FC2ブログ
コンテントヘッダー

コードの押さえ方(中級編#1-2)

2014年1月26日(日曜)夕方
HOLA!

昨日まで少し寒さが下火でしたが、今日の午後は強風。
赤城降ろしの冷たい北風がピューピュー!!空っ風!
こんな日は、おこたつで丸くなっていたい。(猫か?)笑

昨夜はJOEのお店で、いつもの1ステ3曲ライブの日
普段は、少し早めにお店入りしてサントスのリハーサル
でも昨日は、サントスメンバー限定の無料セミナー開催
千葉から、ご存知ギタリスト芝野さんご夫妻も急遽参加
2時間30分に渡るヨンタナ音楽講座を、最後まで清聴
メンバーに感謝!感謝! 今年は1ランクアップを目標
サントスメンバーも真剣そのものでした。ありがとサントス。

DSCN1467.jpg DSCN0986_20140126210558ccb.jpg
(ヨンタナ所有の唯一    (右:HT-5)
 ソリッドアンプ J-55)

音楽理論と併せて大事なのが「ギターサウンド
ヨンタナはチューブアンプ大好き人間なのですが、このヤマハ
だけはソリッド式。本当はFシリーズが欲しかったけど、あまり
中古市場では見かけなくなったね。この黒ニャンニャン爺さん
単独での使用はせず、チューブアンプと組み合わせて使用。

J-55は主に自宅での練習用として、ブラックスター(HT-5)と
BOSSマルチ(ME-20)を介して使用してまーす。ハイ!
結構イイ音しまっせ。小出力アンプはSPの口径が小さいので
他の口径大きいアンプと組み合わせると、意外にも音ゴキゲン。

DSCN1460.jpg DSCN1477.jpg
(アナログっぽい音のME-20)(ZOOMマルチG-5)

ME-20は、現行のME-25に比べれば、シンプルな操作性
その上中古価格はかなり安いし、アウトプットはステレオ。GOOD!
一方のG-5もチューブ搭載型で安価ですが、ライブでの操作性に
やや難アリなのかなー?まー好みによるでしょうけど。

更に言えば、小型アンプ(HT-5/5W)の場合、トーンの効き
幅がかなり狭いね。特に低音部のブミーさは気になるね。そんな
トーン補正にはME-20のイコライザーかなり強力。それだけ
でも価値あるマルチかもしれない。ただ、ワウは踏み幅が狭く
ヒジョーニ キビッシー!(笑)やっぱりクライベービーかな。

DSCN1471.jpg DSCN1472.jpg
(めずらしいホワイト)
DSCN1473.jpg DSCN1474.jpg
(BOSSのモデリングワウ)

さて、前置きはこの辺までにしてーっと・・・・本題に入りますね。
前回は、酒とバラの日々を題材に、KEY=Fに関するコードを
少しだけ配信しました。

今回は「ドミナントモーションとは?」
まずは、ドミナントモーションの定義
 1.ダイアトニックコードによる「Ⅴ7-Ⅰ」のコード進行
   例)KEY=C G7→Cmaj7
 2.ヨンタナ流では、ツーファイブ(Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ)進行
   例)KEY=C Dm7→G7→Cmaj7

上記1がドミナントモーションと言う。ヨンタナ流では2も含んで
説明上ドミナントモーション(以下D.M)とさせていただきたい。

それでは、実戦上におけるD.M進行をいくつか挙げると・・・
 KEY=F  C7→Fmaj7(またはGm7→C7→F)
 KEY=Dm A7→Dm(またはDm7-5→A7→Dm)
 KEY=Am E7→Am(またはBm7-5→E7→Am)
DSCN1374_20140123212107afb.jpg


これからわかる様に、D.Mは、キーに落ち着く進行(終止)の
ことで、不安定感のあるドミナント7thコードから安定感ある
トニックコードへ解決する終止形を言うね。

話が脱線するけど、不安定なドミナントコードの場合、アウトする
アドリブの展開が結構オイシイね。アウトすることによって、一層
不安定な色調(カラー)が醸し出される。一般的には、そのコード
の半音上のスケール・半音下のスケールまたは半音上のコード・
半音下のコードを想定したアプローチによる演奏が多いね。

さて話を戻してーと・・・ドミナントモーションの例をよく見ると
「4度上行したコード進行」になっているね。たとえばKEY=Am
E7から4度上(ミファソラと4個上)のラ(A)に進行している。
ツーファイブ形式にしても、Bm7-5から4度上(シドレミ)のミ(E)
さらに4度上のラ(A)に進行しているのだ。

つまり「D.M=4度上行のコード進行
とも言えるね。実戦的には、ギターやベースの指板上、6弦から
1弦に向かって、同じフレット上の音が4度音であることを利用。
(ギターの場合、3弦と2弦との間では、1Fだけズレがある)

これによって、4度進行のルート音(R)を即座に覚える事が可。
たとえば、3F上6弦~3弦:G→C→F→B♭と並んでいる。
各自、この辺の事はご存知かもしれませんが、音名でしっかり
覚えて活用すべきでしょうね。

・・・と今回は、ここまでとします。例によってコードフォーム
ご紹介できなくてごめんにゃー!
次回また、この続きを配信しますね。
アディオスアミーゴ
4649ね!

スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR