FC2ブログ
コンテントヘッダー

音楽理論(#1-1)

音楽理論(コード編#1-1)

今回は、
キー(key)とコードの関係
をテーマに配信します。

どんな曲を演奏する場合でも
その曲のキー(曲調)が基本となります。

曲調を大別すると
1.明るい感じの曲(メジャーキー)
2.暗い感じの曲(マイナーキー)
の2つがあります。

メジャーキー(長調)
全体的に明るい感じの曲は、
メジャーキーで作曲されています。(原則)

さて、最初に覚える音階(スケール)は、
ドレミファソラシドの7音
ですね。
これをアルファベット記号で表すと
C・D・E・F・G・A・B
みなさんよくご存知の記号です。
*この最初の音Cがキーとなります。

Cは
シーとかツェーと発音
譜面上では、
KEY=CまたはKEY IN C
と書かれていますね。

わかりやすく言えば
ドレミファソラシドの音階で
作曲してある曲です。

この音階をある間隔(3度)で
重ねたのが「コード」です。

*ド・ミ・ソと重ねた音(和音)が
 コードのC(シー)になります。
文章で書くとわかりにくいかも
知れません。
(五線でなくてゴメンナサイ)
*コードの基本は、理論書等で
 各自お願いします。

<重要な働きの3コード>

C・F・G7のことです。
曲の基本的な骨組みで、
とても重要です。
ここは、しっかりマスターしましょう。

1.トニックコード(C)
2.サブドミナントコード(F)
3.ドミナント7thコード(G7)
と呼ばれる3つのコードです。

それぞれ人の脳(精神)と
似たような働きをします。
私たちも、普段の生活で、
1.「安定しているとき」(トニック)
2.「やや不安定なとき」(サブドミ)
3.「かなり不安なとき」(ドミナント)
をある程度経験していますね。

そうです!このこととコードの
働きが同じなのです。(コードの進行に関係)

1.トニックコードは、一番安定しているので
どのコードへも進行可能
*人も安定しているときは、冒険したいかも。

3.ドミナントコードは、一番不安定なので
 安定している「トニックへ進行
 したいものですね。

2.サブドミナントは、少しブルーな日なので
 「トニックかドミナントへ進行
*少し快方(C)に向かうか、さらに具合が悪くなって、
 不安定(G7)になるかと同じ。
 

チョットわかりにくいので、
コードで表現すると・・・

1.トニックコードは
  C→次のコードは何でもござれ
3.ドミナントコードは
  G7→Cへ
2.サブドミコードは
  F→C または F→G7
と基本は進行します。

*バンド演奏では、このコードの働きを
 覚えれば、次にくるコード
 をある程度予測できますね。(メモルとき)
 
 実際の演奏では、代理(裏)コードや
 一時転調などもあるので、やや複雑に
 見えるかもしれませんが、(後述します)
 基本の骨組みは変わりません。
 がんばって覚えましょう。 

今回はここまでとします。
次回(#1-3)は、
1-6-2-5(イチロクニーゴー)
をテーマに配信予定。
では、アディオスアミーゴ
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR