FC2ブログ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!アドリブソロへの道(ステップS)#5-1

2014年7月28日(月曜日)
HOLA!

テーマ:2小節単位でのフレーズの組立て方!

前回から、KEY=Cにおける、2-5-1(ツーファイブワン)
のフレーズ作りをやっています。(Dm7→G7→Cの進行)

DSC02896.jpg

(1)音階(スケール)と(2)分散(アルペジオ)を
使い分け、アドリブフレーズを構築する基本の続き・・・・


★今回は(1)音階(スケール)の選び方ポイント
例によってQ&A方式で、お馴染みのキャスト(笑)

DSC02916.jpg
(Dm7→G7→C)

EX1)ドリアンスケール+ミクソリディアンスケール

井上氏:「例1のパターンは、ドレミファソラシドのC音階
展開スケールなんで、譜割だけ考えればいいですか?」

ヨンタナ:「その通りですね。コードトーン内なので、単純
明快な選択です。それに、譜割を考えるには最適です。
ただ留意点として、G7の不安定感が少ないパターン」

EX2)Dマイナースケール+オルタードスケール

井上氏:「Dmスケールだと、Cのスケール外のB♭が
入ってきますが?使っていいんですか?」

ヨンタナ:「そこがミソなんです。Dmの#5度になる音で
アボイドなんだけど、上手く使うと、これがいいんです。」

DSC02927.jpg
(ガンガン使ってちょー)

井上氏:「G7にオルタードスケールって、どんな音階?」

ヨンタナ:「#5度・♭5度やオルタードテンションを含む
音階の事です。」

井上氏:「つまり、Cのスケール外の音を弾くのですね」

ヨンタナ:「そうなんです。G7では、なるべく不安定感を
醸し出すことが重要なんで、コードトーン以外の音を。」


EX3)Fメジャースケール+コンデミまたはホールトーン

DSC02917.jpg DSC02918.jpg

井上氏:「Dm7の親戚がFなんで使えることは、理解です。
一方のG7に使うコンデミやホールトーンは、オルタードと
同じ解釈でいいんですね。」

ヨンタナ:「その通り!G7はドミナントコードなんで、できる
限り不安定感のあるフレーズで演奏し、次のトニックCに
解決したいと思わせる雰囲気つくりが、とても重要です。」


<今回のまとめ>

2-5-1の進行は、性格上「SD-D-Tの進行」になるので
中間的-不安定感-安定感のフレーズが生きてくる。

G7のドミナントでは、ぶっちゃけ!なんでも使えるところ。
音楽的なフレーズに成っていれば、いいんだよ。


・・・と、今回はこれでオシマイです。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

えでぃ草子 ~遠州写真日記~

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR