FC2ブログ
コンテントヘッダー

音楽理論(#1)

音楽理論について(コード#1)

コード音楽理論については、たくさんの文献や記事が
ありますので、専門的に研究したい人やプロ級のお方は、
あまり参考にならないかも知れませんので
そちらでよろしくお願いします。
*ここでは、私ヨンタナが独学で学んだ
バンド経験からの考察を中心に、
「少し理論を覚えたら音楽の幅が広がるかも」
 と思う方に配信します。(チョー基礎編)

ギターのコードについて

ギター・ベース・キーボードを弾く方は
1.耳コピだけで譜面はいらない
2.譜面がないと演奏できない
3.耳コピも譜面も両方必要
の3タイプだと思います。

管楽器やピアノの方は、一般的に「譜面」から入りますが
ギターやベースの方は、耳コピから入る人が
普通ではないでしょうか?(音楽学校や正規教育では、別ですが)
*ある程度、独学でも何とかなる楽器と思います。

しかし、曲目が増えたり、コンボ編成上人数が
増えたりすると、譜面が不可欠になります。

また、譜面の「おたまじゃくし」が
すらすら読めればいいのですが、私の経験からこれが難しい。
#1個や♭1個ならいいのですが、4個以上となると初見や
正確に演奏するのがたいへんです。
さらに感情移入
となるとオソロシク難しい世界になります。
*もちろんタブ譜という新しい譜面もありますが、
 通常の演奏譜面にはありません。(面倒で書けません)

結論ですが・・・・
1.譜面は、コード譜のみ見る
2.メロディ・リフは、耳コピ中心
の両面からアプローチしたほうが
演奏に集中できて、感情移入
リズムに重点を置くことができます。

では、「コード譜を見る」ですが
簡単な3コードしかない譜面なら
誰でもさほど難しくないのですが、
最近の曲は、凝りに凝った曲
多いですね。

1.転調・転調は当たり前
2.分数コードが頻繁に出現
3.コード名が複雑等
コード理論をある程度マスター
してないと、とんでもない曲となりかねませんね。

たまにライブで見かけるのですが、
コピーバンドでオリジナルとは
似ても似つかない演奏をしている
場面に出くわすこともありますね。
よく解釈すれば、アレンジしているのかも
知れませんが・・・
*そう言う私も、結構いい加減な演奏を
 してしまいますが(笑)ご勘弁!

では、「コード理論」とは?

結論から言えば「理論は後からつけたもの」で
音楽の始まりからあったものではありません。
しかし、一定のルールがないと
コンボアンサンブルは成り立ちません。

key(キー)の話

どんな譜面(曲)にも「キー」があります。
たとえば、次の練習曲は
キーはCで、キーはAmで
とか誰でも言いますよね。

そうです!このキーのことが
コード理論には、一番大事なことです。

でも、キー名は知っていても、あまり深く
理解しないで演奏している人も結構います。
残念ですね。
色調とよばれる「音色」のフィーリングを
大切に演奏することも大事でしょうか。
*アーティキレーションについては、
 どこかで触れる予定です。

次回は、キーに関するコード基礎編を
少ししたいと思います。
次回(#1-1)まで アディオスアミーゴ
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

えでぃ草子 ~遠州写真日記~

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR