FC2ブログ
コンテントヘッダー

アドリブの基礎とコードの関係(#2-1)

今回は、もう少し「メロの崩し方
フェイク(2)について配信します。

前回(#2)は、フェイクの考え方を
テーマに大枠を配信しました。
その中でも特に、あらかじめ
ネタを仕込む
(真似る・コピーする)
ことが一番の近道ではないでしょうか。

たとえば「枯葉」のメロディを
フェイクする場合の手順ですが・・・

1.音源の準備
 元となる枯葉のCD(音源)を2~3枚集めること
 (同じ楽器でなくてもいいかも)

2.繰り返し聴く
 そのCDの中から「気に入った」
 または「ある程度易しい」と思われる
 CDを選び、そのメロディを何回も聴く

3.特徴をつかむ
 繰り返し聴きながら、そのメロディの
 特徴を1つ(1~2小節)でも良いですから
 つかむ(1つのモチーフ)

4.声に出して
 CDに合わせて口ずさむ
 *この時のポイントとして、
  最初は、CDの音を大きく、次にCDの音を少し絞る
  これを何回か繰り返して、できるだけ真似します。

ここまでできれば、いよいよ自分の楽器で
そのメロディを再現します。
(口ずさめれば、ある程度再現可能)

5.CDに合わせて演奏してみる
 *ポイントは4と同じ

6.以下、次のモチーフを真似る
 *手順は、2~5を繰り返す

7.全体を通して演奏する

これで、おおむね
ネタが仕込まれました
勿論、全体ができなくても、部分的なモチーフが
自分のネタとして財産になります。
よくバンドで言われるのが、彼は
「引き出しが多いね!」


最後に、キー調整を行います。
元のCDとバンドのキーが異なる場合、
キーチェンジの作業が必要ですね。

キーチェンジに関して>(補足)
最近の音響機器(再生装置)には、
カラオケのようにキーチェンジャー機能を
搭載しているものもあります。

または、パソコンソフトを活用して
キーチェンジ再生をすれば、バンドの
キーに合わせることも可能です。
*ただ欠点として、音源のニュアンスが変化
 する場合もありますので、要注意ですね。

リズム符割のコピー>(補足)
コピーをする場合、どちらかと言えば
メロディの音に集中しがちですね。

音はある程度取れるのですが、
リズムタイミングが疎かになることが
ありますね。
できれば最初は、CDに譜面が
ついているものを選びましょう。
(譜面が読めない場合は、残念ですが
 耳を鍛える必要がありますね。)

リズムの符割も重要なネタ仕込みと
位置づけてくださいね。

それでは、今回はここまでとし、
次回(#2-2)バッキング用として
MTRの活用まで
アディオスアミーゴ
(お願い)記事下の拍手をクリック!
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR