FC2ブログ
コンテントヘッダー

メサブギー アンプ(#1)

新しいカテゴリー
ギターアンプのあれこれ
について配信します。

アンプの1回目は、ヨンタナ所有のメサ
.50キャリバー+
RIMG0061.jpg
RIMG0062.jpg

メサブギーと言えば、
ごぞんじサンタナが使用した
「マークⅠ」
100w仕様/6L6GC×4/12AX7×4/12At7×1
1973年完成

1967年 ランドール・スミスが設立した
リペアショップが、メサの前身
フェンダーのプリンストン(Prinston)を改造した
ことが始まりだと聞いているね。

ヨンタナ所有のメサは、現在3台。
今回は、その内の1台で50w仕様。
パワー部は、6L6GC×2のタイプ。
RIMG0064.jpg
(写真は、アンプの背面)

中古で1年前くらいに購入。
しかし、真空管を見たら
メチャクチャでござりますがーなー!
(古いギャク 笑)

特にプリ管は色々なメーカーで構成されてて
メサブギーの音色には、程遠い代物でした。
中古品の場合、しかたないことですね。

でもね、メサのいいところは、パワー部
バイアスフリーなのだ。
つまり、純正品であれば、自分で交換可能。
早速、楽器店に注文(プリ管も含め)。
*プリ管は、高品位spx管を注文

全数取り替えたところ、驚きの連発。
メサいい仕事してますね!
(ナントカ鑑定団? 笑)
*現在は、プリ管のみグルーブチューブに
 一部交換してます。

まったく同じアンプとは思えない音。
あのサンタナサウンドに近いねー。
その後、ライブに自宅練習にと活用中。

先日の桐生市ビレッジライブにも持参して、
ジャズ系サウンドと泣きのギターサウンドを
使い分けて、ゴキゲンなヨンタナでした。

メサ系アンプの長所・短所

いいところは、ジャズ系からロック系まで
守備範囲が広いところでしょうか。
一方、トーンコントロールの効きが良すぎて
チューニングが結構シビアなこと。

キャリバー+は、別イコライザー搭載タイプ
なので、その辺はある程度カバーしてるけどね。
RIMG0063.jpg

なお、真空管の音質への影響度は
プリ管 80% パワー管 20%位かな。
どのメーカのアンプも、プリ管ならご自分で
交換可能ですので、音にこだわるギターリストや
ベーシストさんなら、ご研究してみてはいかが。
(ただし、感電にはくれぐれも注意!)

今回は、ヨンタナ所有のメサブギーでした。

次回まで、アディオスアミーゴ

いつものように、拍手アイコンを
ポチッとしていただければ幸いです。
4649!
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR