FC2ブログ
コンテントヘッダー

ライブ本番に強くなる!メンタル強化方法!(基本編2)

2014年4月29日(火曜日)
HOLA!

DSC01296.jpg DSC01298.jpg

ヨンタナ、今日の練習セットです。
レスポールにBOSS ME-20とフェンダーデラリバ!
なんとなく、ME-20使って練習しようミタイナ。

天候もあまり良くなく、そろそろレイニーデー!模様に
なりそうなので、自宅練習に決定!!

さて、テーマは、メンタル面強化方法の2回目です。

またまた、男子ゴルフで45歳の藤田プロ、つるや
オープンで優勝!45歳ですよ。あと5年でシニア!
すごいですね。何で勝てるのかなー?

DSC01300.jpg DSC01305.jpg

優勝インタビューで「優勝するとは、思わなかった!」
経験と技術の裏打ちがある、余裕の言葉ですね。
一騎打ちのプレイオフ1回戦で、勝ち抜くメンタルの
強さ!半端ないね。

昨年は、調子が出ず不本意な成績でしたが、今年は
しっかりシーズンオフに調整。ここがすごいね。
バンドマンでも、これと同じことが言える。オフの時に
どんだけ練習積めるかだね。

当たり前だけど、バンド練習には、個人でする練習と
バンド単位でする集合練習があるね。両方とも大事
ですが、その練習方法がチャントしてるかどうか?

DSC01308.jpg DSC01306.jpg

そこがメンタル面と直結してると思うヨンタナですね。
これもゴルフと似ていて、練習場では何回も打てる!
という安心感があって、そこそこイイスイングできる。

でも、いざ本番となるとミスショット連発!なんてことも
しばしばある。バンドでも、リハーサルはイイ感じ!!
本番では、グチャグチャな演奏になって、反省!(笑)

DSC01297.jpg DSC01307.jpg

実は、練習と本番では「条件が大きく異なる!」ことに
気づいていないことが要因。ゴルフの場合、本番では
自然との戦い+まわるメンバーに、メンタル左右される。

ライブでも、会場や客層などが、すごーく影響するね。
この部分を想定した、実戦的な練習方法を取り入れ
ないと、風任せー!運任せー!の結果になる。

キツイ言葉で言えば「練習があまーいね!」ナンテ。
じゃー!どうすれば実戦的な練習方法ができる?
・・・・・うーん?一言で表すのは、とてもキビシイ!

バンド形態やジャンル・自宅の環境・練習時間など
様々な条件が加味されるので、近道はないね。
ただし、一般論ならある程度、言えるかもね。
この辺の続きは、次回に予定しますね。

話し変わって、今日のME-20の使い方ですが、
ME-20のマスターボリュームを絞り、アンプの
デラリバ側ボリュームを上げたところ、真空管の
いいところが、すこし改善したね。

DSC01300.jpg DSC01297.jpg
(かなりMV下げて、アンプ側を少し大きめ)

まー!常識にとらわれず、非常識が正解なんて
こともあるので、常にフレキシブルに考えることも、
メンタル面の強化になるね。
押してだめなら引いてみな!笑)

では、次回またお会いしましょうね。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ライブ本番に強くなる!! メンタル強化方法(基本編3)

2014年5月4日(日曜日)
HOLA!

昨夜もサントスミニライブ!!
ライブにおける、メンタル面が安定した演奏って
なかなか出来ないのがフツーですね。

HIMG0193.jpg RIMG0030.jpg
(練習用コンボ:メサ22W)(ブレードテレ&ストラトG5)

ライブ本番に強くなる!メンタル面強化の3回目。
前回では、実戦に対応した練習が、メンタル強化
に必要との思いをアップさせていただいた。

ライブ本番における、メンタル面安定への大きな
ファクターのひとつが「自分が思うような音!」を
出せることではないでしょうか?

DSCN1752_2014050420212286c.jpg HIMG0243.jpg
(ジャパンのストラト)(メサ 50W)

自分が好きな音や自分が求めてる音等、つまり
気持ちイイ!」と思うサウンドが、いつもどこでも
再現できれば、本番でも気持ちが乗りますね

DSC01203.jpg

ジャー!どうすればイイ音出せる?その練習は
どんな風に進めれば?・・・・・・近道はないけど
努力さえすれば、誰でも近づくことは可能!!

ヨンタナ流で言えば、楽器に深く精通することが
エントランスになるね。たとえば、美味しい料理
を作るコックさんは、包丁の切れ味にとても深い!

ミュージシャンもこれと同じことが言えて、自分を
表現する道具が楽器
。表現するツールですから
楽器について、色々な知恵(知識でない)を持つ
ことが不可欠だね。

HIMG0250.jpg

一般的に言って「あの人は上手い!」と呼ばれる
方々のサウンドは、必ずイイ音してるよね。
ハッキリ言って、そういう方々は、話しをしてみると
楽器に精通していることが多いね。

(*精通の注意する点:楽器コレクターや楽器マニア
 とは、やや意味合いが異なるよ。)

どんな風に音作れば「イイ音が鳴る!」ってことに
とても詳しいね。研究に余念がないと言うか、知恵
がたくさんあるよ。

DSC01149.jpg
(演奏を録画してる井上ちゃん)

結論から言えば「探究心が旺盛!」
昨日もベーシストの井上ちゃん、ヨンタナのリハを
真剣な眼差しで、ずーっと!見ていた。
井上ちゃん、探究心が旺盛な証拠ですね。

DSC01380.jpg RIMG0126.jpg

ヨンタナ、ベーシストではないけれど、サウンド作り
に対する知恵
は、ギターでアル程度あるつもり。
だから、リハであってもベースであっても、ツール
の使い方は、いつも工夫してるね。

今回のリハでは、フェンダー銀パネベースマンと
イバニーズ5弦ベースの組み合わせ。5弦ベース
ですが、ヨンタナ5弦を弾けない。(笑)
(井上ちゃんに笑われそう!ヤバイね。)

HIMG0212.jpg

そんな訳で、今回のリハでは、ギター用のEP
ブースターとグライコをかませたら?はたして
どんなベース音になるかな?ナンテ考えながら
セッティングして見た。結果オーライ!

ベースはそんなに上手くないけど、イイサウンド
で弾くと、気持ちいいことは確か。少しはウマク
聞こえたハズだね。ナンチャッテ(笑)

今回のメンタル面強化を、まとめると・・・・・

「現状には満足しないこと!」
「知恵を使って、いつも工夫する習慣を!」
「失敗を恐れず、結果オーライで!」


そして、どこまでも「自分を表現するための楽器」
であることを、忘れないでほしいね。
気持ちいいサウンド作りが、メンタル面を補強

次回は、そのサウンド作りの参考例を予定。
あれー!そんなこと書いていいのかなー?(笑)
結構たいへんかも。ナンチャッテ。

アヂオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ライブ本番に強くなる! メンタル強化方法(基本編4-1)

2014年5月6日(火曜日)
HOLA!

ゴールデンウイークも今日でFIN!
あっと過ぎ去る休日。

DSC01412.jpg DSC01413.jpg

しんちゃんやひまわりは、年取らなくてイイネ!

さて、今回テーマは「イイ音がメンタル面を補強!」の
続きを少し。イイ音出すための、サウンドメイク参考例
ですが、あくまでヨンタナの個人的なスタイル。参考に
なれば幸いです。

DSC01397.jpg DSC01395.jpg

イイ音・気持ちイイ音・ゴキゲンなサウンド・リッチな音
etc、演奏が上手く感じる大きなファクター!!
どんなミュージシャンも、イイ音で演奏したいと願う。

RIMG0011.jpg RIMG0069.jpg

そのサウンドつくりの基本構成が「ギターとギターアンプ
または「ベースとベースアンプ」の2つですね。当たり前な
ことですが、サウンドを左右する影響は、とても大きいね。

どちらも大切ですが、予算面から考えると、一般的には、
ギターに軸を置くことが多いと思います。
でも、チョット見方を変えて「オーディオ装置」を例に・・・・・

DSC01394.jpg DSC01392.jpg
(デノンのミニコンポ)  (デノンのAVアンプ)

基本オーディオのINPUT(CDまたはDVD)が一定だと
すれば、OUTPUT(再生するアンプの能力)によって
サウンドは大きく変わりますよね。(SPは除外してる)

小さな出力(5W位)のギターアンプとそこそこ出力の
あるアンプでは、音を再生する能力は違いますね。

たとえば、同じギターでもブラックスター5Wとブギー
のTA-30(30W)やフェンダーのデラリバ(22W)
クラスでは、全然レスポンスと音のつやが違うね。

HIMG0179_20140506193746eb9.jpg HIMG0215.jpg

ヨンタナが思うに、ギターはそこそこのレベルでも、
アンプがいいとサウンド面は、かなり改善される。

オーディオ装置と同じで、再生する能力が向上すると
レンジ(低域~高域)も広くなり、ギター本来の音を
鳴らすことが出来るね。

なお、フェンダーデラリバは、整流管を搭載している
ので、音質はさらに向上する。ただし、同じフェンダー
のブルースデラックス等には、整流管も搭載されて
ないし、リバーブも真空管ではないよ。(要注意!)

RIMG0105_20140506200337e95.jpg

結論:イイ音求めるなら、ギターアンプやベーアンの
チョイス研究することですね。もし予算面が許すなら
ある程度上位機種に変えることも、イイ音への投資。

今回は、基本的なサウンドつくりの要!ギターアンプ
に視点を置いて、メンタル面補強のイイ音でした。
(*ただし、PA装置は考慮してない環境です。)

では、これでオシマイとしますね。
次回(4-2)また、この辺をもう少し掘り下げてする予定。

アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ライブ本番に強くなる! メンタル面強化方法(基本編4-2)

2014年5月6日(火曜日)第2弾!
HOLA!

さっき、ギターアンプが命!って話し少ししましたね。
その訳は、ヨンタナ基本ビンボー人ですから、有名な
メーカー「カスタムショップ」のギター買えないんです。
実にトホホ!なんちゃって(笑)

HIMG0009_201405062054364b8.jpg RIMG0069_20140506205437947.jpg

最近のギターは、とても高額!!日本にはお金持ち
どんだけいるのかなー?ギブソンでもフェンダーでも
カスタムショップ製なら「500,000円~1,000,000円」!

とても手が届かないよー!世の中まだ不景気だしね。
ヨンタナ所有のギーター達も、廉価版モデル主体です。
でもね、自慢じゃないが「イイ音してるね!」って、少し
だけ言われるよ。

やはり、ギターアンプの影響大きい。ながーくギター
弾いていて、その辺の事がヒシヒシと感じてくるね。

HIMG0239_2014050620543764b.jpg HIMG0240_20140506205439e6e.jpg
(ミュージックマン65W)(ピービーデルタB 30W)

過去、何十台ギターアンプ変えたかワカンナイ!ほど。

懐かしのテスココンボから始まって、エーストーン!や
グヤトーンブラック5、ヤマハFシリーズ、ハモンドジャグ、
パールの珍品アンプも含めフェンダー銀パネツインと
マーシャル2段スタックまで。(あと忘れた!笑)

まー!ほとんどのギターアンプ!使ってみたと思う。
結果、真空管のアンプが好きで「イイ音」がする感じ。
現時点でも、バルブアンプのコンボをメインに。

HIMG0015.jpg HIMG0193.jpg
 (アンペグ 12W)    (メサブギー 20W)

それぞれ独特なサウンドキャラ!こんなにも違うのか?
と思えるほど、メーカーや機種によって異なるね。
その中から、自分の求めるサウンドをチョイスするって
けっこうムズカシイよねー。

ギターのように「色やデザイン」で衝動買え!ミタイナ
ワケには行かないかも。そこで、ヨンタナが経験から
少しチョイス参考を。

チョイス基本条件:バルブでコンボのみを紹介

(1)フェンダー系

HIMG0215.jpg RIMG0105_20140506200337e95.jpg

素直なサウンドを求めるなら、やはりフェンダー!!
ビンテージならいいけど、コンディションを考慮すれば
リイッシュの現行モデルがイイネ。ただし、モデルや
出力・SPによって、サウンドキャラ違うので注意。

(2)メサブギー系

HIMG0179_20140506193746eb9.jpg HIMG0193.jpg

メサ系は、モデルによって「かなりクセ」があるアンプ。
ハンドメイドの高級アンプが多いので、少し悩むかも。
それに、サウンドの幅があるので、ボリュームとトーン
のチューニングに多少神経使うね。

(3)その他

HIMG0240_20140506205439e6e.jpg HIMG0239_2014050620543764b.jpg

ピービーのデルタブルースは、38cmSPを搭載してて
珍しいタイプ。安くて音がでかいし、レンジもそこそこ
広いね。ジャズからブルース・ロックまでこなせるね。

なお、ビンテージアンプは、真空管がへたってたり、
ノイズが乗ってたり等、メンテナンスの覚悟必要!
ミュージックマン210HDなどは、サランネット交換や
リバーブのスプリング交換を施してあるよ。

・・・・・・とギターアンプ選び!とても大事です。
できるだけ、楽器店で試奏したり、カタログやHPを
見て比較やコメント感想を確認してね。
(注意:プロのアンプは、基本カスタマイズされて
いますので、同じサウンドでないかも!)

いいサウンドが、ライブでのメンタル面を補強!!
今回は、ここまででオシマイ!

アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ライブ本番に強くなる! メンタル面強化方法(基本編5)

2014年5月7日(水曜日)
HOLA!

DSC00960_20140507214111a95.jpg 
(寄居サービスエリア)

ヨンタナ、今日は仕事で、いつもの神奈川県相模原市へ
北関東道-関越道-圏央道-八王子バイバス-16号経由
片道140km、ノンストップで約2時間の行程。疲れたー!

さて、ライブ本番に強くなる「メンタル面強化方法」5回目
前回は、イイ音を鳴らすギターアンプのチョイスでしたね。

RIMG0080_20140507214928406.jpg RIMG0081_201405072149296dd.jpg
(フェンダー:ホットロッド デラックスⅠ)

イイ音が鳴ると、ライブ本番では乗って楽しい演奏が!
逆に変な音がする時は、気になって気持ちがワルイ。
アンプのセッティングいつもと同じなのに、なぜなの?

そんな時は、ギターのシールドを疑う必要があるね。
そんな訳で、今回はシールド周辺の話。

RIMG0117_20140507215848412.jpg RIMG0118_201405072158505a4.jpg

シールドの断線やプラグの不具合など、サウンドに
影響がある。特に、プラグの接触不良がある場合や
エフェクターへの接続部に問題がある場合は、その
影響が大きいね。

RIMG0119_201405072158505e4.jpg RIMG0121_20140507215852fd2.jpg

RIMG0024.jpg RIMG0096_20140507220809ad0.jpg

ヨンタナが組み込んだ幾つかの「エフェクターボックス
ビミョウにサウンドが違うね。その上シールドに問題が
あれば、サウンドは大きく変わってしまうね。 

ヨンタナ、高価なシールド使っていないので、その差が
比較できないけど、シールドが長くなればなるほど、
サウンドは劣化する。その対策として「EPブースター

これは、効果大!接続するだけで、イイ音が鳴るね
15,000円前後の出費で、ゴキゲンサウンド!なら安い。
クリーンよし!歪ませてもよし!の優れもの。

RIMG0021.jpg
(ヨンタナ苦手な組み込み)

どんな仕組みか知らないけれど、イイ音が鳴って気持ち
良く演奏できるなら、結果オーライ!ですね。
昔、ローランドのテープ式スペースエコーも、同じような
効果があった気がするね。(EPは、エコープレックス)

エレキギターだけでなく、Eベースやアコギでも効果が
あると思いますが?(アコギでは試してないけど)

結論:新品のシールドを、アンプ直でプラグインして、
元々のアンプ&ギターサウンドを確認をしようね。

では、今回はこれでオシマイとします。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR