FC2ブログ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!”ハーモニー”シリーズ「ア~マイナ~編?」(#4-1)

2015-8-5(水曜日) その2
HOLA!

DSC03437_20150805201035e7a.jpg DSC03436_201508052010335be.jpg DSC03438_201508052010372a4.jpg

◇今日2回目の更新で~す。夕方、すき家でおろしポン酢牛丼+健康セット!
駐車場で空を見上げると、高崎方面は真っ暗、きっと雷雨になってるのかな。
こちらは、ムシムシしているけど、雨は降っていない。




◇さて、ハーモニー!シリーズの続きを更新しておきますね。音楽基礎理論
ですので、退屈と思われる方は、遠慮なく飛ばしちゃってください。OK!!
では、日頃から慣れ親しんでるコードのAmについて・・・

秀吉  信長


◇このAmは、キーによって、ある時は秀吉様だったり、信長様になったりと
性格が変化するんですね。つまり、演奏者にとってキー(KEY)を理解する
ことが如何に大事か、そして、それはマンネリ化を防ぐ手立てともなります。



<<キーの考え方>>

◇実際譜面上では、ト音記号の右横に書かれてる”#や♭”(調号)によって、
その曲の主キー(中心となるキー)が判るようになっています。
たとえば、♭1個ならば KEY=F または KEY=Dmのいづれかであると。


DSC03439_20150805204224df4.jpg DSC03440_20150805204226f19.jpg
(例4:調号1個の時)(例5:そのダイアトニックコード)


◇これは、以前オハナシした”平行調!”の事なんです。同じ調号を持つ2つの
キー(長調・短調)があるんですね。つまり、元になる音階は同じでスタート
する音が違うだけ。(F:フォソラシドレミとDm:レミファソラシド)




◇同じ音階でも、スタートする音が違うと、半音の位置関係がズレ込んで、
明るいメジャーキー(長調)と暗い感じのマイナーキー(短調)となるワケ。
その2つの平行調(FとDm)には、それぞれAmが存在します。


いないいないばあ猫 ネコ(グー猫の後ろ姿
(元は同じ猫ちゃん) (明るいネコに変身!)(物悲しいネコへと)



・・・と言うことで、ご理解できたでしょうか?姿形は同じAmですが、
その性格はキーで変わってしまう。じゃ~、この続きは次回また・・・
アディオス アミーゴ 4649ね!




スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR