FC2ブログ
コンテントヘッダー

サントスの恒例ミニライブ!(at ジョーの店)

2014年6月22日(日曜日)
HOLA!

昨夜は、毎週恒例の土曜ミニライブ!
いつものように、ポンチョ膳さんをお迎え、今日は少し早めに。

DSC02190.jpg

PM3:30
ストラトのネックコンディション最悪、メンテの為入院させたね。
ビリビリ音!オクターブ狂い!
メンテ依頼後、ポンチョと店内の楽器を見てまわる。欲しいー?

DSC02194.jpg DSCN1752_20140622134758826.jpg
(伊勢崎ダストボール) (今回のメンテG)

PM4:00
ヨンタナ、衝動買いを抑えて、ジョーのお店に向かう。
(ギブソンの中古レスポール!☆カッター!?)

DSC02044.jpg DSC02197.jpg

PM4:30
来週から忙しいライブ活動となる「ジョー★サントス」の面々。
そのライブに向け、リハーサルに熱が入る!!

DSC02198.jpg DSC02199.jpg
(コンガ:ポンチョ&ベース飯島・ピアノ内藤)

PM7:30
リハーサルも終了して、ぐったりのボーカルジョー!

DSC02195.jpg DSC02200.jpg

PM8:00
ミニライブスタート!今宵は、攻撃的なギターサウンドを!
SEのアームアップ・ダウンで弾きまくったヨンタナ。

DSC02202.jpg

PM9:00
なぜか若い人が来店!誰だろう?しきりに演奏を見ている。
「あのー!ヨンタナさんのブログ見て、ラテンを聞きに」

DSC02207.jpg

ウレシイね!わざわざ、お一人で来店、早速お話してみると
ドラマーの「トミーです」と自己紹介してくれた。若いのに礼儀
正しいね。ロックからジャズを経て、ラテンに転向とのこと。

すぐに仲良しになるポンチョ!なにやらスマホで情報交換!?

PM10:00
同じく礼儀正しい、ベーシストの井上氏もやってきたね。
「今日はロックバンドで演奏してきたので、遅くなりました!」

DSC02209.jpg

PM11:00
最後のステージを演奏するヨンタナ。ギターインスト曲から
イナセンチメンタルムードを、たっぷり気持ちを込めて!!
ギター弾き終わると「パチパチ!」予想外に拍手喝采。

DSC02203.jpg DSC02204.jpg

気持ちが伝わった瞬間!そこが大好きなヨンタナ。テクも無い
歌詞も無い、ヨンタナのギターですが、音だけで伝える!!
サポートのピアノもすばらしかった。

PM12:00
演奏も全て終了、でんすけ劇場へと場所移すが、満席状態。
急遽、居酒屋「いっちょう」へ。

DSC02210.jpg DSC02211.jpg

深夜まで、サントスの面々や仲間と「音楽談義」でした。
楽しい土曜日となって、とても満足なヨンタナ。
アディオスアミーゴ・アミーガ

4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!ペダルポイント&ロクリアン?(#2)

2014年6月22日(日曜日)
HOLA!

DSC02076.jpg DSC02209.jpg 
(ポンチョのコンガ&ベーシスト井上氏)

楽しく学ぶ!「ペダルポイント&ロクリアン」と題しての2回目です。

昨夜も、ベーシストの井上氏や毎回来店してくれる仲間との語らい!
音楽ってスバラシイ!・・・続けていてよかった。いつも実感するね。

DSC02205_20140622201000cc9.jpg DSC02206.jpg
(ボーカルのJOE&ポンチョ&トミー)

音楽って、いったいなんだろうね?知らない同士でも「音楽を通して」
すぐに友達になれる魔力がある。不思議な世界ですね。

DSC02170.jpg



さて、話し変わって、いつも探究心が旺盛な「ベーシスト井上氏」から
クエスチョン?の小話を ♪チョットだけよー♪(笑)

Q:「あのー?質問があるんですけど・・・・・有料じゃーない!?」(笑)
ロクリアンって、ダイアトニックで言えば、7度マイナー♭5と思います
けど、2度マイナー♭5でも使っていいんですか?」

A:「ずばりOKですね。なにごとも理屈には、基本とその応用があって
それで成り立っています。基本はガチガチ、応用は割とラフに考える!」

DSC02054.jpg

たとえば、ペダルポイントをヒントに、別の使い方に生かすミタイナ
部分が応用ですね。臨機応変とか、フレキシブルとか、緩急自在
そんな言葉でも表現できるね。

コードが変化して進行していても、同じ音を弾き続けるペダルから
アドリブソロのキッカケを掴む!そんな活用なんかも応用(=知恵)
特にベーシストの場合、テンション系のニュアンスを感じ取る練習
にもなるよ。

ギタリストやピアニストと違って、テンション系コードに弱いところが
あるかも。たとえば、11th(イレブンス)!ベーシストならどんな風
に感じとるのかな・・・・・・・ウフフ???(この笑い!意味不明)


DSC02184.jpg

ロクリアンを覚えたら、別の使い方も模索してみる。そんな感じの
知恵や工夫が、ご自分の音楽を支えるねー。
昔の人は「押してだめなら引いてみな」を大事にしてたなー。(笑)


Dm7→G7と進行する一発モノ!基本は、ドリアン(Dm7)そして
ミクソリディアン(G7)と考えるけど、応用ではロクリアン・モードで
通してやっちゃう!そんなことも可能だね。

DSC02214.jpg

難解なソロ取る勉強よりも、単純化した音階を上手く使って
演奏中余分なところに気を使わない!もっとも大事な音楽
してるって感じとることが・・・楽器奏者も唄わなくてはねー。

・・・と井上氏のQから、また1つ学んだヨンタナです。感謝!

Qと言えば、映画の鑑定士Qを観たいな。ダビンチコードの
日本版そんな感じかなー?(脱線!スンマソン)


それでは、アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!”アンサンブル”リハーサルと練習の違いって?(#1)

2014年7月1日(火曜日)
HOLA!

今年も早いもので、もう7月ですね。3月決算の会社なら4~6月の
3ヶ月業績が「夏のボーナス」にも反映されるねー。
一方、事務所に所属してないバンドマンなら、ボーナスなんてないよー!!

DSC02392.jpg
(ヒジョーニ厳しいー!なのだ)


さて、今回もバンドアンサンブルのカテゴリーからやってみるね。

DSC02310.jpg
(ライブハウス:エスカフェ)

先週、赤城山の麓にあるエスカフェで、ライブを敢行したサントス。
当然ながら、本番前のリハーサル時間を組み込んでいたね。

DSC02323.jpg
(清水氏のギブソン335)

このリハーサルの目的が曖昧で、練習なのかリハなのか!?
いつも、その区別が明確になってないサントスです。(笑)
俺も何年バンドやってるんだろうかねー。(スンマソン!ハイ)

DSC02319.jpg
(仕込中のポンチョ)

零細バンドだと、リーダーもプレーヤー
会社で言えばプレイングマネージャー(課長級)ミタイナ感じ!
つい、練習しなくては不安!そんな気持ちがよぎる。

本来なら「リーハーサル」って、アンサンブルの最終チェックが
目的ですが、
普段の練習不足からか、うっかりすると曲の練習!
アンサンブルのチェックをしないで、練習・練習・・・そんな感じ。

DSC02314.jpg

ここで、全体をまとめるリーダーの資質や経験が、アンサンブル
を左右
するね。ついプレーヤーとしての顔が出て、一緒に練習
してしまうヨンタナ!・・・ヤバイ・ヤバイ!

♪違う!違う!そうじゃな~い!♪
鈴木雅之さんのウタにもあるよねー(笑)


リハーサルでのリーダーの役割は、本番で最適なバンドサウンド
を出させることが主目的。
そのためには、客席側から客目線でチェックすることだね。

DSC02416.jpg
(そのとおりだニャー)

アンサンブルの基盤である「ベース」をしっかりチェックすること!
音質・音量など、最適なベースサウンドを決定するのが最初。
ヨンタナ、ここがかなり甘いなー!反省!なのだ。
※ベーシストの方も、ここら辺充分ご理解下さいね。


ベース音が決定できれば、あとは音響との兼ね合いが重要だ。
料理と同じで、各素材を生かしてのバランスを取ることだね。


・・・・と今回のアンサンブルについて、実は清水氏から学んだ事
でして、また1つ勉強になったね。感謝!感謝!ありがとサン(笑)

DSC02345.jpg
(クリエイティブな清水氏)

音楽、年十年やっても「知らないことがイッパイ!」
謙虚さや素直さを忘れないで、前向きに行きたいと思うヨンタナ。


じゃーまたね。アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!スケールやモードで混乱中!(#3)

2014年7月10日(木曜日)
HOLA!

DSC00678.jpg
(ベーシスト飯島氏とジミー)

じゃーん!久しぶりにジミーちゃんの登場です。

今日、ジミーちゃんより沢山のコメントメール来ていてビックリ!
しばらく某施設に収監されていたそうで(笑)、ブログを見る事
ができなかったらしいね。

今月から自宅へ戻っての療養になって、ヨンタナへのコメント
笑える内容で、送ってくれた。とてもウレシイね。カンバック!


さて、ヨンタナ、昨日(7/9)は仕事で、神奈川相模原に行った。
圏央道の高尾ICから先が、先月末から開通したので相模原
愛川IC
まで足を伸ばして、相模原市内まで。

DSC02586.jpg
(雨が降っていた相模原市内)


早々に仕事を片付けて、帰路も相模原愛川ICから入った。
はじめてのICなので、イキナリの案内表示板に!?
左が東京、右が新宿・甲府と表示!反射的に東京方面を
選択・・・・ヤバイ!反対方向だったのですね。


まーいいか!ポジティブなヨンタナです。次の厚木PAにでも
寄ろうかな。

DSC02588.jpg DSC02590.jpg
(厚木パーキング)   (ゴージャスな男子トイレ)

小さなパーキングエリアでしたが、トイレに入って驚き!
豪華なホテル並みの内装。

DSC02591.jpg DSC02592.jpg
(モニターやシャンデリア)(店内のB1グルメ店)

DSC02593.jpg DSC02595.jpg


せっかく寄ったのだから、手土産、なんかないのかなー?
厚木PAオリジナル黒糖まんじゅう!でも買ってみよう。

DSC02608.jpg DSC02602.jpg
(すごくカワイイ大きさの饅頭!美味しい)

・・・・と、またまた前段がナガークなってスンマソン。


それでは、楽しく学ぶ!新シリーズ3回目をやりますね。

DSC02603.jpg
(基本のCメジャースケール)


前回、楽器奏者の場合「音で会話(話し)する事が大事」と
言いましたね。

普段、我々も自然に言葉(フレーズ)を繋いで、仲間達との
話をしますよね。誰でも、ごく自然にね。
ここはドリアンでとか、ここからミクソなんて理屈考えずに
お互いに話ができますね。

DSC02607.jpg

そうなんです。音楽でもまったく同じで、言葉(単語や熟語)
を覚えれば、とりあえず会話ができるんです。
「はい!」「おはよう!」「こんにちは!」「ありがとう!」・・・・

短い単語やフレーズを並べただけで、相手に伝えることが
可能なんですね。そこから、徐々にステップアップしながら
アドリブソロに進めばいいんですよ。(あせらずに!)


DSC02609.jpg
(シドレー!の基本フレーズ)

英単語もアルファベットのA~Zを組み合わせて、YES!
同様に、ドレミファソラシドの音階から、シドレー!みたいに
フレーズを考えればイイわけなんです。

このフレーズ1つでも、バックのコードが変わるとニュアンス
が大きく異なり、言葉の意味も同時に変化するのが音楽!

たとえば、バックのコードがCでなく、Dm7になると・・・・・・

DSC02610.jpg

さらに、バックのコードを変化させてゆくと・・・・・・

DSC02612.jpg DSC02614.jpg

DSC02613.jpg


フレーズのニュアンスが、どんどん変わって聴こえるねー!
リズム譜も変化させて、休符を入れたり8分音符にすれば、
さらにニュアンスが変わって聴こえる。

会話でも、地域によって言葉のイントネーションが違うよね。
音楽でも、譜割りを変えれば「群馬弁!」だんべー(笑)
なったり、「東北弁」「九州弁」なんてことにも。

DSC02589_20140710212508d14.jpg
(厚木パーキング)


つまり、難しいスケールを覚える前に、すべきことがある。
誰にでもカンタンに作れて、音の会話ができるフレーズ!
イロイロと工夫しながら作ると、それだけで楽しくなるよ。

DSC02600.jpg
(狭山パーキング)

ぜひ!一度トライしてみては!!
では、今回はここまででオシマイ。

アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!アドリブソロへの道(基本フレーズ)#2

2014年7月13日(日曜日)
HOLA!

ギタリストやベーシストにとっての関門が「アドリブソロ!」
ヨンタナ自信も、日々、ゴキゲンなソロ出来ることが夢です。

でも、なかなか満足のいくアドリブソロを弾くことは、至難!
そんなレベルのヨンタナだけど、今やってることが参考に
なればウレシイですね。

DSC02535.jpg

そんな想いを抱きながら、アドリブソロへの険しい道のり
「ホップ・ステップ・ジャンプ!」で楽しく乗り切れたらね。

なるべくわかりやすい解説!・・・そんなコメントも頂いて
ますので、出来る限り、楽しくわかりやすい言葉でと思う。
(多少難解な言葉や抽象的な表現は、スンマソン!)

では、前回に続いて「基本フレーズ(モチーフ)」について
やってみるね。
(ダメ・ダメ!ダメよー!って言わないでね)爆笑!


DSC02603.jpg
(基本的なCの音階)

ドレミファソラシドと7つの音で成り立つ「Cのメジャー
スケール(音階)」、その組み合わせは、何万通りも!

この組合せをコントロール(使用)することは、ハードルが
高いかも知れませんね。時間的な余裕があったり、先生
について学ばれる方なら、それでもいいのですが・・・・・

仕事をしながら時間はないけど「少しでもアドリブソロやって
みたい」とか、「いまさら教室にも通えないなー」(お金と時間)
ヨンタナもまさに、その環境下にあって考えた方法でしたね。


DSC02619_20140713215151a93.jpg
(ドレミの基本フレーズ)

そこで、Cの音階から、3つの音を抜き出してコントロール
する方がカンタン!ド・レ・ミなら誰でも知ってるし、すぐに
弾けるようになる音。しかも重要な3度音を含んでいる。

とりあえず、ホップでは「1小節単位でのフレーズ(モチーフ)」
ステップ・ジャンプで「2小節単位、4小節単位のフレーズ」へと
発展させ、コードやコード進行も、その流れで覚える予定です。


では、「ドレミ」の基本モチーフについて・・・・・

これを数字に置き換えると、ドは1度・レは2度・ミは3度と
なります。そしてドとレの間隔(音程)は1音、同じように
レとミの音程も1音となっています。(詳しくは、教則等で)

DSC02638.jpg
(今日のポイント)

ギターやベースのフレット2個分が1音、1個分が半音と
なります。つまり「ドレミ」の3音フレーズは、前後も含め
半音が4個あります。(B・C#・D#・Fの音)

結論として、3音+4音=7音を生かして、基本モチーフを
発展させれば、イロイロなフレーズを作ることが可能です。


この7音のうち「シ・ド・レ・ミ・ファ」は、Cのスケール内ですが、
半音のC#とD#は、Cの音階には含まれない音ですね。
テンション名で言えば、「フラット9thとシャープ9th」です。

DSC02639.jpg
(参考フレーズ)

上の参考フレーズで言えば「レ→ミ」の間にあるD#の音が
#9thになるわけですが、通常「経過音」とか「クロマチック」
「アプローチノーツ」などと呼ばれます。

わかりやすく言えば「ドレミ」の前後の音を、上手く生かす為の
方法で、とてもカンタンにコントロールできるやり方です。
工夫次第で、すぐにでもカッコイイ!フレーズになるね。

あまり理屈を深く考えずに、音に出してみれば「なんだー!」
「チョーカンタンだねー!」となるハズです。トライしてね。


じゃー今回は、ここまでとします。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR