FC2ブログ
コンテントヘッダー

バンドアンサンブルを大切にしたい!(ボリューム編)#4-1

2016-5-20 HOLA!
曜日5(金曜

◇早いもので、今週も週末に入ったヨンタナの”ヒマっか!”(笑)そんな金曜
の夜は、同級生バンドの練習日。日頃の個人練習がモノを言う集合演奏ですね。
さて、今回もバンドアンサンブルについて、少し考えてみたいと思います。

DSC07301_20160509143559ea0.jpg


◇エレクトリックギターやベースは、アンプを通して音を鳴らすので、バンドの中
では比較的音量を上げられる。また、その方がギター奏者にとっては気持ちイイ!
確かにギターアンプの性能を考えれば、クリップ寸前の音量はゴキゲンな音がする。

DSC07264_20160508160934511.jpg
※真空管ギターアンプの場合、音量を上げるとイイ音が・・・



◇しかし、Eギターだけ、最初からオワリまでデカイ音で演奏していたなら、
もともと飽きっぽいリスナーさんは、数曲でソッポを向くかもしれませんね。
特に、ウタ伴中心のバンドなら、主役はボーカリストですから・・・

音楽・バンド  音楽・熱唱


◇やはり、人前で演奏をするなら、曲順やMCなどを考慮してメリハリを
しっかり付けるステージ構成と、曲ごとにアンサンブルを重視する必要が
出て来ますね。


アンサンブル(唄バン
※上図は、ヨンタナが普段気をつけてるパターン


◇たとえば、一般的な”AABA形式!”のウタ伴を、ヨンタナが演奏する場合、
各ブロックごとの音量(VOL)を調整することが多い。ギターが主役になる所
(イントロや間奏)では、最大値ですし、ウタが主役ならサポートする音量へと。

DSC06772.jpg
※指弾きでのコードバッキングしているヨンタナだ!


◇具体的には、ギターの手元でボリュームノブを上げ下げしたり、時には
指で弾いたりしながら、音量をアジャストさせている。ベーシストなら指
のタッチで音量をコントロールできますが、ギタリストの場合大変ですね。




・・・ちょうど今TVで、舛添都知事の定例記者会見が放映されてますので
今回はココまでとします。すみません。では、アディオス アミーゴ!


スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR