FC2ブログ
コンテントヘッダー

久しぶりに、ベーシスト井上氏と音楽談義!?(ヨンタナ雑談)

2014年6月1日(日曜日)
HOLA!

DSC01809.jpg

♪♪サマー ターイム♪♪ ジョー☆サントスの18番を口ずさんで
しまいそうな暑さ!?35℃、半端ないほどアチチ!アチチ!(笑)

さて、昨夜は、サントス恒例の土曜ミニライブ!(at JOEのお店)

DSC01166.jpg

PM5:00
サントスのメンバーが集合!7時までの2時間がサントスのリハ
いつものように、ステージに機材をセットして、練習がスタート。

DSC01814.jpg DSC01815.jpg
(ヨンタナの新しいギタースタンドとアンプたち!)

メインボーカルのジョーが遅れるため、なんちゃってサントス(笑)
トリオでの練習でしたね。コンガのポンチョとベーシストの飯島氏
それにヨンタナ。Dm7-G7の一発もので、アドリブの練習!?

DSC01810.jpg DSC00750_20140527161944288.jpg

PM6:00
やっとジョーが到着、忙しかったのか、カウンターで一休みして
から練習に加わり、なんちゃってが、これでいつものサントスに。

DSC01811.jpg

PM7:00
お店がオープン!サントスメンバーは、賄いのソースやきそば
食べながらの井戸端会議で、あーじゃない・こーじゃない!!(笑)

飯島氏:「最近、ベーシストの井上ちゃん、遊びに来ないねー。」
ヨンタナ:「一応、メール入れておいたけどね。忙しいかも・・・・?」

そんなウワサ話を、しているところへ・・・・・・
どーも!ご無沙汰してまーす。」と井上氏が遊びに来てくれた。

DSC01812.jpg

音楽大好き人間の井上氏、早速クエスチョンタイムとなったよ。
ヨンタナ:「授業料高いよー!タダじゃーない!?」なんてね(笑)

DSC01754.jpg DSC01755.jpg
(サントス所有のコンパクトミキサー)

井上氏:「今ラテンベースの教則本を、少しだけ始めたんですー。」
ヨンタナ:「イイねイイね!やっとラテン菌に感染したね(笑)」
井上氏:「それで質問があるんですけど、聞いてもいいですか?」

ヨンタナ:「わかる事ならいいけど、ムズカシイ内容は有料!(笑)」
井上氏:「Am-Dm-Am-G、ってコード進行してて、3小節目の所
でベースラインが、F#・E・C・Dと下がっている。ここが?です。」

DSC01736.jpg DSC01737.jpg
(マッキーのミキサー)

ヨンタナ:「さすが井上ちゃん!千葉のジミーチャンと同じ位熱心!」
「お二人とも、真正面から音楽に取り組んでいるね。そういうところ
良く似ているしー、波長が合うわけだねー。」

HIMG0249.jpg
(どうしてるのかなー?ジミー)

PM12:00
サントスのミニライブもオワリで、場所を「でんすけ劇場!」へと移す。

DSCN0984_2014060120471259b.jpg DSC01817.jpg

ポンチョ:「いつものアレだよ、麦ジュース!?(笑)お願いします。」
井上氏:「お疲れ様です。カンパーイ!」てな感じで始まりー始まりー。

皆で大好きな酒飲みながら、串焼き喰いながら、外が明るくなる迄。
音楽談義がずーと!・・・・


※さて、井上氏からのクエスチョン内容ですが、ヨンタナ思うには、
アプローチノーツ」の事ではないかと推測しますね。

小節ごとのつなぎ目をスムースにするため、次のコードへの
「アプローチノーツ(キッカケの音)」、前の小節から次の小節へ
アプローチする音ではないかな?参考に説明しておきますね。

DSC01818.jpg DSC01819.jpg

ベースラインを考える場合やアドリブでの活用等、イロイロと
便利な方法論ではないかと、ヨンタナ思います。ポイントは、
次のコードの「どの構成音にアプローチ(解決)するか」ですね。

上の例では、それぞれルート(根音)に解決する「アプローチ」
その他に、3度に解決させることや5度などがあります。

少しは、参考になったでしょうか?ベースはライン構成が基本
色々なキーでトライしたり、上行ライン・下行ライン等、工夫で
意外にもカンタンにできるし、その上実用範囲も広いのでは!


勿論、ギタリストにも、とても有効手段の1つですね。ジミー
見てるー!?
(笑)見てたらコメントくださいね。なんちゃって。

DSC00678_20140601211859338.jpg


では、これで音楽談義オシマイ!次回また、アディオス!!
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

サントスミニライブ風景&久しぶりの音楽談義!(with ベーシスト井上氏)

2014年6月15日(日曜日)
HOLA!

DSC02041.jpg DSC02045.jpg

昨夜は、ジョーのお店でいつもの”サントス土曜ミニライブ!”
午後5時からポンチョ膳さん(コンガリスト)と二人きりで練習。

DSC02052.jpg DSC02050.jpg

BOSS/BR-800に打ち込んである「バッキングシステム」
を使って、ギターインスト曲を練習。お互い自宅では大きな音
を出しての練習は、なかなかできないので実戦的な練習可!


DSC02054.jpg DSC02055.jpg

今日のヨンタナ使用ギターは、ストラトキャスターG-5、それに
クライベイビーのワウを接続して、ワイルドなサウンドでトライ!

一方、ポンチョさんは、コンガを3本に増やして、複雑なリズムを
刻む練習に取り組んでいたね。

DSC02076.jpg DSC02071.jpg


PM9:00
1回目のステージ、いつもより遅めにスタート。最初の曲は、
ボサノバの名曲「イパネマの娘♪♪」(KEY=F)、ジョーのウタ
1コーラス、ヨンタナのギターソロ1コーラス、そしてジョーのウタ。


PM10:00
ヨンタナ、ギターをオベーションのアコギに持ち替えて、2回目出航。
ラテンの名曲「サボールアミ」(KEY=A♭)を、ボレロチャチャで!

DSC02066.jpg DSC02067.jpg
(ジョー所有のアコギ&チャチャに欠かせないカウベル)


2回目のステージが終わると、ベーシストの井上氏がやってきたよ。
「ジャコ・パストリアスの音源持ってきました。」「ありがとサントス!」
ジャコの酒バラ聴いてみたかったヨンタナのために。感謝!感謝!

DSC02074.jpg
(なぜかケーキ!?)

PM11:00
最終ステージ!久しぶりにサンタナ曲「ブラックマジックウーマン」を
演奏する。メキシコライブバージョンでのアレンジで。ライブ終了した。


PM12:00
いよいよ、でんすけ劇場へ場所を移して、井上氏との音楽談義!?

DSC01881.jpg


井上氏:「最近は、酒とバラの日々に集中して、ベースライン研究」
ヨンタナ:「相変わらず研究熱心だねー。音楽が好きなんだね。」


井上氏:「話し変わりますが、千葉の芝野さんどうしてますか?」
ヨンタナ:「そう言えば、最近連絡がないよ。少し心配ですが・・・」


井上氏:「ヨンタナさんが書いてくれた、酒バラの譜面、コード進行が
結構美味しいです!
その上、ヨンタナさん製作のマイナスワン音源
もいただいていますので、しっかりベースを練習してます。」

DSC01984.jpg
(花を見てキレイ!・・感受性も音楽家には必須)

ヨンタナ:「そう言ってくれると、とてもウレシイですよ。」

井上氏:「ベース奏者ってギタリストと違って、コードの事が苦手!」
「問題は、そこなんです。コード名の1・3・5度は、図形イメージでも
そこそこ弾けるですけど、どんな曲も同じ音になっちゃって!?」

ヨンタナ:「わかる気がするね。曲やコード進行が違うのに、使う音
が同じミタイナ。
つまり、リズムだけ違うパターン奏法」

DSC01983.jpg


井上氏:「最近は、コードの構成音やコード進行のことを、キチンと
学ばないと、ベースの弾き方が、発展しないことに気づきました。」
「そこで、高音弦を中心に、ベースでのコード弾きを取り入れて・・」

ヨンタナ:「その方法、イイです。最近のベーシストは、コード鳴らす
ことが多いですね。
どんどんギターに近づいている気がするよ。」


井上氏:「そうそう!上手いベーシストは、みんなコードも弾ける。」
「ベースだから弾けない!それって違いますね。弾けるんです。」
練習すれば、誰だって弾けるんです。そうすれば、イロイロな事
見えてくるんです。」

DSC01970.jpg
(その通り!じゃ)笑!

・・・と熱く語ってくれた「井上氏」、どこまでも前向きに考える人!
このポジティブな考え方が、いつかキット満足するベースを奏でる
でしょうね。

因みに、今週放映中の114回目の全米オープン(ゴルフ)で、たいへん
好成績を残してる松山プロ!ものすごい練習量らしいね。
上手い人ほど練習量が多い。これってどの世界でも共通な原理原則!

音楽家って意外に体育会系!だと思うヨンタナです。スポーツと似てて
反射神経やフィーリングが一番。この辺勘違いしてる人、多いんだな!
それに、スポーツ選手って記憶力や数字にも強いよ。(似てるねー!)

DSC01969.jpg
(そうなんじゃ!)

なにごとも、「生きてる限り、ポジティブに努力する!」これに尽きるね。
その姿勢ってとても魅力的だし、上手い下手ミタイナ次元を超えてる。

・・・・と井上氏との語らいから、また1つ学ぶことができたヨンタナです。
今日は、これでオシマイとします。

DSC01805_201406152249097af.jpg
(まさに目からウロコ!)

アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

※下の「拍手アイコン」ポチポチ!よろしくねー!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

リー・リトナーのFLY BY NIGHT!をラテンアレンジだ!(音楽雑談)

2014年9月26日(金曜日)
HOLA!

DSC04317.jpg DSC04322.jpg

◇秋晴れの良い日だったけど、急に空模様!曇り空に変わってきた。
少し遅いヒルメシ食べてから、いつものギター練習とバッキング作成。
今日のギターは、アリアプロのアニバーサリーシリーズで!

DSC04335.jpg DSC04334.jpg DSC04326.jpg

◇このギター、レスポールの約半分のボディ板厚なんで、とても軽量。
そこが気に入ってる大きな理由です。それと、ピックアップがセイモア
ダンカン?・・・・でなくて「デザイン!?」のゼブラハムタイプも好きだ。


◇そんなアリアプロのギターで、1977年の作品「フライ・バイ・ナイト」
練習することにしました。この曲は、ご存知リー・リトナーさんの名曲だ。
1952年 カリフォルにゃん!(笑)ハリウッドのお生まれ。

DSC04320.jpg DSC04278.jpg
(当時のリトナー/アフロヘアーだい!・・ニャンニャンもアフロにしたい?)


FLY BY NIGHT!元々の意味「無責任とか信用できない」なんて
ことだけど、直訳すれば「ギターで今宵ぶっ飛ぶぞー!」(笑)・・かもね。
リトナー、25歳位の作品だから、そんな感じの方がピント来るね。


◇その当時のレコードレーベル”ワーナーさん”の売れっ子のお二人が、
リトナーさんとラリー・カールトンさん、クロスオーバー・ギタリストなんて
呼んでた時代ですね。・・・古いっ!(最近では、フュージョン・ギタリスト)

DSC04321.jpg
(仲がよさそうなお二人)


◇さて、この曲をどう料理したものか?思案のシドロモドロ!?(笑)
・・・・・・しどころですね。サントスの演奏だから、然ラテンリズムで
アレンジしなくてはと。

DSC04342.jpg DSC04303.jpg


◇イントロの2小節、イキナリの4分音符でホールトーン分数コード!
オンベースがC・D・E・F#・G#・A#・B・Cとヤッテ、キーのDmへ。
アナログ録音なら、とても面倒なところが、音楽ソフトならカンタンだ!
(※インツーでアレンジなんで、4小節を2小節に圧縮してるよ。)


◇ワープロみたいに、PCキーボードから、文字を入力する感じなんだ。
このソフトなら、1小節に4個までならコードを書けるんだ。(便利!)
コピーペーストも活用すれば、1曲20分程度で打ち込み完了だ。


DSC04330.jpg DSC04341.jpg DSC04332.jpg
(アリアのアニバーサリー/白の樹脂製のチューナー)


◇とりあえず、コード入力は完了した。いよいよ、自動伴奏スタイル
どれにしようかな?うーん!TEMPO=110くらいの16ビートが原曲、
「3番?でなくサンバなら?」(笑)どうもイメージが違うなー!


◇この音楽ソフトは、コードさえ入力できてれば、イロイロな自動伴奏
のスタイル名を選ぶだけの、イージーオペレーションなのがGOOD!
今回は、ラテンアレンジなんで、数少ない「ピアノモンツーノ」リズムで。


◇次に、ピアノソロの入れ場所を?・・・・この曲サビから転調の連続
なんで、ヨンタナにはヒジョーニキビシイ!(笑)エヘ!
ここんところは、PCにソロやらせちゃおうよ!と、カンタンに発想可。

DSC04283_2014092617410389b.jpg DSC04284.jpg

◇このソフトの「ソリスト機能」は、とても便利だ。有名なプレヤーの
ソロが収録されていて、~風みたいにアドリブをやってくれるんだよ。
ただ、音源が古いせいか、管楽器やギターの音は、イマイチ!(笑)


◇結局のところ、ラテンの曲に使える音源は「ピアノ&ビブラフォン」
あたりかなー。後は、アドリブする小節を「カスタム」ボタンをクリック
して設定。気に入らないソロなら、何回でもやり直しで変更も。

DSC04238_2014092517001431e.jpg


◇そんなこんなで、ラテンバージョンの「フライバイナイト」が完成した。
ラテン特有のウラベースもしっかり自動伴奏したり、ピアノモンツーノ
もゴキゲンだ。圧巻は、倍速のアコピソロですね。・・・明日が楽しみ。


DSC03879.jpg DSC03880.jpg
(明日リハ本番/伊勢崎市のPUB JOEのお店)


・・・・と、明日のリハ&本番ミニライブに向けて、5~6曲が打ち込み
完了したのでした。じゃー!これから、夕飯外食するニャン、またね。


アディオスアミーゴ・アミーガ 4649ね!



このページのトップへ
コンテントヘッダー

ベースのトラ・トラ・トラ!塩島氏との語らい(ジョーの店で)

2015-3-22(日曜日)
HOLA!

DSC07857_201503220213429f5.jpg DSC08709.jpg DSC08711.jpg


◇今日も午前様!のヨンタナで~す。伊勢崎ジョーの店でのラストステージは、
深夜遅くまで盛り上がって、超過勤務!?でしたね。(笑)久しぶりにノッテ!
泣きのギター炸裂だったよ。ラテン音楽は、お客様のダンスに触発されるんだ。




◇ベーシストの飯島氏が体調不良でお休み、先週に引き続きトラ!をお願い
した塩島氏が、”ヤマハのギター&シンセ音源!”を引っ提げて参戦で~す。
ギターでベースサウンド?・・・う~ん!新しい切り口に驚きのヨンタナ。



DSC08707.jpg DSC08705.jpg DSC08710.jpg



◇ヨンタナ興味津々で、トラトラの塩島氏に質問をぶつけてみました。ハイ!
以下Q&A方式で・・・


DSC08232.jpg DSC07106_20150315033541174.jpg DSC08709.jpg



ヨンタナ:「フツーのベースギターをどうして弾かないんですか?」
塩島氏:「ここのところ、指の具合が良くないんで、ギターで弾こうってことに」



ヨンタナ:「それは知りませんでしたね。失礼!・・しかし、通常ならベースの
      トラを断りますよね。」
塩島氏:「そうですよね。でも、それを逆手にとって考えていたら、シンセを
      活用することがアイデアに」



ヨンタナ:「ネガティブをポジティブに発想の転換ですね。それ、いいですよ。
      逆境を生かした工夫って、意外にむずかしんですけどね。」
塩島氏:「せっかくギターも弾けるから、あとはベース音源だけチョイスして
      やってみる価値はあるのかな~?そんな感じですか」




◇いやー!おどろきですね。シンセのベースモデリングをギターで出音とは。
実際に演奏してみて、まったく違和感ありませんでした。むしろ、新しい奏法
とても新鮮!に感じたヨンタナでしたね。感謝!感謝!


DSC08712.jpg ひつじ&ギター


・・・とても奥が深そうな塩島氏!いろいろなハナシをしたわけですが、その
続きは今後の記事の中で取り上げてみます。もうすぐ朝になっちゃうので(笑)
これで失礼させていただきます。アディオス 4649ね!



このページのトップへ
コンテントヘッダー

エレキギターが弾ける幸せって!?(ヨンタナのモスキート変?)

2015-4-5(日曜日)
HOLA!

DSC09558.jpg DSC09555.jpg


◇昨夜は、高齢の?サントスミニライブ!(笑)良き仲間のベーシスト飯島氏が
復帰までもう少しとのメール、その留守をしっかりとサポートしてくれる、新しい
仲間のギタリスト兼ベーシスト”ジャコ・塩島氏!”・・日本列島・島コンビ?(笑)


DSC09545.jpg DSC09550.jpg
DSC08892.jpg DSC09548_20150405170330e34.jpg



◇夕方5時から、ジャコとヨンタナの二人でレパートリーの練習!ギターで
ベースの音源を鳴らしながら、小気味良いグルーブを醸し出す新しい奏法。
JOE☆SANTOSの新しい方向性が、ヨンタナの脳裏に見え隠れするね。





◇ジャコの加入によって、ツインギターやシンセギターによる音作りの幅が
広がりそうで、ヨンタナには、今後サントスの新展開が待ち遠しいな~!
これからのコンボは、マルチプレーヤーがスタンダードになる予感だ!?


DSC04523_20150405171925748.jpg DSC04519_20150405171924908.jpg DSC04511_20150405172014144.jpg



◇約3時間の練習も冷や汗!でオワリ(笑)、コーヒーブレイクにスタバへと。
昨夜はちょっと肌寒い気候なので、屋外テラスでなくて室内でと思い・・・


・ヨンタナ:「ジャコちゃん!前回飲んでいた”ナントカ・モスキートって?”」

・ジャコ氏:「えーっと!あれ~!名前思い出せないですけど・・・」




◇スタバの男性店員さんの前で、”痴呆症の二人コント!”(爆笑)でしたよ。
それにしても、スタバのオーダーはムズカシイな~!年寄りのヨンタナには、
チンプンカンプン?(死語です。ハイ!)・・・正解は、マキアートでした。

じいさんイラスト DSC09547.jpg
(キャラメルマキアートって言うんだそうだの~!・・・笑)



◇スタバでバカ言って楽しんだヨンタナ&ジャコ(笑)、その後お店に戻り
本番ステージに臨んだよ。ヨンタナのギターは、エドワーズのレスポールで。
やや重量軽めのレモン?・・レスポール!サスティーンが効いて艶のある音。


DSC09509.jpg DSC09548_20150405170330e34.jpg


◇ネックのコンディションはベストで、とても弾きやすい。賛否両論ある
評価のエドワーズLPだけど、10万前後の廉価版としては”GOOD!
本家ギブソンとはテイストが少し違うけど、それなりに楽しめるギター。


DSC09551.jpg




・・・と、ライブ終了後は、いつものでんすけ劇場へと場所を移し、飲食
をしながらの音楽談義が深夜まで。ジョーやジャコとの”珍珍やりとり”は、
また後日やってみたいね。じゃー!アディオス アミーゴ


ぐんまちゃん 3
(ヨロシクね!)


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR