとマイナーを区別する②3度の音、調整音楽には欠かせない
三度のメシみたいなモノ?(笑)演奏中はソコ特に気配りして弾き分けてます。
ブルーノート的な例外もある3度音ですが、コード感を出す妙薬ですね。


DSC04818.jpg
※道の駅たまたんのカツ3度です!・・・ルートと5度に挟まれてる~。(旨)



◇そしてトライアードの締めは、③5度の音ですね。地味っ子なヤツだけど
ベーシストにも必須な音。でも時々オミット(省略)の対象にされ可愛そう。
パワーコードなどの使い方次第では、強力な武器にもなるけどね・・・




※Samba de Orfeu(オルフェのサンバ)・・・♡maj7が心地よいです。



・・・つづく
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。皆さまはどんな感じ方で
3個の音を演奏してますか? 次回は4和音の要! 長7度の音(maj7)を
取り上げたいと思います。ではまた次回 4649ね!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

新・寒エレキシリーズ(実用とコード理論の深いきずな~編)#2

2019-11-22 HOLA!
1-6(金曜

DSC04996_20191122131526e28.jpg
※恋心!



◇昨夜からグングンと冷え込んだ上州!で、同級生バンドの補習組トリオGが
ネック?いや熱気を抱きギタ練でした。(笑)そして調整加減を計るチャンス
とばかりに、バッカスのテレ君とチューブアンプを持参して・・・


DSC05022_20191122132942931.jpg
※Fender ブルースデラックス(40W)&Bacchus BTL-650
DSC05031.jpg
※爆笑N&Sコンビ・・・メロメロのインストナンバー!(真剣)




◇やはりチューブアンプはファットなサウンド、コスパなテレ君がレスポンス
良く鳴ってくれましたね。(嬉)自然に恋心も少し増した様な弾き方になって
相方お二人からも、前回とまるで違いイイ音!(調整成功でした。)






◇それでは、新シリーズから「理論と実践」の2回目は、音の感じ方辺りから
進めて見たいと思います。ギターは、ハーモニーを司るコード(和音)を奏でる
ことが大きな役割、そしてその音を感じ取ってメロやアドリブを展開します。



ハーモニー(音の感じ方



◇例えばCmaj7、3和音(ドミソ)+長7度(シ)のコードトーンでメロに色を
添え、曲想を空間に解き放ちます。勿論、コードフォームやポジションなどの
技術面も大切ですが、その1音1音をどんな風に感じ取ってる?・・・



DSC05039_20191122140246284.jpg
※N氏のカスタマイズされたバッカス!(器用だね~)
DSC05042_201911221406382c0.jpg
※S氏のギブソンLP・・・親指でのバッキング!(ピックリ)



◇ギタ練の後は、恒例のガスト談義!(毎度~)相方N氏とともにコード話で
盛り上がったにゃ。特にコードトーン4音をどんな感じ方(音感)してるのか
興味津々でネコ耳を立てたヨンタナでした。(笑)



DSC05047_20191122141447c59.jpg
※窓に映る自分の姿!(汗)




※懐かしいドリフの演奏!(志村けんさんのワウ奏法・・・レアな映像)



・・・つづく
いつもお越しいただき、ありがとうございま~す。今日はずっと雨降りで
一層冷たく感じる金曜日となりましたね。寒いの大の苦手なヨンタナG!
皆さまも体調管理に留意して下さいね。ではまた次回 アディオス


このページのトップへ
コンテントヘッダー

新・寒エレキシリーズ(実用とコード理論の深いきずな~編)#1

2019-11-21 HOLA!
1-5・木曜

DSC04907_20191121114110cb9.jpg
※徳明園(高崎市)・・・森のものしり博士!?



◇いつもご訪問いただき、ありがとうございます。(嬉)早いもので、11月も
10日余りになり、来月はもう年末ですね。そしてジグザグな気温が連続してる
この季節、体調管理に気配りのヨンタナです。



ハーモニー(三要素



◇では、新エレキシリーズから ”理論と実践” の1回目、未だ自由に操れない
ギター周辺から進めてみます。(恐縮)ご存じメロディとハーモニー・リズム
の三要素、「音感イイな~」「ノリノリのリズム感だ~」と深い関係が・・・



DSC04953_20191120161007036.jpg




◇結果オーライの演奏、理屈抜きで楽しめたらサイコーですね。でも毎回同じ
弾き方では秋が来る?(笑)なんて思っても切り口が見いだせない唄物バンド。
無意識に指先でなぞる同じ道!音の感じ方が足りないような。(汗)



ハーモニー(コードトーンの感じ方



◇んで、ハーモニー(和音)を構成するコードトーンにフォーカス、基本的な
音の響きを感じることが突破口になるかも。そのためには度数などの音楽用語
を整理するところから、始めたいにゃ。(笑)




※ノリノリでゴキゲンだよ!(♡)



・・・つづく
今宵は、恒例~のギタートリオが集う!どんな展開になるか楽しみ。
シャミ?が得意な三人衆だけに。(爆)ではまた次回 4649ね!


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

えでぃ草子 ~遠州写真日記~

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR