FC2ブログ
コンテントヘッダー

演奏におけるコミュニケーション(Ⅱ)

HOLA!
前回のコミュ続編です。

前回では、バンド内におけるコミュについて
配信しました。

今回はバンドと聴いてくださる方たちとの間の
音コミュニケーション

今回のテーマは、やや深く考えねばー。
どの辺りから話の切り口を・・・
うーん!実にムズがゆい でなくムズカシイ!(笑)

バンドにおける伝達上の要素を
ランダムに列挙すると・・・

1.アンサンブル
2.音響機器(PA)
3.曲目の洗濯でなく選択(笑)
4.MC
5.ジャンル
6.奏者の服装
7.演奏者そのもの(人間性含む)
8.技術力・表現力
9.オリジナル性 etc

まー!挙げたらキリが無いほどあるねー。

では、勝手ですが基本のバンドアンサンブルと
それを伝達する手段の音響(PA)に絞って
話を進めることとしましょう。

サントスの場合、基本唄バンなので、
主役(vocal)+脇役(バックバンド)構成での
バンドアンサンブルになり、
特に主役の「歌声と歌詞伝達」
がコミュのキーになりますね。

でも、これがとてもムズカシイ!ハイ!
プロの音響設備や専門オペレーターさんが
いればいいのですが、予算の関係で簡易な
システム対応となる場合が多々。

電気楽器と違って「肉声」(アコースティック)
の再生に加えて、ステージ上のモニタリングや
聴いてくださる方々へしっかり伝達する事となると
たくさんのハードルを越える必要があるねー。

特にボーカリストの場合、
ステージ上の返し(モニター)
がしっくりこないと、メンタル面も不安定になり
結果、いい唄が歌えないことも多いのでは?

この返しですが、ハード面から見れば
1.フロアーモニター(前面床置き)
2.サイドモニター(ステージ上左右)

の2つは必須とヨンタナ考えますね。
でもね!ボーカリストの方々は、これをご自分の
楽器と位置づけてないことが多いね。(失礼!)

マイク/ケーブル/スタンド位はお持ちでしょうけど・・
ギタリストやベーシストから見れば、投資が少ない。
不公平・不満が噴出!ナンテことに・・・(笑)
でも、いい音コミュ目指すなら、絶対に不可欠。

パワードモニター位は、
ご自分の求める音のための楽器として
持参して欲しいーネ!(ヨンタナの淡い希望)
ナンチャッテ。

バンドアンサンブルの基本は、ある程度公平で
あることではないでしょうか!
(プロの場合はまったく別ですが)

さらに、リバーブ系・ディレイ系位は、各自ご用意
できればいいですね。簡易システムでは、限界があり
音コミュの最低限しかクリアーできないことも
ご理解いただければいいのですが。

ギタリストの場合、自分の音を伝えるために
リバーブやディレイ系エフェクターを何台も
繋いで苦労していますね。ハイ!

・・・とややグチっぽくなってしまいましたが、
とても大事なことなので、あえて配信させて
いただきました。あしからず!ゴメンニャー!

それでは、この続きはまた。
アディオスアミーゴ
4649!
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR