FC2ブログ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!音楽の基本的なこと(#6)

2014年3月27日(木曜日)
HOLA!

DSC00819.jpg DSC00814.jpg

今日は、曇り空!イエローのスイセンも、なんとなく
グレーな感じかな。

さて、前回に引き続き、課題曲のラインアプローチ
を配信しますね。

前回は、ペダルポイントとその活用について少し
触れましたが、今回はベースライン構築の基本
をチョットだけQ&Aでやりますね。なるべく楽しく
覚えられるよう努力しますけど・・・・・

Q:「ペダルポイント奏法は、ある程度理解できた
   けど、そこからどのように発展すればイイ?」
A:「そうですね、白玉だけのペダルアプローチや
   単純なクロマティック音では、限界があるね」
Q:「もーチョット、かっこいいソロとかできれば、
   バンドでも目立つのかなー!なんて思うけど」
A:「その通りだね。でも、ベンチャーズ急がば回れ
   的な発想が必要だよ。」
Q:「エー!ベンチャーズですか?」
A:「いやいや!ことわざとして、いい演奏目指す
   なら回り道も大事だねー。」

まーどんな事にも通じていて、例えばゴルフスコア
100切りはある程度の練習でクリアーできますが、
パーの72は、とんでもなく難しいラインですね。
(勝手な話で恐縮ですけど)

バンドにも言えることで、ソロやアドリブが縦横無尽
に弾けるとは、パー72に匹敵する位のレベル!!
そんなカンタンに到達できる範囲ではないね。
もし、努力もしないでできるなら、それは天才かも?

まずは、100切りを目標にトライすることから始め、
徐々にレベルアップする方が、一般的に近道です。
ホップ・ステップ・ジャンプの要領で、面倒がらずに
継続的に実行する精神力が不可欠かなー!

・・・・と前置きがいつも長くなるヨンタナですね。

それでは、ペダル音をヒントにフレーズを考えて
みましょう。
説明手順は・・・・・
STEP1)ペダルの選択
STEP2)ソロへのアプローチ方法
STEP3)フレーズの分解音
STEP4)符割を考える
の4STEPで進めますね。

DSC00796.jpg DSC00797.jpg
(左:ト音譜/右:ヘ音譜)

STEP 1)ペダルポイント(key=F)

Q:「コードFの構成音は?」
A:「ファ・ラ・ドでしたね。」
Q:「それを度数で言ったら?」
A:「1度・3度・5度ですね。」

上の譜面(写真)は、Fの構成音ファラドをそれぞれ
ペダルにした時の3パターンになっています。
ルート音(ファ)をペダルにすると、2小節目以降は
テンションノーツになって、やや複雑な感じですね。

したがって、2番目のペダル音(ラ)か3番目を選択
となるが、Cm6を考えると2番目が最適かな。

Q:「2番目(ラ)を選択すると、2小節目の6thに
   なるので、いい感じですね。」
A:「その辺のチョイスするフィーリングが大切」

STEP2)ペダル音のアプローチ

DSC00798.jpg

Q:「ペダル音選択できましたが、次はどうするの?」
A:「ラインのアプローチを考えますね。」
Q:「どんな風に考えればいいのか?」
A:「2小節目のペダル音(ラ)に下がって解決させる」
Q:「オクターブ下にベースラインを考えることですか」
A:「そうですね、ベースの特徴である低音弦に下がり
   ぶっとい音で6th音を鳴らす・・・・・と仮定する」

ギターでもベースでも「上がったら下がる」「下がったら
上がる
」がラインの基本となります。レンジを広く取る
習慣を身につけておくと、表情表現や感情移入等が
スムーズになるからね。

STEP3)フレーズの組み立て

Q:「攻め方はわかりましたが、具体的にはどのように
   フレーズを作ったらいいのか?」
A:「まず、Fの音階(メジャースケール)の音を使い、
   オクターブ下までのラインを考えます。」
Q:「適当にFスケールを弾けばいいのですか?」
A:「それもアリですが、先ほどの上がったら下がる
   の考え方から、1小節内であっても波のように
   フレーズを組み立てた方が、フレーズ歌うよ。」

DSC00799.jpg

STEP4)最後に符割を考える

Q:「音はわかったけど、どんな符割で弾けばイイ?」
A:「8符音符を基本として、フレーズを組み立てるね」
Q:「そのほかに気をつける事、ありますか?」
A:「休符の位置が一番大事かなー!それには、プロ
   のフレーズや教則本の参考フレーズをパクル!
   その辺もとても大事なことですね。」
Q:「どうして、プロのフレーズをパクル?」
A:「プロのフレーズは、必ず歌っているからさ。」
Q:「フレーズが歌っていると、なんかいい事アル?」


・・・と会話が続きますが、この辺の続きは次回また。

今回で、ソロやアドリブをするための基本的な作業
理解できましたか?なかなか時間と根気の要ること
ですが、パー72を目指すプレーヤーならガンバ!

<チョットだけよ!MEMO>
BOSS ME-80試奏レポート

DSC00803.jpg DSC00808.jpg

条件:アンプ(フェンダーデラリバ)にME-80直結、
   アンプ音量2/トーンは全部フラットで

出音に関しては、フットペダル左側にある
OUT PUT LEVEL」の位置が大きく
関わっていますね。少なくとも5以上での
使用のほうが、絶対イイ音しますね。

それとペダルFXが、結構トリッキーな活用
期待できそうです。コード弾きも対応なので
色々とアイデアが浮かびそう!!

ただ、ワウを使うには、踏み幅が狭くチョット?
それと音質がイマイチに感じるけどね。
まー好みによるから、一概に言えないけど。

全体的には、好印象です。もっと時間かけて
使ってから詳細レポートさせてね。

では、これでオシマイとします。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!音楽の基本的なこと(#FIN)

2014年3月28日(金曜日)
HOLA!

DSC00815.jpg DSC00816.jpg

今日は、とても日差しがやわらか!春到来ですね。
ヨンタナもウキウキ!冬のナガーイ豚寝るから(笑)
抜け出したので、サントスも活発に活動する時期。

3月も残り少なくあと3~4日になったね。会社員や
学生さんもヨンタナも新たなスタートを切る節目。
サントスも新天地を目標に、仲間と楽しいバンドや
音楽活動ができるようにスタートしますよ。

いつも笑いでイッパイになる「ジョー☆サントス
を目指して、楽しい音楽ライフを満喫できればね。
ヨンタナも仲間もサイコーです。

さて、楽しく学ぶ!音楽の基本的なことシリーズⅠ
は、今回でひとまずFINとします。ブログファンでも
あり尊敬するプレーヤーでもある、タッキー(笑)こと
アルト奏者滝沢先生からも、ブログコメントいただき
とても感謝!ありがとサントスです。

今シリーズでは、いまだ修行中のヨンタナですが、
ギタリストから見たベースライン構築の基礎的な
記事を配信させていただきました。少しでもお役
に立てたなら幸いです。

DSC00802.jpg DSC00823.jpg

今回は、シーズンⅠのファイナルとしてのまとめを
少し書いてみます。あしからず。

今回のテーマは、楽しくと基本がキーワード!
だれでも一回しかない人生です。その大切な時間を
楽しく過ごすことが、ヨンタナの願いでもあります。

バンド仲間や家族と楽しく、笑いがイッパイな人生
送れたらサイコーですね。そのための音楽活動!
音楽を通じて、色々な楽しさ・笑いを経験すること
これがヨンタナ流音楽の基盤です。

ヨンタナが使用しているギーターも、決して高価な
ものでなく、むしろ廉価版の安いギーター達です。
なにが言いたいかというと、ギターそのものは、
あくまでヨンタナの伝達手段であり、楽しく演奏
することこそ目的だからです。

確かに高価な楽器は、垂涎の的であり経済面が
許す限り、ヨンタナも欲しーい!!ナンチャッテ。
でもね、楽器だけが全てではないよ。今お持ちの
楽器をしっかり使って、自分の気持ちをストレート
に伝えるワザ磨くことが大事かなー。
(楽器マニアやプロの方々は別ですが・・・・)

その上で、まとめとして基本的なアドバイス!!
(ヨンタナ自信にも言える事ですが・・・・・)

1)音楽をする目的・目標をしっかり持って、自分
  自信を見失わないこと 

2)ソロ活動かチーム活動するか明確にすること

3)音楽をエンジョイするために、基本的な努力
  を決して怠らないこと

・・・の3つかなー。それぞれ抽象的な言い回し
かもしれないけど、とても大切な考え方ですね。
ヨンタナ自信も、つい見失いかけた時は、この
原点に回帰して「リ・スタート!」しますね。

音楽を楽しくエンジョイしてこそ、限りアル大切な
時間が有意義になるね。それと付け加えるならば、
いつも「プラス思考や謙虚な気持ちで!!」
音楽に体当たりすることも、ヨンタナ流です。

年齢や経験差にこだわらず、こよなく音楽を
愛する気持ちを持ち続け、自分の気持ちや
伝えたいことを、仲間と共に楽しく創造して
くださいね。

では、これでシーズンⅠはオシマイ。
次回またシーズンⅡでお会いしましょう。

アディオスアミーゴ・アミーガ!
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!音楽の基本的なこと シーズンⅡ(#1)

2014年3月30日(日曜日)
HOLA!

DSC00825.jpg

楽しく学ぶ!の続編シーズンⅡを新たにスタート
します。前回は、ギタリストから見たベースライン
について、基本的なことを配信しましたね。

今回も、ギタリストやベーシストの方々に少しでも
参考になればと思い、ヨンタナのながーい!バンド
経験と人生経験からのアドバイス等を、いつもの
Q&A形式で、なるべく楽しくやりたいと思います。
(とても恐れ多いいことですが!!)

DSC00766.jpg
(安いギターを弾くヨンタナ)笑!

さて、ギタリストやベーシスト(基本エレクトリック)
に欠かせない3点セットの話から進めますね。

キャストは、ヨンタナとご存知!音楽大好き人間の
パンツ人です。(笑)
*トリオロス・パンツから命名?したヨンタナ

SC00829.jpg"
(ギタリストとベーシストのパンツ人)

それでは、早速Q&Aスタート・・・・・・・

パンツ人:「3点セットって楽器のことですかー?」
ヨンタナ:「そうですね、どんな事もハードとソフト
      成り立っていますので。お二人PC専門家
      ですから、良くご存知ですよね。」
パンツ人:「いやー!照れるなー!確かに業界に
      いましたので、そこそこ知ってるけどね。」
ヨンタナ:「ご謙遜!居酒屋での会話、ヨンタナには
      宇宙語にしか聞こえないけどね。(笑)」

パンツ人:「では、ハードの3点セットって?」
ヨンタナ:「当たり前かもしれないけど、ギターと
      ギターアンプ、それにエフェクターなどの
      周辺機器が3点セット。」

DSC00733.jpg DSC00803.jpg

ヨンタナ:「前にもお話しましたが、って数字重要!」
パンツ人:「SUNナンテアンプ、ありましたね。(笑)」
ヨンタナ:「実にオモシロイ!」
パンツ人:「普段使ってる楽器のことですけど、それが
      何か意味あるのですか?」
ヨンタナ:「実は、意外にこの3点セットを上手く活用
      できてないのが実情では?」
パンツ人:「そうでもないと、思っていますが?」

確かに楽器については、日頃から慣れ親しんで、
いろいろな情報をお持ちですが、ライブとなると
コンスタントにゴキゲンナ音になっているのかな?

パンツ人:「そうなんです。自宅ではイイ音してても
      いざ鎌倉!(笑)となると、満足できない。」
ヨンタナ:「プロとアマの違いは、コンスタントに出音
      ゴキゲンなんですねー。」
パンツ人:「どうしてですかね?どうすれば?」
ヨンタナ:「プロ全てにいえる事ですが、音楽に対する
      責任感とか姿勢とか、イロイロが違うね。」

DSC00720.jpg

たとえば、30Wのギターアンプであっても自宅で
鳴らす時は、小さな音量でしか練習できないねー。
スタジオ見たいにガッツリ!鳴らせられたらね・・・・

ここが一番のポイントでしょうか?日頃あまり大きな
音量で演奏してナイト、ライブでコンスタントにイイ音
出そうと思ってもでないね。

パンツ人:「じゃー!どうすればイイ?毎回スタジオ
      で練習ですか?お金も結構かかるし・・・」
ヨンタナ:「まずは、色々と工夫することでしょうか?」
パンツ人:「どんな風に?」
ヨンタナ:「1番は、怨霊!でなく音量のコントロール」
パンツ人:「普段ライブでは、気使っているツモリです
      けどね?」

バンドアンサンブルでは、リハの時と本番の時では、
相当音が違ってくる。いわゆるヌケが悪い!
そこの対策が不十分で、ライブでは満足できる音が
出せないプレーヤーは多いね。

パンツ人:「確かにその通りで、満足しないね。」
ヨンタナ:「ギターとアンプのそれぞれにボリューム
      あるし、エフェクターにもあるね。」
パンツ人:「うーん!いつも大体の感じでセット」

たとえば、ギターやベース本体のボリュームだけを
考えても、MAXの時と絞り込んだ時では、音違うし、
ストラトならマスター1つだけど、レスポールタイプ
なら2つボリュームあるね。

結論から言えば、この辺の対策できてないと、結構
マチマチな出音になるよ。ベーシストでもボリューム
ペダル必須
だし、プロのエフェクターボックスには、
必ず入っているよ。因みにヨンタナも活用してる。

ヨンタナ:「ギター本体のボリュームを一番イイ音に
      固定して、ボリュームペダルをマスター的
      に使うとかできるね。その逆で、アンプを
      ある程度上げておいて、ペダル側で制御
      するとか、まーイロイロあるね。」
パンツ人:「いやー!シビアにやっているのですね。」
ヨンタナ:「その通り!!音楽家って言われる位です
      からね、音に関してはウルサイかも。」
パンツ人:「なるほど、だからヨンタナさんの安い
      ギターでもイイ音してるんだ。(失礼)」

まとめると、音量のコントロールが基本となるね。
ギターの手元操作とアンプのボリューム設定など
日頃から、色々と研究してみて。イイ音期待できる
かもねー。

・・・・と1回目は、音量について少し書きました。
この辺の続きは、次回またやります。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!音楽の基本的なこと シーズンⅡ(#2)

2014年3月31日(月曜日)
HOLA!

今日で、3月も終わり。明日からみんな新年度!
ヨンタナも気持新たに、音楽活動スタートします。

DSC00815.jpg 

さて、楽しく学ぶ!シーズンⅡの2回目です。
前回は、ボリューム(音量)について触れました。
今回も、引き続きボリュームに関する内容を、
Q&Aで進めますね。あしからず。

DSC00668.jpg HIMG0179.jpg
(デラリバ 22W)   (ブギーTA-30 30W)

RIMG0062.jpg
(ブギーキャリバー 50W)

例によって登場するのは、あの音楽オタクパンツ人!(笑)

DSC00698.jpg DSC00717.jpg

ヨンタナ:「ギター三種の神器の1つ、ギターアンプ
      上記写真のように固体によって、VOLが
      1個・2個・3個と異なるね。」
パンツ人:「そうなんですよ!2VOLタイプが普通
      だと思うんですけど、ゲインとマスターの
      バランスが少しムズカシーかも?」
ヨンタナ:「フェンダーのデラリバだと、1個なので
      割と楽に設定できるね。でも、ある程度
      VOL上げないと、イイ音しないけどね。」

1VOLタイプのアンプなら、比較的容易に音量設定
できますが、マスターVOLないので、6~8位にする
と、結構大きな音しますね。(小会場の場合)

そこで、不可欠な「ボリュームペダル!」登場

DSCN1768.jpg DSCN1769.jpg
(BOSS FV500H)(IN/OUT/EXP OUT)
(実勢価格:8500円前後/ハイインピダンス)

DSCN1770_20140331233041e11.jpg DSCN1771_20140331233044edc.jpg
(チューナーOUT/ミニマム)(基本接続)

パンツ人:「ボリュームペダルって、どこのがイイ?」
ヨンタナ:「プロの方々のは、アーニーボール製とか
      ショーバッド、グッドリッチなどが多く
      見られるね。」
パンツ人:「やはり、お値段高いほうがイイ?」
ヨンタナ:「経済面許すなら、その方がいいかもね。
      でも、BOSS製も安心して使えるよ。」
パンツ人:「マルチエフェクターに付いているペダル
      でもいいですか?」

DSCN1774.jpg DSC00789_20140331221453964.jpg
(ZOOM G-5)  (BOSS ME-80)

ヨンタナ:「基本的に問題ないと思うけど、マルチ
      のペダルは、踏み込み幅狭いね。少し
      慣れ必要かもね。」
パンツ人:「そうなんですよ。そこが気にかかる。」
ヨンタナ:「マルチの場合、どちらかと言えばFX的
      な活用や、歪みのコントロールとしての
      使用が目的なのかもシレナイけどね。」

実際のライブでは、会場の大きさによってギター
アンプの音量は、かなり異なるけど、最近はPA
オペレータさんに委ねているから、安心だね。

一方、小会場や小さなお店でする場合、音量の
設定はシビアになるね。それにPAない場合ある。

パンツ人:「そーなんです。アンプから直接出音
      する時なんか、大きすぎるのか小さい
      のか、ワカンナイ!」
ヨンタナ:「ハコバンしてるなら、ある程度感覚で
      クリアーできるけどね。初めてとかさー
      たまにしか演奏しない場合は、大変!」
パンツ人:「リハの時間がもっとあれば、イイけど」
ヨンタナ:「その通り!まずは、リハでガッツリ調整
      すべきですね。結構テキトーに音量設定
      しているプレヤーいるね。」
パンツ人:「私達の事ですよねー!(笑)」
ヨンタナ:「あたりー!ナンチャッテ、失礼」
      
DSCN1765.jpg DSCN1767.jpg
(15W選択/HI-2選択)(マスター大きく/ゲイン小さく)
DSCN1766.jpg DSCN1781.jpg

ブギーTA-30の場合、出力が15W・30W・40W
と切替できるタイプで、さらに5つの違うサウンドが
選択できる。一方、デラリバならフェンダーサウンド
一色なので、リハでも少ない時間で調整可能。

いずれにしても、ギタリストやベーシストならリハ
でのボリューム調整に念を入れておくことが大事。
そして、演奏中は、ボリュームペダルで微調整を
すれば対応できるね。これも1つの方法かもね。

まー!ボリュームペダルって地味な存在なので、
軽視する場合が多いね。でも、イイ演奏望むなら
導入を検討すべきでないかなー。

電気楽器を基本とするギタリスト・ベーシストなら
三種の神器(3つのセット)について、もっともっと
研究すれば、きっと音量バランスの良い、好みの音が
見つかるねー。ヨンタナも毎回必死でやっている。

今回は、これでオシマイです。
なお、ピッキングやタッチによっても、かなり音量
音質変化しますが、その辺の事は考慮してないよ。
あしからず。

次回またお会いしましょうね。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!      
このページのトップへ
コンテントヘッダー

楽しく学ぶ!音楽の基本的なこと シーズンⅡ(#3)

2014年4月1日(火曜日)
HOLA!

DSC00853.jpg DSC00854.jpg
(神奈川県相模原市では、桜が見ごろでした!)

今日から新年度!新しい春が再びやってきたね。
ヨンタナ、神奈川まで足を伸ばして満開のサクラ
タップリ観賞してきた。群馬より少し早い開花!

DSC00850.jpg DSC00851.jpg
(相模原市役所付近のサクラ)
DSC00839.jpg DSC00838.jpg
(途中サービスエリアで撮った花)

さて、楽しく学ぶ!3回目も前回に続いて「音量!」
に関する基本的なことを、配信させていただきます。
いつものQ&A形式で・・音量と強弱について。
 
パンツ人:「ベーシストの場合、演奏中ずーと弾いてる
      ことが多いいので、ベースギターのVOL操作
      結構たいへんなんですが?」
ヨンタナ:「ギタリストと違って、あまり休むことが少ない
      ベーシストさんは、VOLやTONEノブを操作
      することが、ヒジョーニキビシー!(笑)
      手が空いてないなら、足があるさナンテ。」
DSCN1768.jpg DSC00789_20140331221453964.jpg

ギタリストの場合、かなり頻繁にVOL・TONEノブを
回していますね。メロ・ソロ・バッキングと1曲の中で
役割がコロコロ変わるので、ボリューム調整が大事。

ドラマーやピアノさんは、両手両足。オルガン奏者も
フットベースやボリュームペダル使うねー。

一方、ベーシストの場合はと言うと、ギタリストほど
頻繁ではないけど、強弱を付ける場面が多いいね。

パンツ人:「通常は、弦をハジク強さで、強弱付ける
      程度かなー?たまに右手の手のひらで
      ミュートして、ベース親指弾きしますが?」
ヨンタナ:「スバラシイ!バラッドやラテンのボレロ等
      では、ベースの親指ミュート奏法は有効。
      たしか、ラリーカールトンとBZの松本さん
      のライブでは、ベーシストが上手く活用して
      いたなー。プロは、表現が上手いね。とても
      参考になると思うけど。」

パンツ人:「では、ボリュームを変えなくてもイイと、
      理解しても?」
ヨンタナ:「うーん?音楽における強弱と音量の関係
      とてもビミョウなんです。」

クラシックの譜面見たことあると思うけど、ピアノや
フォルテなどの記号が書いてあるね。演奏する時
に一番基本的な「強弱」のことで、ダイナミクスとか
呼ばれているヤツだよ。(これ必須で覚えて)

DSC00860.jpg DSC00858.jpg
(音楽記号ダイナミクス)(なぜかウルトラマン?/高坂SA)

パンツ人:「学校の音楽で習ったことアルねー!」
ヨンタナ:「PP(ピアニシモ)f(フォルテ)とか呼ばれ
      ここは弱く、ここは強くナンテ指導された
      経験だれでもあるね。」
パンツ人:「でも、今使っている譜面には、書いて
      ないですね。」
ヨンタナ:「そうなんです。作曲者が指定する強弱
      と演奏者がイメージして強弱を演奏する
      2つの方法があるんです。軽音楽では、
      記号が書かれてない、後者の場合だよ」
パンツ人:「じゃーさー、テキトーに弾けばイイ?」
ヨンタナ:「うーん?そう単純ではない。情感とか
      気持ちの入れ様とかの表現には、音量
      と強弱がとても大切なんだ。」

ギタリストやベーシストの場合、電気楽器なので
比較的ボリュームコントロール付けやすいハズ。
でも、どの曲も1曲中でも、同じ音量・同じ強弱で
演奏してるプレヤー多いいね。

パンツ人:「その辺、ある程度気を付けて、演奏し
      ているんだけどねー。」
ヨンタナ:「物事には、主観と客観があって、自分が
      思うよりハデにやらないと、伝わらない方
      が多いいよ。」
パンツ人:「なるほど!ナットクですね。そこで、
      ボリュームペダルも必要ですか。」

先ほどのウルトラマン、自販機で買うとイキナリ
ウルトラマンがしゃべりだす。ビックリ!夜なので
その音量の大きさに・・・・・??これと似てない?

結論:演奏者は、曲ごとに違う作曲者や編曲者の
意図を汲み取ることが、音楽の一番基本的なこと。
一般的なコンボでは、バンドリーダーが求めるか、
奏者が、譜面に強弱記号を書き込んで臨むね。

まー!感情移入には、これと言った具体的なモノ
サシないけど、音量と強弱だけはしっかりマスター
するよう心がけようね。演奏は、相手に伝わって
ナンボの世界
。テクがあっても心がない演奏は
ヨンタナ、ツマラナイと思うね。(勝手で恐縮です。)

DSC00843.jpg DSC00840.jpg

自己満足で演奏するだけでなく、曲調をしっかり
理解してください。バンマスやボーカリストから
曲のイメージを聞いたり、歌詞からどんな事を
歌っているのか、必ず確認作業を実施してね。
プレヤーとしてワンランクアップしますよ!!。

では、今回はこれでオシマイとします。
次回は、ギタリストやベーシストに必須な
プリアンプの話です。ご期待くださいね。
アディオスアミーゴ・アミーガ
4649ね!
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ヨンタナ

Author:ヨンタナ
ジョー☆サントスのブログへようこそ!!
(旧ラ・サントス・ラテンバンド)
群馬県東毛地区で活動中のラテンバンド「JOE☆SANTOS」
キューバ音楽が大好きな、
ビンテージ級面々(笑)
そして、猫好きリーダーの
ヨンタナです。4649ね!

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ブロとも一覧

アンネギ の ブログ

#9Dream

ブルースムースな日々

ギターDIY工房 下手の横好き

ガーシャの巣

MY JAZZ GUITAR LIFE

孫六回想録&音楽

MANIPAN LIFE

おとがく日記「ダイアリー」

浪漫でメローな日々

帰ってきた「TEAMたけ」の日記

定年退職後の暇人
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR